2019年06月18日公開

2019年06月18日更新

照れる人の心理的原因とは?照れる人の特徴・性格と照れ屋な人が取る言動を解説

なぜ照れるのか?照れる人に隠された心理や原因をご紹介します。また、照れる人の性格や特徴についてもご紹介していきます。照れ屋な人は男女ともに好感を持たれる存在なのです!なぜ好感を持たれるかについても、詳しく解説していきます。

照れる人は好印象を持たれやすい

照れる男性ってすごく可愛く見えますよね。男性も照れる女性を見ると可愛いな、と感じて好きになりやすかったりします。照れる人って実際見ていて男女共に可愛く見れますよね。 今回はそんな可愛い照れる人がなぜ照れるのか?原因や照れる人と照れない人の違い、性格の特徴などをご紹介していきます。照れる人の心理や言動を知ることで相手の気持ちがわかるようになりますよ。

照れるの意味とは?

照れるとは恥ずかしそうな表情をしていたり、はにかんでしまうことです。間違えたことを言ってしまったり、失敗して決まりが悪い時に恥ずかしそうにするのも照れる状態です。

「照れる」と「恥ずかしい」の違い

照れるは恥ずかしい時の状態を表しています。恥ずかしくて照れてしまうのです。恥ずかしいは気持ちで、照れるはその人の様子を表しています。意味は同じように使われることが多いです。

照れる人の特徴3個

照れる人はどのような特徴をしているのか?照れる人の特徴について見ていきましょう。

特徴1:親しみやすそう

照れる人は優しそうな雰囲気を出している人が多いです。親しみやすく、色んな人が自然と集まってくる傾向にあります。親しみやすい人は、人と話すこと自体に慣れていても、人から来てもらうことに慣れているために照れやすいのです。 自分から話しかけに行ったり、自分から何かをしかけることが苦手な人が多いために、人からされたときの恥ずかしさが大きいのです。

特徴2:純粋そう

照れる人は素直で純粋そうな顔をしていることが多いです。純粋だからこそ、なんでも真に受けてしまって恥ずかしくなってしまうのです。うぶそうな人、少年や少女のようにあどけない顔をしている人は、照れる人が多いです。 照れている姿を見ると、純粋だと周りの人にも思ってもらいやすいです。きつそうな顔をしていたり、怖そうなのに照れる人は少ないです。勿論ギャップを感じさせる人もいますが、基本的には顔に内面が出てきます。

特徴3:目を合わせられない

照れる人は、人と目が合うと自然と逸してしまいます。恥ずかしがり屋なため、人と目を合わせることが苦手なのです。人の目をじっと見られない人は、照れ屋さんなことが多いです。 特に初対面の人に対しては、顔を見る回数の方が少なかったりします。視線が常に下を向いていたり、相手の顔を見る回数が少ないです。度をこしてしまうと暗そうな印象を感じさせてしまうこともあります。

照れる人の性格5個

照れる人は一体どんな性格をしているのか?照れる人の性格について、詳しく見ていきましょう。

性格1:褒められ慣れていない

照れる人は褒められ慣れていない人が多いです。そのため、「可愛いね」と言われただけで照れてしまったり、褒められると顔が真っ赤になってしまうのです。昔から褒められてきた人や、可愛いと言われてきた人であれば、当たり前となってしまいます。 そのため、褒められても何を言われても当たり前に捉えるために照れることがないのです。照れる人は人とあまり関わる機会が少なかったのかもしれません。もしくは人から評価をされることのなかった人です。

性格2:シャイで人と関わる回数が少ない

照れる人はシャイな人が多いです。人と関わる機会が少なかったり、同じ人とばかり話すことが多い人は照れ屋な人が多いです。本当に仲の良い、気心の知れた人としか十分にコミュニケーションを取ることができません。 そのため初めて会う人など、特に異性の人と話すと照れることが多いです。単純に人と話す場数が少ないために、慣れておらずに恥ずかしそうにしてしまうのです。

性格3:自己評価が低い

照れる人は自己評価が低い人です。褒められて照れてしまうのは、自分は褒められるような人ではないという気持ちがあるからです。自己評価が高いと、何を言われても照れることがありません。 好きな人に対して照れたりするのも、好きな人に気に入られるか心配になっているからです。自信満々だったり、自分の行動について気にしない人は照れることはありません。 自己評価が低いと、自分が思っている自分と違うことを言われるために「そんなこと言わないで」と思ってしまうのです。恥ずかしがり屋なのです。

