2019年04月16日公開

2019年06月08日更新

優しい人の特徴や性格・心理とは?いい人でなく本当に優しい人になるための方法

あなたの周りに優しい人はいますか?あなたは優しい人ですか?優しい人の性格や心理を深く知る事で、自分もまた優しい気持ちを覚えるでしょう。気のいい人と優しい人の違いも覚え、本当の意味で優しい人になれる様に考えていきましょう。

あなたは優しい人?いい人?

あなたは優しい人ですか?それとも、いい人ですか? 優しい人と聞いて、どういう性格の人を言うのかしっかり答えられる人は少ないかもしれません。それはいい人という存在が、優しい人と勘違いされがちだからです。では優しい人といい人の特徴は、どこが違うのでしょうか。 いい人と言うのは、気持ちが一歩通行になりがちです。自分は優しいつもりでもそれが相手にとって、おしつけがましいものであれば、ただの自己満足です。そして、相手から優しい人とは評価されません。優しい人が持つ、思いやりなどの気持ちを知って、ただのいい人ではなく、優しい人を目指しましょう。

優しい人の行動の特徴・あるある

優しい人と聞いて、あなたはどんな人を思い浮かべますか?優しい人には、いくつかの特徴があります。この特徴が、優しい人といい人の区別をつけます。 身の回りの優しい人の「あるある!」とうなずける特徴を、いくつかご紹介していきたいと思います。

平等に接することができる

優しい人は、どんな人でも分け隔てなく、平等に接することが出来る特徴を持っています。相手を見て、態度を変えたりもしません。 接し方が誰でも一緒ではなく、相手と自分の距離感や立場をしっかり認識した上で、平等に接することが出来るのです。それはなかなか簡単な事ではありません。どんな人にも平等に接することが出来る優しい人は、人との距離感を大切にすることが出来ます。 そして信頼感のある、人間関係を作ることが出来るのです。

人の気持ちに敏感

優しい人は、人の気持ちに敏感です。心に傷を負うことにはさらに敏感です。コンプレックスやミスを、その場の空気をよくするためにと、茶化す人もいます。しかしそれは、その人のことを考えた行動とは言えません。周りがたしたことないと思っても、その人の中では深い傷になることもあるのです。 優しい人は、そう言った人の心理に敏感なので、「これを言ったら傷つくんじゃないか」「これは本当は嫌がっているんじゃないか」と気持ちを察することが出来ます。だからむやみに茶化したりしません。例えば茶化してしまったとしても、やり過ぎたと気付けば、素直に「ごめんね」と謝れます。その人が嫌がると気付けば話題を変える判断も出来るのです。 過去に心に傷を負ったことがある人は、人の傷にも敏感です。そしてその人が心に傷を負わないようにという心づかいが、優しさなのです。

困っている人を放っておけない

これは、優しい人の特徴でもあり、大きな魅力でもあります。見ず知らずの他人であっても、困っている姿を見ると放っておけない性格です。 目に見えて困っている人は当然のこと、誰も気づかない様な小さな悩みを持つ人にも、優しい人は気付いてあげることが出来ます。そしてサポートの手を差し伸べたり、相手が素直に気持ちをこぼせるように、そっと寄り添うことが出来るのです。 さりげない優しさで人を助けようとする姿勢は、本当に相手のためを思ってこそ出来ることでもあります。

心が広く余裕がある

優しい人の心は寛大なのも特徴で、余裕もあります。一度過ぎたことをいつまでも引きずりませんし、相手がミスをした場合もその場で許せてしまいます。 そのミスを一度は許したはずなのに、後になってからネチネチと嫌味っぽく繰り返してしまう人もいるでしょう。そして時間が経過するにつれて、そういった行為は嫌がられます。「あの時は許してくれたのに、いつまでも引きずるんだな…」と思われ、優しさからはかけ離れてしまいます。 相手が反省しているなら、もうそれでいいと思えることは、その相手を大切に思える、優しい気持ちと寛大さを持つからです。

見返りを求めない

優しい人が何かを行動する時は、見返りのためではありません。誰かに優しくする時に、その相手から代わりに何をしてもらおう、人からの評価が上がりそう、などの下心は存在しないのです。 本当に優しい人は、相手のためを思っての行動も、自分がやりたいからやっただけという理由で出来ます。そしてそれは周りの評価などを気にしての行動ではありません。 ご褒美があるから優しくするのではなく、そうしたいからするといった、あくまでも自然に湧きおこる心理からの優しさです。

