2020年09月30日公開

2020年09月30日更新

自尊心が低い人の特徴と性格!自尊心が低い心理的原因と自尊心を高める方法を解説

自尊心が低いと日常の生活の中で使うことは多いですが、自尊心とプライドにはどのような言葉の意味の差があるのでしょうか。ここではこの点を明確化させながら、自尊心が低い人の性格の特徴などや、改善方法などを具体的に解説します。自尊人が低い人は参考にしてみてください。

自尊心の低さに悩んでいませんか?

自分に自信がなくていつもくよくよしてしまっているという人や、自尊心が低くて自分から積極的に物事を進められないということで悩んでいる人は多いですよね。 今回はそんな、自尊心の低さで悩んでいる人に対して、自尊心の意味を具体化させながら紹介します。さらに、自尊心が低い人の外面的な特徴や性格、心理原因や改善方法に至るまで詳しく解説します。

自尊心の意味とは?

「自尊心」という言葉はよく聞きますが、そこには辞書的な意味としいてはどのような意味が含まれているのでしょうか。自尊心とは、細かく言うと、どんな時も自分には一定の価値があると思える心ということです。 自尊心が高い人は、「自分には価値がある」と思っている状態ということになります。それとは反対に、自尊心が低い人というのは、自分には価値がないと思ってしまっている状態のことを指します。

「自尊心」と「プライド」の違い

自尊心という言葉とよく混同されてしまうのが、プライドです。プライドと自尊心というのは言葉なの意味が比較的似ているので、間違って使われやすいが難点で、世の中の多くの人がプライドと自尊心の言葉の差をわかっていないのが現状です。 自尊心では、上記で紹介したように、自分には一定の価値があると思える状態のことを指します。ではプライドはどうなのでしょうか?プライドには自分のことを大きく見せようとする心のことを指します。 自分のことを大きく見せようとすることなので、つまり、なしんでは自信がないけれどあたかも自信があるように周囲に思わせることを意味します。このように、意味を明確にしてみると、自尊心とプライドには大きな差があることは明らかですよね。

自尊心が低い人の特徴

自尊心が低い人にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは自尊心が低い人の特徴をいくつかに分けて紹介します。

1.何事も自分からは積極的にしない

自尊心が低い人の特徴として最初にあげられるのが、何事も自分から積極的にしないということです。自尊心が低い人は自分に価値はないと思ってしまっています。 このように考えているので、例えば、何か大きなプロジェクトなどに立候補しようか迷ったとしても、結局は「どうせ自分なんか」という感情にかられてしまって立候補することができません。 また、社内などの集まりや、仲間内での集まりでも、自分に価値なんてないと思ってしまっているので積極的に参加することを好みません。も行ったとしても自分が辛い思いをするだけだと考えています。

2.猫背になっている

自尊心が低い人の特徴として2番目にあげられるのが、猫背になってしまっているということです。自尊心が低いとどうしても自信がなくなって心も体も縮こまってしまう人が多いです。その結果としてよく現れエルんが極端に猫背で、あルック時も根っこぜになってしまっているような人です。 猫背になったのは、猫背の方が楽だからという人ももちろんいますが、自尊心が低くて周りや社会が怖いからというのも猫背になる大きな要因です。

3.いつでもありきたりなものを好む

自尊心が低い人の特徴として3番目にあげられるのが、いつもありきたりなものを好むということです。自尊心が低いとどうしても、自分らしさを表現することが苦手になってしまいます。 これには理由があって、自尊心が極端に低い人は自分というものを自分の中で否定していしまいます。そのため、自分らしさを持つということにそもそも大きな抵抗があるのです。 具体的いうと、自分に価値がないと思っているのに自分が好むような服装をすると「余計周りに嫌われてしまうのではないか」と怖い気持ちになってしまうからです。そのような気持ちになるくらいなら、他人からの評価が高くなるような服装をしようと自尊心が低い人は努力します。

