2019年06月12日公開

2019年06月12日更新

優柔不断な男性の特徴や心理!長所・短所や克服法を紹介【診断あり】

優柔不断な男性は決断力がなく、グズグズしてしまいます。あなたの周りにも決断に時間がかかったり同じことをずっと悩んでいる男性がいませんか?この記事では優柔不断な男性の特徴・心理・長所・短所と、優柔不断の克服法を紹介します。

優柔不断とは?

優柔不断な人はいつまでも物事をと決められずに同じことをずっと悩んでいることが多くなります。男性の場合は「決断力がない」と言われるようになり、頼りない人だと思われてしまいます。 あなたの周りにもいつまでもグズグズして物事を決められない人がいませんか?またあなた自身も優柔不断になって決断するまでに時間をかけてしまっていませんか? この記事では優柔不断な人の特徴・心理や、優柔不断なことの長所・短所と優柔不断なことの克服方法を紹介します。

優柔不断の意味は?

優柔不断の意味は「グズグズしていつまでも物事を決められない様子やそういう人」という意味です。 優柔不断な人は物事をどう決めれば良いのか迷ってしまう「思考力」から来る場合と、その人自身が気弱であるという性格的な面があります。 どちらにしても1つの物事をいつまでも決めることができずにグズグズしてしまうので、周りの人からは物事が進まずじれったく感じてしまいます。

優柔不断の類語とは?

優柔不断の類語には逡巡(しゅんじゅん)・ためらう・躊躇(ちゅうちょ)・煮え切らない・ 因循(いんじゅん)などがあります。 逡巡・ためらう・躊躇はどれも「グズグズしてためらう」という意味なので同義語です。「煮え切らない」は人そのものを意味することはなく、態度や様子のみに使います。 因循は「古いしきたりに従っていて改めようとしない」という意味なので、「決断」という意味に「古いしきたりに従う」という意味が追加されています。

優柔不断の対義語とは

即断即決・即決・積極果敢(せっきょくかかん)・進取果敢(しんしゅかかん)などが考えられます。 即断即決や即決は「時間をかけずにその場ですぐに決めること」という意味です。優柔不断の「いつまでも決められずにグズグズすること」とは意味が真逆になっています。 積極果敢は「何事にも積極的で、決断力に富んで大胆なこと」という意味です。つまり優柔不断の対義である「決断力がある」に「積極性」の意味が追加されています。 また進取果敢は「固定観念にとらわれずに新しいことに取り組み、決断力があること」という意味です。「固定観念にとらわれない」というニュアンスが明確に定義されています。

優柔不断な男性の特徴

次は優柔不断な男性によく見られる行動の特徴を見てみましょう。 優柔不断な男性は物事を決められずにグズグズして、周りにいる人からは「男らしくない」「なよなよして弱々しい」という印象を持たれることが多くなります。

何でも人に合わせる

優柔不断な男性の1つ目の特徴は、「何でも人に合わせる」ことです。 優柔不断な男性は自分で「何がしたい」「将来どうなりたい」ということを決めることができません。そのため、周りにいる人の意見に従うことが多くなり、友達からは空気は読めるけど何がしたいのかよくわからない人という印象を持たれます。 これは自分の好き嫌いの価値基準が分かっていないことや、その場で決断するように言われた時に何を考えて決断すれば良いのかを瞬時に判断できないことが原因です。

人の誘いを断らない・断れない

優柔不断な男性の2つ目の特徴は、「人の誘いを断らない・断れない」ことです。 優柔不断な人は自分ひとりで物事を決めることができず、人から仕事を頼まれたり合コンの人数合わせに駆り出された時に、どう断れば良いのかを決めきれず、流れのままに人の誘いに乗ってしまいます。 周りの人からは「便利な人」とみられることも多く、困った時に頼めばなんとかなる人という印象を持たれることもよくあります。

男らしさがない

優柔不断な男性の3つ目の特徴は、「男らしさがない」ことです。 優柔不断な男性は男らしさがありません。具体的にはリーダーシップ・コミュニケーション能力・決断力・人を巻き込む力など、自らの意思で動き人を巻き込んで物事を成し遂げるといった能力を持っていません。 そのため、女性からは「頼りない」と思われることも多く、男性にそうした男らしさを求めている人からは恋愛対象にされないことが多いです。飲み会の場でも会場の端に固まっていることが多くなるのも優柔不断な人の特徴です。

