2019年06月26日公開

2019年06月26日更新

愛想がない人の特徴と心理!愛想がない人が与える周りへの影響とは

学校や職場に愛想がない人はいませんか?いつもこちらに笑顔を見せてくれないあの人は、こちらに警戒心を抱いてたり、無意識に威圧感を出している可能性があります。今回は、そんな愛想がない人の特徴と心理について紹介します。改善法もチェックしましょう。

愛想がないとは?

人が多い環境では、元気な人や愉快な人といった一緒にいて楽しい存在が多い傾向にありますが、中にはそんなポジティブなイメージが全然湧かず、むしろマイナスイメージが大きい人がいます。 その中でも愛想がない人は、日頃から周囲の人たちに対して笑顔を見せていないため、不気味に思われることもあるでしょう。そんな愛想がない人の特徴や心理を知って、うまく人間関係を築き上げていきましょう。

愛想がない人の特徴

まずは愛想がない人が持っている特徴について学んでみましょう。愛想がない人たちをよく観察すれば、よくある共通点を見いだせます。それは判断基準にも使えるので、覚えておいて損はないでしょう。

特徴1:笑顔が怖い

どんなに愛想がない人でも、相手を気遣うために愛想笑いをして機嫌を取ろうとしますが、無理やり笑った結果、逆に相手を怯えさせたり気を遣わせてしまいます。 愛想がない人に怖がらせる気は無くても相手は嫌でも恐怖に捉われてしまうので、愛想がない人はその精神状態や反応を見て、笑顔を見せないように立ち振る舞っているのです。

特徴2:周囲よりテンションが低め

愛想がない人はテンションが低いことが多いです。周囲の調子が良くてみんなのテンションが上がっているにも拘らず、愛想がない人だけ全く上がってないだけでなく、それが態度に出ていることが多いので、見ている側にとっては不安になりがちです。 愛想がない人特有の様子から、相手からは協調性がないと思われるので、友達がいなかったり信頼度が低い傾向もあると言われています。

特徴3:正直者

愛想がない人は良くも悪くも自分の感情に対して素直な一面を持っているので、相手が楽しくても自分がつまらないと感じていたらその態度を崩さずにいます。つまり、自分に嘘をついてまで相手を楽しませようとか考えていません。 そのため、愛想がない人は周囲から孤立しやすく、コミュニケーションを取るのも苦手な傾向にあると言われています。

特徴4:自分の意見を伝えるのが苦手

愛想がない人は、日頃から愛想がない様子で過ごしている結果、言葉や文章で自分の気持ちや考えを伝える方法がわからなかったり、伝える行為自体が恥ずかしいと考えている傾向にあるため、周囲によく誤解されています。 相手への対応がわからないうちに接してしまうため、周囲からの評価が「愛想がない人」になってしまうのです。

特徴5:挨拶が苦手

挨拶は社会人の基本と言える行為ですが、愛想がない人は挨拶自体を恥ずかしがったり無駄な行為と考えているため、相手からの挨拶を返さなかったり、返しても聞き取れないほどのダメなものになりがちです。 挨拶を改善できれば相手からの評価も良くなる可能性はありますが、自分を変えたいという気持ちや恥を捨てるという気持ちがなければ、愛想がない人止まりになるでしょう。

特徴6:ツンケンした言葉遣いで喋る

愛想がない人はツンケンした話し方をする傾向があります。相手に対して用心していたり、自分を守ろうという意識を持っているために、言葉選びが悪かったり淡々と喋っているといった、愛想がない人にぴったりな恐怖心を与えてくる喋り方をします。 このような愛想がない人と話している人にとっては、愛想がないといった感情だけでなく「威圧的だから喋りたくない」や「上から目線で怖い」といった感情も現れるでしょう。

特徴7:人見知りをする

愛想がない人は、昔から知っている人はともかく、全く知らない人相手には警戒心MAXで対応してくるため、冷たい態度をとったり口数が少なくなっています。そのため、初対面の人から愛想がない人だと思われても仕方ないでしょう。 しかし、愛想がない人でも仲良くなれば程よく笑顔を見せる可能性があるので、第一印象と現在の印象が全く異なっていることも少なくありません。場合によってはいい関係性になれるでしょう。

