2019年06月11日公開

2019年06月11日更新

想像力の鍛え方15個!想像力がない人のデメリットと想像力がある人のメリットとは

想像力の豊かな人を見てうらやましく思ったり、想像力をもっと高めたいと思ったことはありませんか?想像力があることで自分の人生を今よりもさらに豊かにすることもできます。この記事では、想像力があることによるメリットや想像力の具体的な鍛え方などをご紹介していきます。

想像力を高めて豊かな生活を送ろう

あなたは「想像力がありますか?」と聞かれたら、どのように答えるでしょうか?そもそも想像力が何なのかよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。 想像力とは生きていくために欠かせない能力です。そして想像力が高いほど、豊かな人生を送ることができるといっても過言ではありません。それくらいに人生を生きていくうえで大切な能力の1つが想像力なのです。 今回は想像力について、想像力が乏しい人の特徴や想像力を鍛えることで得られるメリット、想像力の具体的な鍛え方についてご紹介していきます。想像力を高めて豊かな生活を送っていきましょう。

想像力の意味とは?

想像力とは、何かしらの物事や場面などを、意識の中で像としてイメージできる能力のことです。過去に実際に見たものや体験したことをもとに、像をイメージする場合を再生的想像力といい、まったく新しい像を自分の意識の中でイメージする場合を創造的想像力といいます。 想像力があることで、私たちは過去の経験や目の前で起きている出来事、他の人の話す内容に意味づけをして理解することができます。また、現実には起きていないことに対して目標や計画と立てるときにも、想像力を働かせて未来をイメージしています。 ところで、想像力というと画像としてイメージできることを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、想像力にはそのような非言語的なイメージを想像することだけでなく、言葉を使って言語的に像をイメージすることも含まれます。

想像力が乏しい人の特徴

想像力が乏しい人には共通した特徴があります。そしてそれらの特徴によって、豊かな生活を送ることが難しくなっている場合もあります。想像力が乏しいことで、私たちは生活の中でどのような影響を受けてしまうのでしょうか? ここからは、想像力が乏しい人の特徴について見てみましょう。

特徴1:相手を思いやることが苦手

想像力が乏しい人は、相手を思いやることが苦手です。なぜなら、想像力が乏しいと、自分の言動が相手をどのような気持ちにさせるかということや、相手が今どのような気持ちでいるかということを想像するのが難しいからです。 相手の気持ちを想像することができないので、まったく悪意がないままに相手を不快な気持ちにさせてしまうこともあります。ですが、想像力が乏しいために、相手がなぜ不快に感じているのかを想像することも困難で、戸惑ってしまうこともあります。 このように相手の気持ちを想像することが難しいので、想像力の乏しい人が人間関係を深めていくことは、他の人以上に大変なことになってしまうのです。

特徴2:他の人に何かを教えることが苦手

想像力が乏しい人は、他の人に何かを教えたりアドバイスをしたりすることが苦手です。他の人に何かを教えるときには、相手の理解力やどのくらい理解しているのかを想像し、相手の状況に合わせて教える内容を考える必要があります。 しかし想像力が乏しいと、相手がどの程度の内容を理解しているのかを想像しながら教えていくことができません。また、自分の教え方についても、どのように教えたらわかりやすいかということを想像することができません。 そのため、相手に合わせたレベルで段階を追って教えていくことや相手に合わせて教え方を工夫するといったことがなかなかできないのです。

特徴3:目の前のことに振り回されやすい

想像力が乏しい人には、目の前で起きていることに振り回されやすいという特徴があります。なぜなら、1つの物事をいろいろな角度から見ることができないからです。 たとえば、一見すると自分にとって不都合な出来事が起こったとします。想像力が乏しいと、その出来事について一面的にしかとらえないため、自分にとって不都合な面しか見ることができません。 しかし、1つの物事にもいろいろな側面があります。今の自分にとっては面倒だと思うような不都合なことであっても、将来的に考えると役に立つということは多くあります。想像力が乏しいために多面的に物事を見ることができず、目の前の状況に振り回されてしまうのです。

