2019年04月23日公開

2019年06月08日更新

気まぐれの意味や気分屋との違いは?気まぐれな人の特徴・性格・心理と付き合い方

気まぐれな人は気分次第で態度や行動がコロコロ変わり、周りの人は振り回されてしまいますよね。でも「気まぐれ」ってどういう意味なのでしょうか?「気分屋」とは違うのでしょうか?その特徴や性格と心理を究明し、気まぐれな人との恋愛における上手な付き合い方もご紹介します!

気まぐれな猫のような人周りにいませんか?

自由気ままに行動する気まぐれな人。さっきまで機嫌が良かったかと思ったら急になぜか不機嫌になったり、昨日と今日で態度が違ったり……。そんな気まぐれな猫のような人があなたの周りにも一人はいるのではないでしょうか? 気まぐれな人はどうしてあんなにも自由で、コロコロ変わるのでしょうか?この記事では、そんな気まぐれな人の特徴をご紹介し、その性格や心理を究明していきます。長所と短所を捉えた上で、恋愛において気まぐれな人と上手に付き合う方法もご紹介します。 自分自身が気まぐれかな?と思う方のために、気まぐれ度診断も用意しました。「気まぐれ」を理解して、自分の気まぐれとも他人の気まぐれとも上手に付き合うために、ぜひ最後までご覧ください!

気まぐれの意味とは?

気まぐれとは、気が変わりやすいことや、そのときの思いつきや気分次第で行動することを意味します。 気まぐれと言えば猫がよく引き合いに出されるように、自由気ままに、相手の状況や周囲の環境、場合によっては規則やルールにさえお構いなしに自分の気の向くままに行動するような人のことを気まぐれな人と表現します。

気まぐれの使い方・例文

上にも書きましたが、自由気ままに行動する人や気が変わりやすい人のことを指すときに気まぐれという言葉を使います。 例えば、恋人とハイキングに行こうと昨日約束したのに、今日になると「家で映画を観たい」と言いだしたような場合、「彼女は本当に気まぐれで、振り回されちゃうよ」というように使います。 また、気まぐれという言葉は人間以外にも変わりやすい物事を指して使われることもあります。天候や空模様を表現して使うのが代表例で、「秋の空は気まぐれだから、傘を持って行きなよ」といふうに使われます。

気まぐれの類語

気まぐれの類語としては、「気まま」「気分屋」「移り気」などがあります。 どの言葉にも、気が変わりやすいことや、気分のままに行動するという意味があります。

気まぐれと気分屋の違い

上にも書いたように、気まぐれの類語として気分屋という言葉もあります。気まぐれと気分屋は同じ意味なのでしょうか?違うのでしょうか?違うとすればどう違うのでしょうか? 私たちが普通の日常生活の中で用いるぶんには、気まぐれも気分屋も同じ意味に解釈してもほとんど差し支えはありません。細かく言うと違いはあるのですが、言葉というのは使う人によって意味が違う場合もあり、気まぐれと気分屋は同じ意味で使っている人が多いからです。 気まぐれと気分屋が正確に言うとどう違うのかというと、気まぐれの方が「気が変わりやすい」という意味を強く現しています。気分屋の方は言葉の意味としては「気分のままに行動すること」に比重が置かれており、「気が変わりやすい」という意味は強くありません。

気まぐれの英語表現

気まぐれという言葉を英訳するなら、moody(ムーディ)、 fickle(フィクル)、whimsical(フィンジカル)という単語になります。「彼女は気分屋です」というときは、「She is moody.」などと表現します。 「気まぐれに~する」というときは「~ on a whim」を使います。「He bought a watch on a whim.」で「彼は、気まぐれで腕時計を買いました。」という意味になります。

