2019年06月10日公開

2019年06月10日更新

ごめん避けの特徴・心理を男女別に解説!好き避けとの違いと対処法も紹介

「ごめん避け」という言葉を聞いたことはありますか。好き避けとの違いはわかるでしょうか。ここでは、ごめん避けをする人の特徴や心理を男女別に徹底的に解説します。ごめん避けと好き避けの見分け方やごめん避けされた時の対処法についてご紹介します。

ごめん避けされてるかもしれない…

好きの気持ちから避けてしまう「好き避け」、嫌いな気持ちから避けてしまう「嫌い避け」、そしてもう一つが「ごめん避け」というものです。ごめん避けとは、どういう気持ちが影響しているのでしょうか。 あなたが好意を持っている相手から避けられているなら、もしかするとそれは、「ごめん避け」かもしれません。では、これから、ごめん避けについて詳しく見ていくことにしましょう。

ごめん避けの意味とは

ごめん避けとは、相手からの自分への好意に気付いたけれど、自分は相手に好意はなく、恋愛感情を持つことができない場合に、自分には恋愛感情がないことを伝えるために相手を避けることです。 相手の気持ちに応えることができないことへの、申し訳なさや罪悪感があります。中には、相手が勘違いをして馴れ馴れしくしてきたり、告白をされないように避けるという場合もあります。

「ごめん避け」と「嫌い避け」の違い

まずは、「ごめん避け」と「嫌い避け」の違いについて見ていきましょう。嫌い避けは、嫌いな人に対する態度のことです。嫌い避けは、その人の存在自体を受け付けないというくらいの状況まできて、嫌って避けているというものです。 一方で、ごめん避けは、相手の自分への好意に対して応えることができないという気持ちからの行動であって、相手のことを嫌っているというわけではありません。ただ、相手の好意に応えられないから相手に期待をさせないために、そっけなくしたり、避けたりするのです。

気持ちに応えられない相手から告白されると断らないといけなくなりますよね。告白を断るというのは、罪悪感を抱きますし、ストレスにもなりますよね。告白する方も失恋というショックを受けます。このように、告白を断ることは、どちらにとっても苦しい結果になります。 そっけなくしたり、避けることで、相手に好意がないことを伝えるごめん避けは、相手に不要な期待をさせないという、相手に対する優しさでもあります。ごめん避けは相手を思いやす気持ちがありますが、嫌い避けは相手を嫌いなので、思いやる気持ちがないのが大きな違いです。

「ごめん避け」と「好き避け」の違い

好き避けは簡単に言ってしまうと照れ隠しです。自分の「好き」な気持ちを相手に気付かれないように意識しすぎる余り、そっけない態度になってしまったり、不自然に避けてしまったりしてしまうのが、好き避けです。相手にバレることが恥ずかしくてこのような態度になってしまいます。 また、好きな気持ちが相手に気付かれてしまうと、恋愛がうまくいく場合もあります。相手の気持ちがまだそこまでに至っていない場合などは、警戒心を与えることになってしまったりと、相手に意識させることでうまくいかなくなってしまうこともあります。

相手に自分の好意を気付かれることによって、自分の恋愛がうまくいくかいかないかを目の当たりにしてしまうことになります。このときに失恋を恐れて、相手を避けたりそっけない態度になるのが「好き避け」です。 このように、「好き避け」は相手を好きな感情からくる行動です。一方、「ごめん避け」は相手に好きという感情はありません。好きという感情があるのは、あくまで相手のみです。この違いが「好き避け」と「ごめん避け」の違いになります。

【男女別】ごめん避けをする人の特徴

ごめん避けという行動について、わかっていただけたでしょうか。ごめん避けをする人は、どんな人なのでしょうか。ごめん避けをする人の特徴について、これからさらに詳しく見ていくことにしましょう。ここからは、男女別にそれぞれご説明していきます。

ごめん避けをする女性の特徴

相手との関係を悪化させないためにも、好意を持っている相手から避けられているかもと感じたら、ごめん避けかどうかをしっかりと見極めることが大切です。では、まずは、ごめん避けをする女性の特徴をしっかりと見ていきましょう。