想像力を鍛えるメリット5個

ほとんどの方が、想像力はないよりもあった方がいいと思っているのではないでしょうか。そのように思う方が多いのは、想像力がある方が豊かな生活が送れそうだというイメージを抱いているからでしょう。 ここからは、豊かな生活を送ることにもつながる、想像力を鍛えることのメリットについてご紹介していきます。

メリット1:柔軟な発想ができるようになる

想像力を鍛えると、過去の経験や自分の知識をもとに、さまざまな視点から物事を想像し、柔軟な発想をすることができるようになります。 突然のトラブルに遭遇したり危機的な状況に陥ると、目の前の状況ばかりに気を取られてしまい、視野が狭くなりがちです。そうなると、トラブルの良い解決策も浮かびにくくなってしまいます。 想像力を鍛えておくことで、突然のトラブルや予想外の事態に対しても、視野が狭くなることなく、適切な対応策を考えることができるようになります。

メリット2:将来を悲観しない生き方ができる

想像力を鍛えることで、まだ起きていない未来のこともイメージしやすくなるので、将来を悲観しにくくなります。もちろん、イメージされる将来は、自分にとって嬉しいことばかりではありません。それでも、想像力を鍛えることで将来を悲観しにくくなるのはなぜでしょう? 自分にとって望ましくない将来をイメージできるということは、それを回避するための対応策も同時に考えられるということです。現状のままでは望む未来にならないと想像できることで、望む未来に変えていくために必要な行動を想像することができます。 また、将来を悲観しているときには、将来を具体的にイメージすることができないために不安になっていることが多いです。ですから、想像力を鍛えて将来をイメージすることができるようになると、想像力が足りないことによる漠然とした不安から解放され、将来を悲観することが少なくなります。

メリット3:危機管理能力が上がる

想像力を鍛えることで、危機管理能力も上げることができます。危機管理能力とは、予測していなかった事態が起きたときに適切に対応できる能力のことです。ですから、生きていくうえでもビジネスにおいても危機管理能力はとても大切です。 例としてビジネスの場面を考えてみましょう。新規プロジェクトを遂行している際に、突然の災害に見舞われてしまったとします。このように、プロジェクトをこれまでと同様に遂行することが困難な状況に陥ったときには、素早く現状を把握して対応策を考えることが必要です。

しかし、想像力が鍛えられていないと、目の前の事態に振り回されてしまい、なかなか落ち着いて対処することができません。ですが、想像力が鍛えられていると、現状からあらゆるケースを想定して損害を最小限に抑えるための対策を考えることができます。 また、想像力を鍛えていれば、プロジェクトを開始する時点でも遂行中に起こりうる最悪の事態まで考えながら行動することができるので、実際に予想外の事態が起こった場合にも、冷静に対処することができます。

メリット4:円滑に人間関係をつくることができる

想像力を鍛えることで、周りの人たちとの人間関係を円滑につくることができるようになります。人間関係を円滑につくるためには、相手の気持ちを想像し、思いやりを持って接することが大切です。 想像力が乏しいと相手の気持ちを想像することが難しいため、相手との関係性を深めるためにどのような言動をしたらいいのかがわからず、なかなか人間関係を深めていくことができません。 想像力を鍛えることで、相手の気持ちを考えて気遣いをしたり、自分の言動によって相手がどのような印象を持つかを想像することができるようになります。そうすると、自分に対して好印象を抱いてもらいやすくなるので、相手との関係性を深めていきやすくなります。

メリット5:すばやく決断して行動することができる

想像力を鍛えると、すばやく決断して行動することができるようになります。想像力が高いと、現状から将来のことを想像したり、行動した結果どうなるかを予測することができます。そのため、自分にとって必要なことと不必要なことをすばやく判断することが可能です。 その結果、すばやく決断して行動に移すことができるようになります。また、想像力を鍛えることで、自分の望む結果を得るためにどのような行動をしたらいいのかということも、さまざまな角度から想像し検討することができます。 加えて、具体的な行動のアイデアも、鍛えられた想像力によって、いろいろな段階ごとに思い浮かべることができるので、さらに行動しやすくなります。