気まぐれな人の行動の特徴

気まぐれな人の行動の特徴をご紹介します。「あるある」と思えるものから意外なものまであると思います。気まぐれな人の意外な側面も少しずつご紹介していきます。

ドタキャンや急な予定変更が多い

気まぐれな人の行動の特徴で最も「あるある」なのが、ドタキャンや急な予定変更が多いということです。恋愛においても友人関係や家族関係においてはもちろん、仕事関係においてまでこのような面を見せるのが気まぐれな人です。 デートの約束をしていても、当日になって「今日は行けなくなった」と連絡してきたりします。約束通りデートにやって来たとしても、買い物に行く予定だったのに「やっぱり映画を観に行こう」と急に予定を変更することもしばしばです。 他人との約束を平気で破棄したり変更したりする気まぐれな人ですが、実は人間関係の中だけでなく、単独行動においても同じように振る舞っています。 美容院に行く予約を取っていても、当日になると面倒になってキャンセルしたり、会社にお弁当を持ってきたのにランチに行きたくなったら行ってしまうなどという行動が見られます。

テンションの波が大きい

気まぐれな人には、テンションの波が大きいという特徴もあります。昨日は陽気にしゃべりまくったかと思えば今日になると無口でムスッとしていたり、日によって態度が全然違うことがよくあります。1日の中でも急に機嫌が良くなったり悪くなったり、態度がコロコロ変わります。 これは、喜怒哀楽が激しい性格とは違います。気まぐれな人は喜怒哀楽の激しさとは関係なく、そのときそのときの気分をストレートに態度に出しているのです。 誰でも気分は四六時中変化します。でも普通の人なら少なくとも人前では態度をコロコロ変化させたりしませんし、「仕事中は元気を出そう」と考えて感情そのものをコントロールしたりします。 気まぐれな人にはそういう面が欠けていて、感情コントロールはあまりしないし、感情や気分を人前でも平気で出してしまうという特徴があるのです。

天邪鬼(あまのじゃく)

気まぐれな人には、あまのじゃくなところがあります。何でも人とは違うことを言ったりやったりして喜ぶような性格をしています。いたずら好きなところもあります。 みんなが「白」と言ったら「黒」と言いたくなりますし、「やるな」と言われるとやりたくなるのに「やれ」と言われるとやりたくなくなってしまいます。何に対しても反発するかと思えば、変に素直になったりすることもあります。本当に猫のようですね。 誰でもできるような簡単なことに対してはやる気が出ないのに、普通の人にはできないような難しいことには(できるかどうかにかかわらず)やる気を見せたりするところもあります。

何を考えているのか分からない

気まぐれな人はドタキャンや急な予定変更が多くて、テンションの波が大きく、あまのじゃくで……ということをご説明してきましたが、行動や発言、態度の変化に理由があって、その理由が理解できるものであれば納得することもできるでしょう。 しかし、気まぐれな人がコロコロ変化する理由は到底納得できるものではありません。それどころか、何も理由がないという場合がほとんどです。しいて理由を挙げるなら「そういう気分だったから」ということになります。 変化に合理性がなく、変化する理由も「気分」以外には何もないのですから、気まぐれな人は何を考えているのか分からないというのが特徴的です。

単独行動を好む

気まぐれな人には、単独行動を好むという特徴があります。気まぐれな人の全てが孤独を好む性格だというわけではありませんが、単独行動を好む面があるということです。 気まぐれな人の中にも、社交的な人もいればそうでない人もいます。社交的な人であっても、気まぐれな面があれば単独行動を好むという点が特徴的です。 集団行動には暗黙のルールやマナーというものがありますよね。気まぐれな人はそれに縛られることを嫌がり、気付いたら集団から抜けて単独行動をしているときがあるのです。 社交的でない気まぐれな人は、群れることをあからさまに嫌って単独行動を好みます。ただし、人間嫌いな人とは違って、全く誘ってもらえないとそれはそれで寂しく思ってしまうのも気まぐれな人の特徴です。群れるのか群れないのかという面でも気まぐれなのです。

