2019年09月11日公開

2019年09月11日更新

仕事に不安を感じてるあなたへ。不安を感じる原因とその解決法

あなたは今、仕事に不安を感じていますか?あなたが辛い思いをしているのであれば重大な問題です。仕事の不安は軽く扱われることも多く、相談しにくい悩みです。そこで今回は、不安を感じる原因や解決法を紹介します。ぜひ参考にしてみて、仕事の不安の解消に役立ててください。

仕事が不安で押しつぶされそう・・・その悩みは解決できる!

仕事に不安を感じてしまい、どうしようもできない押しつぶされそうと感じていませんか?仕事での不安は一人一人心理状態が違い、原因や対処法も異なる場合が多いです。 まず仕事の不安に対処するためには、自分が不安になる心理や原因をしっかりと把握していくことが重要になってきます。 そして、自分にあった対処法をしっかりと行っていくことで仕事の不安は解消することができます。今回は仕事の不安についての、さまざまな原因や心理、対処法について解説していくので仕事での不安を解消するために役立ててみてください。

どうして仕事が不安になるのか

どうして仕事が不安になるのか、その不安の原因を解説していきます。仕事の不安には様々な原因があり、一概にこの問題を解決すれば大丈夫ということはありません。仕事に不安を感じている方は、なにが不安の原因なのかしっかりと把握して対処することが重要です。

人間関係がうまくいっていない

人間関係がうまくいっていないことは仕事が不安になる原因の一つです。苦手な人が同じ部署にいたり、孤立していると感じるだけでも人は仕事に不安を感じます。また、ミスや失敗をしたときに誰も助けてくれないのではないか、必要以上に叱責されるのではないかという考えも不安の原因になります。 他にも、職場のオペレーションが上手くいっていない等、他人に不信感や不安を抱きやすい環境である場合も考えられます。このような状態では、常に他人を意識してしまい不安を感じるだけでなく、仕事で本来のパフォーマンスを出すことも難しいです。

業務内容があっていない

業務内容があっていないことも、仕事に不安を感じる原因になります。自分が苦手なことをうまく克服できずに仕事を続けても不安にってしまいます。自分なりに頑張って工夫してみても、ミスを繰り返してしまい改善できないというパターンも多いです。 また、業務内容が極端に難しすぎる・簡単すぎることも仕事の不安の原因です。自分の能力ではどうしようもできない仕事や、自分の能力からみて退屈してしまうような仕事ばかりだと不安やストレスが溜まってしまいます。

仕事でミスをしてしまうのが怖い

ミスをしてしまうのが怖いということも、仕事に不安を感じる原因です。完璧主義な性格の人は、ミスを極端に恐れて難しい仕事やリスクを回避する傾向があります。このため、常に仕事中に不安を感じていたり、大きな成果を出せない自分に不安を抱いてしまっています。 また、他人の顔色を気にする性格の人もミスを恐れる傾向にあり仕事の不安を感じやすいです。この性格の人はミスで他人に迷惑をかけたくない、できない人だと思われたくないと考えています。他にも、ミスは完全な悪だと思いこんでしまっていることも考えられます。 実際には、仕事でのミスの後に何をするかが大切なのですが、ミスを悪だと思いこんでいるためミスを恐れ学習する機会を失ってしまっています。このような原因があり、失敗に対して異常に執着していまい、仕事中に不安やストレスを感じてしまうようになります。

漠然と将来に不安がある

AIなどの新しい技術が私たちの仕事にも導入されるようなりました。実際に20年以内には多くの仕事はAIが行うものになるという話も多いです。また、終身雇用制度の崩壊や若い世代の収入の低下、大企業の経営悪化など仕事をするうえでネガティブな情報が増えています。 このため、仕事をしていても漠然と将来に不安があるという方も多いのではないでしょうか?どのようにキャリアを築いていけばいいのか、このまま同じ会社で仕事をしていていいのかなど、すぐには解決できないため漠然とした不安が発生してしまいます。

