2019年06月06日公開

2019年06月06日更新

おせっかいな人の特徴と性格!原因と対処法・おせっかいな性格を治す方法を解説

おせっかいな人っていますよね。おせっかいな人は、良かれと思ってしてくれているけど、「放っておいて」と思うこともよくあるのではないでしょうか。ここでは、おせっかいな人について詳しく解説します。おせっかいな人の対処法、おせっかいな性格の治す方法も紹介します。

おせっかいな人にイライラする!

おせっかいな人のおせっかいな言動にイライラすることはありませんか。頼んでもいないのに横から割って入ってきたり、おせっかいな人の言動にモヤっとすることも多いのではないでしょうか。おせっかいな人は、どうしておせっかいなことをするのでしょうか。 おせっかいな人の、「良いことをした」と満足気な様子にもイライラしますよね。おっせかいな人は、どうしておせっかいなのでしょうか。では、おせっかいな人について詳しく見ていくことにしましょう。

おせっかいの意味とは?

おせっかいは「御節介」と書きます。出しゃばって、いらない世話を焼くという意味です。類語には、「手出し」、「口出し」、「ちょっかい」、「干渉」があります。どの言葉も、される側は迷惑ですよね。これらの類語からもわかるように、「おせっかい」は良い意味では使われません。

「おせっかい」と「思いやり」の違い

では、「おせっかい」と「思いやり」の違いは、何なのでしょうか。受け手からすると、おせっかいは迷惑ですが、思いやりは嬉しいと感じますよね。では、する側はどうでしょうか。おせっかいも思いやりもどちらも元は「善意」です。 しかし、この善意に違いがあります。おせっかいは、相手の気持ちを無視した善意であり、思いやりは相手の気持ちを考えた善意なのです。つまり、相手の気持ちを想像できているかどうかの違いが、「おせっかい」と「思いやり」の違いになるのです。

おせっかいな人の特徴5個

あなたがおっせかいだと感じるのはどんな時でしょうか。おせっかいな人は、親切心でしたことも、相手には余計なお世話だと感じるのがおせっかいです。では、おせっかいな人にはどのような特徴があるのでしょうか。これからおせっかいな人の特徴についてご紹介します。

特徴1:おせっかいを断ると不機嫌になる

おせっかいな人は、おせっかいを断ると不機嫌になったり、時には怒り出したりします。必要がない、望んでいないことなので、丁重にお断りをしているのに、おせっかいな人は、自分の親切心を無碍(むげ)にされたと感じて、不機嫌になるのです。 おっせかいな人は、いつでも「してあげる」という、上から目線です。おせっかいな人は、相手の気持ちを考えておらず、単におせっかいな人の自己満足を満たすための行動でしかありません。そのため、断られると自己満足を満たすことができないので不機嫌になるのです。

周囲の人は、おせっかいなだけでも迷惑に感じているのに、おせっかいを断って不機嫌になられると別の気を遣わなくてはいけなくなり、さらにくたびれてしまいます。しかし、はっきりと断らないと「遠慮している」と受け取るので、さじ加減が難しいのがおせっかいな人です。

特徴2:根掘り葉掘り聞いてくる

おせっかいな人は、他人のプライベートなことに興味があり、なんでも根掘り葉掘り聞いてきます。誰でも、話す相手や場所を選びますし、自分のプライベートを大っぴらに話す人はごく少数でしょう。 普通の人であれば、相手がはぐらかしたり、言いたくなさそうな雰囲気を感じ取ったら、しつこく聞くのをやめますよね。しかし、おっせかいな人にははぐらかしも言いたくない雰囲気も通用しません。全く感じ取ってくれないのです。

そのため、おせっかいな人は、自分が気になることを聞き出せるまでしつこく聞きます。どこまでも踏み込んできて、なんでもかんでも根掘り葉掘り聞いてくるのが、おせっかいな人の特徴です。

特徴3:周りの空気が読めない

おせっかいな人は、自分の気持ちや都合で行動することが多く、それが相手のためになるのか、本当に役に立つのかを考えません。相手が迷惑だと思っていても気付かないことも多くあります。自分が他人のためになると思っていることは、正しいと思っているのです。 そのたえ、おせっかいな人は、自分一人で突っ走ってしまう傾向があり、その場で必要とされていることとは全く違うことをしたり、言ったりすることがあります。このように、周りの空気を読むことができないのが、おせっかいな人の特徴です。