二人きりになることを避ける

ごめん避けをする女性は、相手と二人きりになることを避けます。二人きりになりそうになると、周囲を呼び込んだりして人数を増やして、二人きりにならないようにします。食事などに誘っても二人きりになりそうだと思ったら、友人を巻き込んで複数人で行くかもしくは、行きません。 ごめん避けをする女性は、二人きりになって、恋愛の話になることや、告白されることを懸念しているのです。そんなことがないように、ごめん避けをする人は、一定の距離を置くために二人きりになることを避けるのです。

ラインは既読スルー

今では、ラインは私たちの生活でなくてはならないコミュニケーションツールです。事務連絡的なことからたわいもない会話まで、ラインでいつでもコミュニケーションを取ることができます。ごめん避けをする女性は、事務連絡やごめん避けの相手がいるグループラインでは、普通に返信します。 しかし、ごめん避けをする相手とのラインでは、メッセージが来ても既読のまま、返信をしません。ラインと言えども、二人きりの空間であることに変わりはなく、そこでも恋愛の話やデートのお誘い、告白などに話が進むことを懸念しているのです。

ごめん避けの相手のことを嫌っているわけではないので、関係を悪化させたくはないけれども、期待をさせたくはないので、完全に無視ではなく、既読スルーをするのが、ごめん避けをする女性の特徴です。

視線を合わせない

ごめん避けをする女性は、必要以上にごめん避けの相手と視線を合わせることをしないのが特徴です。視線を合わせるどころか、視線を向けないことも多いです。視線を合わせることは、相手や相手の話に興味があるという姿勢になります。 ごめん避けをする女性は、ごめん避けの相手にそのような誤解を与えないために、わざと視線を合わせないようにしているのです。違うところを見ていたり、机や書類に視線を落としたままであったり、視線が合わないと話している方も、なんとなく話しにくくなってきますよね。

ただし、人と会話をするときは、目を合わせて会話をしないと失礼だと思われるので、適度に視線を合わせるようにすることもありますが、それはあくまで、仕事上など相手に失礼にあたると判断したときのみです。

恋愛話には入らない

ごめん避けをする女性は、恋愛話をしている輪には入りません。ごめん避けの相手がその場に加わっているもしくは、加わりにくる可能性がある場合は特にです。ごめん避けの相手が、恋愛話をしている場に加わり、自分への好意をさりげなくでも言われることを気にしています。 恋愛話をしている輪では、「この中だったら誰がタイプか」という話題になることも多いですよね。そういう会話の流れになる可能性があるため、ごめん避けをする女性は、恋愛話をしている場には入らず、恋愛話に話が変わるとスッとその場からいなくなっていたりします。

何度誘っても断られる

ごめん避けの相手が、食事や遊びの誘いなど、何度誘っても何かと理由をつけて断るのが、ごめん避けをする女性の特徴です。ごめん避けをする女性は、ごめん避けの相手との関わりをなるべく控えるようにしています。 職場や学校など、必然的に会う場所以外で、ごめん避けの相手と会うことを避けます。「付き合い」で、大勢でのランチや飲み会などで、一緒になることはあります。しかし、あくまで「付き合い」としての参加です。そんな場でも、ごめん避けの相手とは距離を置くようにしています。

ごめん避けをする男性の特徴

普段からそっけないタイプの男性だと、ごめん避けをされているかどうかの判断をつけにくいかもしれませんね。しかし、そんな男性でも、態度や行動に表れているはずです。ごめん避けのサインを見逃さないためにも、ごめん避けをする男性の特徴を理解しておきましょう。

自分から連絡しない

ごめん避けをする男性は、ごめん避けの相手とできる限り接点を持たないようにしようとします。そのため、自分からはよっぽどでない限り、ごめん避けの相手に聯絡をすることはありません。仕事などで連絡が必要なことがあっても、同僚や後輩などから連絡をしてもらうようにします。

会話が続かない

ごめん避けをする男性は、ごめん避けの相手と一定の距離を取ろうという気持ちが強いので、関わりを極力減らそうとします。そのため、ごめん避けをする男性が質問をすることや、話を盛り上げることは一切ありません。 ごめん避けをする男性は、ごめん避けの相手の会話に対して、適度な相槌か、あるいは、返答もなく黙々と本を読んだり、作業をして話を聞いているのかさえわからないという態度を取ります。ごめん避けをする男性の方には、会話を広げたり、続けようという気持ちが全くないのです。

