2019年03月12日公開

2019年06月08日更新

冷静な人の特徴や性格・心理とは?冷静沈着になるための方法も紹介

突然のトラブルにも動じることなく、落ち着いて冷静に対処できるようになれたら素敵ですよね。この記事では、冷静な人の行動や性格・心理の特徴、冷静であることの長所や短所、そして感情的になりがちな人が冷静を保つための、誰でもできるコツをお伝えします!

冷静で何事にも動じない人になろう

「いつも感情的になって、恋愛や仕事の付き合いがうまくいかない…」 「トラブルが起きても、落ち着いて行動できる人になりたい…」 そんな悩みを密かに抱えている人にとっては、いつでも冷静で、何があっても落ち着いていて堂々としている人は、見ていて頼もしく格好いいので憧れてしまいますね。 ところで冷静さというのは、生まれつきの心理的な資質もありますが、少しのコツを押さえることで後天的に身につけられるものだと知っていますか? 今回は、冷静さについての詳しい解説と、冷静な人の特徴や長所短所、そして冷静さを身につけるためのコツを余すことなくお伝えします!

冷静の意味とは?

ところで「冷静」とは、一体どのような状態のことを言うのでしょうか?そう聞かれて、きちんと説明することは案外難しいものです。 まずは「冷静」の言葉の意味、「冷静」と似た言葉や反対の言葉を知ることから始めることにしましょう。

冷静の使い方・例文

「冷静」という言葉は、読んで字のごとく「冷めていて」「静か」な様子を指します。 辞書によると、『感情に左右されず、落ち着いていること。また、そのさま』となっていますね。 「冷静」という言葉の使い方としては、「冷静な判断」「冷静に処理する」などがあります。

冷静の類語

類語には「沈着(ちんちゃく)」「平静(へいせい)」などがあります。何かあっても落ち着いている人の性格を「冷静沈着」と表現することもありますが、類語同士を連ねた言葉だったのですね。 「沈着」の意味は、『落ち着いていて、物事に動じないこと。また、そのさま。』 「平静」の意味は、『態度・気持ちが落ち着いていること。また、そのさま。』 となっています。 「落ち着いている」というのが共通するキーワードのようです。

冷静の対義語

「冷静」の対義語は「熱烈(ねつれつ)」「興奮(こうふん)」です。 熱烈は『激しい感情が自然に現われるのを止められない様子』 興奮は『何かの刺激を受けて、鈍った状態にある神経や からだの働きが盛んになること』 という意味です。 感情が高ぶり、心や体がコントロールできなくなる状態を指すようです。

冷静の英語表現

英語で「冷静」を表現する言葉はいくつかありますが、代表的なものは"calm"や"cool"です。 "calm"は他に「穏やか、静かな」などの意味があり「(風のない)穏やかな日=a calm day」などの表現にも使われます。 「私はいつも冷静です」は”I am always calm.”と表現します。 "cool"は他に「涼しい、冷たい、冷淡な、よそよそしい」などの意味があり、「冷静さを失わない」は"keep cool"と表現します。日本語でも、いつも冷静で感情的にならない人を「クールな人」と言うことがありますね。

冷静な人の行動の特徴

それでは、冷静な人の行動にはどんな特徴があるのでしょうか。冷静な人には共通の特徴があります。何かが起こった時の反応の仕方に、共通点があるのです。 冷静な人とは、冷静な行動や態度を「常に選択している人」と言いかえることもできるでしょう。 ここからは、冷静な人がよく取る行動や態度の特徴を一つ一つ解説していきます。

【冷静な人の行動①】物事に動じない

冷静な人には、いちいち「動じない」という特徴があります。 交通事故、仕事のトラブル、恋人からの突然の別れ話…頭を抱えたくなるようなマイナスの出来事が突然降りかかってきたとしても、彼らはうろたえることなく、落ち着いて対処することができます。 悲しんだり怒ったりと感情的に反応することなく、淡々と次の行動を考え実行できるので、周りからは「頼りになる人」「安心感のある人」と高評価を得られるのです。

