2019年06月07日公開

2019年06月07日更新

過干渉はどこから?過干渉な親の行動特徴とその心理を解説

過干渉な親は子供が求めていないことについても口を出して、子供の自立心を阻害してしまう親のことを言います。あなたの親はあなたが考えたり行動する前からあれこれと口を出してきてはいませんか?この記事では過干渉な親の特徴や過干渉な親の対処法を紹介しています。

過干渉はどこから?

親の中には子供がやる行為全てを管理しようとして必要以上に子供の生活に干渉しようとしてしまう親がいます。 あなたの親はスケジュールや学校での成果を気にしすぎてそれを改善するために全てをコントロールしようとすることはありませんか。またあなた自身が子供のこと全てをコントロールしようとして必要以上に子供に干渉してしまっていませんか? この記事では過干渉の定義の他に、過干渉な親の特徴・過干渉になりやすい人の特徴・過干渉な親の子供の特徴などを紹介します。

過干渉とは?

過干渉とは「子供がやっていることに必要以上に干渉して、親が子供の行動すべてをコントロールしようとすること」です。 子供が自分一人でできることについても周りの子供と比較して「自分の子供にはできていない」と思ったり、日頃のストレスを子供に当たることで解消しようとして、必要以上に子供に関わろうとしてしまう親のことを言います。 こうした人は自意識過剰・子供の意見を尊重できない・完璧主義など様々な特徴がりますが、どんな理由であれ過干渉な親は子供の全てを自分で管理しようとしてしまい、子ども自身が自己主張できなくなったり、精神的な病気になってしまうことがあります。

過干渉と過保護の違い

過干渉とよく似た言葉に「過保護」がありますが、両者の意味は少し違います。 過保護とは「子供が望んでいることを必要以上にやってあげようとしてしまうこと」です。過干渉では子供が望んでいないことについても必要以上に親が干渉し、子供にストレスを与えてしまうことを言います。 過保護の場合はこどもが望んでいることをやっているので、子供側はストレスを感じることは少ないですが、過干渉の場合は望んでいることについても口を挟んだり代わりにやろうとするので、子供からすればより大きなストレスになっています。

過干渉な親の特徴

次は過干渉な親の特徴を見てみましょう。 過干渉な親のことを理解する上では、親自身が「全て自分が正しい」「全てを管理したい」と考えていることです。これらの点を踏まえて過干渉な親の特徴を見てみましょう。

子供のスケジュールを全て管理しようとする

過干渉な親の1つ目の特徴は、「子供のスケジュールを全て管理しようとする」ことです。 これは1日のスケジュールを全て親が建てててしまうことが1つの特徴です。幼い子供に対して学校の時間割・習い事など全てのスケジュールを親の方で管理して、自由に行動できない状況を作ってしまいます。 もう1つは子供からの事後報告を強制的に促すということも考えられます。学校や習い事からの帰りが少しでも遅いと「どこに行っていたの?」とすぐに確認して、こちらも子供の自由を奪ってしまいます。

出かける前に持ち物チェックをしようとする

過干渉な親の2つ目の特徴は、「出かける前に持ち物チェックをしようとする」ことです。 特に幼い子供に対して、学校に行く前にハンカチ・ティッシュ・教科書など必要なものを全て親で確認しようとして、毎朝口を挟むことがあります。 子供の忘れ物がないように心配することは親の心理からすれば仕方のないことではあります。ただし、親が必要以上に子供のことに干渉してしまうと、子供が自分で考えて行動することができなくなってしまうので、気をつけましょう。

子供をコントロールしようとする

過干渉な親の3つ目の特徴は、「子供をコントロールしようとする」ことです。 これも子供の自由を奪うことに変わりはありません。子供の意見や感情を一切考慮せず、親が考えたとおりに行動をするように子供に促すことで、過干渉になってしまっています。 子供が「こうしてみたい」と考えていることも「絶対に失敗するから駄目」と頭ごなしに子供の意見を否定したり、習い事などでやってみたいことがあっても「それはあなたがやることではない」と勝手に決めつけてしまいます。

