2019年06月23日公開

2019年06月23日更新

職場に馴染めない人の共通点とは!職場に馴染むための対応を詳しく解説

転職や異動で新しい職場に入っても、馴染めないと悩んだことはありませんか?職場の雰囲気や仕事内容が予想と違ったり、いじめや仲間外れがあると、なかなか職場に馴染めません。今回は、そんな職場に馴染めない人の共通点を探り、職場に馴染むための方法を詳しく紹介します。

職場に馴染めなかった経験はありませんか?

転職や異動で新しい職場になったとき、なかなか馴染めないと悩んだ経験はありませんか?新しい仕事を円滑に進めていくためには、周囲とのコミュニケーションが必須です。そのため、なかなか馴染めない状態が続くと、先行きが不安になって焦ってしまいますよね。 また仕事を辞める理由に「人間関係」を挙げる人が多いことから、職場に馴染めるか馴染めないかが、今後仕事を続けられるかどうかの一番のポイントになるでしょう。馴染むのが難しそうなら、傷が深くならないうちに辞めたほうが良いですし、難しいところですよね。

また自分は馴染みたくても、周りはすでに仲が良くて出来上がっていて、なかなか入って行けず、孤立してしまうこともあるかもしれません。職場で孤立してしまうどうしても寂しい思いをしたり、自分を否定されているように感じてしまいします。 またコミュニケーション不足で仕事も思うように進まず、ストレスばかり感じるようになってしまうのです。

職場での人間関係とは

最悪の場合、退職にまで至ってしまう職場での人間関係とは、一体どんなものなのでしょうか? 職場とは、本来は働いて賃金を得る場所です。とはいえ一日の大半を過ごす場所でもあります。どうせなら楽しい雰囲気の中で過ごせたほうが良いに決まっています。もちろん無駄話をする場所ではありませんが、少しくらい楽しみがあったほうが、仕事もはかどるのです。

また会社で働くなら、仕事は同僚と協力しながらこなしていく必要があります。そのためには、普段の何気ない会話がスムーズに出来て、ある程度お互いを知っておく必要があるでしょう。 このように、職場という集団の中では、人間関係は仕事と同じくらい大切なことだと言えるでしょう。

職場に馴染めない!大きく分けて3タイプ

職場に馴染めないと悩む人は、大きく分けて3つのタイプに分かれます。この職場に馴染めない3つのタイプとは、一体どんなものなのでしょうか?詳しく説明していきます。

タイプ1:新人さんで職場に馴染めない

入社したばかりの新人さんにとっては、何もかもが初めてのことばかりです。仕事内容も、職場のメンバーとのコミュニケーションも、環境もすべて、慣れなくて戸惑ってばかりでしょう。 転職してきたなら、前の会社との違いに戸惑うでしょうし、新卒なら、アルバイトとのギャップで戸惑ってしまいがちです。そんな状態で人間関係もうまくやらなければなりません。 コミュニケーション能力が高い人なら、すぐに馴染めるかもしれませんが、そうじゃなければ、いきなり周りと上手くやるのは、なかなか難しいというのが正直なところでしょう。

タイプ2:異動後に新しい部署の同僚と馴染めない

2つ目は、異動で新しい職場へ行ったとき、新しい部署の同僚と馴染めないというタイプです。特に前の職場と状況や雰囲気が全く違うとき、馴染めないと感じてしまいがちです。 例えば前の職場が少人数のアットホームな雰囲気だったのに、新しい職場は人数が多くて職場が静か。それになんだかみんなよそよそしいなどの違いがあると、どうしても違和感を感じてしまうでしょう。

特にアットホームな前の職場の雰囲気が好きだった場合は、よそよそしく感じる新しい職場は、物足りなく感じてしまうでしょう。 そういった違いをどうしても受け入れられず、新しい部署の同僚と馴染めないと感じてしまうのです。

タイプ3:同僚から仲間外れにされている場合

入社や異動で職場が変わっても、馴染めないのは当たり前です。しかしそれも最初だけで、時間が解決してくれることがほとんどでしょう。 しかし入社半年以上たっても職場に馴染めないこともあります。その場合は職場に原因があることが多いでしょう。例えば、いじめや仲間外れの標的にされてしまっている場合などがそうです。 仲間外れやいじめなんて、学生だけではないのかと思うかもしれませんが、いい大人になっても普通に行われています。特に新しく入ってきた人は、いじめの標的になりやすいです。