自尊心が低い人の性格

自尊心が低い人の外面的特徴を紹介しましたが、それとセットで考えるべきなのは自尊心が低い人の性格ですよね。ここでは自尊心が低い人の性格について詳しく紹介します。

1.努力に疲れている

自尊心が低い人の性格として最初にあげられるのは、努力することに疲れているということです。「努力は報われる」という言葉はありますは、果たして全ての人の努力は報われるのでしょうか?改めて努力は報われるかと聞かれると、全ての人が「はい」とは答えられるわけではせんよね。 努力をしてきても。努力が実を結ばなかったり、思った方向に物事が進まないということも世の中にはたくさんあります。

自尊心が低い人は、いつも自分が精一杯努力をしているけれどいつも努力が形にならなくて、どんどん自分に価値はないのだと思ってしまい、努力に疲れてしまっている人がとても多いです。 その結果、自尊心が低い人は努力が身を結ぶということはないのに努力をするなんてと思ってしまい、だんだんと努力することに疲れてしまうということになるのです。

2.自分が嫌いだ

自尊心が低い人の性格として2番目にあげられるのは、自分が嫌いだということです。自尊心が引い人は自分に価値がないと思っているので、自分が嫌いだという人の数も必然的に多いです。 自尊心が低いと、「自分は周りの人に対して役に立てていない、助けれてばかりだ」という気分になりますよね。このように考えてしまうことで、「自分がいなかったら、周りの人は困らないだろうに」と思ってしまい、どんどん自分のことが嫌いになってしまいます。 自分のことが嫌いで自尊心が低いという人は、ついつい色々と思いつめてしまって悪い方向に考える傾向が強いです。だからこそ、周りの人は出来るだけその人の良い部分を肯定してあげるように心がけてあげてくださいね。

3.すぐに自分にいはできないと思ってしまう

自尊心が低い人の性格として3番目にあげられるのは、すぐに自分にはできないと思ってしまうということです。 自尊心が低い人は、何かを頼まれても、「絶対自分よりこれに長けた人はいるのに」と思ってしまうので、頼んだ相手に対して「無理だ」と言ってしまったり、「できない」と弱音を吐いてしまいます。 上記で紹介したように、自尊心が低い人は努力することに疲れています。今の自分なら努力してきたらできることかもしれないけれど、もう努力する元気も気力も残っていないというような状態に陥ってしまっているので、余計に自分にはすぐにできないと思ってしまうのです。

4.周りが自分を認めてはくれないと思っている

自尊心が低い人の性格として4番目にあげられるのは、周りが自分を認めてくれないと思っているということです。自尊心が低い人は努力してもできないことが多かったりと人生が順風満帆に進んでいない場合が多いです。 そのため、自分自身が自分に対して「できない人間」だとレッテルを貼ってしまっています。そのレッテルを貼ってしまっている以上、他人なんて余計に認めてくれるわけがないと心の中でどうしても考えてしまうのです。 もちろん、その他人が真っ当な評価を下す人だったとしても、自尊心が低い人は、いつも「どうせこの人も認めてはくれない」という気持ちになってしまいます。

5.周りに嫉妬してしまう

自尊心が低い人の性格として5番目にあげられるのは、周りに嫉妬知ってしまうということです。自尊死因が低い人は、「自分には価値がないけどあの人には価値があるなんて良いな」よ卑屈になってしまったり、嫉妬してしまう傾向があります。 とはいえ自尊人が低いので、その相手に対して敵対姿勢を取ることはありませんが。ですが、内心ではとても羨ましく感じていて、特に周りのはつらつとしている人を見かけるととても嫌な気持ちになったりします。

自尊心が低くなる心理的原因

自尊心が低い人の外面的特徴と性格について解説しましたが、そもそもどうして自尊心が低くなってしまうのでしょうか。ここでは自尊心が低くなってしまうそもそもの心理原因について紹介します。 自分が自尊心が低いタイプだという人や、周りの人で自尊心が低い人がいる人はぜひこれを参考にしてみてください。

1.失敗した経験をひきずっている

自尊心が低くなる心理的原因としてまず最初にあげられるのは、過去の失敗して経験を引きずっているということです。過去の経験というのは、その後生きていく上でどのようなものであれ影響を及ぼしますよね。 それが失敗した経験だった場合、特に「あの時こうしていれば」と考えてしまったりします。自尊心が低い人は失敗した時に「自分のせいで失敗してしまった」と過剰に自分を責めてしまう傾向があります。 その過剰に自分を責めるという行為は自分自身に負担になってしまうだけでなく、心を蝕んでしまいます。その結果、その失敗したこと以外にも、「どうせ自分にはできない」と考えたり、「無価値な人間だ」と捉えてしまうようになるのです。