【冷静な人の行動②】1人で行動することが多い・苦ではない

冷静な人は「おひとり様上手」な人でもあります。独りで行動することに抵抗がなく、孤独感や不安を感じることも少ない特徴があります。 かと言って、人嫌いとか一匹狼というわけではなく、他人と過ごすことも楽しめるし、必要なシーンではそれなりに上手に付き合うことができます。 冷静な人というのは精神的に自立しているので、他者の存在の有無に左右されることが少ないのです。

【冷静な人の行動③】無口・物静か

冷静な人、と言われた時に、はしゃぎまわる人やペラペラとおしゃべりな人をイメージする人は少ないと思います。冷静な人はそのイメージ通り、口数が少なく物静かという特徴があります。 また、冷静な人が話す言葉を注意深く聞いていると、「うれしい」「ムカつく」「辛い」など、自分の感情を表現する単語をあまり使っていないことに気が付きます。 冷静な人というのは、あまり自分の感情を見せず、必要以上に喋りすぎることもないので、周りからは「いつも変わらない」「落ち着いている」という印象を持たれやすいのです。

冷静な人の性格・心理

冷静な人たちの行動や態度に、共通の特徴が見られるのはなぜでしょうか。 それは、冷静な人には共通の性格や心理、ものの見方や心の持ち方の傾向があるからです。 ここからは、冷静な人に共通する性格・心理の特徴や、考え方の共通点をお話ししていきます。

【冷静な人の性格・心理①】理性的で気持ちの切り替えが上手い

感情的にならず、常に落ち着いている冷静な人とは、言い換えれば、極めて理性的な性格の人であると言えます。理性的で感情のコントロールが上手なので、物事に動じることなく適切な対応ができるのです。 また、冷静な人は落ち込むことや嫌なことがあっても、気持ちを切り替えるのが早く、いつまでも引きずらない性格でもあります。 感情に振り回されることなく常に理性的な行動が取れるのは、このような性格の特徴から来ています。

【冷静な人の性格・心理②】慎重である

冷静な人に共通する性格の2つめの特徴は、慎重であるということです。 冷静な人は、多角的に物事を考える癖がついていて、焦って答えを出そうとはしません。目の前で起こった出来事に対しても、即座に反射的に反応するのではなく、一度自分の中で飲み込んできちんと考えてから対応します。

【冷静な人の性格・心理③】客観性が強い

人間は、自分の気持ちや視点メインで考える「主観が強い性格の人」と、相手や全体の気持ちや状況、俯瞰でみた視点をメインに考える「客観性が強い性格の人」の2種類に大きく分かれます。 このうち、冷静な人というのは後者の「客観性が強い性格の人」です。 ただ、客観的な視点に偏りすぎる傾向もあり、その結果、周りに「何を考えているのかわからない」「冷たい」などと思わせてしまうことがあります。

【冷静な人の性格・心理④】自制心が強くストイック

感情に流されない性格であると同時に、誘惑やその場の雰囲気などにも流されない、強い自制心の持ち主であることも冷静な人の特徴です。 例えば、複数人で遊びや飲みに出かけて盛り上がっている席でも、次の日に予定や仕事があれば、「明日に差し支えるので今日はこのへんで帰ります」と遠慮なく切り出して、さっさと帰ることができてしまいます。 冷静な人は、常に先を見据えた行動を取ろうとするので、後々困ったり後悔するような行動は取らないように自制します。そういう姿が、周りからはストイックでクールに見えるのです。

【冷静な人の性格・心理⑤】依存心が少なく自立している

冷静な人は、他人への依存心が少なく、精神的に自立した性格をしています。 他人への依存心が少ないというのは、他人の言葉や行動に振り回されることが少ない、ということです。安易に他人の意見に左右されたり流されることがないので、自分の軸がぶれることもなく、落ち着いて適切な対応を取ることができます。 冷静な人とは、精神的に自立できている、大人な人だと言えるでしょう。