想像力の鍛え方15個

想像力とは特殊なものではなく、「もっと想像力を高めたい!」と思ったら誰でも鍛えることのできる能力です。しかし、想像力は一朝一夕ですぐに高めることのできる能力ではありません。ですから、毎日の生活の中に取り入れやすく楽しく続けられる鍛え方を見つけることが大切です。 また、想像力を鍛えるには、想像する機会を増やすことも重要なポイントになります。 ここからは、想像力の鍛え方を具体的にご紹介していきます。「おもしろそう!」と思ったものを、ぜひ毎日の生活の中に取り入れてみてください。

鍛え方1:映画やドラマなどを五感をフル活用して観る

「想像力は乏しいです」という方におすすめの想像力を鍛える方法が、映画やドラマ、アニメといった映像作品を五感をフル活用して観ることです。 想像するときには、過去に経験したさまざまな記憶を活用しています。それらの記憶の素となっているのが五感によって得られた情報です。想像力が乏しい人は、普段からあまり五感を使っていない可能性があります。ですから、五感を使うことは想像力を鍛えることにつながるのです。 登場人物が悲しめば一緒に涙を流して悲しみ、登場人物が殴られれば思わず殴られた場所を自分でも押さえてしまうくらいに、映画やドラマの中に入り込んでみましょう。特定の登場人物になりきって観ることで、五感を活用しやすくなります。

鍛え方2:ストーリーの展開を予測しながら映画やドラマを観る

感情移入しながら映画やドラマを観ることがよくあるという方におすすめの想像力を鍛える方法は、今後のストーリー展開を予測しながら映画やドラマ、アニメなどを観ることです。 実際に観ているときには、もちろん、物語の中に入り込んで楽しんでいただいて構いません。観終わった後に、今後のストーリー展開を想像してみましょう。 今後の展開を予測するには、登場人物たちの背景や心情などを踏まえて、自分の知識や経験も参考にしながら、さまざまなことを考えて想像する必要があります。そのため、ストーリーの展開を予測しながら映画やドラマなどを観ることで、想像力を鍛えることができるのです。

鍛え方3:描かれていない部分を想像しながら漫画を読む

「普段あまり本は読まないけれど、漫画は読む」という方におすすめの想像力の鍛え方は、漫画の中では実際には描かれていない登場人物の背景や心情を想像しながら読んでみることです。 漫画はすでに絵によって場面が描かれているので、想像力を鍛える効果は低いと見られがちですが、漫画でも十分に想像力を鍛えることはできます。

漫画の中で描かれていない場面や時代のことを想像してみると、想像力を鍛えることにつながります。漫画の中の登場人物たちにも、生まれてから今まで生きてきた人生があります。その人生経験が、私たちが読んでいる場面の心情や背景として反映されているのです。 ですから、「なぜこの人物はこんなことをしたんだろう?」とその人物の漫画には描かれていない人生を想像してみると想像力が鍛えられます。「これは難しい」と感じる場合には、自分の好きなキャラクターについてイメージしてみると想像しやすくなるでしょう。

鍛え方4:登場人物の心情やストーリーの展開を想像しながら小説を読む

普段から読書をする方におすすめなのは、小説などの本を読むときに想像力を鍛える方法です。「読む」という行為自体が負荷になってしまっては、想像力を鍛えるのに支障をきたしてしまうので、本のジャンルは自分の読みやすいものを選ぶと良いでしょう。 とはいえ、想像力を鍛える読書におすすめの本のジャンルは小説です。小説には登場人物の心情が描かれ、ストーリーも次々と展開していくので、登場人物の心情やその背景、今後のストーリーの流れといったものを想像しながら読みやすいからです。 小説よりも専門書やノンフィクションなどを好んで読む場合には、著者がその文章を書いている意図や主張の背景といったことを想像しながら読むことで、想像力を鍛えることができます。