起こりもしないことを怖がっている

優柔不断な男性の4つ目の特徴は、「起こりもしないことを怖がっている」ことです。 優柔不断な人が物事を決断できないのには実際に起こる可能性があまりにも低いことを必要以上に心配してしまっていることもあります。つまり起こりうるリスクの判断が正しくできていないということです。 物事を決断する時にはもちろんその後に起こりうるリスクも織り込んでおかなければいけませんが、発生確率の低い物事や発生したとしても対して悪影響が出ないことまで大きく捉えてしまい、物事を決められなくなっていることが考えられます。

臨機応変に対応できない

優柔不断な男性の5つ目の特徴は、「臨機応変に対応できない」ことです。 優柔不断な人は既に説明したとおり、物事を決める時にグズグズして決断するのに時間がかかる人のことです。そのため、その場で柔軟な対応が求められるような場面では対応がおそくなります。 そのため、接客業などの人前に出る仕事は向いていなかったり、現場の最前線で瞬発的な判断力が必要になる仕事はうまくこなすことができないことが多いです。

自己嫌悪ばかりしている

優柔不断な男性の6つ目の特徴は、「自己嫌悪ばかりしている」ことです。 優柔不断な人は自分が優柔不断であることを認識していて、そのことをひどく悩んでいます。そこで決断するための方法を学んだり自分の価値基準を設定してしまえば良いものの、そうせずに自己嫌悪に陥ってしまいます。 そのためいつまでも「決められない人」のままになってしまい、そのことでまた悩みはじめて、更に自己嫌悪に陥るという負のスパイラルに入り込んでしまっています。

優柔不断な男性の心理

次は優柔不断な男性の心理を覗いてみましょう。 優柔不断な男性の特徴でも少し触れていますが、「嫌われたくない」「失敗が怖い」「完璧主義」などが優柔不断な男性の心理の特徴です。

女性に嫌われたくない

優柔不断な男性によく見られる1つ目の心理は、「女性に嫌われたくない」ことです。 優柔不断な男性は気弱な人が多いです。そのため基本的に人に嫌われたくないと思っていることが多く、それが女性に対してもよく現れます。女性のことをある意味特別な存在と思っていて、その女性に嫌われないような当たり障りのない言動を取ろうとします。 そのため、女性の言うことを基本的に否定しない・女性の意見は全て聞き入れるという人になりがちですが、実際はそうした態度は女性から「意見がない」「自己主張できない」と思われてしまい、恋愛対象から外される人になります。

完璧主義

優柔不断な男性によく見られる2つ目の心理は、「完璧主義」ことです。 優柔不断な男性が物事を決められない理由には完璧主義になってしまっているという心理的な原因があります。つまり「絶対に失敗しない方法」を思いつくまでは決断できないという心理があるということです。 実際は人ひとりが考えられる範囲で下した決断は多くの場合何らかの盲点や十分に考えられていない点があるので、開始してから失敗や見直すべき点が出てくるのがほとんどです。しかし、そうした意識もないので、優柔不断な男性は「完璧な」計画ができるまで決断しません。

自分の決断で場の空気が悪くなるのが怖い

優柔不断な男性によく見られる3つ目の心理は、「自分の決断で場の空気が悪くなるのが怖い」ことです。 優柔不断な男性は会議の場などで自分の決断がその場の空気を悪くしないだろうかということも極端に気にしてしまっていることがります。つまり必要以上に空気を読んでしまい、決断しきれなくなっているということです。 自分のせいで空気が悪くなることを必要以上に気にしてしまっていて、そうならないために「自分が決断しない」「自分の意見を主張しない」という行動を選択してしまっています。

人の意見に合わせることが優しさだと思っている

優柔不断な男性によく見られる4つ目の心理は、「人の意見に合わせることが優しさだと思っている」ことです。 優柔不断な男性は自分の意見を主張したり、自分の意見を貫こうとすることは「空気を乱すだけで人と活動していく上で好まれるものではない」と考えています。 そのため、「人に合わせることが優しさ」と思っていて、なんでも人の言うとおりにして自分で決断しないようにしています。