気を許した相手には甘える

気まぐれな人には、気を許した相手には甘えるという特徴があります。甘えても大丈夫な相手かどうかを見極める嗅覚が優れているのも特徴的です。特定の相手に甘える反面、その他大勢の人に対してはバリヤを張っている面もあります。人の好き嫌いが激しいとも言えます。 よく考えてみれば、気まぐれな人がドタキャンしたり急に予定を変更したり、態度や発言をコロコロ変えたりするのも、気を許した相手に対して顕著になります。気を許しているからこその甘えが気まぐれな態度となって出ているのです。 先ほど、気まぐれな人は仕事関係においてもドタキャンや急な予定変更をすると書きましたが、さすがに商談をドタキャンしたり、契約内容を勝手に変えたりなどは、社会人であればいくら気まぐれな人でもしません。 そうではなく、参加してもしなくてもいいような会合や研修、飲み会などはドタキャンすることがよくあるということです。

気まぐれな人の性格・心理の特徴

気まぐれな人の行動の特徴を見てきましたが、まだまだ普通の人から見ると「訳が分からない」という面が大きいですよね。彼ら・彼女らはいったいどんな性格や心理をしているのでしょうか? 次に、気まぐれな人の性格・心理の特徴を見ていきましょう。

自分の気持ちに正直

気まぐれな人は、自分の気持ちに正直に振る舞っています。昨日と今日で考え方が変わるということは気まぐれな人でなくてもたまにはあるものです。そこで普通の人なら「いや、昨日は違うことを考えていたな」「どうしてこう考え方が変わるんだろう」と自分を振り返ってみるものです。 それに対して気まぐれな人は、今現在の自分の気持ちや考え方を疑うということをあまりしません。「だって気が変わったんだもの」という感じで、予定を変更したり意見を変えたりすることに躊躇がありません。 そのために周りの人たちが振り回されてしまうことがしばしばあるのですが、気まぐれな人は他人の都合よりも自分の気持ちを優先します。気まぐれな人の中にも周りの人たちの迷惑を気にしている人はいるのですが、それでも自分に正直でしかいられないのが気まぐれな人です。

干渉を嫌う

気まぐれな人は、他人から干渉されることを嫌います。マイペースな性格をしていて、自分のペースを乱されるとイライラしてしまいます。ドタキャンしたり態度がコロコロ変わったりするのも、マイペースの表れであるとも言えます。 気まぐれな人はマイペースを守ることによって、常に自分が心地良い状態で過ごしたいのです。デートに行きたくなくなったら行かない、機嫌が悪いときは無理に笑わない。その方が心地よく過ごせると思っています。 考え方によっては、自分の気分にかかわらず決めた予定をこなすことがマイペースだと考える人もいますが、気まぐれな人はそうは考えません。常にそのときそのときの自分の気分が優先であり、その気分に従って過ごすことが気まぐれな人にとってのマイペースなのです。

実は寂しがり

他人からの干渉を嫌う気まぐれな人ですが、孤独主義なのかというとそうではなく、厄介なことに寂しがりでもあります。仲間との飲み会をしばしばキャンセルしたり、参加しても面白くなければ途中で帰ったりするくせに、誘われないと寂しくて怒ったり落ち込んだりしてしまいます。 気まぐれな人が予定を急に変更したり、言うことや態度がコロコロ変わったりするのは、ときに相手の気を引きたいという目的に基づいている場合があります。物事が予定通りに進めば何も問題は起こりません。ですが気まぐれな人はあえて波風を立てることで相手の反応をうかがうことがあります。 「相手は自分に興味を持ってくれているんだろうか?」「わがままを言っても許してくれる相手かな?」「予定を変更しても付いてきてくれるかな?」こんな計算のもとに気まぐれなことを言い出す場合もあるということです。気まぐれな人の多くは「かまってちゃん」でもあるのです。