鍛え方5:いつもとは反対の視点で物事を見てみる

他の人の話を聞いているときやニュースを見ているときなど、あなたはいつも同じ視点で聞いたり見たりしていないでしょうか?人はそれぞれに信念や価値観を持っていますから、無意識に見聞きしていれば、たいてい同じような見方で物事をとらえます。 ですから、あえていつもとは反対の視点から物事をとらえようとすることで、想像力を鍛えることができます。なぜなら、いつもとは違う見方をするためには、あらゆる角度からその物事について想像して考える必要があるからです。 反対の視点で物事を見るときには、自分が否定的な考えを持っていることに対しておこなうとやりやすいでしょう。たとえば、アイドルの追っかけに対して否定的であるならば、「人生を楽しんでいる」など追っかけの人たちの良いところを探すといった感じでおこないます。

鍛え方6:テレビやネットの情報を疑ってみる

今はさまざまな情報があふれている時代です。それらの情報をただ受け取るだけになっていないでしょうか?情報に対して受け身になり続けていると、自分で考えることをしなくなってしまうため、想像力は衰えていってしまいます。 テレビやネットの情報をただそのまま受け取るのではなく、1度「本当に?」と疑ってみると想像力を鍛えるトレーニングになります。 疑うことは否定することだけではありません。情報を疑うとは、「これは自分にとって必要な情報なの?」「他の考え方もできるのでは?」と伝えられたことを鵜呑みにしないということです。「自分はどう思うのか?」をいったん立ち止まって考えてみましょう。

鍛え方7:「もし自分だったら」と考えてみる

想像力を鍛える方法には、「もし自分だったら…」と他の人のことを自分のことに置き換えて考えてみるという方法もあります。 たとえば、ニュースを見ていて今の制度に疑問を感じたとします。そのときに「もし自分がこの制度を作るんだったら、もっとこんなふうにする」といったように、自分がその当事者であったならどうするかを想像してみると、想像力が鍛えられます。 不満に思うことだけでなく、「この商品のここをこうしたら、こんなこともできそう」と改善案を考えるのも良いです。また、「もし自分が総理大臣だったら」と自分からは遠い存在と思うようなものになったところを想像してみたりするのも、楽しく想像力を鍛えることができます。

鍛え方8:すぐ先の未来を想像してみる

すぐ先の未来を想像するというのも、想像力を鍛えるのに効果的な方法です。すぐ先の未来を想像するとは、たとえば、今から10分後に自分が何をしているのかを想像したり、これから出かけようとしているのなら目的地に着いたときの自分の気持ちや現地の様子を想像するといった感じです。 未来の自分の気持ちや状況などをさまざまな視点から考えることで、自分の五感や過去の経験などがフル活用されるため、想像力を鍛えることができます。 未来を予言することが目的ではないので、想像したことが現実と合っていても間違っていても構いません。ですが、あまり遠い未来を想像しても気軽に続けることが難しくなりますから、すぐに結果がわかるような近い未来のことを想像するのが良いでしょう。

鍛え方9:目に入った人や物からストーリーを作ってみる

目の前にいる人や偶然目についた物を使って、想像力を鍛えることもできます。目に入った人や物について、ちょっとしたストーリーを作ってみるのです。 たとえば、電車で目の前に座っている人がとても疲れているように見えたなら「大きなプロジェクトが終わってほっとしているのかな」「これから家に帰って家事もするのは大変だな」といったようにいろいろな想像を膨らませてみましょう。

鍛え方10:手順や仕上がりをイメージしながら料理をする

料理をすることは、想像力を鍛えるのにとても役に立ちます。ただし、いつものメニューを何も考えずに作るのでは、想像力を鍛えることにはつながりません。 料理の手順や仕上がりのイメージ、できあがったときの味などを想像しながら作りましょう。料理を食べたときの家族の反応を思い浮かべるのも良いです。 また、いつもとは違ったレシピに挑戦してみると、新しい材料や調味料の使い方、調理の手順などに触れることになります。そのため、上手く料理を仕上げるためにさまざまなことを想像しながら料理をする必要があるので、想像力を鍛えるのに効果的です。

鍛え方11:状況をイメージしながらラジオを聴く

状況をイメージしながらラジオを聴くことも、想像力を鍛えることのできる手軽な方法です。ラジオはテレビと異なり、視覚情報を得ることができません。声や音楽といった聴覚情報のみで番組の内容を理解する必要があります。 ラジオを聴いているときには、聴覚情報という限られた情報からさまざまなことを理解するために、自分の想像力を使って足りない部分の穴埋めをしていきます。そのため、ラジオを聴くことは想像力を鍛えることにつながるのです。 ラジオで紹介されるエピソードについて、その状況をさまざまに想像してみましょう。また、聴こえてくる声の様子から、出演者の表情や気持ちなどを想像することもできます。