特徴8:周囲に対する関心がない

基本的に自分さえ良ければ他人はどうでもいいと考える傾向があるため、相手に対する対応が雑になって感じ悪い印象を与えがちです。また、周囲に好かれたいと考えていないので、愛想がない行動に対するフォローを入れることもありません。 あくまで相手に関心がないだけなので、悪意を持って接しているわけではありませんが、あまりにも愛想がない態度であしらわれるため、いい気分はしないでしょう。

愛想がない人の心理

愛想がないと思わせがちな行為を取る原因は、その人の心理にあると言われています。それを知ればうまく対応できる可能性があるので、1度目を通して見ましょう。

心理1:一人で過ごすのが楽

愛想がない人は、誰かと一緒にいることで面倒な出来事に巻き込まれるのを避けたがっているので、できる限り他人とは距離を置こうとします。このタイプの人は他人にどう思われようと気にしないため、親しみを込めないように愛想がない態度でやりとりをします。 中には愛想がない人相手でもめげずに接してくる人がおり、その人に対してより冷淡な態度をとりますが、これは拒否反応が出ているからです。これより仲良くなることで迷惑をかけたくないと考えているため、無理にでも距離を置こうとするのです。

心理2:人を信用できない

愛想がない人は、人の考えていることが理解できないことが災いして、善意で接している人に対して「本当は悪意を持っているのだろう」と考えています。そのため、自分を守るために愛想がない態度で距離を置こうとしています。 こちらがどんなに誠意を込めて会話をしても、愛想がない人は「いつか裏切るだろう」や「何か裏があるに違いない」と考えているので、完全に心を開くこともないでしょう。

心理3:自分の能力や外見に対して自信を持てない

自分が持っている髪質や体つきといった外見的特徴や、自分が持っている才能や実力が周囲よりも劣っていると感じている時、心の底から余裕を出せなくなっているので表情も強張り、結果的に愛想がない人になってしまいます。 このような人は、様々な物事をネガティブに捉える傾向が多い上に、自ら抱える不満やストレスを解消せずに積もらせてしまいがちです。そのため、人に八つ当たりすることもあるでしょう。

心理4:高いプライドを持っている

自分は他人よりも仕事ができると周りの人に主張したがるため、できる女性・男性を振る舞うために真面目そうな佇まいを意識しています。それが災いして、周囲に愛想がない存在として認識されています。 このタイプの人は周囲に合わせることはダサいと考える人が多いため、孤立しやすい傾向にあります。場合によっては愛想がない姿を喜ばしく思わない人たちによる陰口の標的にもなるでしょう。

心理5:本当の自分をさらけ出すのが怖い

表面から見えている愛想がない自分とは別に存在する、本当の自分をさらけ出したり暴かれるのが恐ろしいと感じているため、表面上の自分だけで接しようとしています。そのため、周囲と全く打ち解けられず、いつまでも愛想がない人と思われるのです。

心理6:警戒心が強すぎる

愛想がない人の中でも過去に裏切られたりいじめられたといった経験を持っている人は、人を信じることにトラウマを背負っているため、他の人よりも相手の言動に注意を払ったり簡単に人を信用しようとしません。 そのため、日頃から愛想がない態度で人と接したり、仲良くなろうとする人に対して距離を取ろうとしています。もし、仲良くなろうとして積極的に話しかけようとしても、かなりの時間を費やすことになるでしょう。

愛想がない人の職場での印象

普段から笑顔を見せないような愛想がない人は、同僚や上司に好意的な印象を与えることが少なく、むしろ場の空気を悪くすることが多いと言われています。その具体的な内容に注目してみましょう。

印象1:いつも不機嫌そうにしている

本人は機嫌が良いつもりでも、それを表に出さずに愛想がない様子で振舞っているため、周囲は「この人はいつも機嫌悪そうにしているな」と考えています。 また、いつも不機嫌そうにしている様子から、第一印象がよくなかったりいつも相手に気を使わせてしまう傾向にあります。

印象2:こちらを無視してくる

愛想がない人の大半は、相手に興味を示さない性格を持っているため、こちらから話しかけても愛想がない様子で返したり、挨拶しても返そうとしません。 そのため、愛想がない人と対応する人の中にはこちらを無視するほど別のことに気が向いていると考えています。人によってはもう関わりたくないと感じるでしょう。