繊細でナイーブ

気まぐれな人は、繊細でナイーブな性格をしています。平気で他人を振り回すのですからよほど神経が太いのかと思いきや、正反対に繊細でナイーブなところがあるのです。繊細だからこそ、ほんの些細なことですぐに気分が変わったりもするのです。 例えば、楽しみにしていたレストランに入ったときに、先に入っていたお客さんからジロッと顔を見られたとします。普通の人ならそれくらいのことは全く気になりません。予定通り、堂々と店内に入っていきます。 それに対して気まぐれな人は、他人からジロッと見られた時点で気分が台無しになってしまいます。そんな人がいる場所で食事なんてしたくないという気分になります。それで「やっぱり別の店に行こう」と言い出したりするのです。急な予定変更の裏にはこんな心理が潜んでいる場合もあるのです。

自分の意志を持っている

気まぐれな人というのは行動も発言も態度も、気分さえコロコロ変わるわけですから、芯の通った自分なりの意志は持っていないのかと思われがちです。しかしこの点も正反対で、気まぐれな人は心の奥に自分の意志をしっかりと持っています。 急に予定を変更しようと言い出したときに、「前々からきちんと計画を立てて準備していたんだから……」と説得されたとしても、「だってそんな気分じゃない」「嫌だと言ったら嫌だ」とテコでも動きません。自己中心的で頑固な性格でもあります。 そのときの自分の気持ちを最優先したいという心理がこういう性格にも現れていますね。自分はたびたび他人を振り回しているのに他人から振り回されることは嫌うので、説得に応じることはあまりありません。他人からの説得ではなく自分なりに気分が変わらないと行動を変えることはありません。

自分を特別な存在だと思っている

気まぐれな人には、自分を特別な存在だと思っているという側面があります。ドタキャンしたり、発言や態度を平気でコロコロ変えるのは、とりもなおさず自分は好き勝手にしても許される存在だと思っているということです。 気まぐれな人の中には発想が独創的で豊かな人が多いのも事実です。面白みのない普通の人たちに対していろいろ変なことを言って面白がらせてやろうという心理も持っています。あまのじゃくでいたずら好きな側面ですね。 そんな気まぐれな人を多くの人は迷惑がるだけですが、なかには面白がってくれる人もいます。そういう人が見つかると、気まぐれな人は得意になってますます気まぐれな態度を取ってきます。かまってちゃんとしての側面ですが、気まぐれな人はそうやって甘えさせてくれる人を探しているのです。

気まぐれな人の性格の長所・短所

気まぐれな人の行動の特徴と、その裏に潜んでいる性格や心理の特徴を見てきました。気まぐれな人本人にとっては良いかもしれないけれど、周りの人たちにとっては迷惑極まりない存在のように思えてきますね。 しかし、気まぐれな人の性格にも良い面はあります。次に、気まぐれな人の性格の長所と短所を見ていきましょう。

気まぐれな人の長所

ドタキャンしたり、態度がコロコロ変わったりするという気まぐれな行動そのものには長所は見出しにくいです。捉え方によっては「好奇心旺盛」だとか「切り替えが早い」などと言えなくもありませんが、やはり詭弁と言うべきでしょう。 でも、気まぐれな人の心理に注目すると、素晴らしい長所を見つけることができます。

裏表がない

気まぐれな人には裏表がありません。人間であれば誰にでも多少は裏表があるものですが、気まぐれな人は格段に裏表が少ないのです。本音と建て前を使い分けることが苦手で、「嫌なものは嫌」とはっきりした性格をしています。 常に自分の気持ちに正直に生きているので、嘘をつくことも滅多にありません。建前というのは一種の嘘ですよね。気まぐれな人は建前を言わないので、分かりやすい面もあります。 行動や態度の変化は読みにくいのですが、よく観察していると何が好きで何が嫌いなのかは分かりやすいのが特徴的です。