鍛え方12:1日を振り返る

想像力の鍛え方には、1日の終わりにその日の出来事を振り返るという方法もあります。ですが、ただ「今日は良い日だったな」というだけでは、想像力を鍛えることはできません。「良い日だった」と思う出来事について、そのときの場面や自分の気持ち、周りの反応などを具体的に思い出します。 先述したように、想像力には新しい像をイメージすることだけでなく、過去のことを像としてイメージすることも含まれます。ですから、その日1日を具体的に思い出してイメージすることは、想像力を鍛えることにつながるのです。 1日を振り返るのにおすすめの方法は日記を書くことです。日記を書くと、そのときの状況や気持ちなどを丁寧に詳細に思い出すことができます。日記は続かないという場合には、寝る前や帰宅時など決まったタイミングで1日を具体的に振り返ってみましょう。

鍛え方13:1人で心静かに過ごす時間を作る

1人で心静かに何も考えないで過ごす時間を作ることは、想像力を鍛えるためには大切なことです。 現代人は、いつも何かを考えたり、情報をインプットしたりしています。そうすると、頭の中が飽和状態となってしまい、想像すること自体が難しくなってしまいます。ですから、頭の中の飽和状態を改善して、まずは自分自身を想像力を発揮しやすい状態に整えてあげましょう。 1人で静かに何も考えずに過ごす時間を定期的に作ることで、頭の中がすっきりして想像力を働かせやすくなります。できれば毎日このような時間を少しでも持つと良いですが、難しい場合には週に1回、最低でも月に1回は何も考えない時間を作ってみましょう。

鍛え方14:パソコンやスマホを使わない時間を作る

あなたは1日のうちでどのくらいの時間、パソコンやスマートフォンを使っているでしょうか?パソコンやスマホを使いすぎていると、想像力が衰える原因となります。ですから、想像力を鍛えるためには、パソコンやスマホを使わない時間を作るということも大切です。 パソコンやスマホは基本的に視覚情報です。そのため、五感を刺激することができず、想像力が衰えてしまいます。さらに、ネットサーフィンはほとんどの場合、目に入る情報をただ受け取るだけになりがちで自分で考えることをしないので、想像力が衰えやすくなります。 想像力を鍛えるためには、意図的にパソコンやスマホに触れない時間を作り、スポーツや散策などのような、実際に自分の五感を使って体感する機会を増やしてみましょう。

鍛え方15:見知らぬ土地へ出かけてみる

毎日続ける想像力を鍛えるトレーニングではありませんが、ときには見知らぬ土地へ出かけてみると想像力を鍛えることができます。 見知らぬ土地は自分の知らないことや経験したことのないことであふれています。そのため、五感が自然と刺激されて想像力が鍛えられるのです。また、このとき得られた知識や経験が今後の想像的な活動に活かされるという意味でも想像力が鍛えられます。 忙しくてなかなか出かけられないという場合には、「行ったことのないお店に行ってみる」「いつもとは違う道を通ってみる」といったことでも、五感を刺激することができます。

想像力を鍛えて充実した人生を生きよう!

想像力を鍛えることで、さまざまな視点から物事を考えることができるようになるので、自分の中に生まれてくる発想が豊かになります。発想が豊かになることで、さまざまなことを楽しむ力も高まるので人生を楽しみやすくなります。 また、想像力を鍛えることで、周りの状況もよく見えるようになるので、自分だけでなく周りの人たちを幸せにできることも増えてくるでしょう。 このように、想像力とは自分自身だけでなく周りの人たちを幸せにすることもできる能力です。想像力を鍛えて人生を豊かにし、充実した人生を送っていきましょう。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

高坂桜

高坂桜

以前、看護師として働いていたことがあります。その中で、セルフカウンセリングに興味を持ち、NLPのコー...

人気記事

新着記事