印象3:愛想笑いがぎこちない

状況によっては愛想がない人でも無理に笑わなければなりません。そのため、無理して笑顔を見せることがありますが、それは自然なものではなく、無理して作ったものなので相手に不気味さを与えがちです。

印象4:自分はその人に嫌われているのかもしれない

愛想がない人に対する悪意などを持たない人でも、挨拶しても返さなかったり、笑顔で接しても愛想がない態度で対応してくる姿から「自分はこの人に嫌われているのかもしれない」と不安になる場合があります。 愛想がない人にとってはこれが普通と考えていても、相手にされた側や一般的には塩対応されると嫌な気分になるのです。

愛想がない人は治した方が良い?

愛想がない人は、自分本位で生きて仕事をすることが当たり前で、無理に相手に合わせて行動する必要はないと考えるのが大半です。そのため、たとえ相手が傷ついても自分優先で行動し、豊かに生きようとするのです。 ですが、人間社会で生きるならば、人同士良い関係性を築きあげながら助け合わなければなりません。それができなければ孤立し、結果的に誰の助けも借りられない惨めな人に成り下がるでしょう。 それを避けるためにも、自分ができる範囲で構いませんので周囲に興味を持って交流関係を築き上げるようにしましょう。例えば、真剣に話を聞いて上手に相槌を打つだけでも相手は安心してくれますし、良い印象を持ってくれます。

愛想がない!改善する方法

方法1:挨拶をする

どんなに愛想がない人でも、はっきりかつ堂々とした声で「おはようございます」や「お疲れ様です」といった挨拶をするだけで印象が「無愛想」から「元気な人」に変わります。 些細なことですが、これを取り入れるだけでもポジティブな印象になります。

方法2:意識して笑顔を作る

毎日鏡の前で笑顔を作り、ダメなところを改善するようにしましょう。また、毎日笑顔の練習をすれば自然な笑顔を作り出せるので、ぎこちない表情になることもありません。 笑顔を作るのが難しいと感じる愛想がない人は、口角を上げることを意識してみましょう。それだけで表情が柔らかくなるので、相手の緊張をほぐせます。場合によっては第一印象もよくなるでしょう。

方法3:人と会話をするときはきちんと相槌を打つ

人と会話をするときに、タイミングよく相槌を打つことで相手は「こちらの話を真剣に聞いている」と嬉しくなるので、好印象を持ってくれます。 相槌を打つ際は、声を大きくした時やトーンが上がった時などに入れたり、同じ言葉を連続して使わないようにしましょう。これを意識するだけでも聞き上手の第一歩を踏み出せます。

方法4:姿勢をよくする

愛想がない人は周囲にどう思われてもいいという意識によって、姿勢が崩れている傾向があります。このままでは相手に良い印象を与えられない上に自身の体にも悪影響が出ます。 人と会うときは背筋を伸ばしてお腹にも力を入れるようにしましょう。これを取り入れれば、声の通りが良くなって好印象を与える声色になり、相手も聞き取りやすくなります。また、胸を張った姿勢は自身あるように見えるので良い雰囲気も演出できます。

方法5:会話中は目を合わせる

会話中、相手の目を見ずに別のものを見たり、視線が相手に向けられていない場合、相手はこちらに注目していないという不満を募らせてしまい、コミュニケーションをとりたくないと思わせてしまいます。 愛想がない姿であっても、相手に興味を持っていることを示すためにしっかりと相手を見るようにしましょう。そのためには、体も相手に向ける必要があります。

今後のためにも愛想がない人柄を治しましょう

自分さえ良ければそれでいいと考えがちな愛想がない人は、本人にはその気が無くても、愛想がない姿によって周囲は嫌な気持ちになる傾向があります。それが原因で孤立し、自分にとって不利益なことが降りかかる可能性も否定できません。 このような出来事を避けるためにも、職場に着いたら上司や同僚に挨拶したり、誰かと話すときは口角を上げるといった行為を取り入れて、愛想がない自分を改善するようにしましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

ymtr

よろしくお願いします。

人気記事

新着記事