思うように成果を出せない

仕事で本来の自分の能力であれば成果を出せるはずなのに、思うように成果を出せないという状況も不安の原因になります。自分でも気づかないような心身の不調でも人間のパフォーマンスに大きく影響を与えます。 特に、疲労やメンタルの落ち込みなどは気づきにくいため注意が必要です。また、簡単にできるはずの仕事が全く進まない、期限が近付いているのに気持ち落ち込み仕事が進まないということもあります。 しっかりと休むことで改善できることが多いトラブルですが、現代社会では難しいためこのような不安を抱えたまま仕事をする社会人も多いです。

新しい環境に不安を感じてしまう

転職や異動、就職により新しい環境に身を置くことも不安の原因となります。どんな人でも新しい環境には不安を感じるものです。 人間関係をうまく築くことができるか、仕事をしっかりとこなすことができるか、成長したりキャリアアップすることができるかなど様々な考えが仕事の不安の原因となってしまいます。 また、新しい環境への不安から仕事でミスをしてしまったり上手く周りとコミュニケーションを取ることができないなど失敗を重ねてしまい、負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。 時間と共に解決されることが多い不安ですが、仕事に慣れるまではずっと不安と付き合っていくことになります。

新人教育や責任のあるポジションを任される

仕事に慣れて信頼されてくると、責任のある仕事や新人の教育など今までとは違った仕事を任されることがあります。これまで以上に、自分の能力を問われたり他人の問題を一緒に解決する機会も多くなるため、これらが仕事の不安を感じる原因になることも多いです。 また、仕事に対して責任感が強い人は逆に責任感に押しつぶされそうになってしまうこともあります。必要以上に自分を追い込んでしまい、強い不安を感じながら仕事をするという場面も見受けられます。 新人教育にはコミュニケーション能力も必要になるので、対人関係を苦手とする人も不安を感じやすくなります。対人関係スキルはすぐに向上させることが難しく、相談しにくい内容のためコミュニケーションに不安がある人は不安を抱えながら仕事をすることになります。

不安な気持ちはどこからくるのか

不安な気持ちはどこからくるのでしょうか?こちらでは、仕事で不安な気持ちになる心理的な要因にフォーカスを当てて解説していきます。仕事の不安を解決するには、このような心理もしっかりと把握していきましょう。

失敗体験に対するトラウマ

人間には、自分を守ろうとする本能があります。失敗を避けようとする心理も、かつて生き残るために必要だったため人間に備わっています。また、心理的な要因が重なりトラウマになると、より避けようとしたり自分を守る行動に出てしまい不安な感情を生み出してしまいます。 しかし、現代社会では仕事での失敗が命の危機になることはありませんし、仕事の失敗から学ぶ能力が重要視されるようになっています。このような、人間の本能と時代に求められることのミスマッチが仕事の不安を生み出す原因となっています。 また、トラウマが失敗に対するイメージをネガティブなものにしたり、仕事で失敗したときにパニックを起こす原因にもなっています。このため、失敗への懸念や失敗したときに異常に不安になってしまい、次に繋げられないという負のスパイラルを生み出してしまうのです。

人間関係に対する恐れ

他人に嫌われたくない、優秀だと思われたいなど他者の視線や承認を意識しすぎることは仕事で不安な気持ちを生む原因です。ほとんどの企業は、部署ごとに閉鎖的な空間になっていることも多く、仕事での人間関係で失敗してしまうと居辛さを感じてしまうことになります。 しかし、必要以上に意識をしてしまっては仕事の不安は強くなるばかりで、自分自身にも負担をかけてしまいます。また、他者承認は自分自身でコントロールできるものではないので、他者承認を前提とした考え方では仕事の不安から逃れることは難しいです。

自分の能力や将来のキャリアに悲観的になっている

ネガティブな考えも仕事への不安を生み出す原因です。特に、自己無価値感を抱いていたり自己肯定感が低いと能力や将来に対して前向きに考えることができません。 前向きになれないことで、向上心を持ちにくくなったり新しい仕事や努力に対しても積極的になることができない状態になります。実際に行動に移せない状態が続くと、能力や将来への不安や、仕事への不安はどんどん強くなり、更に行動に移すことが難しくなります。 このような負のスパイラルは一度はまってしまうと抜け出すことが難しいため、第三者の力や自分の強い意志が必要になってきます。