全て自分が正しいと考えている

過干渉な親の4つ目の特徴は、「全て自分が正しいと考えている」ことです。 過干渉な親は自分の考えが全て正しいと考えていて、子供の意見は基本的に非論理的・感情的なものとして受け入れようとしません。つまり子供の意見を尊重しようとする意識がなく、全て自分の考えを子供に受け入れさせようとしてしまいます。 この場合、親は「自分の行ったとおりにやれば子供は問題なく成長する」と考えていて、いわば「親が敷いたレールの上を通れば何不自由なく生活できる」と無意識のうちに考えていることで過干渉になっています。

すぐに結果を求める

過干渉な親の5つ目の特徴は、「すぐに結果を求める」ことです。 過干渉な親は子供が自分のペースで物事を考え行動して結果を出すのに耐えられません。親が言ったことをやってすぐに子供が結果を出すことを求めていたり、子供が自分で考えたり行動するペースが待ちきれずに、すぐに口を挟んでしまいます。 親からすればそれは自分の感覚で口を出しているので全く「干渉している」とは考えていませんが、子供からすれば「すぐに口を挟まれる」「何かにつけて口を出してくる」と感じてしまうので大きなストレスを感じることになります。

夫婦仲が悪い

過干渉な親の6つ目の特徴は、「夫婦仲が悪い」ことです。 過干渉な親は夫婦仲が悪くなってしまっていることも考えられます。夫婦仲が悪くそのストレスのはけ口を無意識のうちに子供に向けていて、自分でも意識していないところで子供の一つひとつの行動に口を挟むようになってしまっています。 この場合は夫婦仲を改善しなければ過干渉を直すことはできません。親のせいで子供がストレスを抱えることになるので、早いうちに親どうしで話し合う時間を設けて関係改善を測るようにしましょう。

過干渉な親になりやすい人

次は今結婚していなかったり子供がいない人でも、将来的に過干渉な親になる可能性が高い人の特徴を紹介します。 子育ては子供の人生を左右するもので失敗のできないものなので、ここで紹介する特徴に当てはまる方は、子育てに影響しないように早めの対策を立てるようにしましょう。

完璧主義

過干渉な親になりやすい人の1つ目の特徴は、「完璧主義」なひとです。 完璧主義な人はすべてのことに「完璧であること」を求めます。それは子育てについても当てはまり、自分の子供を完璧に育て上げようとする意識が強く働いています。さらに自分の子育てを完璧に行うことに加えて、子供に「完璧でいること」を求めます。 その結果、子供の失敗を受け入れることができず、子供が考えたとおりにやってみて親目線からして失敗することが簡単に予想できる時には、子供が行動に移す前に「それはダメ」と決めつけてしまい、行動する前に口を挟んでしまいます。

育児以外のことにも忙しい

過干渉な親になりやすい人の2つ目の特徴は、「育児以外のことにも忙しい」です。 過干渉な親は子育て以外の仕事などにも忙殺されていて、「子育てくらいは効率的に進めたい」「子供には言うとおりにしてほしい」と考えていて、ことあるごとに子供の行動に口を挟むようになります。 子供には自由に思ったとおりにやらせてみた方が自立心や自分で考えて行動する習慣が身につくものですが、それによって親の仕事が増えることを嫌い、自分の言うとおりに行動して余計な仕事を増やさないために過干渉になってしまいます。

人のことを信用できない

過干渉な親になりやすい人の3つ目の特徴は、「人のことを信用できない」です。 人のことを信用できない人は自分の子供のことも信用できず、「子供が思うようにやったら絶対に失敗する」と考えています。そのため子供が自分で考えて計画を立ててみたり行動するよりも親が考えてそれを子供に押し付けようとします。 子供は何も知識や経験がないので失敗して当たり前ですが、人のことを信用できない人は子供に対してもある意味親と同等の接し方をしていて、子供の言うことを信用できず「絶対に失敗する」と決めつけてしまっています。

競争意識が強い

過干渉な親になりやすい人の4つ目の特徴は、「競争意識が強い」です。 競争意識が強い人は、何事も「勝負ごと」と考えていて、子育についても他の親や子供との「勝ち負け」で考えています。つまり自分の子供の長所や短所を理解して尊重するという考え方ではなく、他の子よりも優秀な子供を持つことに意識が集中しています。 そのため、子供のやり方が効率悪い・テストの点数が低い・就職先が一流企業ではないなどのように、客観的に見て人より劣ると考えられる状態にならないように、子供に早いうちに干渉して失敗しない方法を選択するように促します。

