2019年06月08日公開

2019年06月08日更新

人を見る目がある人の特徴とは?人を見る目の上手な養い方を解説!

人を見る目があるということは人の本質を見抜けるということです。あなたの周りにも優秀で指示も的確な方はいませんか?人を見る目を養い相手のことが分かればあなたも周りに的確な指示を出せるでしょう!今回は人を見る目について養い方も含めて解説します!

人を見る目とは?

そもそも人を見る目とはどういうことを意味しているのでしょうか? あなたも一度や二度、会話の中で「人を見る目」という言葉に出くわしたことはあることでしょう。それがどのような文脈で使われてきたかを思い出してみてください。「人を見る目」とは何らかの能力だとわかるでしょう。 ではどのような能力なのでしょうか?それは「表面上の仕草や言動から奥深くにあるその人の本質を見極める能力」と言えるでしょう。そういった能力を持つ人にはいくつかの特徴があります。

人を見る目のある人の特徴とは

あなたが「この人は人を見る目がある!」と感じた方はどのような方でしたか?誠実だったり物知りだったりポジティブだったり、もしくはそれ以外だったりと色々な特徴があったかもしれません。 人を見る目がある人には共通の特徴があり、あなたが見つけた人にもおそらくこれらの特徴があるでしょう。 あなたが人を見る目を持つために必要な最初のステップは人を見る目がある友人を増やすことでしょう。彼らが信頼できるのであれば、あなたの良き相談相手となること間違いなしです。そのためにも共通の特徴について学んでおきましょう。

交友関係が広い

特徴一つ目は交友関係が広いことです。広い交友関係の中には色々な意見や考えを持つ人々がいます。自分とは異なる視点で偏った見方をすることなく人を見るためには、やはり異なる意見を持つ人々と交流すべきでしょう。 友人がどのようにして成功したのか、もしくは失敗したのかを間近で見続けることで自然と人を見る目を持つこととなるのです。 様々な考え方の人々とたくさん交流してる人には自分と違う意見に対する寛容さがあります。その寛容さが見かけに左右されない冷静な分析をもたらすことになるのでしょう。

経験が豊富

人を見る目がある人にはどうして多くの友人がいるのでしょうか? あなたなら友人を作ろうと思ったときどのようにしますか?趣味の集まりに出かけるとか居酒屋で話しかけてみるとか色々ありますが、家に何もせずにいるだけでは友人はできないということはわかるでしょう。 人を見る目がある人は経験が豊富な人が多いです。特に接客業では多くの人と話すタイミングがあり、お客さんの第一印象が少し仲良くなったことで変わったなんてこともあります。そういった経験によって人を見る目が生まれるのです。

洞察力がある

人を見る目とは相手の言動から本質を見抜く能力です。つまり言動を正しく認識できなければ、内面も見えてこないということです。 人を見る目がある人には洞察力があり、実際に見た言動からその人が何を考えているのかがわかります。一見すると神業のようにも思えますが、簡単なもので言えば表情からその人が何を考えているのか推測するのと同じです。 経験によって他の人よりも正確に言動を分析しその意味を推測することができるのです。

人を見る目のない人の特徴とは

もしもあなたが自分のことを人を見る目がないと感じているのならば、それを改善するためにも人を見る目がない人の特徴を知っておくべきでしょう。 人を見る目がない人の特徴は詰まる所「経験の少なさ」と「思い込み」にあるでしょう。これは人を見る目がある人の逆だと言ってしまえばそれまでなのですが、一つ一つ理由も併せて解説していきます。

交友関係が狭い

広い交友関係が人を見る目がある人の特徴だったのに対し、狭い交友関係が人を見る目がない人の特徴です。同じような考え方の人と関わり続けることであなたの世界はどんどんと小さなものへとなっていきます。 間違えないでほしいのはこれは「同じ考えの人と関わるな」ということではありません。同じ考えの友人、そして違う考えの友人。こういった友人をバランスよく持っているのが人を見る目のある人なのです。 考え方の多様性を知らないとなると初対面の人がどういう人なのかを考えるとき優先されてしまうのはやはり第一印象ではないでしょうか。