潜在的能力が高い

気まぐれな人は潜在的能力が高い人が多いです。気まぐれな人の多くは、感受性が強くて独創的な発想の持ち主です。普通の人とは違うことを感じ、違うことを考えています。 普通の人には読めないような行動や態度の変化も、感受性の強さや独創的な発想という心理面から来ている場合が多いのです。 このような心理的素養を気まぐれな行動にしか使わないと周りの人たちに迷惑をかけるだけですが、プラスに活かすことができれば特定の分野で大成功することも期待できます。特に芸術や研究職などで気まぐれな人の心理的素養は発揮されやすいようです。

異性にモテる

他人に多大な迷惑をかけている気まぐれな人ですが、意外に異性にはモテる人が多いです。気まぐれな人と会話をしていると話がコロコロ変わるのですが、そのぶん話題は豊富です。相手を飽きさせないトーク力があります。 それに、気まぐれな人の心理は普通の人には読めません。見方を変えればミステリアスな部分を持っているということです。この点は異性の興味を引きつける大きな要素になります。そして近づけば逃げられる。放っておくと寄ってくる。 万人受けするわけではありませんが、特に世話好きなタイプの異性からモテるケースが多いようです。

気まぐれな人の短所

気まぐれな人の短所はいくらでも簡単にあげられますが、こちらについても心理に注目して短所をあげてみましょう。

空気を読まない

気まぐれな人は、空気を読みません。空気が「読めない」のではなく、「読まない」人が多いです。気まぐれな人の多くは感受性が強く、繊細でナイーブな心理を持っていますから、空気は読めます。特に自分が拒絶されていたり否定されているという空気はとても敏感に察知しています。 普通の人なら他人から嫌がられないように多少は他人に合わせようとするものですが、気まぐれな人にとっては今の自分の気分が最優先なのです。他人の目はお構いなしに自分の気の向くままに行動してしまうので、空気を読まない結果となってしまいます。

人を傷つけやすい

気まぐれな人は、正直で嘘をつきません。建前も言いません。ですから、他人に対して本当のことをズバズバ言ってしまう傾向にあります。相手が気にしているコンプレックスについてもオブラートに包むことなくありのままに指摘してしまうのが気まぐれな人です。 誘いを断るときでも、「用事があるから……」と建前を言っておけばすむような場面で、気まぐれな人は「あなたといても退屈だから」などと本音をぶちまけてしまいます。それが本当のことであっても、いや本当のことだからこそ言われた相手は傷ついてしまいます。

信頼されない

ドタキャンしたり、行動や発言、態度がそのときどきでコロコロ変わるようでは、やはり人からは信頼されません。たとえ機嫌が悪くても、特に社会人であれば人前では愛想よくすることを心がけるのがビジネスマナーですが、気まぐれな人にはなかなかそれができないのです。 自分は特別な存在だという心理が気まぐれな行動に現れているのかもしれません。今まで気まぐれにしていても上手くやってこられたから自分を変えようとしないのかもしれません。いずれにしても、他人に信頼されるよりも自分の気持ちの方を優先してしまうのです。

あなたは気まぐれ?気まぐれ度診断

気まぐれな人の特徴や性格、心理を見てきましたが、あなた自身はいかがでしょうか?自分の気まぐれ度を診断するチェックリストを用意しましたので、気になる方はやってみましょう。 以下の10個の質問にYesかNoで答えてください。Yesの数が多いほど、あなたの気まぐれ度は高くなります。気まぐれを直したいと思われた方は、前述の短所を改善し、長所を伸ばすように心がけてみましょう。 1.急用でもないのにドタキャンしたことがある Yes/No 2.スケジュールに縛られるのは苦手である Yes/No 3.浮気性である Yes/No 4.寂しがり屋である Yes/No 5.一人の時間がほしい Yes/No 6.ワガママだとよく言われる Yes/No 7.犬より猫のほうが好き Yes/No 8.嘘はつけない Yes/No 9.好奇心は強いほうだ Yes/No 10.イタズラ好きなところがある Yes/No