性格4:気持ちを表現するのが苦手

照れる人は自分の気持ちを言葉で表現するのが苦手な人が多いです。そのため好きな人や恋人に対して「好き」ということに、普通の人以上に照れてしまうのです。気持ちを出せないために、思いを話すことにも抵抗を感じてしまうのです。 そのため発表の場面だったり、何か自分の言葉を話さないといけない時に、照れてしまうのです。自分の気持ちを言おうとして真っ赤になってしまったり、どもってしまう人もよくいます。

性格5:目立つのが苦手

照れる人は目立つのが苦手な人が多いです。前に立ってみんなから注目をされることで恐怖を感じてしまうのです。それは昔にトラウマとなってしまう出来事があったり、人から笑われてしまったことが原因だったりします。 そのことで目立つのが苦手な性格になっている人は多いです。目立つことが苦手なために、前に立つだけではなく、自分が話の中心になってしまったり、注目されるだけで恥ずかしくなってしまうのです。照れる人は、自分に焦点が向けられているために照れてしまうのです。

性格6:人と慎重に接する

照れる人は人と接する時、相手のことを伺いながら慎重に接することが多いです。相手はどんな性格をしているのか?どのように関わればいいのか?というのを考えながら話します。そのため照れる人は会ってすぐにくだけることはありません。 相手の出方を伺って、相手に合わせて話すことが多いために、除々に仲を深めていくタイプです。異性であれば、かなり奥手になってしまうために、中々自分のことを話せなくなってしまいます。 相手に圧倒されてしまったり、何を話していいかわからずに無言の時間が流れてしまうこともあります。人と慎重に接するため、相手に失礼な態度を取ることがなく誠実な人だと思ってもらえます。

性格7:嘘がつけない

照れる人は感情が全て表情に出てしまいます。そのため、嘘をつこうと思っていても全て顔に出てしまうために嘘がつけません。嘘をつこうとして顔が笑ってしまっていたり、罰が悪そうな表情をしてしまいます。 嘘をつけないために本人は自分の性格が嫌になってしまいます。騙されやすいというデメリットもあるため、余計に自分の素直すぎる部分が嫌なのです。しかし、周りからすると全て表情に出る姿は周りから見ると好感を抱けます。

照れる人の心理的原因5個

照れる人はなぜ照れてしまうのか?照れる人の心理的原因についてご紹介します。

心理的原因1:過去のトラウマから

照れる人の原因は過去のトラウマによるものも大きいです。例えば人前で話すことに照れてしまったり、初対面の人と話すことに照れる人の場合です。人前で話して笑われてしまったことがあったり、「調子に乗るな」と心無い言葉を言われてしまったりです。 それらの記憶が鮮明に残っているために、自分が話すと何かを言われると思い恥ずかしくなってしまうのです。話す時に照れる人は、過去に辱められた経験をしていることが多いです。大抵の場合は子供の頃の記憶が大きいです。

心理的原因2:人見知りだから

初対面の人や、それほど関係が深くない人と話すだけで照れる人は人見知りだからです。人見知りな人は小さな頃から人と話すことに慣れておらず、赤ちゃん時代から人見知りし続けている人が多いです。人見知りの人は、相手のことを考えすぎてしまったり、自分がどう思われるかを考えたりします。 初対面や仲良くない人に対しては考えながら話す反面、自分が心を許した人の前では大胆になれます。人見知りの人と仲良くなったかどうかがわかるのは、くだけた話をしてくれるようになったかどうかです。 そのため、あまり深く関わったことがない人と仲いい人とで、抱かれる印象が変わります。そのことで、二人の自分がるようで初対面の人と接している自分のことが嫌になってしまう人もいます。人見知りの人は周りからみると極端なのです。

心理的原因3:失敗して笑われたから

照れる人は、昔失敗して周りの人から笑われたことが原因となっていることもあります。大人になって笑われてしまうことも恥ずかしいことですが、大抵の場合は子供の頃が多いです。子供の頃は大げさにバカにされたり、ネタにされることが多いです。 失敗した経験から照れる人は、大勢の前や発表の場で失敗したことが大きいです。そのため普段は照れる人ではなくとも、人に注目される途端に極度の緊張を覚えるようになります。