ネガティブ

優柔不断な男性によく見られる5つ目の心理は、「ネガティブ」ことです。 優柔不断な人はネガティブな人が多く、自分自身が優柔不断であることを必要以上に卑下してしまっています。 しかし優柔不断になってしまっている状況を改善する方法も決めきれないので、いつまでも優柔不断から抜け出せず、どんどんふさぎ込んでしまいます。

優柔不断な男性の長所 

優柔不断なことは短所が目立ちますが、見方を変えれば長所と捉えることができます。 ここでは優柔不断なことの長所を考えてみましょう。

「いい意味」で言えば慎重

優柔不断な男性の1つ目の長所は、「いい意味」で慎重なことです。 優柔不断な人は物事を決断できずグズグズしている印象を持たれますが、これはいい意味で言えば慎重な人だと言えます。十分に考えられる結果を考慮してから行動に移すことができるので、その姿勢はとても大切なものです。 ただ実際に決断するまでに時間がかかってしまっていたり、判断基準を決めるまでに時間がかかっているだけなので、その問題を克服できればすぐに優柔不断から脱却できます。

計画的な行動ができる

優柔不断な男性の2つ目の長所は、「計画的な行動ができる」ことです。 優柔不断な人は先々のことをすべて考えてから行動するので、多くの場合計画的に行動することができます。計画的に行動することは動き出してから失敗してしまうような無謀な行動が少なくなるので、とても大切な意識です。 計画をたてる時も綿密な計画を立てられるので、失敗する可能性が少ない計画を考える意識があり、とても重宝されます。

一度決断できてからは意外と行動が早い

優柔不断な男性の3つ目の長所は、「一度決断できてからは意外と行動が早い」ことです。 これは優柔不断になってしまっているのが本人の性格からではなく、その時点で決めなければいけないことに対する判断基準を決めきれていない人の場合に見られる長所です。 人は自分が苦手なことについても自分で決める必要が出ることもあります。その場合、どう判断すればいいか迷ってしまいますが、この場合に一度判断基準が決まってしまえばその後の行動がすばやく進められる人もいます。

気配りができる

優柔不断な男性の4つ目の長所は、「気配りができる」ことです。 優柔不断な人は細かいことにも気づきますが、その細かいことを必要以上に大きく捉えてしまうことで優柔不断になっているという傾向があります。つまり細かいことへの気配りや気づく力が空回りしてしまっているということです。 細かいことへの「気配り」ができることは仕事でもプライベートの人間関係などでも非常に大切な意識です。気付いたことの重要度や優先順位をつけることができればその「気づく能力」が強みになります。

空気を読める

優柔不断な男性の5つ目の長所は、「空気を読める」ことです。 優柔不断な人は人がたくさんいる場で自分の意見を押し通すことで空気が悪くなることを恐れていると紹介しましたが、それはその場の空気を読む力が強いからこそできる気配りです。 しかしその傾向が強くなりすぎて、「意見がない人」「自己主張できない人」と思われてしまっています。空気を読むことも必要ですが、言うべきことは言える人になれば状況に応じた行動ができる人になります。

優柔不断な男性の短所

次は優柔不断な人の短所を見てみましょう。 優柔不断というとネガティブなイメージが先行しがちな特徴です。ここではその短所を改めて確認してみます。

周りにいる人に迷惑をかける

優柔不断な男性の1つ目の短所は、「周りにいる人に迷惑をかける」ことです。 これは決断できないことで物事が先に進まなくなるということです。会議やプライベートで遊びに行く場所を決定する時などに、優柔不断な人がいつまでも決めきれずに話が先に進まなくなることがります。 そのせいで早く話を先に進めたいと思っている人がイライラしてしまうこともあり、優柔不断な人が周りの人に迷惑をかけてしまうことになります。

買い物に時間がかかる

優柔不断な男性の2つ目の短所は、「買い物に時間がかかる」ことです。 優柔不断なことの短所は私生活の買い物にも現れます。特に高価な買い物・趣味嗜好が現れる買い物では特に優柔不断の悪い部分が出てきてしまいます。 高価な買い物の場合には「変なものを買って損したくない」という意識が強く働きすぎ、趣味嗜好が出るものの場合には「好きなもので失敗したくない」という意識が強くなり、いつまでも買うものが決められなくなってしまいます。