特徴4:人に任せることができない

おせっかいな人は、自分の担当ではないことでも気になってしまい、つい口を出してしまったり、手を出してしまいます。せっかく、それぞれの分担を決めているのにも関わらず、気になってしまい自分のことだけに集中できないのです。 おせっかいな人が、口を出したり、手を出したりすることで、余計な手間が増えてしまったり、場をかき乱されたりすることもあります。このように、おせっかいな人は人に任せることができず、結果的に周囲に迷惑をかけてしまっているのが特徴です。

特徴5:元気がないとやたらとかまってくる

おせっかいな人は、元気がない人を見つけるとやたらとかまってきます。元気がない原因を知って、自分がなんとかして元気付けようと思うのです。誰でもそっとしておいてほしい時もありますよね。しかし、おせっかいな人は、そっとしておいてくれるなんてことはありません。 そっとしておいてほしいことを伝えても、おせっかいな人は、遠慮していると捉えます。少し大人しくなったと思っても、また何かと理由をつけてかまってきます。静かにそっと見守るということができずに、やたらとかまってくるのがおせっかいな人の特徴です。

おせっかいな人に構われないためには、おせっかいな人の前ではカラ元気で過ごさないとなりません。カラ元気は精神的にとても疲れるので、元気がないときには、おせっかいな人がいる場所には行きたくないですね。

おせっかいな人の性格

おせっかいな人の特徴を見ていただいてお分かりいただけたと思いますが、おせっかいな人の言動は、周囲の人が迷惑に感じることばかりです。それなのに、おせっかいな人はどうしておせっかいになるのでしょうか。それでは次は、おせっかいな人の性格を見ていくことにしましょう。

性格1:自分の言動が正しいと思っている

おせっかいな人は、自分が相手の役に立つと思ってすることは、相手も役に立つと思っていると思っています。自分と他人が違う価値観を持っているということを理解できていないのです。そのため、おせっかいな人は、、自分の言動に間違いはなく、常に正しいと思っているのです。

おせっかいな人は、自分の考えに自信があり、自分の言葉や行動にも自信を持っています。そのため、自分の言動は正しく、自分の言動はすべて相手のためになると思い込んでいるのです。 おせっかいな人のように、自分の言動が正しいと思っている人は、相手の立場に立つことも、相手の意見に耳を傾けることもしません。そのため、おせっかいな人の言動は「おせっかい」なのです。

性格2:自分のことより他人のことを優先しがち

「自分より他人を優先にする」と聞くと、聞こえが良くとても親切な人のように思えますよね。しかし、おせっかいな人の場合は違います。そもそも、おせっかいな人は、自分を後回しにして相手のためだと思ってしていることが、相手にとっては迷惑なのです。 そのため、相手からには「自分のことを先にやって」って思われています。おせっかいな人は、そんな相手の気持ちをわかっておらず、自分を犠牲にして人のために動いている自分に陶酔しているのです。

また、おせっかいな人は、自分より他人を優先にしてしまうあまり、他人に感情移入し過ぎてしまう節があります。他人のことなのに、自分のことのように怒ったり、悲しんだりして、自分のことのように錯覚してしまいます。 おせっかいな人は、他人の悩みまで抱え込んでしまうことで、気持ちが落ち込んだり、体調を崩してしまうこともあり、周囲からは他人のことより自分のことを考えて欲しいと思われるのです。

性格3:物事を深く考えない

おせっかいな人は、自分の言動が正しいと思っているので、自分の考えとは違う考えを理解しようとしません。他人と意見や考えの相違があった時に、他人の考えや意見を深く知ろうとしません。おせっかいな人は、中身も理解せずに自分とは違うものは排除してしまいます。 おせっかいな人の考えは一人よがりなことがとても多く、自分が「これが良い」と思ったら、そのまま突っ走ってしまいます。自分が良いと思ったから、周囲にとっても良いに決まっていると思っているのです。