仕事の不安を打ち消す方法【業務編】

こちらでは仕事の不安を打ち消す方法を解説していきます。業務内での不安への対処法をいくつか紹介していきますので、ご自身の心理状態や不安の原因をしっかりと考えて、出来そうなものから取り組んでみてください。

不安な感情を受け入れる

仕事の不安を打ち消すためには、まず不安な感情を受け入れることが重要です。人間は感情を抑え込むことを苦手としており、無理に抑えてしまようとしても頭から離れなくなり更に不安になります。 これは「皮肉なリバウンド効果」と呼ばれるもので、アメリカの心理学者のウェグナーが提唱した「皮肉過程理論」の中で説明されています。この状況を打破するために、まず不安な感情を受け入れるという過程が必要になってきます。 ポイントは不安な感情を抑えつけるのではなく、受け入れることです。ウェグナー自身も「コントロールしなければ、コントロールできる」と発言していて、「感情の受容」と「行動の自制」に意識を注ぐことを推奨しています。

雑談の効力を活用する

2015年のカナダのウィンザー大学の研究で、職場の同僚と雑談をする人は好感度や能力が高いということが分かりました。また、他の研究でも生産性や信頼関係を築く上で雑談は効果的であるという結果が出ています。 職場での過ごしやすさや、安心感は人間関係がとても重要です。軽い雑談をするだけでも、人間関係を良くできて周りの生産性を上げる効果が十分にあります。この雑談は上手くコミュニケーションをする事が目的ではなく、積極的な交流が目的です。 積極的に交流したいという姿勢が大切であるため、ちょっとした雑談でも十分です。ちょっとした雑談であれば、会話が苦手な方でも取り組みやすいのではないでしょうか?人間関係に不安を感じている方は、ぜひちょっとした雑談をすることを心がけてみましょう。

職場での親切を実施する

仕事での不安の原因は解決が難しいものであったり、すぐに解決できないものも数多くあります。特に人間関係の対立であったり、派閥などの居辛さを感じるようなものが挙げられます。解決が困難な問題に不安を感じてしまっては、思うように仕事をすることもできません。 このようなときには問題の解決ではなく、職場の人にできるプラスの行動を意識することが効果的です。ちょっとした親切や仕事を手伝うことなどはとても効果的で、自分の仕事への不安を打ち消してくれるだけでなく、周りからの信頼も得ることができます。

自分なりの目標を立てる

仕事の不安を打ち消す方法として、自分なりの目標を立てることもオススメです。日ごろから他人と比べすぎてしまうと、心や体が疲れる原因となり仕事で不安を感じてしまいます。まずは、自分なりの成功のラインや目標を定めて仕事をすることを意識してみてください。 自分で達成可能な目標設定をすることでモチベーションを向上させることもできますし、より自分を成長させることができます。人はどう頑張っても他人になることはできません。他人の仕事と比較することや羨むことをやめ、自分の成長にフォーカスすることが重要です。

マインドセットを見直す

仕事の不安への対処は、マインドセットを見直すことも効果的です。実際に行動に移せずに仕事の不安の原因を解決できないという状態のときには、現状維持バイアスが働いています。まずは、マインドセットを見直して現状維持バイアスを手放すことをはじめていきましょう。 現状維持バイアスを手放すには、成長型マインドセットを取り入れることがおすすめです。この成長型マインドセットとは、人は変わることができ成長することができる。そして、失敗からも学びを得ることができるというマインドセットです。 いきなりマインドセットを変えることは難しいかもしれませんが、成長できること失敗から学べることを日ごろから意識しておくことで少しずつ変えていくことができます。

仕事の不安を打ち消す方法【業務以外編】

こちらでは、業務以外での仕事の不安を打ち消す方法を紹介していきます。不安を感じる場面は、業務以外でもとても多く上手く対処していないとご自身が辛い思いをしてしまいます。 仕事の不安を解決する具体的な方法から、心理学的なテクニックまで紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

全ての人を満足させることはできないことを意識する

一個人は全ての人を満足させることはできません。どんなに顔色を伺って接しても、相手が満足するかどうかは相手の課題です。自分自身にできることは、ありのままの自分を受け入れて誠実さを持って相手に接することです。 共感することや会話のテクニックも大切ですが、コミュニケーションの大前提として考えておくと対人関係での不安を大幅に減らすことができます。この大前提を踏まえることが、コミュニケーションスキルを向上させる第一歩にもなります。

