2019年07月15日公開

2019年07月15日更新

ナーバスの意味・例文とは?ナーバスな人の特徴や原因・対処法を紹介

何気なく使っているナーバスという言葉があります。また誰かをみて「彼は今日はナーバスだよね」などと声をかけられたことがある方もかるかと思います。 しかしながら実はナーバスっていったいどんな意味なの?と思っている人も少なくありません。ナーバスの意味・例文とは?ナーバスな人の特徴や原因・対処法を紹介していきます。

日常会話でよく使われる「ナーバス」

普段何気ない会話の中でナーバスという言葉は意外にもよく使われている言葉です。しかしそのナーバスとはどんな意味で使っているんだろう?と疑問に思ったことはありませんか? 今回はナーバスの意味や、ナーバスな人の特徴やナーバスにならない方法などについてご紹介していきす。

ナーバスとは

職場や学校で「彼女は今日はナーバスみたいね」などと日常会話で使われているナーバスという言葉。 しかしながら実際ナーバスっていったいどんなこと?思っている方もいるかと思いす。それではナーバスとはどんな意味なのか、ご紹介していきます。

ナーバスの意味とは

ナーバスとは「神経質になっている」「緊張している状態」「過敏に反応している状態」という意味です。

ナーバスの語源と由来

ナーバスはラテン語のneuron[腱(けん)]が語源となっています。英語由来の「興奮しやすい」「少し怖がる」「びくびくする」という意味から緊張する状態をナーバスと使ったりします。

英語の「nervous」(ナーバス)の意味

ナーバスの英語スペルは「Nervous」です。意味は「神経が高ぶる」「緊張した」「神経質な」という意味です。 nervous around girlsで女の子のそばでは緊張するという意味になります。

ナーバスの類語

ナーバスの類語に「センシティブ」「ナイーブ」などがあります。人に対しての使い方で見ていきましょう。 ナーバスな人というと、なにか原因があって落ち込んでいる場合などに使うのに対し、「センシティブ」というのはが「感覚が鋭いがために傷つきやすい」という意味で少し違うのです。 また、「ナイーブな人」というのは元々繊細な人という事なので、こちらもおなじ繊細でも使い方に違いがあります。

ナーバスを使った例文

彼女はもうすぐ受験日だからナーバスなんだよ。そっと見守ってあげよう。 彼がナーバスなのはもうすぐプレゼンテーションがあるからだ。 もうすぐ合格発表日だからナーバスになってしまう。などと使います

ナーバスな人の特徴

あたなの周りに「あの人は今ナーバスなんだよ」と言われた人がいる、或いは言われたことがあったりすることもあると思います。 そんなナーバスな人はいったいどんな特徴があるのだりうと思ったことはありませんか?それではナーバスな人の特徴をご紹介していきます。

特徴①繊細である

ナーバスになりやすい人は元々繊細であるという人もいます。周りのこともよく見えている分、気になることも増えてしまいそれがナーバスになるきっかけとなっているのです。 楽しいこともすぐ見つけることができるのですが、気になってしまうことも多くあります。

特徴②落ち込むことが多い

落ち込むことが多い人はナーバスになりやすいといえます。落ち込むことが多い人はどんどん自信もなくなり更に落ち込みやすくなってしまうためナーバスになりやすいのです。 自分に原因があると思い込む癖もついてしまっていることもありますから、たまには落ち込むほどのことなんだろうか?と冷静に状況をみることが大切です。

落ち込むことが多い人はナーバスになりやすいといえます。落ち込むことが多い人はどんどん自信もなくなり更に落ち込みやすくなってしまうためナーバスになりやすいのです。 自分に原因があると思い込む癖もついてしまっていることもありますから、たまには落ち込むほどのことなんだろうか?と冷静に状況をみることが大切です。

特徴③心配性

心配性な人はナーバスになりやすいのです。他の人であれば気にしないことでも性格が心配性であることからナーバスになる要因も増えてしまっているのです。たまには心配しても状況は変わるのだろうか?と心配の元を冷静にみることも大切です。