おせっかいな人は、周囲がどんな状況であるのかやこれからどんな問題が生じる可能性があるのかなど全く考えていないのです。つまり、物事を深く考えないず、浅い考えで自分が勝手に良いと判断したまま進めていくのです。 周囲の方が、明らかに物事を深く考えているので、おせっかいな人の行動や安易に口を挟んだり、手を出すことは、迷惑でしかありません。

性格4:心配し過ぎる

心配な気持ちからついおせっかいになってしまうのが、おせっかいな人の特徴です。相手が大切だからこそ、心配するのですが、心配のし過ぎは禁物です。ただの心配の押し売りになってしまいます。しかし、おせっかいな人本人は、その心配が行き過ぎていることに気付いていません。 心配してもらえることはありがたいことなのですが、心配し過ぎると相手からはただのおせっかいと思われてしまうのです。心配だからおせっかいになっているとわかるので、おせっかいな人を無碍(むげ)にも出来ずモヤモヤしてしまいますよね。

そして、あまりにも心配しておせっかいをすると、相手に「信用されていない」という不信感が生まれてしまいます。どんなに心配であっても、時には静かに見守って応援することも大切なのです。

性格5:親切心が度を超えている

おせっかいな人の親切心は、普通の基準を超えています。なんでもかんでも相手のためにできることはしてあげたいと思うのが、おせっかいな人です。その人のことを考えての行動ではあるのですが、言動の全ては、おせっかいな人の思い込みです。 そのため、おせっかいな人のこのような言動は、ありがた迷惑でしかありません。親切心で相手のことを知ろうとしていても、おせっかいな人は、程度をわきまえず、踏み込み過ぎてしまうため、周囲から親切心が度を超えていると思われてしまうのです。

おせっかいな人になる心理的原因

おせっかいな人の特徴や性格はご理解いただけたでしょうか。おせっかいな人は、どんな言動にも悪気はなく、みんな良かれと思っての言動なのです。なんでも度が過ぎてしまうため、おせっかいと思われてしまいます。 それではなぜ、おせっかいな人はおせっかいになってしまうのでしょうか。これから、おせっかいな人になる心理的原因をご説明します。

心理的原因1:自己中心的

おせっかいな人になってしまう大きな原因は、考え方が自己中心的であることです。おせっかいな人の言動は、相手のことを思っての言動なので、一見、自分のことだけでなく、周囲にも目を向けて考えることができる人物のように思えます。 しかし、おせっかいな人が相手を思ってする言動は、結局、本当に相手の役に立つのか、相手が必要としているのかを考えられていないのです。おせっかいな人は、自分で「相手にとってこれが良い」と決めつけて、勝手に行動しているだけです。

つまり、おせっかいな人は、相手のことを考えているようで、実際には考えることができていないのです。自分が相手にとって良いと思うことを相手にして、相手のために何かする自分は素敵だと自己満足を満たす、自分のことしか考えられていない自己中心的な考えなのです。

心理的原因2:自分以外を信用していない

おせっかいな人が、心配性であることや他人に任せることができないのは、主に、自分以外の人を信用していないことが原因になっています。しかし、信用していないと言っても、他人に不信感を持っていたり、他人に裏切られると思っているというわけではありません。 おせっかいな人は、自分の言動が正しいと思いすぎるあまり、自分の思い通りに物事が進むことを信じています。そのため、自分が正しいと思っているレールから外れることを恐れ、レールから外れないか気になってしまうのです。少しでもレールから外れると修正しようとします。

それが、過剰な心配や他人に任せられないことに繋がっています。たとえ、自分が思うことと違っても相手を信じて見守り、困ったときには手を差し伸べるということができないのです。信用されていないと感じると人間関係がうまくいかなくなることもあるので注意が必要です。

心理的原因3:親切な自分が好き

誰でも親切なことをすると清々しい気持ちになりますよね。自分の行為によって、相手が喜んでくれる姿を見て、自分も嬉しい気持ちになれます。本来であれば、相手が喜んでくれて初めて、自分のした行為が「親切」になるのです。 しかし、おせっかいな人は、相手が喜んでくれるかどうかは関係なく、自分が相手のために何かをしたという事実が「親切」であると思っています。「親切」をはき違えているため、誰かのために何かをする自分を「親切な人」だと思っています。

相手の気持ちは置き去りにして、おせっかいな人は、相手のために何かをしたことで満足し、そんな自分は素晴らしいと思います。「自分は素晴らしい」と思うことが気持ちよく、「親切な」自分が好きなので、おせっかいな人になってしまうのです。

おせっかいな人が口を出す場面とは?