心理的原因4:相手にどう思われるか考えすぎるから

照れる人は、自分が言った言葉に対して「相手がどう思うだろうか?」と気にしすぎていることがあります。気になってしまうからこそ、自分の言いにくいことを言った時に顔が真っ赤になってしまうのです。 そういう人の場合は、初対面など気心の知れていない人と話すだけで顔が赤くなってしまいます。照れるというよりも、言葉を選びすぎて焦ってしまい、テンパってしまうことも多いです。

心理的原因5:自分の気持ちを知られたくないから

照れる人は、自分が何を思っているかを他人に知られることが苦手な人もいます。例え変なことを言っていなくても、自分が考えていることを知られるだけで恥ずかしくなってしまうのです。 そのため、自分の意見を言うような場所や、恋愛において相手に自分の思いを伝えるのも照れてしまってできなくなってしまいます。「好き」と言おうとするだけで顔が赤くなってしまいます。 照れる人は、自分の考えていることを言うのが好きではないため、基本的には聞き役となることが多いです。自分が率先して周囲の人に自分の話をすることに抵抗感を抱くためです。

照れやすい人と照れにくい人がいる理由

すぐに照れる人もいれば、恥ずかしいことを言っても全く照れない人もいますよね。その二人にどのような違いがあるのか?その理由について見ていきましょう。

理由1:生きてきた環境の違い

照れるかどうかは生きてきた環境によっても変わってきます。大きくは親の影響を受けています。例えば親が失敗した時に「また次もあるから大丈夫よ」と言ってくれる人なのか、「だからやめなさいって言ったでしょう。恥ずかしい」と怒る人とでは大違いです。 親が恥ずかしいから辞めなさいと言う人であれば、自然と子供心に恥ずかしいことなのだと勘違いしてしまいます。その結果、失敗をした時などに照れてしまう子になってしまうのです。 反対に何をしても肯定されたり、周りによく思われてきた人は、恥ずかしいことをしても照れることがありません。人の心というのは、昔の経験が大きく影響をしてくるものです。

理由2:自分に自信があるかどうか

照れる人は自分に自信がない人が多いです。自信がないために、自分の言った言葉がどう思われるかを気にして恥ずかしくなってしまうのです。自信がある人は、いちいち人からどう思われるか考えないために、照れることがほとんどないのです。 照れにくい人は、他人にどう思われようがどうでもいいと思っています。それは他人に興味がないということではなく、その程度で嫌われることはないし、嫌われたとしたらそこまでと考えているからです。

理由3:トラウマがあるかどうか

照れる人は過去の恥ずかしかったことがトラウマとなっています。昔人前に立って笑われたな、昔自分の気持ちを口にしたら避けられてしまったなど、苦い思い出があります。そのせいで言っていいかわからず、極度の恥ずかしさを感じてしまうのです。 照れにくい人は、トラウマになるほどのことがないために、何を言おうと気にもしないのです。大人になってから笑われて嫌な思いをすることは、中々ないですからね。

照れている人が取りがちな言動とは?

照れている人はどのような言動を取るのか?照れている人が取りがちな言動を見ていきましょう。

言動1:目を逸らす

照れていると一番わかりやすい言動が、目をそらすことです。相手の顔を見ていると更に恥ずかしくなってしまうために、目を逸らすのです。人によってわかりやすく顔ごと逸したり、目線だけを逸したりします。 目線を逸らす人は、自分では気付かれていないと思っていますが、周りから見ると動揺しているのが見てとれます。照れると目が泳ぎ始めるような人もいます。目は口ほどに物を言いますからね。

言動2:髪の毛を触ったり慌ただしくなる

照れると人は落ち着きがなくなります。自分の髪の毛を掻き上げたり、頭をかきだしたり、女性だと髪の毛をくるくる弄び始めたりする人もいます。いきなり上半身を触り始めた人は照れていると思ってください。 手だけでもぞもぞとする人もいます。手遊びのようにしたり、常に手が落ち着かないことが多いです。

言動3:無口になる

特に男性に多いのが、照れると無口になってしまうことです。照れている自分に気付かれたくなくて、自分の存在を消そうとするのです。さっきまで饒舌に話していたのに急に話さなくなったり、話しかけられてもそっけなくなります。 好きな人にほど冷たくしてしまうのも、この心理からきています。男性は好きな人を目の前にすると無口になって、頭が真っ白になってしまいます。無口なのに近くにいるという少し怖い状態にもなってしまいがちです。 女性でも恥ずかしいと話せなくなってしまう人は多いです。何も言えなくなって、頷いたり愛想笑位しか浮かべられなくなってしまいます。無口になってしまう状態は、極度に緊張している状態が続いている時に訪れます。