同性からも好かれる

優しい人は、異性だけではなく、同性からも好かれるという特徴もあります。 同性の目というのは、異性の目よりも厳しいときもあります。異性には好かれる行動でも、それが同性の目から見た時も同じかというと、必ずしもそうとは限りません。あざといと受け取られてしまうこともあります。 ですが相手によって態度を変えたりせず、あざとさもない、相手のことを考えた「本当に優しい」行動は、性別関係なく好かれるのです。

感情のまま行動しない

「やりたい」と思っても、感情のままに突っ走ると言うことは、優しい人はしません。 感情のままに行動する事で、その行動が本当に正しいのかどうか、周囲に与える影響を考えてから行動を起こせるのが優しい人です。問題になるかもしれないと思った時には、ワンクッション置いてから、行動を考える配慮の気持ちがあります。 だからと言って全て周りに合わせて、自分の欲求を押し殺すわけではありません。相手に合わせることではなく、相手に迷惑がかからないかが、優しい人には大事なのです。

優しい人の性格・心理

優しい人と言うのは、理屈や打算抜きの行動を起こせる人です。そんな時、優しい人の心理とはどうなっているのでしょうか。 いつもにこにこしていて、怒った姿など想像も出来ないと思うかも知れませんが、同じ人間です。優しい人の性格を知って、自分の気持ちを優しい人に近づける、参考にしてみましょう。

ポジティブで明るい

優しい人は、基本的にポジティブです。そして明るい性格も特徴的です。 何かに悩みに直面したとしても、その悩みをポジティブに変換する事で、明るい気持ちになり、自分にも周りにも心地のいい関係を作ろうとする心理が働きます。 無理に自分の気持ちを変えているわけではなく、「いやな気持ちでいるより、みんなと楽しい気持ちでいたい」と言う心理が素直に働き、心が穏やかになり、前向きな性格になれます。

穏やかでおおらか

優しい人は穏やかな性格をしていて、感情の起伏があまり激しくありません。そして心がおおらかだという特徴があり、突然のトラブルにも自然と対応出来ます。 トラブルが起きた時、人は「どうしよう!」と取り乱してしまいます。ですが優しい人は感情のコントロールも出来るので、取り乱したりしませんし。そして優しくおおらかな心で周囲のパニックを落ち着かせてくれます。落ち着いた対処が出来るのです。 それだけではなく、優しい人の、包み込んでくれるおおらかな性格は一緒にいる人を疲れさせません。気遣う事が出来るので、相手も肩の力を抜くことが出来るのでしょう。

ゆったりとしている

優しい人は、ゆったりと構えています。自分にも周りにも急かすことはなく、常に余裕を持って行動をしています。 これはマイペースなわけではなく、物事の計画を立てる時に、きちんと前もって段取りを組む性格だからです。そしてその行動にゆとりを入れるので急かす必要がなくなります。優しい人は、周囲に配慮することが出来ると言いましたが、こういう時にも、その優しさは忘れません。

人のせいにしない

人のせいにしたり、人の悪口を言ったりすることが、優しい人は苦手です。誰が悪いのかと言うことを考える時に、全て自分が悪いと考えてしまうことでもありません。起きてしまった事に対する責任を、誰かに押し付けるのではなく、解決策を考える方に意識が向くのです。 悪口を言うことで、自分の気持ちが晴れるわけでもないですし、その悪口が本人の耳に入った時のことをまず考えます。そしてその人が、やりきれない気持ちになることを知っているので、悪口を言いません。 優しい人が、お人よしなわけではなく、人のせいにするよりも出来る事があると、分かっているのです。

謙虚

優しい人はとても謙虚な性格をしています。変に自信家でもなく、人を見下したりということもありません。 自分に自信を持つことは、大事なことです。しかし、人に感謝されても、すごいことをしても、謙虚な気持ちを忘れてはいけません。「いえいえ自分なんか…」と自分を卑下するのではなく、人からの感謝を素直に受け入れた上で、自信過剰にならないようにセーブします。 謙虚な気持ちが常にあるからこそ、周りをよく見て、おごらずに人に優しくいられるんですね。

人のためを思うことができる

優しい人の心理には、「その人のためにどうしたらいいか」ということが常にあります。相手の言うこと全てに頷くのではなく、それが本当にその人のためになるのかを、考えられるのです。 なので時には厳しい言葉も、口にします。「相手が嫌がるかも」と言う気持ちは残りますが、相手にとってよくないと思えば、しっかり指摘します。優しい人の気持ちの芯は、とても強くしっかりしています。相手が間違った方向に行ってしまわないように、正そうとする意見は、勇気がないとなかなか口にできません。 優しい人は、言うべきことは言う、芯のある優しさも持っているのです。そんな性格をしています。