2.いつも周りに流されてしまう

自尊心が低くなる心理的原因として2番目にあげられるのは、いつも周りに流されてしまうということです。周りに流されるというのは見方を変えると、周りの人に合わせることができる、協調性があるとうことになります。 しかし、いつも周りの意見に合わせてばかりいると、自分という自我はどこへ行ったのかと疑ってしまうケースがあります。そうして、自分が主張したりできないのは周りになっがされてしまっている自分が悪いからだと自分を責めてしまう人が多いです。 流される自分を責めてしまうと、余計に「自分なんて」と思ったり、「自分なんかが」と考えてしまうことになりますよね。このような経験が積み重なっていくと、とうとう自尊心がとても低くなってしまって自分は無価値だとどうしても捉えてしまうようになります。

3.幼少期に親に否定された

自尊心が低くなる心理的原因として3番目にあげられるのは、幼少期に親に否定されて育ったということです。小さい頃から「できないやつ」というレッテルを貼られたり、家庭内暴力を振るわれたり、精神的な虐待を受けていたりする人も少なくはありません。 そのように親に否定されて育った人は自己肯定感が低く、自分はできない人だと繰り返し言われ続けたことで自尊心が低くなるように自分の中に刷り込まれていった人も一定数います。 その自尊心に対する刷り込みは簡単に消えることはありません。大人になって、親とは離れるようになっても、一度自分の価値を否定される経験は消えないままという場合もあります。このような場合の人は、ぜひすぐにカウンセラーなど専門家に相談するようにしましょう。

4.自分の意見が通った経験が少ない

自尊心が低くなる心理的原因として4番目にあげられるのは、小さい頃から自分の意見が通った経験が少ないというものです。小さい頃に弟妹が生まれたりすると、自分がわがままを言える機会が少なかったりしますよね。 また、幼稚園や小学校などの小さなコミュニティーの中でも一定の力関係の中で負けてしまって、自分の意見が通らない経験ばかりをしてきたという人は少なくありません。このような経験ばかりが積み重なると、どうしても自尊心は時代に低くなっていきます。 このように自分意見が通らないまま大人になってしまうと自分に対して自分に価値観を感じなくなり、自尊心が低くなってしまいます。

5.周りが自分をどう思っているのかが怖い

自尊心が低くなる心理的原因として5番目にあげられるのは、周りが自分をどう思っているかが怖いというものです。自分の気持ちを全て他人がわかあることがないように、他人の心も全て読めるわけではありませんよね。 特に仕事の場などで、周りからどのように思われているか気になって気になって仕方がないという人がいますよね。そのような人は仕事デイ成果を出せたらう良いですが、そうでない場合、「周りから嫌われてしまう」とすぐに思ってしまい、「どうせ自分なんてという気持ちになってしまいます。 このような危険が積み重なることで自尊心が低くなってしまい、自分にはできないとすぐに考えてしまうようになります。

自尊心の低さ診断!

自尊心の低い人の特徴などを開設しましたが、読んでいるうちに「自分は自尊心が低いのでないだろうか?」と考える人もいますよね。今回はそんな人のために、自尊心がどれくらい低いかについておよそ10この質問をします。 以下の質問に対して「はい」か「いいえ」のどちらかで答えてください。「はい」が多いほど自尊心が低いということになります。半分以上が「はい」の人は自尊心が低い可能性があるので、以下の自尊心が低い人のための改善法を参考にしてみてくださいね。 ・何事も積極的になれない。 ・「どうせ自分は」と考えてしまう。 ・自分は無価値な人間だと思う。 ・失敗した経験を引きずっている ・幼少期などに親に否定された。 ・小さい頃から自分の意見が通った経験が少ない。 ・嫌われるのが怖い。 ・周りが自分のことをどう思っているのか心配だ。 ・周りの人は自分を認めてくれないと思っている。 ・周りの人に嫉妬してしまう。