言動4:手で顔を隠す

女性は照れると手で顔を隠してしまいます。照れると顔が赤くなってしまう人が多いために、その姿を見られたくないからです。顔を手で覆い隠してしまうために、傍目から照れていることが見てとれます。 男性はあまり手で隠す人はいませんが、女子のように可愛く照れる人もいます。手で隠して照れてしまう人は、うぶな人が多いです。純粋だからこそなんでも真正面から受けて照れてしまうのです。

言動5:恥ずかしそうに笑う

照れる人が照れると、恥ずかしそうに笑うことが多いです。女子は特に可愛らしくはにかむ人が多く、照れている姿が人に好感を与えます。ただ、恥ずかしそうに笑ってしまう人は、その姿見たさに照れさせられてしまう人も多いです。 可愛いから、照れさせたいと色んな人に遊ばれる対象となります。恥ずかしそうに笑うために、照れているのですが嫌そうに見えないからです。

言動6:反対に早口になってしまう

無口になってしまう人がいる反面、照れ屋な人の中には照れる時に早口になる人もいます。恥ずかしいからこそ気を紛らわせようという気持ちと、落ち着きのなさが言葉にあらわれてしまうのです。 何かを話していないと落ち着かない、さっきの恥ずかしいことを消したくて相手に新しい情報を与えようとしているのです。急によくわからないことを話し始めるため、相手からは驚かれてしまうことが多いです。

照れると顔が赤くなるのはなぜ?

照れると顔が赤くなるのは、照れることによってアドレナリンが出てくるためです。アドレナリンが出ることで体温が上昇し、心拍数も上がり、呼吸が早まるためです。その状態が、顔を赤くすることに繋がるのです。 一説では、顔が赤くなることで人間の感情を他人に伝えている、とも言われています。つまり今照れている、という状態を周囲の人に伝えるためだということです。 実際顔が赤くなると、照れているとひと目でわかりますが、顔に出ない人だと照れているのかわかりにくいですよね。人間とは本当にすごいものです。

照れる男性が本命女性にしかしない行動

照れるうぶな男性が、本命女性にしている行動はどういうものなのか?照れる男性だからこそわかりにくい、そんな男性の行動を見ていきましょう。

行動1:長話でも付き合ってくれる

照れる男性は自分のことをあまり話さないために、基本的に聞き役に回ることが多いです。そのため、男性は女性の長話を聞くのが好きではありませんが、照れる男性は黙って話を聞いてくれます。 しかも、ただ話を聞いてくれるだけではなく、聞いた話は絶対に覚えています。「この前こう言ってたもんね」「前に言ってたから、これ好きなんでしょう」と何気なく女性が言ったことを覚えています。 脈絡なく話す話を聞いていても、嫌な表情一つしないために女性からすると一緒にいると居心地のいい存在になれます。話すのが好きな女性は、照れる男性といると落ち着けるのはこのためでしょう。

行動2:連絡をマメにとる

照れる男性は自分から積極的にアピールをするのが苦手です。その分女性がしてくれることに対しては、真摯に向き合ってくれます。電話やLINEをするのが好きな女性に対しても、何も文句を言うことなく、嫌な顔もせずにLINEをマメに返事してくれます。 話すのが苦手でも電話に付き合ってくれ、長時間の電話でもじっと聞いてくれます。照れ屋な男性ほど誠実な男性が多いのです。自分がアピールをしないために、相手の出方を待っているというのもあるのでしょう。 連絡をマメにしてくれる男性は安心感がありますよね。照れる男性は感情が出やすいために、自分が好かれるために女性に尽くそうという気持ちが強いのです。自分からアピールできないからこそ、連絡をして繋がっていたいという気持ちがあるのです。

行動3:ボディータッチをする

照れ屋な男性がボディータッチをしてくるのは、本当に好きな女性にだけです。男性からボディータッチをすると下心を感じて、本気に思ってくれているのか不安になるものです。しかし、照れ屋な男性の場合であれば精一杯のアピールです。 言葉に出して自分の感情を伝えることは照れてしまうために、ボディータッチをして女性の気持ちを確認しようとしてしまうのです。自分の気持ちを行動で表しているということです。

照れる男性と上手く付き合うコツは?