ごめん避けをする男性は、話が盛り上がって、楽しい気持ちになって、ごめん避けの相手に期待させたり、今以上に好意を持たせてしまうことを気にしているので、ごめん避けの相手との会話を避けようとしているのです。

忙しいことをアピールする

ごめん避けをする男性は、「忙しい」ということをアピールすることで、ラインなどの返事ができないことやお誘いにも応えることができないということを、遠まわしに伝えようとしています。ごめん避けの相手からのアプローチ自体を事前に断っているのです。 ごめん避けをする男性は、ごめん避けの相手からのアプローチに対して、断ったりスルーしたりすることに罪悪感を感じ、その罪悪感がストレスになってきます。その罪悪感を感じないために、先手を打って「忙しい」アピールをしているのです。

相手に質問することがない

相手に質問をするというのは、相手に対する興味や関心があることを示すことになります。好意を寄せている相手が自分のことに興味や関心を持ってくれると嬉しいですよね。質問をすることで、会話は広がったり盛り上がったりします。そして、相手のことをより知ることができるのです。 しかし、ごめん避けをする男性は、ごめん避けの相手に過度な期待を持たせてしまうようなことを避けます。そのため、不必要に会話を広げることや盛り上げることはしないようにします。だから、ごめん避けをする男性は、相手に質問をすることはありません。

別の女性のタイプを好きだと言う

自分が好意を持っている相手が、どんなタイプの人が好きなのか、自分のようなタイプをどう思っているのか気になりますよね。自分のようなタイプの人が好きだったら自分にもチャンスがあると思います。しかし、逆に、自分とは別のタイプの人が好きだとわかったらどうでしょうか。 ごめん避けをする男性は、ごめん避けの相手にやんわりと好意を持っていない、気持ちに応えることができないことを伝えるために、ごめん避けの相手とは全く違う別のタイプの人が好きであることを伝えます。ごめん避けの相手が、自分の範疇外であることを察して欲しいという思いがあります。

【男女別】ごめん避けをする人の心理とは?

ごめん避けをする人はどうして、そのような行動になってしまうのでしょうか。ごめん避けをする人は複雑な思いをしています。では、ここから、ごめん避けをする人の心理を男女別に探っていきます。

ごめん避けをする女性の心理とは?

ごめん避けをする女性は、どのような気持ちでごめん避けという行動になっているのでしょうか。ごめん避けには嫌い避けや好き避けとは違う、いろいろな気持ちが含まれています。それでは、ごめん避けをする女性の心理を探ってみましょう。

申し訳ない

ごめん避けをする女性は、人の気持ちがわかり、人を思いやることができる優しい性格の持ち主です。そのため、相手の好意に応えることができないということをとても申し訳なく思ってしまいます。ごめん避けの相手を、人としては、好きだけれども恋愛対象としては見ることができません。 ごめん避けの相手を人として好きだからこそ、相手の気持ちが自分に好意を持ってくれていることは嬉しいと感じます。その反面、そんな相手の気持ちに応えることができなくて申し訳ないという気持ちでいっぱいになります。

ごめん避けをする女性は、相手に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまい、どのように接してよいか自分でもわからなくなり、避けてしまったり、素気なくなってしまうのです。

嫌われたくない

ごめん避けをする女性は、ごめん避けの相手のことを嫌っているわけではありません。相手からの恋愛感情には応えることは、できないけれど、相手に嫌われたり、今の関係を壊れることは望んでいません。ごめん避けの相手とは、今後も今の良い関係を続けていきたいと思っています。 ごめん避けをする女性は、相手に嫌われず、今のままの友人や先輩後輩という良い関係を続けるにはどうすれば良いか悩むのです。ごめん避けをする相手との関係を壊したくないと思う気持ちから、ごめん避けの行動になってしまうのです。

気持ちを察してほしい

ごめん避けをする女性は、断るという行為が苦手な人が多いです。ごめん避けの相手の告白をお断りすることもそうですが、食事や遊びの誘いも断ることが苦手で苦痛だと感じるのです。はっきりと自分の気持ちを伝えることが苦手な気の弱い、おとなしい性格なのです。 はっきりと伝えることも必要ですが、ごめん避けをする女性は、はっきりと伝えることで相手を傷つけることになることを恐れて言えないのです。はっきりと自分の気持ちを伝えることができないので、相手に自分の気持ちを察して欲しいという気持ちからごめん避けの行動になるのです。

ごめん避けをする男性の心理とは?