いじめる理由は、大抵よくわからないことです。「なんだか気に入らない」とか、「いじめたら反応がおもしろそう」のような、くだらないことばかりです。 いじめや仲間外れをしてくるような同僚を、まともに相手していても、解決することはあまりありません。このまま勤めていても自分が辛いだけだと感じたら、さっさと転職を考えたほうが無難かもしれません。

職場に馴染めない人の共通点

職場に馴染めないと悩む人がいる一方、難なく職場に馴染めてしまう人もいますよね。それなら一体なぜ職場に馴染めなくなってしまうのでしょうか?職場に馴染めない人には何らかの共通点があるのでしょうか?確認してみましょう。

挨拶ができない

職場に馴染むためには、自分から積極的にコミュニケーションをとるしかありません。そんなとき、コミュ障の人でも簡単にできるのが挨拶です。大きな声でしっかり挨拶ができる人は、好感度が高いものです。 朝出勤したら、「おはようございます」、帰りは「お先に失礼します。」「お疲れさまです」と、これだけしっかり言えるだけでも、かなり職場に馴染みやすくなります。 逆に挨拶程度も出来ない人は、人間性すら疑われてしまいます。恥ずかしいから、コミュ障だからなどの言い訳は、残念ながら通用しません。

あまり笑わない

笑顔がない人も、職場に馴染めないことが多いでしょう。笑顔が無いと、取っつきにくく感じます。そのため周りもどう接して良いか分からず、敬遠されてしまいがちです。 あまり笑わない人は、コミュニケーションが苦手だったり、人見知りなことが多いです。また初めのうちは、笑顔を見せる余裕がないこともあるでしょう。 しかし人から好かれるためには笑顔は欠かせません。別に職場にいる間ずっと笑顔でいる必要はありません。仕事を教えてもらった時に笑顔でお礼を言ったり、朝の挨拶を笑顔で言うなど、出来るところだけ笑顔を心がけると良いでしょう。

付き合いが悪い

職場の飲み会や、食事会などをいつも断ってしまう付き合いが悪い人も、職場に馴染めない場合が多いでしょう。仕事以外の場所での同僚との交流は、職場に馴染むいい機会なのです。 そんな機会を避けるということは、周りからみると、自ら馴染むのを避けているかのように感じるでしょう。

確かに職場の付き合いは、楽しくないかもしれません。毎日必死で馴染むために気を使っているんだから、仕事の後くらい開放して欲しいという気持ちは良くわかります。しかしこんなチャンスは早々ないですから、ここは無理してでも頑張っておきたいところです。 思い切って参加して、自分をアピールしてみると、一気に職場に馴染むきっかけになるかもしれません。もちろん飲み会に参加するだけで絶対に職場に馴染めるとは限りませんが、参加するというだけで、同僚との壁を一つ、破るこことはできるでしょう。

空気が読めない

場の空気が読めない人は、普段から敬遠されがちです。職場で空気が読めないと、かなり浮いた存在になってしまうかもしれません。仕事では、職場のみんなと協力しあう必要がある場面も、沢山あります。そんなとき空気が読めない人と協力するのは、しんどいものです。 仕事というのは、言われたことだけやっていれば良いわけではありません。上司や同僚へのフォローなども、求められるのです。特に新しく入った人は、一番後輩になりますので、誰に対しても気を使いフォローしなければなりません。 空気が読めない人は、こういったフォローに気が回りません。そのため先輩がフォローしなければなりません。本当なら後輩が先輩をフォローするべきなのに、これでは嫌がられても仕方がありません。

コミュニケーションが苦手

職場に馴染めない人は、コミュニケーションが苦手な人がほとんどでしょう。しかし苦手というだけで、ほとんどの人が、仲良くなってしまえば問題なく付き合えるのではないでしょうか? これはもう時間が解決してくれます。普通に頑張っていれば、少しずつ同僚と仲良くなり、いつの間にか馴染んでいることに気づくかもしれません。 最初は誰でもそんなものです。焦らず割り切って、自分らしく過ごしていれば良いでしょう。