照れる男性と上手く付き合うにはどうすればいいのか?上手く付き合うコツについてご紹介します。

コツ1:女性が主導権を握る

照れる男性とのお付き合いを成功させるためには、女性が主導権を握る必要があります。照れる男性は、他の男性よりも自分が引っ張っていくことが苦手です。そのため一歩下がって相手の行動を伺ってしまいます。 女性が主導権を握って引っ張ってあげれば、照れる男性も安心してついていくことができます。照れる男性は自分の気持ちを全く伝えないわけではありません。自分なりに気持ちの表現はしています。 ただ、他の人よりもそれがわかりにくいだけです。そういう感情や行動の変化を知ってあげて、どうすれば居心地がいいかを考えてあげましょう。照れる男性に対しては「こうしてほしい、男性ならこれして」という風には思わないようにしましょう。

コツ2:気持ちははっきりと伝えてあげる

照れる男性は自分から気持ちを伝えるのが苦手です。だからこそ、こちら側から気持ちを伝えてあげましょう。照れる男性は自分が伝えられないために、相手が自分のことを好きでいてくれているのか不安に感じやすいです。 気持ちをはっきりと伝えることで、男性は照れてしまいますが、それでも嬉しくなりあなたのことをもっと好きになってしまいます。女性側からどんどん伝えるのは恥ずかしいですが、恥ずかしさよりも仲良くなることを考えましょう。

照れる女性が男性に好印象な理由4個

照れる女性は男性に好印象を抱かれます。なぜ好印象を抱かれるのか?その理由について見ていきましょう。

理由1:純粋で可愛いから

照れる女性を見ていると、純粋な心を持っていると感じるからです。例えば極端な話ですが、男性が盛り上がるような下ネタ話を笑ってついてくる女性に対しては、女の子らしさを感じられません。反対に下ネタをすると、照れて顔を赤くすると可愛く思えます。 「好き」だと伝えた時に、恥ずかしそうにしながらも嬉しそうにしている姿を見ると、うぶに感じられるからです。男性は慣れている女性よりも、慣れていない女性の方が好感を持てるものです。

理由2:柔らかく見えて癒やされるから

照れる女性は親しみやすい雰囲気があります。ちょっとしたことで照れている姿を見ると、話しやすい柔らかい印象を抱けますよね。何を言ってもあしらうような女性は、つんけんしていて男性からすると可愛げなく見えてしまいます。 照れる女性はスキがあるようにも感じられるので、男性が近づきやすいのです。また、男性は柔らかいものが好きなので、女性が顔を真っ赤にしたり、照れて顔を隠す姿に癒やされます。

理由3:着飾ってない素が見れるから

女性の中には、好きな男性によく見られたくて自分を演じる人もいます。例えばここでこういうことをすれば、男性は落ちるという恋愛コラムのマネをしたりです。男性は計算でやっていることが見て取れると途端に冷めてしまいます。 その点照れる女性は、素を出しているので男性に好感を持ってもらえるのです。何にも照れないように強がっている女性よりも、ちょっとしたことで赤くなる女性の方が嬉しいものです。

理由4:反応してくれるから

男性はいくつになってもいたずら好きです。人前でいちゃついて女性を恥ずかしがらせようとしたり、いじめたくなります。それに対して適当にあしらわれれると悲しくなってしまいます。 反対に、いちゃついたことで、顔を真っ赤にしながら手で顔を隠したり、恥ずかしいからと相手をバシバシ叩いたりすると、男性は大喜びです。男性は自分がいたずらしたことで、女性が可愛い反応をしてくれることに喜びを感じます。 怒られるような女性には面白さを感じられません。照れる女性ならば、同じ仕掛けをできるので楽しくなってしまうのです。

照れる人の特徴を知って照れ屋な人の気持ちを理解しよう!

照れる人の特徴や心理について見ていきました。照れる人は自分の昔の経験から照れてしまう人が多いということがわかりました。照れ屋な人は決して悪いことではありません。男女共に好感が持てる存在です。 照れ屋が嫌だと思っているあなたも、改善をする必要はありません。照れられることは良いことです。自分の強みと思って、照れる自分を受け入れてあげましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

人気記事

新着記事