【冷静な人の性格・心理⑥】自信がある

冷静な人は自分自身に対して、確かな自信を持っています。 そもそも、冷静な人が突然の出来事やトラブルにうろたえずに、落ち着いて対処ができるのは、「自分には問題解決能力がある」「何があっても大丈夫」と、無意識に自分の力を信じているからです。 もちろん、いかに冷静な人といえど、中には解決できないこと、間違った対応をとってしまうこともあり得ますが、冷静な人は潔く諦めたり、自分の間違いを認めることもできます。 冷静な人は自分を信頼しているので、無駄にクヨクヨと自分を責めたり、責任転嫁することもないのです。

冷静な人が冷静になれる理由

冷静な人の行動や性格・心理には、共通の特徴がみられることがわかりました。 それでは、冷静な人たちを冷静たらしめているものは、一体何なのでしょうか。 ここでは、冷静な人が冷静でい続けることができる根本的な理由と、冷静であることのマイナス面をお話ししていきます。

なぜ人は冷静になれるのか

冷静な人が冷静であり続けられる理由、それはその人の中に「感情的になってもいいことはない」「落ち着いて冷静に対応することがいい結果を生む」という心理があるからです。 人間の脳は、理性が働くよりも感情的な反応が先に起こるようにできているので、感情にまかせて行動しようとするのを理性で抑えるためには、よほど自制心が育っていないと不可能です。 彼らは、ノリや勢い、その場の感情や直感に従って行動したことで、大きな失敗を経験した人かもしれません。あるいは、じっくりと考え、時間をかけて丁寧に物事を進めたことで、良い結果を得た経験があるのかもしれません。 いずれにしても、冷静な人たちは子供のころから何かしらの苦労をしてきたなど、人生経験が豊富であることが多く、その豊富な経験の中で学習し、たえず自制心を保つように努力してきた人々であるといえるでしょう。

冷静さに共通するネックの部分

冷静さは素晴らしい美徳ではありますが、ネックとなる面ももちろんあります。 「冷静」の反対語が「熱烈」であったことを思い出してください。「熱烈」の元になるのは「情熱」です。情熱は感情から生まれる大きなエネルギーで、わたしたちの人生をより良いものにしたり、色鮮やかに彩ってくれるものでもあります。 冷静な人たちは、感情的にならないことを自分に課している人たちですが、同時に豊かな感情や情熱を持つことから自分を遠ざけている人たちでもあるのです。 冷静さと感情の豊かさのバランスが上手に取れることが一番良いのですが、感情的な人が冷静さを保つことが難しいように、冷静な人が豊かな感情を感じたり表現するのもまた難しいのです。

冷静な人の長所と短所!冷静すぎて怖いと思われることも?

ここまで主に冷静な人の、自分がぶれることなく、落ち着いていて格好いいという良い面を主にクローズアップしてきました。 ですが、長所と短所は裏表の関係です。冷静な人たちも、もちろん例外ではありません。 ここでは、冷静な人の長所と短所をまとめていきます。

冷静な人の長所

まずは、冷静な人の長所について考えていきます。 ここまでに述べてきたように冷静な人の一番の強みとは、いつも落ち着いていることや、感情に振り回されることなく常に適切な対応がとれることです。 その結果、周りにどのような心理的影響を与え、どういう長所として身につくのでしょうか。

【冷静な人の長所①】人から信頼されやすく人望を得られる

常に先を見据え、広い視野で多角的にものを見て、適切な判断を下すことのできる冷静な人は、周りから信頼され頼られることが多くなります。 トラブルがあっても落ち着いて適切な対応をとることができ、感情的になったり理不尽なことを言い出したりすることもないので、部下を持った際にも「できる上司」として支持されます。