やる気がない

明らかに仕事にやる気がなくて、サボる気が満々な人は職場で浮いてしまい、馴染めないでしょう。そもそも仕事をするのが目的で来ているのに、やる気がない態度でいては、周りから嫌われてしまっても仕方がありません。 教えてもメモをとらなかったり、何度も同じ事を聞いて来たり、教えたのに間違えてばかりだと、何しに来ているのかわかりません。しかも注意されても直す気がないならなおさらです。 仕事もしないのに、け給料をもらっている人が許されるほど、職場は甘くありません。適当にサボってお金だけもらえればいいやという考えなら、今すぐ仕事を辞めるべきでしょう。

職場に馴染めない人が取るべき行動

職場に馴染めない人の原因や共通点がわかりました。自分がなかなか職場に馴染めないタイプだとわかっても、具体的に何をすれば良いのかわからないですよね。ここでは、職場に馴染めない人が取るべき行動について、いくつかご紹介していきます。

早めに出社して仕事の準備をする

新人といえばやる気です。仕事のやる気がある人は好感度が高いものです。やる気を見せて頑張っている人は、周りも助けてあげたくなるものです。 やる気アピールで効果的なのは、朝早めに出社して仕事の準備をすることです。朝早く来るというのは、なかなか難しいことです。やる気がなければ出来ません。後から来た同僚からも、一目置かれるようになるでしょう。

仕事はしっかりやる

職場の人間関係も大切ですが、その前に仕事は真面目にしっかりこなすことが必要です。まだまだ分からないことがあって当たり前ですが、自分にできる最低限の仕事は、きっちり出来ていなければ話になりません。 仕事も頑張っていないのに、無駄話ばかりするような人は嫌われます。特に新しく来た人は注目されやすいです。そういう態度はしっかり見られていると思ってください。 また仕事が出来れば、周囲を黙らせることができます。たとえ人間関係が上手くできなくても、相手が自分より仕事が出来る人なら、何も言えないのです。このようにいざという時の武器になることもありますので、仕事だけはしっかりやっておきましょう。

飲み会などには積極的に参加する

職場に馴染むためには、はじめのうちは飲み会や食事会に、出来るだけ参加したほうが良いでしょう。 こういった会でもなければ、話すきっかけがないような上司とも、交流するチャンスです。同僚と上手く馴染めなくても、上司と気が合えば気に入られることもあるかもしれません。上司に気に入られれば大きいです。 年上の人と話すのは緊張するかもしれませんが、積極的にお酌をしながら話を良く聞くだけでも十分好感度は上がるでしょう。

分からないことは積極的に聞く

職場に馴染めないうちは、同僚と話すきっかけをつかむことすら、難しいかもしれません。そん中でも、同僚と話をするきっかけになりやすいのが、わからない事を聞いたときです。 職場に入ったばかりだと、おそらく仕事のことでも、職場の決まりごとでも、わからないことだらけなはずです。聞きづらいからと放置しておかず、どんどん同僚に聞いていきましょう。 みんな忙しそうだったり、聞きづらい雰囲気の職場もあるかもしれません。しかしわからないことを放置するのは、社会人としてダメです。正しいのは聞くことのほうなのです。下手に遠慮すれば、評価が下がるのは自分のほうなのです。

今の職場のルールを早めに覚える

新しい職場で一番戸惑うのが、職場のルールです。その職場に馴染むためには、職場独自のルールを早めに覚えてしまいましょう。職場のルールとは、その職場で円滑に過ごしたり仕事を進めていくために、守るべき決まりです。 挨拶のしかた、オフィスの掃除、電話は誰が取るのか、お昼はどうするか、基本残業するべきなのか、などなど職場によってそれぞれ違っているものです。例にあげたもの以外でも、細かなルールは沢山あります。しかも決まり事として強制されているものだけではなく、暗黙のルールというものもあります。 ずっとその職場にいる人は、当たり前にやっていることですし、強制でもないため、わざわざ教えないこともあるでしょう。そうなると、自分で周りを良く観察し続けるしかありません。また気になる点があれば、どんどん聞いてみたほうが良いでしょう。

職場の人間関係を理解する

また、職場独特の人間関係が出来上がっている場合もあります。こういったものは、早めに把握しておいたほうが良いでしょう。 例えば同じ部署内で、派閥のようなものがあったり、誰と誰が仲が良いとか、仲が悪いとか、そういったことも知っておくべきです。それによって、踏んではいけない地雷を避けることが出来ます。