第一印象に左右される

その人がどういう人なのかを考えるうえで第一印象とはそれなりに重要なものです。第一印象で怖いなと感じた人が実際に怖いことや、優しそうな人が実際に優しいということはあります。なので第一印象というものが悪いわけではないのです。 しかし第一印象だけでその人の評価をしてしまうのはいただけません。怖そうという印象で評価を固定してしまうと、おそらくあなたはその人が怖い人だというバイアスをかけてしまうでしょう。 するとその人の言動が怖く見えてしまい、本来の良さを見失う原因となります。第一印象だけでその人がどういう人なのかを考え、思い込んではいけません。思い込んではいけないのは相手の発言に対してもそうです。

人の意見を鵜呑みにする

人の意見をすべて信じてしまう人には、残念ながら人を見る目があるとは言えないでしょう。変に疑り深いよりは周りの人に好かれるかもしれませんが悪い人に騙される可能性があります。 人を見る目がある人は嘘を嘘と見抜くのが得意です。そのためただ口がうまいだけの人に騙されるなんてことは少ないでしょう。相手の言うことすべてが正しいと思いこまないことです。 ここまで人を見る目がある人ない人の特徴を見てきました。具体例でイメージが膨らんだところで改めて「人を見る目」とは何なのかを考えてみましょう。

「人を見る目」の本質とは何か?

人を見る目という言葉はひどく曖昧なものです。その本質とはどこにあるのでしょうか?時に「見る目がある」という言葉を使うことがあります。絵画を見るとき、食材を選ぶときなど何かを選ぶときに使われますよね。では「見る目」とはそもそも何なのでしょうか? それは大げさに言えば「世の中の仕組みを理解する能力」です。食材を選ぶとき、見る目がある人は新鮮なものを瞬時に見分けることができます。それは鮮度が落ちる理由、鮮度が落ちるとどうなるのかを知っているからです。

世の中にあふれる事象にはすべて理由があります。空中でペンを離したとき落ちるのはなぜか?と聞かれればあなたはきっと地球には重力があるからと答えるでしょう。では空中に水の球を作りたいとき、あなたはどこにいるべきでしょうか?重力のないところに行けばいいのです。 このようにペンが落ちるのは重力があるからという仕組みを理解することで、空中に水を浮かせるにはどこに行けばいいのかを導き出せました。そしてこれは人を見る目にも言えることです。人を見る目がある人は人間を因果関係のかたまりとして認識しています。

あの人が笑うのはなぜか?髪を触るのはなぜか?自信満々なのはなぜか?すべての行動に意味があると考え、因果関係を分析する。ここに「人を見る目」の本質があるのです。そして私たちはこの分析をある程度経験的にできます。 しかし同時に直観や思い込みのような因果関係のない考えも持っています。人を見る目がある人はこれらをうまく制御することに長けているとも言えるのです。次項では人を見る目を養うメリットについて解説していきます。

人を見る目を養うメリット

人を見る目を養うメリットとは何なのでしょうか?例えて言うのならばそれは説明書付きの道具を扱うことと同じ恩恵を得られることでしょう。 説明書を見ずに道具を扱うと壊れてしまったり自分がけがをしたりすることがありますよね?私たちにそのような説明書はありませんが、同様に間違った対応をすることで怒らせてしまったり嫌われてしまったりすることがあります。 それらをうまく避けるためにも目の前の人物がどういう人なのかを見抜ける力、つまり人を見る目を養うべきでしょう。具体的なメリットを以下に三つ示し、解説していきます。

騙されない

ところであなたはインターネットを使っていてフェイクニュースやデマに騙されたことはありますか?インターネットには嘘がたくさんありますが、その情報について調べれば本当かどうかがすぐにわかるでしょう。では目の前の人間が嘘をついているかどうか、あなたはわかりますか? 嘘をつくとき人は簡単に言えば挙動不審になります。その度合いが大きい人は嘘が下手な人ですし、小さい人は嘘がうまい人と言えます。その僅かな機微に気づける観察力と洞察力が人を見る目がある人にはあります。 人を見る目を養うことで身近な嘘から悪質な詐欺まで、様々な嘘を見抜けるようになるでしょう。嘘をつくとわかった相手にあなたは重要な仕事を割り振りますか?人を見る目がある人は正しい仕事を正しい相手に割り振ることができます。

