2019年06月14日公開

2019年06月14日更新

仕事が遅い人の特徴と性格は?仕事が遅い原因と仕事が早い人になる方法を解説

仕事が遅い人にイライラさせられることはありませんか?任せた仕事がなかなか完成しなくて焦りを感じてしまうこともあるでしょう。ここでは、そんな仕事が遅い人の特徴や原因について見ていきます。また、仕事が遅い人が仕事が速い人になる方法についても解説します。

仕事が遅くて人間関係が上手くいかない

あなたの周りに仕事が遅い人はいませんか?また、あなたは仕事が遅い人でしょうか?任せた仕事が期限になっても完成せず、ストレスを感じてしまう人もいるでしょう。自分の仕事が完成しなくて焦りを感じている人もいるかもしれません。

仕事が遅い人には、共通した特徴や性格があります。今回はそれらをご紹介しながら、仕事が遅い原因についてもみていきます。また、仕事が遅い人が仕事が早い人になる方法についても説明していきます。

仕事が遅い人の特徴15個

仕事が遅い人には行動などに共通した特徴があります。ここでは、仕事が遅い人の特徴についてご紹介していきます。

特徴1:人を頼らない

仕事が遅い人は、誰かを頼るということをしません。どれだけたくさんのことを抱えていても、自分ですべてを片付けようとします。期限が差し迫っていても同じです。誰かに手伝ってもらおうとはしません。

周囲の人たちが手伝いを申し出ても、ほとんど断られてしまうでしょう。「期限が迫っているから」などの理由で手伝いを申し出ても、受け入れることはほとんどありません。「自分でできますから」などと言って手伝いの申し出を断ってしまいます。

特徴2:いつも時間に追われている

仕事が遅い人は、いつも時間に追われています。期限に間に合わない仕事や、たくさんの仕事を抱えているからです。お昼休みの時間も仕事をしている、ということが良く見られます。休憩を取っている暇がないほど、仕事に追われているのです。

仕事が遅い人はいつも時間に追われていますから、心にゆとりもありません。いつもピリピリしています。話しかけても冷たい態度を取ったり、返事をしないということもあるかもしれません。丁寧に対応する余裕がないのです。

特徴3:スケジュール管理ができない

仕事が遅い人はスケジュール管理が苦手です。どれをいつまでに完成させなければならない、ということがあまり把握できていません。その為、ぎりぎりになってから期限付きの仕事に気づき、慌てて取り掛かるということも良くあります。

また、一つの仕事にどれくらいの時間がかかるかということもあまりわかっていません。時間のかかる仕事とすぐに片付く仕事の区別もできていないのです。

特徴4:人の話を聞いていない

仕事が遅い人は人の話を聞いていません。仕事で重要な話を相手がしていても、頭の中では別のことを考えていたりします。話を聞いていませんから、会話中にメモを取ることもしません。

話も聞いていない、メモも取らないのですから、仕事に取り掛かるとわからないことが出てきます。そのたびに仕事が止まってしまい、処理スピードが遅くなってしまいます。

特徴5:ルールにこだわる

仕事が遅い人はルールにこだわります。どんなことがあってもそのルールを守らなければならない、と思っています。「今回は期限がギリギリだから、ルールとは異なった方法で進めよう」という考えはしません。

特徴6:期限を守らない

仕事が遅い人は期限を守りません。期限をあまり重要視していないのです。その為、期限付きの仕事でも後回しにすることが良くあります。期限ぎりぎりになって気づき、慌てることもあります。ですが、「間に合わないものは仕方がない」と考え直します。

仕事が遅い人は、「期限を守らないことで他の人の迷惑になる」とは思っていません。間に合わなくても何とかなると考えています。期限から大幅に遅れてから提出する、ということも良くあります。

特徴7:返事をしない

仕事が遅い人は返事をしません。相手の話の内容を理解できていないのです。相手が何の話をしているのかわからないのです。わからないのに「はい」と返事をすることはできません。だから返事をしないのです。

ですが、仕事が遅い人は「わからない」という意思表示もしません。その為、話をしている人には「わからない」という意図が伝わりません。理解できないまま、どんどん話は進んでいってしまうのです。

また仕事が遅い人の中には、何がわからないのかが自分でわからないということもあります。わからないことがわからないのでは、質問することもできません。頭の中にはクエスチョンマークを抱えたまま、相手の話を聞いています。

特徴8:言い訳をする

仕事が遅い人の中には、言い訳をするという特徴を持った人もいます。自分は悪くないということを、言い訳をしてアピールするのです。言い訳をする特徴を持った仕事が遅い人は、自分を守ることに必死になります。怒られたくないのです。

また、反省するという気持ちもあまりありません。自分を守ることで精一杯ですから、「これから頑張ろう」という気持ちもないのです。頑張る気持ちのない人は成長しませんから、仕事が遅いままなのです。