その人の意見が見え辛いことが多い

優柔不断な男性の3つ目の短所は、「その人の意見が見え辛いことが多い」ことです。 優柔不断な人は自分の意見を明確に決めることができません。そのため周りの人からどうしたいかを尋ねられた時にすぐに答えることができなかったり、時間をかけてもどうするか決めることができないので、いつまでも自分の意見を主張できません。 その結果、周りの人からは「あの人は何を考えているんだろう?」と疑問に思われることも多くなります。

自分の意見を通すことができない

優柔不断な男性の4つ目の短所は、「自分の意見を通すことができない」ことです。 自分の意見が定まっていなければ自分の意見を主張できませんし、当然自分の意見を通すこともできなくなります。 プライベートならまだしも、仕事場で意見を求められた時にははっきりと自分の立場を主張できないので、仕事に対してやる気がない人と思われることもあります。

人と衝突するのが苦手

優柔不断な男性の5つ目の短所は、「人と衝突するのが苦手」ことです。 建設的な会話のためには時には人と衝突する必要があります。優柔不断な人はそれもできないことが多く、なんでも人に合わせようとしてしまいます。 意見をぶつけ合うことでお互いが納得できる新しいアイデアが生まれるものですが、それができないので、優柔不断な人は仕事のしがいがない人とも思われます。

優柔不断度診断!あなたは優柔不断?

次はあなたが優柔不断な人かどうかを診断します。 10個の質問の中で「YES」という回答が10〜8個の場合は「優柔不断」、7〜6個の場合は「優柔不断予備軍」です。 1、人から意見を求められた時にすぐに意見を言えないことが多い。 2、意見を主張して人に嫌われるのが怖い。 3、失敗したくない。 4、決めるのが遅いと言われたことがある。 5、完璧主義と言われたことがある。 6、臨機応変な対応が苦手。 7、自分の性格はネガティブだと思う。 8、人の誘いを断れない。 9、なんでも計画を立ててから行動する。 10、常に「周りの人がどう思うか」を考えて行動している。

優柔不断の克服方法

自分のことを優柔不断と感じている方はこの見出しで紹介する3つの方法を実践して、優柔不断の克服を目指しましょう。 優柔不断になっているのは、決断に時間をかけすぎていること・物事の優先順位を決めきれないこと・失敗を恐れすぎていることが主な原因です。それを克服する方法を紹介します。

何事もデッドラインを決める

優柔不断を克服する1つ目の方法は、「何事もデッドラインを決める」ことです。 優柔不断な人は1つ物事の決断に多くの時間をかけてしまっています。それを克服するために決断しなければいけないことができた時に「いつまでに決めるか」というデッドラインを必ず設定するようにしましょう。 その期限までに必ず決断するように毎回心がけることで、少しずつ決断できない状態を乗り越えられます。

自分なりの判断基準を作っておく

優柔不断を克服する2つ目の方法は、「自分なりの判断基準を作っておく」ことです。 仕事でもプライベートでも日々いろんなことの決断を迫られます。そのたびに「どう判断するか?」をいちいち考えていては時間がもったいないですし、判断方法を決めるのに時間がかかりすぎて、決断した後の行動の時間がなくなります。 そのため、仕事でもプライベートでも「こういう時はこうする」「自分の価値観に合わないことはしない」ということを予め決めておき、決断すべきことが出てきたら瞬時に判断できるようにしましょう。

失敗を怖がらない

優柔不断を克服する3つ目の方法は、「失敗を怖がらない」ことです。 優柔不断になることの性格面の一番の原因は、必要以上に失敗を恐れていることです。決めたことを実行してみて失敗してしまうことを恐れているせいで、決めるのにいつまでも時間がかかってしまっているのです。 ただ、常に「絶対に失敗しない方法」を生み出すことは不可能ですし、多くの物事はトライアンドエラーの繰り返しです。なので完璧な計画を作ることよりも、「実践を通して修正していく」ことを重視してみましょう。

優柔不断な性格と上手に付き合おう

優柔不断なことは慎重さや計画性という長所が悪い特徴となって現れてしまっているということです。 その状況を変えるためには「自分がどうしたいか」や「あなたの価値基準」を明確にして、瞬時に決断できる仕組みを作ってみましょう。 そうすることで優柔不断になってしまう自分を克服し、必要以上に自己嫌悪に陥ってしまうことも少なくなります。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

人気記事

新着記事