人間関係の話は、面倒くさいことになりかねませんので、根掘り葉掘り聞くわけにもいきません。そうなると、周りの態度や雰囲気で感じ取るしかありません。 また同僚との会話で、職場の人間関係が話題に上ることも多いでしょう。人間関係の話は、みんな興味があるものです。そういう点でも知っておいたほうが、会話にも入りやすいのです。

努力して馴染めなかったら?取るべき策とは

先ほど職場に馴染めない人が取るべき行動についてご紹介しました。入ったばかりの職場に馴染むためには、まずは仕事をしっかりこなし、職場のルールを早く覚えたうえで、うまく同僚とコミュニケーションをとっていく方法が、一番効果的な方法と言えます。 しかしながら、こういった努力をしていても、どうしても馴染めない場合があります。そんなときは、一体どうすれば良いのでしょうか。何か取るべき策はあるのでしょうか? 例えば、職場に問題がある場合は、自分がいくら努力しても、全く意味がないこともあります。そもそも周りが仲良くする気が無かったり、いじめの標的になっていたり、セクハラやパワハラが当たり前な職場だったら、どう頑張っても馴染めなくて当然でしょう。

そんなときは、無理せず人間関係をうまくやることは諦めて、仕事だけに集中するのも手です。結局のところ、仕事さえやっていれば給料は貰えます。仕事で認められていたり仕事が好きで、今後も割り切ってやっていく自信があるなら、それを貫けば良いでしょう。 しかし仕事そのものが苦手で、自分でも嫌になっている場合は、このまま続けていくのは難しいでしょう。そもそも、職場自体が自分に合ってなかったということなのかもしれません。 そんなときは、思い切って退職するのもアリです。やはり人間ですから、合う合わないがあって当然です。こればかりは、実際入ってみなければわからない部分なので仕方がありません。

合わない職場に我慢してい続けても、あまりメリットはありません。ずるずると合わない職場で仕事を続けて、辛い思いをしてしまっては、自分の心が潰れてしまう可能性もあります。 「せっかく入ったんだし、もっと頑張って馴染まなければ」などと、理想ばかり言っていても仕方ありません。いじめや仲間外れの場合は、いじめる理由は理不尽なものばかりです。入ったばかりの新人に、この状況を逆転できる可能性は低いでしょう。 このような場合は、負けを認めてさっさと逃げても良いのです。これも経験だと割り切ってリセットし、次の職場で頑張りましょう。

相手を否定せず自分は自分らしくが一番上手くいく

ここまで、職場に馴染めない悩みについて、色々と紹介してきました。入社したばかりなら、仕事も職場のルールもわからないことだらけです。馴染めないと感じてしまっても当然です。 それでも仕事を真面目にこなし、挨拶や言葉遣いがしっかりできて、場の空気も読むなど、基本的な事さえ頑張っていれば、時間と共に馴染めるようになってくるものです。 もし入社後半年たっても全く馴染めない場合は、、いじめや仲間外れの標的にされている場合もあるかもしれません。もしあまりに辛いなら退職も仕方がないでしょう。

職場になかなか馴染めないのは、本人に馴染む気がない場合もあります。同僚が集まれば悪口ばかりとか、年齢が離れた人ばかりだとか、冷たい感じがするとか、様々な理由で、絶対に馴染みたくないと思ってしまい、自分から壁を作ってしまうのです。 これでは、職場に馴染めなくて当然です。それなら、自分を曲げてまで無理やり合わさなきゃいけないのでしょうか?いいえ、そんな必要はありませんが、嫌な人とも付き合っていく必要はあるのです。 集団で働く以上、全員が自分と合う人なわけがありません。合わない人もいて当然です。自分に合わないから関わらないなんてことは、ただのわがままです。むしろ自分のほうから嫌がらせをしているようなものです。

悪口ばかり言っている人の話に合わせたくないなら、自分は悪口を言わずに、適当に聞き流せば良いのです。また、年齢が合わずに話が合わないからと言って、遠慮する必要はありません。普段通りの自分で会話に参加すれば良いのです。 人間関係は確かに難しいかもしれませんが、考えすぎてはいけません。誰に対しても区別する事無く、自分らしく接するのが好かれるポイントです。相手の反応についてもいちいち考えすぎないことです。考えるべきなのは、「いかに自分が自分らしくいられるか」だけなのです。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

みんく

みんく

マインドブロックバスターの資格を取得してから、スピリチュアルを学び、ヒーリングセッションでクライアン...

人気記事

新着記事