特徴9:同じミスを何度もする

仕事が遅い人は、同じミスを何度もします。失敗から学ぶ気持ちがないからです。どれだけ注意をしても、少し時間が経つとまた同じ部分で似たような失敗をします。そしてまた注意するという繰り返しです。

ミスの内容も初歩的な部分が多いでしょう。注意をすれば防げるミスや、一度注意をされれば次からは改善されるような内容ばかりです。それでも、仕事が遅い人はそのようなミスを繰り返してしまいます。

特徴10:整理整頓ができない

仕事が遅い人は整理整頓ができません。デスク周りは文房具や書類で山積み状態になっているでしょう。大切な仕事の資料も他の資料や本などに埋もれてしまってます。そのため、欲しい資料があってもすぐに見つかりません。

また、仕事が遅い人はコンピュータのファイル上の整理整頓もできていません。一つのフォルダの中にまとめて資料や書類などのファイルを保存する、ということをしません。パソコン画面には、さまざまなファイルがちりばめられていることが良くあります。

特徴11:雑談が多い

仕事が遅い人は雑談が多いという特徴もあります。仕事中でも誰かに雑談を持ちかけます。相手が自分の仕事で忙しくしていてもお構いなしです。雑談中は手が止まりますから、仕事はどんどん遅れていきます。

また仕事が遅い人は、自分の席以外の場所で雑談していることも良くあります。周囲の人たちが雑談に応じてくれないとわかると、雑談に応じてくれる人を探しに行ってしまいます。当然その間も、自分の仕事の処理はストップします。

特徴12:残業が平気

仕事が遅い人は残業が平気です。連日夜遅くまで残業することに、あまり苦痛を感じません。むしろ、残業時間の方が良く仕事がはかどるということもあります。仕事が遅い人は周りに人がいると気が散って仕事ができなくなります。

残業すると当然会社に人が少なくなります。雑談を持ちかける人もいませんから、自分の仕事をすることになります。すると、良く仕事がはかどるのです。仕事が遅い人の中には、残業も視野に入れて仕事をしている人もいます。

特徴13:アドバイスを受け入れない

仕事が遅い人は、周囲の人たちのアドバイスを受け入れません。周囲の人たちが仕事の効率を考えて提供してくれるアドバイスに対しても、受け入れることはほとんどありません。自分なりのやり方を貫き通したい、と思っているからです。

特徴14:お礼を言わない

仕事が遅い人はお礼をあまり言いません。助けてもらったり手伝ってもらっても、ありがたいと思っていないのです。「余計なことをされた」と思っているのではありません。ただ、感謝の気持ちを持っていないのです。

特徴15:断らない

仕事が遅い人は断るということが苦手です。誰かに仕事を頼まれると、すべて引き受けてしまいます。自分が仕事で山積み状態であっても、「無理です」とは言えないのです。自分の状況を相手に伝えることもしないので、どんどん仕事を任されることになります。

仕事が遅い人の性格8個

仕事が遅い人にはどんな性格の特徴があるのかご存知でしょうか?ここでは仕事が遅い人の性格についてご紹介します。

性格1:心配性

仕事が遅い人は心配性です。いつも最悪の状況を想像しています。その為、仕事の見直しに大変な時間をかけます。繰り返し見直しをすることで、考えられる限りの最悪の状況をすべて回避しようとしています。また、見直しの手数もかなり多いという特徴があります。

また、心配性なのでなかなか仕事に取り掛かることが出来ないということもあります。あらゆる最悪な状況を想定し、足がすくんでしまうのです。最悪の状況を回避する方法に夢中になるあまり、本来の仕事に取り掛かるタイミングが遅れてしまいます。

性格2:真面目

仕事が遅い人は真面目すぎるという性格も持っています。決められたルールにはどんなことがあっても従わなければならない、と思っています。ケースバイケースで仕事の処理方法を変える、ということはしません。

どれだけ仕事が立て込んでいても、また期限が迫っていても決められたルール通りに仕事を進めます。そのせいで仕事が遅いと思われても、本人は気にしていません。真面目すぎる性格なので、効率よりもルールを重視してしまうのです。

性格3:完璧主義

仕事が遅い人の中には、完璧主義という性格を持っている人もいます。完璧主義の性格を持った仕事が遅い人は、仕事上でのミスは絶対に許されません。すべてを完璧にこなそうとします。ミスをしないという自分のこだわりを満足させたいのです。

ミスをしないために、あらゆる状況を想定して仕事に取り組みます。良い意味で手を抜くということできません。一つひとつの仕事の作業にかなりの時間がかかります。仕事が遅いということよりも、仕事を完璧にこなすということの方が重要なのです。