おせっかな人は、いろいろと口を出してきますよね。おせっかいな人の言葉にイライラしたり、モヤモヤすることも多いのではないでしょうか。おせっかいな人が、口を出したくなる場面をご紹介しますので、今後、同じような場面に出くわした時はご注意ください。

場面1:おせっかいな人と自分の仕事の仕方が違うとき

自分なりの方法で、自分のペースで計画的に仕事を進めていても、おせっかいな人は自分と方法が違うとわかると、自分のやり方を頼んでもいないのにレクチャーしてきます。仕事を遅れているわけでも、行き詰っている素振りを見せたわけでもないのにです。 おせっかいな人は、自分の方法が正しいと思っているので、自分とは違う方法に対しては口を出してくるのです。おせっかいな方法が自分にとっては効率的でない場合があるので、口を出さずに放っておいてもらうほうが、仕事ははかどります。

場面2:体調を崩すと健康管理の方法を教えてくる

おせっかいな人は、誰かが、どこか少しでも体調が優れないという話を聞きつけると、「あの病院がいい」、「あのサプリがいい」、「あの食材がいい」などと聞いてもいないのに教えてくれます。聞いてもいない情報を、矢継ぎ早に教えてくれるおせっかいな人にうんざりしてしまいます。 また、おせっかいな人は、自分が知っていることで相手の役に立てることが嬉しくていろいろ教えてくれようとしているのですが、その姿は、誰かが体調を崩していることが嬉しいのではないかと思わせてしまうこともあるので、相手をさらに不愉快にさせてしまうこともあります。

場面3:人が使っているものに口出しをする

たとえ機能性が悪くても、デザインやメーカーが好きだったり、思い出のあるものだったり大切に使っているものって誰でもありますよね。そして、好みもまた人それぞれ違うし、使い勝手の感じ方も違います。 それなのに、おせっかいな人は、自分が持っているものをやたらと勧めてきます。まるで、どこかの回し者なのではないかと感じることもあるのではないでしょうか。おせっかいな人は、自分は自分、他人は他人という考えができないので、他人の持ち物にもつい口を出してしまうのです。

おせっかいな人とうまく付き合う方法5個

おせっかいな人について詳しく理解いただけたと思います。おせっかいな人のことを知れば知るほど厄介だと思ったのではないでしょうか。そんなあなたに、これからおせっかいな人と上手く付き合うための対処法をご説明します。

方法1:はっきりと断る

おせっかいな人は、自分の言動がおせっかいになっていると思っていません。そのため、おせっかいな人におせっかいをやんわりと断ってしまうと、相手は遠慮していると思うのです。相手が遠慮していると思うと、おせっかいな人のおせっかいが増してしまう可能性があります。 そのため、おせっかいな人には、必要のないことはいらないとはっきりと断るようにしましょう。おせっかいな人は、おせっかいを断ると不機嫌になってしまうこともあるので、おせっかいではありますが、あなたのために何かをしようとしてくれた気持ちに対してはお礼を言うようにしましょう。

もし、あなたがしてほしいことがある場合は、してほしいことをおせっかいな人に伝えましょう。してほしいことをしてもらって、喜ぶあなたを見れば、今後おせっかいな人は、勝手におせっかいをせずに、あなたにしてほしいことを聞いてくれるようになるかもしれませんよ。

方法2:断り方を考えておく

おせっかいを断ると不機嫌になるのがおせっかいな人の厄介なところですよね。そこで、おせっかいな人への断り方を前もって考えておくというのも対処法の一つです。 余計なおせっかいに対して、どのように断ればおせっかいな人が不機嫌にならないかなんて考えるのは、どこか負に落ちない気もします。しかし、おせっかいな人が関係を悪くしたくない相手の場合は、断り方に気を付けないといけません。

日頃から、おせっかいな人をよく観察し、どのように断れば相手が不機嫌にならないかを考えるのが良いです。そのおせっかいな人のことがわかるようになると、断ることもなく、上手にコントロールしできるようになって、あなたにとっては、とても親切な人になるかもしれませんよ。