特徴④依存してしまう

誰かに依存しやすい人はナーバスになりやすいです。自分の行動だけに集中するのではなく、依存している人の行動も同時に気になっていますから二人分一喜一憂している場合もあります。 自分のことだけでなく、依存している人が少しそっけなくなったと感じただけで、ナーバスになってしまったりするので自分を見失わないようにしましょう。

特徴⑤完璧主義

完璧主義の人はナーバスになりやすいのです。通常ならそこは軽く流すだろうという場面でも完璧にやりこなそうと頑張るため、イメージ通りでない結果になってしまった時にはナーバスとなります。 原因がわかっても完璧主義なため、どうしてそんな事をしてしまったんだろうと自分を責めてしまう事もあり、更にナーバスとなっていまうのです。

特徴⑥立ち直りがおそい

立ち直りが遅い人はナーバスになりやすいのです。心の切り替えがなかなかできず、どうしてダメだったのだろうと、これだという原因を追究するまでナーバスになっている場合が多いのです。 なかなか前を向けないことに自分自信も気がつかない場合が多く、しばらくナーバスになっていることもあります。

特徴⑦緊張しやすい

緊張しやすい人はナーバスになりやすいのです。明日はクライアントの前でプレゼンがあるという場合や、学生であれば明日はテストだというときに数日前からすでにナーバスになっていることがあります。 特に経験が少ない事柄に関しても緊張しやすいため、ナーバスになりやすいといえます。

特徴⑧自信がない

自分に自信がない人はナーバスになりやすいのです。自分に自信がない為、いつの間にか他人軸で自分自身が行動してしまい、周りの期待にこたえようと日々過ごしてしまいがちです。 その為、ナーバスな時というのは周囲の評価が少しでも良くないと感じてしまうことが多いのです。

特徴⑨環境の変化に弱い

環境の変化に弱い人はナーバスになることがあります。同じ社内であっても部署が変わったり、転勤により職場が変わったりすることで、今、目の前の仕事に集中できずに、環境の変化に体が同様してしまい、ナーバスな気持ちになってしまいます。 環境の変化により、新しい人間関係もスタートすることになり、慣れるまで緊張する日々となりナーバスになってしまうのです。

ナーバスになる原因

ふと気が付くと窓の外を見つめていたりしてナーバスになっていたということがある人もいるかと思います。 いったいどんなことがナーバスの原因なんだろうと知りたいと思ったことはありませんか?それではナーバスの原因になることとはどんなことなのか見ていきましょう。

原因①妊婦さんや出産時

妊娠したり、出産したりするとナーバスの原因となることがあります。モルモンのバランスが変わり精神的に不安定になる事が大きな原因です。また、妊娠中ですとお腹の子を守る為に食事に気を付けたり体の異変に心配する日もあります。 出産直後から母として赤ちゃんのお世話する日々が始まります。しばらくは夜泣きで眠れぬ夜もあったりすることからナーバスになりやすい時期だといえます。

原因②結婚

結婚がナーバスの原因となることがあります。新婚と聞けば幸せいっぱいなイメージがありますが、ナーバスとなることもあるのです。お互いに良き妻、夫でいたいという気持ちがあり相手にがっかりさせたくないという気持ちから新婚当初は頑張ってしまう事が多いのです。それが上手く熟せないと相手にがっかりさせてしまうのではないかとナーバスになる原因となってしまうのです。 女性の場合は特に子供ができる前は働いている人も多く、仕事と家事の両立が結婚と同時にふりかかり、体力や精神的にもダメージを受けてナーバスとなってしまう事があります。

原因③就職

就職時にナーバスの原因となることがあります。学生生活とは一変し社会人としてスタートすれば今まで通用していたことが通らなくなったりします。 職場では仕事を任され責任感も感じる一方で、新しい会社という環境に慣れながらも上司の期待にこたえたい気持ちと、なかなか発揮できない現実とでナーバスになりやすいといえます。

原因④受験

学校や資格などの受験がナーバスの原因となることがあります。 受験日に向かって無我夢中で頑張っている時は大丈夫ですが、スケジュール通り予定をこなせなかったり、結果が悪かったらどうしようと考え出してしまうとどんどん気持ちは不安になりナーバスとなってしまうのです。 また、深夜に勉強がはかどる場合には睡眠不足からナーバスになりやすくもなります。