世話焼き

過干渉な親になりやすい人の5つ目の特徴は、「世話焼き」です。 「世話焼き」と言われる人は周りに困っている人がいたりうまくいかない状態の人がいると、その人がその問題に気づく前に自分が割って入って問題を解消しようとします。この傾向が強い人も過干渉な親になる可能性があります。 仕事の場面では先回りして問題の芽を摘んで置けるのは非常に重宝される能力です。しかし子供に対してそれをしてしまうと、子供が自分で問題を見つけてそれを解決する方法を考える自主性が無くなってしまいます。

過干渉に育てられた子供の性格

次は過干渉な親に育てられた子供の性格の特徴を見てみましょう。 過干渉な親に育てられた子供は基本的に自主性や自立心にかけていたり、思うように行かないことに対して腹を立てやすい性格になってしまいます。

無気力

過干渉な親に育てられた子供の性格の1つ目の特徴は、「無気力」なことです。 過干渉な親は子供がやることを全て親が決めて、子供は親が決めたとおりに行動するように教育してきています。その結果子供は自分で考えて行動することができず、無気力な人になることが多いです。 自分の好きなことを思う存分やったり、自分が将来どうなりたいのか・自分の好きなことは何かと言ったことを考えることがそれまでになかったため、おとなになっても人に言われたとおりの行動しかできない人になっていて、無気力な人になっています。

イライラしやすい

過干渉な親に育てられた子供の性格の2つ目の特徴は、「イライラしやすい」ことです。 これまでにも紹介したとおり、過干渉な親は子供に全て自分の言うとおりに行動するように求めます。これは親心から「子供には失敗してほしくない」と思うことからの行動で、そうすることで全てうまくいくように子供に働きかけます。 その結果子供は幼い頃に「自分で考えてやってみた結果うまくいかない」という経験をすることが少なくなります。そうなれば大人になってから仕事を任されて自分で計画を立てて行動して上手く行かなかった時に、すぐにイライラしてしまいます。

自己主張が苦手

過干渉な親に育てられた子供の性格の3つ目の特徴は、「自己主張が苦手」です。 過干渉な親は子供が意見を主張する前に親が全て答えを出してしまうので、子供に自分の意見を主張させて、その意見について議論するという経験をさせていません。その結果、過干渉な親の子供は自己主張することが苦手な人が多いです。 大人になっても仕事の打ち合わせや新しいアイデアを求められた時に、自分の意見に自信が持てなかったり、そもそも自分の意見を持っていないことが多くなり、周りの人からも「自己主張できない人」と思われる傾向が強くなります。

自己判断が苦手

過干渉な親に育てられた子供の性格の4つ目の特徴は、「自己判断が苦手」です。 自己主張ができないにも似た特徴ですが、過干渉な親の子供は考え方の善悪・行動の良し悪しを全て親が判断してきたので、大人になってからも自己判断で物事を決めることができなくなってしまいます。 そのため、大人になってからも仕事やプライベートでも何かを自分で判断して決めなければいけない時にその判断方法が分からず、いつまでも自力で先に進めない人が多くなります。

依存体質

過干渉な親に育てられた子供の性格の5つ目の特徴は、「依存体質」です。 「依存体質」とは「何か人や物に頼っていなければ生活できない人」のことです。過干渉な親の子供は幼少期から無意識のうちに親に判断やあらゆることの意思決定を親に依存してきているので、大人になってからも依存体質になっていることが多くなります。 その結果仕事では自己判断で行動を起こすことができなかったり、プライベートでは交際相手に依存的になってしまい、自立できない人が多くなります。