ストレスや不安と上手に付き合う

ストレスや不安と上手に付き合うことも重要です。ストレスや不安は、生きて良く上で必要不可欠なものであるため、抑えつけたり必要以上に悪いものだと思うと心身に不調をきたしてしまいます。 しかし、ストレスや不安に対するイメージを変えるだけでも、体に対する悪影響を減らすことができます。

アメリカの実験でも適度な不安やストレスに良いイメージを持っている人は、健康にあまり影響がないという結果が出ています。また、不安も高いパフォーマンスを発揮するための準備だと考える人の方が、能力や周囲の信頼が高いという結果もあります。 過度な不安やストレスはマイナスの影響がありますが、環境の変化や仕事への不安は自分がより高いパフォーマンスを発揮して成長するためだと考えてみてはいかがでしょうか?

規則正しい生活を心がける

睡眠や食事、運動などの生活習慣は仕事のパフォーマンスや心の安定に大きな影響を及ぼします。仕事の不安を解消していきたいと思う方は、規則正しい生活を心がけましょう。睡眠をしっかりととるだけでも、頭がスッキリして不安な気持ちを軽減することができます。 食事もバランスよく取ることで、健康面の向上やメンタルのバランスを整えてくれ、不安な気持ちを軽減してくれます。 そして運動は、ストレスを発散する効果や睡眠の質を上げるという効果もあり、不安に対しても効果を発揮します。仕事の不安で悩まされている人は、生活をしっかりと見直して、できることから少しずつはじめていきましょう。

マインドフルネスを活用しニュートラルになる

仕事で不安を感じたときには、一度ニュートラルな状態になることが重要です。ニュートラルになり冷静に感情と向き合うことで、メンタルを落ち着いた状態に持っていくこともできます。 ニュートラルになることは、自分の感情をコントロールするための基本で、不安に対して効果的です。このニュートラルな状態になるためにはマインドフルネスを活用しましょう。マインドフルネスは今ここに焦点をあて、心と向き合うテクニックです。

マインドフルネスな状態であれば、仕事の不安に対しても一度ニュートラルになり冷静に考えることができます。不安にとらわれてしまい、ついネガティブな結論を出してしまう方にはオススメのテクニックです。今ここの感覚の強化には、瞑想などが効果があります。 また、瞑想にはストレスを和らげる効果もあるため、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

転職を検討する

仕事の環境や人間関係に不安や不満を感じている場合は、根本的な解決として転職を検討してみることもオススメです。いきなり転職をすることはリスクが伴うので、いったん情報を集めたり冷静に現状を把握することからはじめていきましょう。 転職を経験した知人などに話を聞いてみたり、ネットでの実際の声を目にするだけでも転職について把握することに役立ちます。また、より良い環境にするためのポイントなども併せて調べることができればベストです。

そして、ネガティブな感情にとらわれたまま転職活動をするのではなく、できるだけ前向きな目標を持つことが重要です。ネガティブな感情にとらわれたままだと、条件だけで判断してしまったりと、失敗してしまうリスクが大きくなってしまいます。

仕事の不安を解消して充実した毎日を!

仕事の不安に対する解説や、対処法いかがだったでしょうか?仕事での不安は人それぞれ違い、その人にとって何が解決かも違います。しかし、心理学的な知識を使うことでよりスムーズに仕事での不安を解決することができるようになります。 筆者自身も仕事での不安で悩み、実際に苦しんだ場面も多かったです。今は心理学や不安への対処法を学び実践し、効果があったものを記事に取り入れています。

まだ、完全に仕事での不安は解消できているわけではありませんが、不安はプラスの力になるというイメージを持ち日々努力しています。この記事を読んで、心理学に触れるきっかけや仕事の不安を解消するきっかけにしていただけたら嬉しいです。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

Stonpsanxyz

Stonpsanxyz

毎日を充実させるために心理学を勉強しています。そして、心理学を生活の中に取り入れ、少しずつ良い方向に...

人気記事

新着記事