【冷静な人の長所②】相手に包容力や安心感を感じさせるのでモテる

どんな時も落ち着いている冷静な人は、恋愛シーンでも異性に対して安心感や包容力を感じさせるので、当然のようにモテます。 ただし、冷静な人たちは総じて必要以上の自己主張をしないため、楽しいことや盛り上がれることが第一優先の10代20代は、同年代の他の同性と比べて地味に見られがちで、異性からのウケもイマイチだったりもします。 ですが、年齢を重ねて、多くの異性がノリの良さやその場限りの楽しさよりも、真剣に長く付き合える安心感を求めるようになる頃から、急にモテるようになることが多いでしょう。

冷静な人の短所

それでは、次に冷静な人の短所について考えていきます。 おおよそ短所など見つからないような気さえする冷静な人たちですが、もちろんその特徴がマイナスに働くこともあり得ます。 冷静な人になりたいともし願っているようであれば、こういう見方をされることもあるのだと頭に入れておきましょう。

【冷静な人の短所①】嬉しい時にも感情が見えにくくて冷たい人に見える

この記事の始めの方に「物事に動じない」という特徴がありましたが、冷静な人が動じないのはトラブルやネガティブな出来事だけではありません。 逆に、誕生日をサプライズでお祝いされたり、思ってもないような幸運に見舞われるなど、嬉しいことやポジティブな出来事が起こったとしても、同じように「動じない」のです。つまり、あまり嬉しそうに見えません。 冷静な人たちは内心ではとても喜んでいたり、テンションが上がっていたりもするのですが、外側からは見えにくいので、喜ばせようとした人たちからはガッカリされたり、反応が薄い冷たい人だと思われてしまいがちです。

【冷静な人の短所②】冷静すぎて怖い

冷静な人の短所の2つめは「怖いという印象を与えがち」ということです。 どんな事態に対しても、いたずらに心を動かされることなく淡々と対応できるというのは、非常に頼もしい一方で、「心がないような感じ」「血が通ってないような感じ」を抱かせ、「なんだか怖い人」と思わせてしまう面があります。 特に、相手の顔色を読むことに長けている、敏感な感受性を持った人たちにそう思われてしまうことが多いようです。

冷静な人の印象を左右するのは「人間的な温かみ」を感じられるか否か

冷静な人の長所と短所を比べてみると、キーとなるのは「人間的な温かみ」を感じられるか否か、であるようです。 常に冷静で、的確で完璧な対応ができるのは仕事上でもプライベートでも素晴らしい美点となりますが、行き過ぎると人間味がないと思われてしまうのかもしれません。 あまりに冷静に対処することばかりに偏りすぎず、時には感情を素直に表現してみせると、周囲の人々にとってより魅力的な人に映るでしょう。

あなたは冷静?冷静度診断

自分が冷静な人なのかどうか?気になりますよね。簡単な診断テストを用意しましたので、普段の自分を振り返りながらyes、noで答えてみてください。 1.人を、見た目だけで判断することはない 2.考えても仕方ないことは考えないようにしている 3.周りの意見に流されない 4.尊敬できる師やメンターがいる 5.感情的になるのはみっともないと思う 6.同年代の他人と比べて、人生経験は豊富な方だ 7.重要な仕事ほど先に済ませる 8.何かを判断するときに優先させるべきは、気持ちよりも合理性だ 9.最終的にはなるようになると思っている 10.一人で過ごす時間が好きだ yesの数が多いほど、あなたは冷静度が高い人だと言えるでしょう。

冷静沈着になる方法は?

冷静さが過ぎればデメリットになることもありますが、感情に振り回されずいつも落ち着いていて冷静な判断を下せる人は、やはり格好よく魅力的に映るものです。 ここからは、冷静沈着な人になるための具体的な方法をお伝えしていきます。 できることから取り入れて、周囲からの信頼を勝ち取っていきましょう!