過干渉な親の対処法  

次は過干渉な親の対処法を見てみましょう。 過干渉な親は「子供に失敗させたくない」という感情や、「子育くらい労力をかけたくない」という思いから無意識のうちに過干渉になっています。そのため、子供の方からはっきりと自己主張するか、親のやりたいようにさせてあげましょう。 1つ目の方法は「はっきりと意思表示する」ことです。上記の通り過干渉な親は無意識のうちに過干渉になって子供の行動の全てに口を出したりコントロールしようとしてしまっています。 そのため、あなたが「親が過干渉だな」と感じている場合には「これ以上自分のやることに口を出さないでほしい」とはっきり親に伝えてみましょう。これが親の干渉を避ける1つ目の方法です。 それでも親の干渉が止まらない場合には「反発せずに受け流す」ことも考えましょう。 親に対して自己主張しても収まらない場合は、親にあなたの意見を受け入れる体制がありません。その場合はあなたの主張を続けても一向に状況は変わらないので、親からの干渉(意見)は親の意見として聞き入れつつ、受け流すことも考えましょう。 ここでは、親に反発するのではなく親の意見を「身近な人の客観的な1つの意見」として有効活用し、最終判断は自分でするというスタンスにすることです。過干渉であっても親は自分を一番良く知る人なので、その人からの意見は参考にすべきものとして尊重はしましょう。

過干渉な親が辛い時の相談先

前の見出しの方法を実践してもまだ親の過干渉ぶりがストレスに感じてしまう場合には、専門機関に相談してみるのも1つの方法です。 ここでは3つの機関を紹介しますので、どうしても親の干渉が辛いと感じる方はここに相談してみましょう。

24時間子供SOSダイヤル

1つ目は「24時間子供SOSダイヤル」というところです。 これは文部科学省が子供のSOSに対応するために設置された機関で、親からの干渉についても相談を受け入れてくれます。 「0120−0−78310」に電話をすれば、電話をかけた所在地の教育委員会の相談機関につながるので、つらい状況などを相談してみましょう。

子供の人権SOSミニレター

2つ目は「子供の人権SOSミニレター」というところです。 こちらは法務省が実施しているもので、子供の人権を守るための取り組みの1つです。ここでは全国の小中学校の生徒に配布された「子供の人権SOSミニレター」を送ることで、あなたの悩みを相談できます。 手紙を送ると、あなたが希望する連絡方法(手紙・電話)で返事が来るので、そこでさらにあなたの悩みを深く伝えてみましょう。

ヤング・テレホン・コーナー

3つ目は「ヤング・テレホン・コーナー」というところです。 これは全国の警察が未成年の方や未成年の方に関する悩みを持つ親・学校関係者からの悩みを受け付けているものです。 こちらも「24時間子供SOSダイヤル」同様に24時間電話対応を受け付けているので、あまりにも親からの干渉がひどいと感じる方は電話してみることをオススメします。

過干渉な上司はパワハラになるのか?

最後に職場における上司からの過干渉がパワハラになるのかについてですが、パワハラの定義から考えれば過干渉はパワハラになる可能性はあります。 職場におけるパワーハラスメントの定義は、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係上の優位性を使って、業務の適切な範囲を超えて精神的・肉体的な苦痛を与えたり職場環境を悪化させる行為」とされています。 つまり、自分が与えられた職務の遂行について口うるさく上司が関わってくる場合は、「業務上適切な範囲を超えて精神的な苦痛」を受けていることになるので、パワハラになる可能性はあります。 しかし、上司が過干渉になるのは必ずしも上司自身の資質によるとは限りません。つまりあなた自身に問題がある可能性があります。 というのは、上司から見た時にあなたが求められている仕事を十分にこなせていなかったりミスが多いなどの場合には、管理職者として仕事の成果を確実に生み出すために、ミスの多い部下に対しては厳しく管理する必要が出てくるからです。 この場合には「業務上必要な範囲内」で部下に関わっていることになるので、過干渉とはならず、あなたが仕事への取り組み方を上司の指示に従って変えていく必要があります。 客観的に考えて自分に非があるのか上司に非があるのかを確認して、本当にパワハラと言えるのかをよく考えて判断しましょう。

あなたの主張に応じてくれない場合は相談を!

親の子供に対する過干渉は、「親心」か「親の人間性」どちらかの問題です。ただし、どちらの場合にも子供が求めていないことにも口を出してしまっていることになるので、はっきりと「干渉しないでほしい」と伝えて親に行動を改めてもらいましょう。 もし「干渉しないでほしい」と伝えた場合、それに対して親からまた反対意見が出るかも知れませんが、「自己主張の練習」と思ってあなたが思っていることをしっかりと伝えてみましょう。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事