自尊心を高める方法

自尊心が低い人はどのようにして絵自尊心を高めたら良いのでしょうか。ここでは自尊心が低い人が自尊心を高める方法について具体的にいくつかに分けながら紹介します。 自分の自尊心が低いと自分で気づいている人や、上記のテストでたくさん「はい」が当てはまった人はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.背筋を伸ばしてみる

自尊心が低い人の改善方法の1つめは背筋をピンと伸ばしてみるということです。上記で自尊心が低い人は猫背になっている人が多いということを紹介しましたが、背筋を伸ばすといつもと違う光景が広がっていますよね。 自尊心がなく、どうせ自分にはできないと思っているうちにはくよくよしてしまってついしたばかり向いてしまう傾向があります。だからこそ、体が強制的に背筋を伸ばすようにしたら、支自然とくよくよすることがなくなり、自尊心の低さを軽減することができますよ。

2.嫌な時は嫌とはっきりいう

自尊心が低い人の改善方法の2つめは、嫌な時は嫌だとはっきりいうことです。自尊心が低い人は総じて自分の意見を言うことが苦手です。だからこそ、自尊心の低い人は、嫌な役回りを回されたりして余計に「自分なんて」と言う気持ちになってしまいます。 その気持ちを防ぐためにも、嫌な時は嫌だとはっきり言うようにしましょう。そうすることで、「自分にも意見が言えるんだ」と前向きな気持ちになることができます。さらに、嫌ことをはっきり言うことで、周りから軽んじられることもなくなりますよ。

3.やりたい時ははっきりやりたいと言ってみる

自尊心が低い人の改善方法の3つめは、やりたい時ははっきりとやりたいと言ってみることです。自尊心が低い人は上記でも紹介したように意見を言うことが苦手で、意見言おうかなと思った時に「どうせ自分なんて」と考えてしまいます。 そのため、やりたいなと思った時にやると言うのは自尊心が低い人にとっては本当に苦痛な危険かもしれません。ですが、ここできちんと言えるようになることで自分の自尊心の低さを乗り越える一つのきっかけにはなります。 これさえ言えればすぐに自尊sh品の低さが解決される訳ではありません。これを続けていこことで、すっこしずつ成功体験を得られるようになります。成功体験が積み重なることで、自尊心の低さは改善されますよ。

4.仕事じゃない時に思いっきり自分のしたいことをする

自尊心が低い人の改善方法の4つめは、仕事じゃない時に思いっきり自分のしたいことをするということです。これは自尊心が低い人にとってはもっともハードルが低いことかもしれません。自尊心が低い引いとは誰かとの関係の中で自尊心が低くなっていきます。 だからこそ、一人になった時に思いっきり自分の好きなことをすることで、自分の好きなことをやれているという良い体験をすることができます。さらい、仕事じゃない時に思いっきり好きなことをするということは、自尊心の改善だけではなくストレス解消にもなります。 ストレスが溜まるほど人はマイナス思考になってしまいますよね。もちろん、自尊心も例外ではありません。ストレスが溜まっていたり疲れていたりすると自尊心が低くなってしまうのです。

5.自尊心が低い今の自分を認めてあげる

自尊心が低い人の改善方法の5つめは、自尊心が低いという今の自分を認めてあげるということです。自尊心が低い人はついつい「自分はどうせ自尊心も低いし」と自尊心についてとてもネガティブに考えてしまう傾向が高いです。 そのため、自尊心が低い人はまず、自分は自尊心が低いということを真正面から向き合ってみましょう。自尊心が低いということはやはり日々とても心の翁影響を及ぼします。 このような場合でも自尊心が低いことをきちんと理解できていれば、「今こんな風にネガティブになっているのは自尊心が低いからだ」と理解することができますよね。こうすることで自分ときちんと向き合い、自尊心が改善されますよ。

自尊心の低さを克服しよう

自尊心が低い人について紹介しました。自尊心が低いというのは「自分に価値がないと思ってしまっている」ということなので、どうしても自分自身を嫌いになってしまいがちです。とはいえ、短所があるのであれば長所も必ずあります。このことを忘れないようにしましょう。 この記事を参考に、自尊心の低さという悩みを少しでも軽くして、今よりも生きやすい生活にしてみてくださいね。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

橘 梨花

橘 梨花

心理学、哲学などの勉強を通し、人の心についてて日々思考を重ねています。...

人気記事

新着記事