感謝を忘れない

優しい人は、感謝する気持ちも忘れません。心理の中で、感謝を忘れないようにしているので、環境的にも「自分は幸せ」と感じることも出来ます。そしてその気持ちが、心に余裕を生むのです。 つい誰かを妬んでしまいそうな時でも、自分がどれだけ幸せかを考えた時に、誰かを妬む必要がないことにも気付きます。そしてその心理は、優しい人の心をずっと穏やかな性格にしてくれます。

優しい人はなぜ怒らずにいられるの?

ここまでで、優しい人は穏やかだと説明しました。ですが、優しい人も人間です。全く怒らないわけでなありません。ちゃんと「怒り」の感情は持っているのです。 ですが、優しい人は怒らないと思われがちです。きっとあなたの周りの優しい人も、怒ったりした姿を見せないのではありませんか? どうして、優しい人=怒らない人になってしまうのでしょうか。

「怒らない」のではなく「言わない」

優しい人は、どんなにイライラしていても、それを露骨に言葉にすることがありません。さらに言えば、表情や態度にも出さず、周りに悟らせない様にします。そういった特徴から、怒らない人と認識されがちなのかもしれません。 その怒りをぶつけることで、相手が嫌な気持ちになることは知っています。そして怒りをぶつける事を、疑問にも思っています。感情のままに行動しない優しい人は、一呼吸置いて、自分を落ち着ける事が出来るのです。 深呼吸をして気持ちを切り替えて、怒りを処理する前に、出来ることがあるのではないかと探しているだけなのです。決して怒りを感じていないわけではありません。

ワンクッション置く

優しい人が怒った時、それを相手に伝えなくてはいけない場合は、ワンクッションおきます。感情のままに次々と言葉で責めるのではありません。相手を必要以上に傷つけないか、自分本位になっていないかなど、自分の気持ちを正確に伝えるためです。 そして、優しい人は自分の感情をコントロールできるので、そのワンクッション置いている間に、かっとこみ上げた怒りは大体冷静に向き合えるほどになっています。 優しい人も、怒る時は怒ります。その怒りは間違えず正確に伝えなければいけないと言う心理がブレないので、理不尽な怒りが湧くことはありません。

優しい人は損をする?

老若男女問わず好かれるだろうと思われる、優しい人ですが、損をするイメージもあります。実際、「損な性格だな」と言う事もあるのかも知れません。 優しい人が損な思いをする時、どんな場面があるのでしょう。今回は優しい男性に焦点を当てていきたいと思います。

優しい男はモテない?

優しい男性は、女性にとっても好かれる特徴かと思いきや、優しすぎる男性は、今度は恋愛の対象から外される傾向が強いようです。 デートの時に全て彼女にお任せの場合、男性からしたら女性の満足するデートになる事を、願っての事です。しかしこれは、優しいからと言うよりは、「自分というものがない」「全部人任せ」と受け取られ、女性はあきれてしまいがちです。リードするくらいの気持ちがないと、女性は満足しないのかも知れませんね。 そして、優しい人の一番の魅力の優しさも、誰にでも優しいとなれば考え物です。恋人は特別な存在です。優しい彼が自分に対して優しいことに魅力を感じても、「私だけじゃないのね」と感じれば、特別扱いされている心理はすぐに消えてしまいます。 優柔不断な性格も、優しすぎるのも、考えものということになります。

都合の良い男になるのは「優しい人」ではなくただの「いい人」

優しい人といい人の特徴の違いは、相手にとって「都合のいい人」になっているかどうかです。恋愛の中で「自分は都合のいい様に使われている?」と感じたら、優しい人ではなく、いい人だからではないでしょうか? 一方通行になりがちないい人は、恋愛においても例外ではありません。彼女が喜ぶと思ってもそれが押し付けでしかなかったり、わがままを聞いてあげたり、彼女を一切否定しなかったとしたらどうでしょう。彼女の中では優しい人というよりも、家来か奴隷の様な存在になっています。 彼女を怒らせないように、のままでは「都合のいい人」です。心から彼女のためを思う男性になることで、彼女はあなたを都合よくつかったりなどは、しなくなるでしょう。

本当に優しい人になるにはどうすればいい?