仕事がしやすくなる

人を見る目がある面接官と見る目がない面接官。どちらが適した人材を獲得するかと聞かれれば多くの人が人を見る目がある面接官と答えるでしょう。 仕事はチームワークが大切です。会社内はもちろん会社間の関係も大切です。人を見る目がある優秀な面接官は仕事に適した人材を見つけてきます。優秀かどうかというのは重要ですが、それ以上に適性がある人材を見抜くことができるのです。

普段の業務の中でも誰にどの仕事を割り振れば一番効率的かを即座に判断することができます。このように人を見る目を養うと仕事をする際の余計なトラブルを回避し、職場環境を改善することができるのです。 適した人材を集め、害をもたらす人間を見分けることで人間関係も改善されることでしょう。

人間関係が良くなる

究極的に言えば、人を見る目を養うことで自分にとって好ましい人間を周りに置くことができます。多くの経験や幅広い交友関係を得るうえでそれが果たして正しいのかどうかは別として、人間関係の改善を図ることもできるでしょう。 嘘を見抜ければ嘘をつく人間から離れることができます。誠実な人を見抜ければ仲の良い友人になろうとするでしょう。しかし人を見る目を養うことですべてがわかると思ってはいけません。 あなたは人を見るのと同時に見られていることも意識するべきでしょう。そこに気を付けていれば人を見る目を養うことであなたの人間関係はよりよいものとなります。

人を見る目のある人は人のどこを見ているのか?

ここまで人を見る目とは何かということについて詳しく解説してきました。それでは人を見る目がある人を普段、相手のどこに注目しているのでしょうか? 技能を習得するために必要なことのひとつに「真似をする」があります。人を見る目を養うためにも、どこに注目しているのかしっかりと把握しておきましょう。

見た目ではなく言葉に耳を傾ける

彼らは外見に左右されません。身だしなみはその人が何に気を使っているのかを把握する指標となります。しかし性別や出身地、顔などの印象によって評価を変えることはありません。それは外見とその人の評価はあまり関係ないことを経験的に知っているからです。 人を見る目のある人は言葉に注目します。その人がどういう人なのか、会話をもとに判断するのです。言葉の内容だけでなく、話し方や話しているときの立ち振る舞いなどにも気をつけることでどういう人なのかを予想していきます。 しかし言葉だけに気を取られてはいけません。会話によってどういう人なのかの糸口を掴んだら、今度はそれを証明していく必要があります。そんなとき人を見る目がある人は行動に注目していきます。

言葉だけでなく行動を見る

人を見る目がない人の特徴で「人の言葉を鵜呑みにする」というものがありましたよね。相手の言葉がすべて正しいと思って判断してはいけません。行動が伴わず口だけが立派な人が信用に値すると思いますか?人を見る目がある人は行動にも注目します。 言動の不一致がないかどうか観察することは嘘を見抜くことに繋がります。人を見る目がある人に嘘が通じないのは言動の不一致がないかを細かく観察されているからなのです。 人間関係をみることでその人がどういう人と関わりがあるのかを理解しようとします。

相手の人間関係を見る

類は友を呼ぶという言葉があります。極端な話、ある人が悪人かどうか判断するにはその友人が悪人かどうかを見ることでわかることがあります。 もちろんそれはひとつの指標にすぎず、本人を分析せずに判断することは早計です。交友関係、人間関係とはその人の経験を表します。そのため相手の人間関係を見ることでその人が今までどのように生きてきたのかがわかるのです。

人を見る目がある人は現在のその人だけでなく過去のその人すらも判断材料にしていきます。そうして将来的にどのような存在になるかを予想し関わっていくのです。 ここまで人を見る目がある人が注目しているところについて説明してきました。これらを踏まえて人を見る目を養うためにはどうすればよいのか、次で解説していきます。

人を見る目を養うには?