【冷静沈着になるために①】結論を出すことを焦らない

冷静さを身につける方法の1つめは「答えを焦らない」です。 冷静な人は、いつでも落ち着いて、色々な側面からじっくりと考えてから答えを出します。冷静な人に近づきたければ、まずは大切なことを決める時ほど、感情が昂った状態で結論を出さず、時間をかけて決めることを心掛けてみましょう。 慣れないうちは感情的になっている思考を即座にクールダウンさせることは難しいので、可能ならば一旦その場を離れたり休憩したりして、時間や距離を置いてみるようにするとよいでしょう。

【冷静沈着になるために②】独りでじっくり自分の感情と向き合う時間を作る

冷静な人に近づくための方法2つめは、「自分の気持ちに向き合う時間を持つ」ことです。 冷静な人とは、自分の状態や心理も落ち着いて見つめ、把握できている人です。普段から自分自身のことも客観視し把握する癖がついているので、いざというときにも他人に振り回されることなく、自分の軸を見失わずに済むのです。 ここでポイントとなるのは「独りで」という部分です。女性は特に、自分の悩みや考えを誰かと共有したいという心理が強いので、誰かに話すことで自分の思考を整理しようとしますが、それでは他の人の考えや意見が入り込んでしまいます。 あくまでも独りで、自分の気持ちや考えと向き合うことが大事です。アウトプットした方が整理がしやすいようであれば、ノートに気持ちを書き出すなどするとよいですね。

【冷静沈着になるために③】本を読む習慣をつける

「本を読む」習慣は、冷静さを保つ大きな助けになります。 冷静な人というのは、物事や出来事に対して、一方向からではなく色々な方向からの視点を持つことができる人ですが、様々な人が書いている文章をたくさん読むことは、色々な視点からものを考えるトレーニングになります。

【冷静沈着になるために④】筋トレなどの運動をする

冷静な人になるためには「筋トレなどの運動をする」習慣を身につけるのもおすすめです。 「ランナーズ・ハイ」のように、体を一定時間動かし続けると、脳から幸せを感じるホルモンが分泌されて、気持ちが前向きになるというのは一度は聞いたことがあると思います。 気持ちが前向きになり、また体を動かしたあとは頭の中もスッキリするので、冷静な人の頭の中や心理に近い状態を作り出すことができます。

【冷静沈着になるために⑤】黙々と取り組めることを見つける

感情が昂っている時や、気持ちが焦りがちな時に、集中して黙々と取り組めることを何か見つけておきましょう。手芸などのモノ作りでもいいですし、掃除や片付けなどもぴったりです。 何かに集中して取り組むことは、瞑想のように心を落ち着かせる効果があります。何かに没頭した後、スッキリした頭で落ち着いて問題と向き合うことで、新たに見えてくることもあるかもしれません。

感情の豊かさも大切にしながら冷静さを身につけよう

今回は、冷静な人の特徴やその長所短所、そして冷静な人に近づくための方法まで詳しくお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。 あなたはひょっとして、感情的になりがちな自分を持て余し、完璧で冷静な人になりたいと願ってこの記事にたどり着いたかもしれません。 ですが前述したように、あまりに冷静すぎたり感情を挟まない態度では、周りの人から怖がられ敬遠される可能性もあります。 豊かな感情を持ち、それを表現できることは素晴らしいことです。その良さは活かしつつ、冷静な人たちが心掛けているポイントを身につけて、感情と理性のバランスの取れた、より魅力的な人を目指していきましょう!

好きなことをして年収1億!?

「こんなにあくせく働いて、この給料かよ...」そう感じているそこのあなた。 実は今、100年に一度のビジネスチャンスが到来しているのです。 好きなことだけをして年1000万、2000万と稼ぎ出す人があとを絶たない、そんな時代がやってきています。 一体なぜ彼らは好きなことで稼ぐことができているんでしょうか? その秘密は...詳細はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

月乙女

二児の子を持つシングルマザー。子育てのつまずきから児童心理に興味を持ったことをきっかけに、現在心理学...

人気記事

新着記事