ごめん避けをする男性は、一体どんな気持ちを胸に抱えているのでしょうか。自分が好意を持っている相手からのサインを見逃さないためにも、ごめん避けをする男性の心理をしっかりと理解しておくようにしましょう。

期待をさせたくない

ごめん避けをする男性は、ごめん避けの相手からの自分への好意が何事もなく、静かに引いていってくれることを望んでいます。そして、なるべく早く、自分への気持ちが冷めてほしいと思っています。 ごめん避けの相手に、期待を持たせてしまうと相手の気持ちは冷めません。それどころか増してしまう可能性もあります。ごめん避けの相手に、期待を持たせることで、さらなるアプローチや告白に繋がる可能性もあり、結果的にはっきりとお断りしなくてはいけなくなるかもしれません。

相手の気持ちに応えることができないのに期待をさせてしまうと、相手の傷も大きくなります。ごめん避けをする男性は、相手に期待させたくないため、避けたりそっけない態度をして相手に自分の気持ちを伝えているのです。

周囲の目が気になる

ごめん避けをする男性は、周囲の目を気にしています。ごめん避けの相手の周りでは、相手が自分に好意を持っていることは知られているはずです。女性は自分の恋愛話を周囲にすることが多く、周囲の人たちもうまくいくことを見守っている場合が多いです。

そのため、ごめん避けをする男性には、そんな気はなくても、周囲から見ても仲が良かったり相手が期待するような態度を取っていると、いざ告白されてお断りとなると、まるで悪人かのように悪者にされてしまう可能性もあります。 そのような状況を懸念して、ごめん避けの相手に、冷たくしたり、避けたりして、周囲にも自分は相手に気持ちがないことをわかってもらおうとしてます。また、自分に気持ちがないことが周囲にわかれば、周囲の人からごめん避けの相手に諦めるように助言してもらえる可能性も考えています。

傷つけたくない

ごめん避けをする男性は、相手を傷つけたくないと思っているとても心の優しい人です。相手の好意を嬉しく思い、自分へ好意を持ってくれたことに感謝もしています。しかし、相手の気持ちには、応えることができず、相手を傷つけることになってしまうことを悲しく思います。 できるだけ傷つけたくないと思っているので、早い段階で相手に自分の気持ちに気付いてほしいと思っています。ごめん避けをする男性は、相手の気持ちが大きくならないうちに、気持ちに応えることができないという自分の気持ちに気付いてほしいと思いごめん避けをするのです。

ごめん避けと好き避けの見分け方5個

ごめん避けと好き避けを見分け間違えると、うまくいくはずの恋愛もうまくいかなくなってしまいます。また、一方で、勘違いをしてしまうと関係が悪化してしまい、相手に嫌われてしまう可能性も出てきます。 恋愛を成就させるためにも、ごめん避けと好き避けをきちんと見分けることはとても大切です。それでは、ごめん避けと好き避けを見分け方をご紹介いたします。ぜひ、参考にしてください。

視線が合うかどうか

「好き避け」の場合も「ごめん避け」の場合も、相手と視線が合わない場合が多いです。好き避けの場合は、恥ずかしくて視線を合わせられないのですが、好意はあるので、ふとした瞬間に視線が合うことやあなたに視線を向けていることがあります。 一方、ごめん避けの場合は、相手が視線を合わせないように意識しているので、視線が合うことは全くありません。あなたに視線を向けることもないでしょう。好き避けの場合でも、視線が合ってすぐに、逸らされてしまうこともありますが、恥ずかしくて反射的に逸らしていると考えられます。

恋愛話をするかどうか

ごめん避けの場合は、恋愛の話を一切避けます。好き避けの場合は、恋愛の話になってもむしろ興味を持って話を聞いたりします。あなたのことを知りたい、自分のことも知ってもらいたいと思っているので恋愛の話で盛り上がることもあるかもしれません。 相手があなたを避ける行動が、「好き避け」なのか「ごめん避け」なのかを見分ける方法としては、とてもわかりやすい方法です。