気まぐれな人の恋愛は?気まぐれな彼氏・彼女との付き合い方

ここでは、気まぐれな人との付き合い方について恋愛にフォーカスしてご紹介します。気まぐれな彼氏・彼女との関係に悩んでいる方はぜひ参考になさってみてください。

気まぐれな彼女との付き合い方

女性が恋人に対して気まぐれな態度を見せるときは、「かまってほしい」という心理が男性の場合よりも強いことが多いです。ですので、彼女の気まぐれに振り回されつつも大きな心で包んであげるのが基本になります。 ただ、下手に出るばかりで包んであげるだけでは彼女が飽きてしまいます。この辺がまた気まぐれですね……。彼女としては包んでもらうだけではなくかまってほしいのですから、かまってあげることが必要です。 彼女の気まぐれなところを本気で叱るのではなく、「仕方ないな……」と軽く迷惑そうな顔をしながら従ったり、「お前って本当、気まぐれなんだから」とイジるような感じがベストです。

気まぐれな男にはどう対処すればいい?

気まぐれな男性の中にも「かまってちゃん」はいますが、女性の場合ほど数は多くありません。男性が恋人に見せる気まぐれというのは、相手に対して優越感を持ちたいという心理が強く働いています。もっとはっきり言うと、彼女を自分より下に見ているということですね。 こういう男性と上手く付き合うためには、振り回されすぎないということが大切です。相手の言うことを何でもかんでも聞いていると、相手はますます図に乗って気まぐれに拍車がかかってしまいます。 こうなってしまうと実際のところ、どっと疲れて付き合いきれないという結果になりかねません。振り回されるのはここまで、という自分なりの一線を決めておいて、自分のペースをしっかり保ちましょう。 そして、相手に対しては気まぐれとは関係のない長所を褒めておだててあげましょう。気まぐれな人は自尊心をくすぐられるとすごく喜びます。「褒めておだてる作戦」で気まぐれも少しは直すことができるかもしれません。

気まぐれな人との恋愛は疲れる?

気まぐれな人と恋愛すると疲れるのは事実です。デートをドタキャンされたり、急に予定を変更されたり。言うことがコロコロ変わるからその都度対応を考えないといけません。態度もコロコロ変わるので、いったい相手はこちらを好きなのかどうかさえ分からなくなってしまうこともあります。 そんな気まぐれな人との恋愛を長続きさせるためには、気まぐれを理解して許すしかありません。間違っても、普通の人と同じようにきちんと行動してほしいと思ってはいけません。そんなことを願えば願うほど、腹が立つことが増えるだけですから。 そうではなく、気まぐれという性質を理解して、相手の気まぐれを認めて受け入れることができれば楽になります。理不尽な気まぐれも「想定内」という状態にしておくのです。こうしておけば気まぐれに動揺することもなく、あらかじめ対策を立てることも可能になってきます。

とっておきの対処法はコレ!

男性にせよ女性にせよ、気まぐれな人は寂しいのです。その寂しさを満たしてあげることができれば、相手はあなたにイチコロでしょう。 相手があなたに対して気まぐれに振る舞うということは、あなたに対して心を開いている証でもあります。あなたに甘えているのです。ぜひ、大きな心で相手を受け入れて、よき理解者であることを示しましょう。

気まぐれな人は悪い人ではありません!

気まぐれな人についていろいろ見てきましたが、勝手気ままな振る舞いの裏にはとてもデリケートな心理が潜んでいることがお分かりになりましたでしょうか? 気まぐれな人は悪い人ではありません。自由奔放な猫のような人だと思えば可愛く見えてきませんか? わざわざ気まぐれな人と付き合う必要はありませんが、あなたの大切な人が気まぐれな人である場合は、大きな心で包んであげましょう!

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

かつ9312

14年半にわたって弁護士をしていました。 あらゆる争いごとを目の当たりにして、人の心理や生き方など...

人気記事

新着記事