原因⑤生理前や生理中

女性の場合生理前や生理がナーバスの原因となることがあります。ホルモンバランスが変わりますから嫌なことが特になくても悲観的になったりイライラしやすくなりナーバスとなることがあります。

原因⑥退職

退職が原因となりナーバスとなることがあります。退職することを職場の周囲の人に伝えた後から退職する日までは仕事を任されることは少なくなり中途半端な気持ちで仕事をこなさなければならないことはナーバスの原因となります。 また、引継ぎをしながらも次の新しい会社で仕事に打ち込めることができるのか、人間関係は大丈夫だろうかと考えることもありナーバスな気持ちになってしまうのです。

原因⑦留学

留学がナーバスの原因となることがあります。希望を胸に海外に飛び立ち新しい生活が始まると、環境が変わるだけでなく、言葉も文化も違う場所での生活にカルチャーショックをうけることがあります。慣れるまでの期間はナーバスになりやすい時期だといえます。

ナーバスにならないための対処法

ナーバスの原因がわかったけれどできればならないことが一番です。どうしたらナーバスにならないのか知りたいという方も多いのではないでしょうか?それではナーバスにならないための対処法をご紹介していきます。

対処法①気分転換する

ナーバスにならないために気分転換をすることが効果的です。例えば体を動かすことは気分転換となります。ジョギングして汗を流したり、軽く散歩してみたりとその時にできる範囲でやってみると効果があります。 音楽を聴いたり、アロマオイルの香りに包まれたお部屋で癒されてみるのもナーバスになりにくくなります。

対処法②失敗してもいいと言い聞かせる

失敗してもいいと意識して自分に言い聞かせることはナーバスにならないために効果があります。完璧主義な人などは特に失敗したときに自分を責めてしまったりイライラしてしまいナーバスになりやすくなってしまいます。 そんな時に誰だって失敗することはある。失敗があるから成長するんだと自分に言ってあげることでナーバスになりにくくなります。

対処法③準備に時間をかけてみる

ナーバスにならないために準備に時間をかけてみるという方法があります。新しいことに挑戦する前というのはナーバスになりやすいものです。 そんなときは事前に人一倍時間をかけてじっくり準備するのです。するときちんと準備したから大丈夫という自信からナーバスになりにくくなります。

対処法④お笑い番組を見てみる

お笑い番組をあえて見てみるのも対処法の一つです。お笑い番組なんて好きじゃないという方もいるかもしれませんし、無理に気持ちをそらすことに抵抗がある方もいるかもしれません。 しかしながら作り笑いでも「笑う」ということは心のコントロールに一役かってくれるのです。それで元気になるという事ではなく、笑うことでナーバスな気持ちから一旦離れるということが大切です。

対処法⑤他愛もない会話をしてみる

誰かと話すことがナーバスな気持ちの対策となることがあります。ナーバスになっている要因を言える場合は信頼できる相手に話すのも良いと思いますが、話したくない場合もあるかと思います。 むしろナーバスになった要因とは別の他愛もない話を誰かとするだけで、かなり気分がはれることがあります。

対処法⑥趣味に夢中になる

好きな事に没頭することはナーバスにならない対策となります。仕事が早く終わったらあれやろう、これやろうと好きな事の予定があるだけで、その楽しい趣味のことが気になり細かいことを考えていられなくなります。 趣味を持つという事はポジティブにもなりますからナーバスにならないだけでなく仕事や勉強内容も充実したものとなる効果があります

ナーバスになっても大丈夫

ナーバスの意味や原因、対策についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?どんな前向きな人でも不安になったり緊張したりすることはあるかと思います。 ナーバスになることはダメなことではない、時には誰だってナーバスになるさと客観的に自分を見つめることもナーバスな状態から早く抜け出せます。ナーバスと上手に付き合って行くくらいの気持ちで前に進んでみてください。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

No Image

sarali

メンタルケアにとても興味を持ち、あらゆる面から独学で深く勉強して参りました。趣味がいつしか周りの人達...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事