方法3:軽く受け流す

おせっかいな人の言動に対して、喜んだりお礼を言うと、おせっかいな人は気分を良くしてあなたにさらにおせっかいをするようになってしまいます。あなたに何かをしてあげようと思った気持ち自体にお礼を言うことは、大切ですが、あくまで「気持ち」に対してのみです。 しかし、おせっかいな人の言動に対しては軽く受け流すのが良いです。あまり反応をしてはいけません。おせっかいな人も、自分がしたことに対して軽く受け流されていると感じると、「せっかくしてあげてるのに」と思い、あなたに対して何かしてあげようと思うことはなくなるでしょう。

方法4:おせっかいな人に情報を与えない

おせっかいな人は、情報取集能力に長けています。そこからか情報を仕入れて、自分の出番とばかりに首を突っ込んできます。勝手に情報を得て、嗅ぎつけておせっかいをしに来ているだけなので、おせっかいな人に相談した覚えなどありません。 おせっかいな人のおせっかいを未然に防ぐために、おせっかいな人には必要以上に情報を与えないことが大切です。あなた自身のことだけでなく、あなたの周りの人の情報にも気をつけるようにしてください。

方法5:おせっかいな人におせっかいをしてみる

おそらく、おせっかいな人は日頃、自分が他人におせっかいをするので、おせっかいを他人からされるということはないでしょう。そこで、おせっかいな人には、おせっかいで返してみましょう。「目には目を歯には歯を」です。 おせっかいな人に普段されていることでも良いですし、あなたなら「おせっかい」と思うことをしても良いでしょう。おせっかいな人も他人からおせっかいなことをされたら、おせっかいをされた時の気持ちを知ることができ、自分のおせっかいにも気付く機会になるかもしれません。

おせっかいな性格を改善する方法3個

ここまでおせっかいな人について、いろいろ見てきました。日頃の自分の言動について、「もしかして、おせっかいかも」と感じたことはありませんでしたか。もし、「私もおせっかいかも」と思った人も、これからご紹介する方法で、おせっかいを直すことができるので、ぜひ、試してみて下さい。

改善法1:「おせっかい」ではないか考える

あなたが何かをしようと思ったとき、すぐに行動に移すのではなく、それは相手にとっては「おせっかい」ではないか一度、考えてみて下さい。おせっかいな人は、相手の気持ちを考えずに行動してしまいます。 あなたがしようとしていることは、本当に相手が必要としているか、本当に相手の役に立つことなのか、しっかりと考えなくてはいけません。しっかりと考えることで、相手のことを思いやる気持ちを持つことができるようになり、おせっかいを直すことができます。

改善法2:しばらく見守る

相手のことを大切に思えば思うほど、心配になって、ついつい口を出したり、手を出したりしてしまいがちです。しかし、それでは本人は成長しません。大切な人には、成長して自分の力を高めていって欲しいですよね。 口や手を出したくなる気持ちをグッとこらえて、しばらくは何も言わず、何もしないで見守ってあげましょう。どうにもならなくなって、行き詰ってしまったら、少しだけ助言をしてあげましょう。「見守る」という力を付けることでおせっかいな人から卒業できます。

改善法3:自分のことを優先に考える

おせっかいな人は、他人のことを優先にして、自分のことをつい後回しにしてしまいます。誰かのために何かしようと思った時、行動を起こす前に一度、考えてみて下さい。その行動をするために、あなたは何かを犠牲にしていないでしょうか。あなたは何かを我案しないといけなくはないですか。 あなたが何かしようと思っている相手は、あなたに自分のことを後回しにしてほしいとは思っていません。それなのに自分を犠牲にすると、あなたにとっては「親切」でも、相手にとっては、「おせっかい」になってしまいます。

「親切」と「おせっかい」は紙一重

いかがだったでしょうか。おせっかいな人についてわかって、よくわかっていただけましたか。「親切」も「おせっかい」も「相手のために」という善意の気持ちが原動力になっていることは同じです。2つの違いは、相手を思う気持ちがちゃんとあるかどうかです。 相手を思いやる気持ちがあるかないかで、「相手のために」している行動が「おせっかい」にも「親切」にもなってしまいます。どんなときも、相手を思いやる気持ちを常に持っておくことがとても大切なのです。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事