人を見る目があることで自分が有利な状況を作りやすいことはここまでの記事で分かったことだと思います。するとやはり自分も人を見る目が欲しいと思うのではありませんか?人を見る目を養うにはどのようにすればよいのでしょうか? 簡単です。人を見る目がある人と同じことをすればよいのです。

見る目がある人に意見を求める

今まであなたは色々なことを学んできたと思います。学校での勉強からゲームの操作方法、絵の描き方、仕事のやり方などなど人生には学ぶ機会がたくさんあります。何かを学ぼうと思ったら参考書とにらめっこするよりもわかる人に聞いたほうが理解は進みます。 それは人を見る目を養うことも同じです。実際に人を見る目がある人に意見を求めてみましょう。その際、自分の意見もしっかりと伝えることが重要です。自分の意見のどこが間違っていて、どこが正しいのかをしっかり把握しましょう。 そのうえで人を見る目がある人がどこに注目していたかをつかみ取ることが習得への第一歩です。このように見分け方を学んだあとは経験を積むことが重要です。

交友関係を広げる

先に述べたように、交友関係は経験の多さによって変わります。交友関係を広げようとすれば必然的に人と出会う経験は多くなり、どういう人なのかを考える機会が増えます。人を見る目がある人の真似をすることも人を見る目を養うためには必要なことです。 経験が増えてくるに従ってあなたは自然と相手がどういう人なのかがわかるようになってくるでしょう。するとある時、最初の分析と今の分析が違うことに気が付くでしょう。人は成長するということを忘れてはいけません。

長期的な視点で見定める

人を見る目がある人は過去の相手を判断材料にすると述べましたが、未来の相手についても考えています。あなたが人を見る目を持ち始めて感じた最初の分析との違いはそこにあります。あなたはまだその人の今しか分析できていないということです。 本当に人を見る目がある人は相手が将来どのようなことに向いているかを見抜きます。それは相手すら気づいていないことで、先見の明と言われるようなものです。確かに誰もができることではありませんが、重要なのは長期的な視点で相手を分析することです。 あなたが相手の変化に気づかなかったのは、自分の判断に拘っていたからではありませんか?自分の判断による先入観も持たないほうがいいでしょう。

先入観を持たない

人を見る目がない人は思い込みが強すぎる傾向があります。第一印象や相手の言葉だけで判断してしまうのは思い込み、先入観が強いせいでしょう。先入観があるかないかは正しい判断ができるかどうかには関係ありません。 正しい判断ができていたとしても先入観を持って思い込んでしまえば臨機応変な対応はできません。常に自分の判断を更新していくことが大切です。すると相手の成長といった変化に敏感に気づけ、また違った判断を下すことができるようになるでしょう。 その判断の基準となるのはやはり行動の観察でしょう。人を見る目を養う上で相手の行動を観察することは避けては通れません。

行動をよく見る

かつて心理学のなかで行動科学が多数派だったころ、人間はすべて行動をみることで分析することができると考えられていました。現在は認知機能の重要性が広く知れ渡っていますが、やはり行動とは多くのものを表しています。 人を見る目がある人は行動をよく観察しています。それは細かい仕草から、他の人への対応の仕方などなど言動が一致しているかを観察しています。あなたも行動を見ることでその人がどういう人なのかわかるようになるでしょう。 行動をよく見ることが相手を理解する一歩になるのです。

人を見るのはあなただけではない

今回の記事はいかがだったでしょうか?人を見る目があるというのは効率的に生きるという上では素晴らしい能力になります。人を見る目がある人の特徴や養う方法などを解説してきましたが参考にはなったでしょうか? 最後に注意点をいくつか述べることとします。人はあなたに見られているだけではなく、あなたのことを見てもいるということです。たとえあなたが人を見る目を持っていたとしても、あなた自身が人を見る目を持つ人に認められなければよい人間関係は築けません。

そして世の中には人を見る目が優秀すぎるために、相手のことがわかりすぎて生きにくい思いをしている人もいます。人間は知らないことがあるからそれを知ろうと努力します。人を見る目を養うことができたとしても、そのことは忘れないようにしましょう。 人を見る目を持つだけでなく、あなた自身が素晴らしい人間になることを目指すことであなたを慕う人間が増えることとなるでしょう!あなたの生活が素敵なものになることを心より願っております。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

コウイチロウ

心理学や経済学を中心に学んでいます。私の持っている知識を見ていただいた方に還元できればと思っておりま...

人気記事

新着記事