二人きりの時間があるか

ごめん避けの場合は、ほんの数分でもささいな会話の場合でも、二人きりになることを避けようとします。ごめん避けをする人が一人の時に話しかけても、ごめん避けをする人は周りにいる人を呼んで数人で会話をするという状況を作ろうとします。 一方、好き避けをする人は、一人の時に話しかけると二人で会話を続けます。好き避けをする人は、二人きりになることが恥ずかしくて率先して二人になる状況を作ろうとはしませんが、二人きりになることを避けようとはしないというのが、ごめん避けとの違いです。

質問があり、会話が続くか

好き避けをする人は、相手に好意があるので、相手との会話を楽しむことができます。好き避けをする人は、相手のことを知りたいと思いますし、興味があるので、言葉は少ないですが、質問したりします。会話を続けたいという気持ちが伝わるはずです。 しかし、ごめん避けをする人は、会話を続けようとしないため、相手に質問をしません。なるべく早く会話を終わらるために、そっけなく冷たい反応をします。会話を続けようと思っているかどうかをその場の雰囲気から読むことが、「好き避け」か「ごめん避け」かを見分けるポイントになります。

ラインなどで相手から連絡はあるか

事務連絡のような形式的なものでも相手の方から連絡が来ることはあるでしょうか。ごめん避けの場合は、自分から相手に聯絡をすることはほぼありません。連絡の必要があっても、共通の人を使って連絡をするようにします。

好き避けの場合は、自分から連絡をしてきます。何も用事がないのに連絡をするのは、好き避けの人はできませんが、理由ができればコンタクトを取りたいと思うので連絡をすることを嫌がりません。 相手から連絡が来ることがあったり、事務的な内容でもそのあとにプライベートな会話をすることがあれば、それはごめん避けではなく、好き避けのサインです。

ごめん避けされたときの対処法

ごめん避けをする人について、詳しくわかっていただけたでしょうか。ごめん避けをする人の心情などもわかってもらえたと思います。 では、あなたがもし、ごめん避けされていると感じたらどうすれば良いのでしょうか。ごめん避けをされたときどうすればいいか気になりますよね。では、ごめん避けされたときの対処法についてご紹介します。

相手のことを知る

ごめん避けをされていると気付いたということは、あなたは相手の気持ちに気付くことができたということです。相手の気持ちに気付くことができるのは、相手を思いやる気持ちがあるということです。 今までご説明したように、ごめん避けにはいろいろな気持ちが入り混じっていてとても複雑です。ごめん避けをする人は、優しい人でもあります。自分の気持ちを相手に押し付けるのではなく、相手がどのような気持ちなのか相手をよく知るようにしてください。

相手を知るということは、相手を思う上で大切なことです。相手のことをよく知り、相手が望む適度な距離を保って、良い関係を継続するように心がけてください。

距離を置く

ごめん避けをされていると気付いたら、相手との距離を考え直してみるようにしてください。ごめん避けをされているということは、相手はあなたの気持ちには応えることはできないということです。これ以上、アプローチえを続けると嫌い避けになってしまう恐れもあります。 あなた自身の気持ちを落ち着けるためにも、一度、相手と距離を置くようにしてみてください。距離を置いて、冷静に相手の気持ちも含めて考える機会を作ることで、きっと、相手との適正な関係を築くことができるようになりますよ。

大切な友人として接する

ごめん避けをされているということは、相手はあなたに対して恋愛感情はないということです。しかし、恋愛感情を持ってはいないけど、あなたのことは人としては好きということになります。今までの関係を壊したいとは思っていないのです。 あなたがごめん避けをする人とこれからも良い関係でいたいと思うのであれば、恋人同士になることは諦めて、大切な友人の一人としてお付き合いしていくようにしましょう。いつまでも、自分の気持ちを引きずって相手にアプローチしていると友人としての関係も壊れてしまう可能性がありますよ。

ごめん避けには優しさを!

いかがだったでしょうか。ごめん避けをされてしまうと、気持ちが落ち込んだりどうしていいかわからなくなってしまいますよね。そんなときは、つい自分の気持ちでいっぱいになりがちですが、ごめん避けをする人も心の中には複雑な思いを抱えています。 ごめん避けをする人は優しいから、ごめん避けをしてしまいます。だから、ごめん避けをされたら、あなたも相手の気持ちを汲み取って、相手を思いやる優しい気持ちを持って相手との関わり方を見つめ直してください。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事