本当の意味で優しい人になるには、どうしたらいいのでしょう。周りの反感を買わないように合わせたり、何に対しても首を縦に振り、全てを褒めればいいのかと言うと、そうではありません。 優しい人になれるように、優しい人の特徴や心理をよく理解して、近づけるようにしていきましょう。

恩着せがましいことはやめる

人から感謝される様な優しいことをしたとしても、恩着せがましい態度でいたら、相手は気持ちよく終われるでしょうか? 優しい人は、見返りを求めないとお話ししました。ですが恩着せがましい性格は、見返りを求めているのと同じです。必要以上の感謝を、そこで要求しているようなものなのです。「〇〇してやった」という姿勢でいれば、相手も感謝どころか萎縮してしまいます。そして「頼んでもいないのに」という反発の心理も生まれます。 人から感謝された時に、「気にしないで」「やりたくてやっただけだから」と言えるだけの優しい余裕が欲しいですね。

自分を見失わない

優しい人は、どんなことも断らないわけではありません。自分という主体性はしっかりと持っています。 お人よしともイエスマンとも違うので、どんなお願いでも聞くわけではなく、自分が無理だと判断したら、きっぱり断る勇気を持っています。受け入れたとして、それが遂行できなかった時に、周りに迷惑をかけてしまうことをよく知っているからです。 頼まれると断れない、では、ただのいい人です。優しい人になるためには、自分の許容量を把握して、自分を見失わないようにしましょう。

叱るタイミングを見極める

優しい人になるためにも、思いつくままに人を叱るのはやめましょう。タイミングや言い方はとても大切です。 仕事でミスをした時、ミスをしたことよりも、ミスをしたことで会社や人に迷惑をかけたことを怒ります。自分の子供や友達が、命に関わるようなことをしたら、絶対にやってはいけないことと叱りますが、普段はネチネチと怒りません。 また、その人が話を聞き入れる状態であるかどうかも、今なら大丈夫と見極められるような洞察力があると、優しい人に一歩近づきます。

平常心を心がける

優しい人は、簡単に取り乱したりしません。どんな状況でも慌てるよりも、自分の感情をコントロールして、平常心を維持します。 人は自分で思っているよりも、アクシデントには弱い生き物です。予測もしないことが起きた時に、自分の感情が動揺していると感じたら、まず深呼吸しましょう。冷静さを取り戻せば、自分に何が出来るのか、広い視野で見えてくるものです。 そして、優しい人がそうであるように、周りに対しても、落ち着かせることが出来るようになってきます。その時にあなたは、「優しい人」と自分でも思えるし、周りからも自然に頼られる存在になるでしょう。

あなたは本当に優しい人?優しい度診断

実際に、自分は「優しい人」だと思ってきたけど、実は「いい人」だったのかも?と思ってる方もいるかもしれません。ここで、あなたがどれだけ優しいかを判断する、心理テストを行ってみましょう。 ・人の悪口を言わない ・地位や名誉より大事なことがある ・感情的にならない ・いつも相手の気持ちを考えている ・必要があれば、叱ることができる ・言葉つかいがきれい ・イライラしない ・友達の数が多い ・家族みんなが仲良し ・長く続いているパートナーがいる ・人をよく観察している ・ほとんど怒らない ・言動に責任をもっている ・他人の失敗を許せる ・嫌な思いをしても笑顔を壊さない 質問のチェック項目が多いほど、優しい人だと判断出来る心理テストなので、ぜひやってみてくださいね。

誰のために優しい人になるのか

優しい人は、優しい人になりたくてなっているわけではありません。人の力になりたいと言う心理が、自然と優しい性格を生みます。 ですが、優しい人になりたい・近づきたいと思うことは無駄ではありません。あなたが本当に優しい人になる事で、周りのあなたに対する意識も変わるでしょう。もちろん、あなた自身への影響も、とても大きなものにります。 自分の感情をコントロールしながら、人に優しく出来たと実感できた時、とても強い喜びと優しい気持ちを感じるはずです。自分のためではなく、是非人のために優しい人を目指してくださいね。

電話占い今なら3000円分無料クーポンプレゼント!?

「電話占いってやってみたいけど、値段高いんだよなぁ...」 なんと、ココナラなら今だけ、3000円分無料クーポンプレゼントしちゃいます! クーポンをゲットして手軽に電話占いを始める方法はこちら↓

関連記事

ライター

No Image

96neko

多感な時期にメンタルケアに触れる機会もあり、自分の中で日常的に心理学や偉人の言葉を考える事が当たり前...

人気記事

新着記事