性格4:マイペース

マイペースな仕事が遅い人もいます。自分のペースで仕事を進めたがります。周囲の人たちの思いや状況を考えて、仕事の処理ペースを上げるということをしないのです。周囲の人たちが「早くして欲しい」と言っても、聞き入れることはほとんどないでしょう。

マイペースな人は、周囲の人たちから急かされたり煽られたりすると、やる気やモチベーションが下がります。自分のペースで仕事をしたいという思いが強いからです。その為、催促されるとますます仕事の処理ペースが遅くなってしまいます。

性格5:頑固

仕事が遅い人は頑固です。頑固でなので、周囲の人たちのアドバイスを受け入れることは嫌がります。自分の思い通りに仕事を進めたいのです。周りからいろいろ言われると頑固な性格が前面に出てきて、ますます仕事が遅くなったりします。

また、自分のペースを守るというマイペースさも、頑固な性格が関係しています。周囲の人たちの為に融通を利かせよう、という気持ちがあまりにないのです。これも頑固な性格だからこその特徴なのです。

性格6:自己中心的

自己中心的な性格をした仕事が遅い人もいます。自分の仕事が遅いことで周囲の人たちに迷惑が掛かっても平気な人です。「周囲の人たちが自分に合わせてくれれば良い」と思っています。また、「自分に合わせてくれる」と思っている場合もあります。

性格7:気が弱い

仕事が遅い人の中には気が弱い人もいます。気が弱い仕事が遅い人は、仕事を任されると嫌とは言えません。相手が強気ではない態度であっても、お願いされると嫌とは言えないのです。「断ったら悪く思われてしまう」などのように考えるからです。

気が弱い仕事が遅い人は、自分の現状を伝えることも苦手です。その為、どんどん自分の仕事が増えてしまいます。自分の処理能力をはるかに超えた仕事を抱えることになり、仕事が遅くなってしまうのです。

性格8:責任感が強い

仕事が遅い人の中には、責任感が強い人もいます。責任感が強いという性格は決して悪い性格ではありません。ですが、仕事が遅い人にとってはあまり良い影響をもたらしません。責任感が強い仕事が遅い人は、助けを求めるということをしないのです。

一度引き受けた仕事はどんなことがあっても自分で片づけなければならない、と思っています。山ほどの仕事を抱えていても、期限ぎりぎりの仕事がたくさんあっても、助けを求めることをしません。

仕事が遅くなる原因7個

仕事が遅い人には遅くなる原因があります。その原因を知ることで、対処法や改善方法が見えてくるかもしれません。ここでは、仕事が遅くなる原因をご紹介します。

原因1:効率を上げるための工夫をしない

仕事が遅い人の原因は、効率を上げるための工夫をしないからです。もともと仕事が遅い人は、仕事の効率を上げようという考えを持っていません。仕事の効率を上げた方が自分にとっても周囲にとっても良い、とは思っていないのです。

例えば、パソコン操作などではマウスで操作するよりもショートカットキーを使った方が簡単なことがあります。ですが、仕事が遅い人はマウスで操作します。早く仕事を片付けようという気持ちがないからです。

原因2:好きな仕事や簡単な仕事からする

仕事が遅い人の原因として、好きな仕事や簡単な仕事をするということも挙げられるでしょう。仕事が遅い人は、面倒な仕事やややこしい仕事はあまり好きではありません。その為、このような仕事はすべて後回しになってしまいます。

ただでさえ時間のかかる仕事が後回しになると、期限に間に合わなくなることもあります。また、やる気やモチベーションも下がっていますから、ますます仕事の処理ペースが遅くなります。

原因3:すぐできることを後回しにする

仕事が遅い人の原因では、すぐできることを後回しにすることもあります。今すぐ取り掛かれば数秒で片付く仕事でも、「後でやろう」と後回しにしてしまうのです。このようなことをする人はの多くは、その仕事を忘れてしまいます。

例えば、上司や先輩から「会議招集のメールを一斉送信しておいて欲しい」と言われたとしましょう。1時間もかかるような仕事ではありません。ですが、後回しにしてしまいます。そして、そのまま忘れてしまったり、ギリギリになったりするのです。

原因4:報連相をしない

報連相をしないというのも、仕事が遅い原因になります。報連相をしない人は、わからないことがあっても誰かに相談するということをしません。自分で解決しようとして、わからないことを調べることに時間をかけすぎてしまいます。

また、わからないまま仕事を進めてしまうこともあります。これはミスやトラブルの原因になります。完成間近になってミスが見つかったりトラブルが発生したりします。そして、二度手間になってしまうのです。

原因5:会話中にメモを取らない

仕事が遅い人は、会話中にメモを取りません。会話の内容が仕事でとても重要なことであったとしても、メモを取ることはありません。会話の内容をすべて覚えていられるのなら問題ありません。ですが、仕事が遅い人はそのようなことはできません。

メモを取りませんから、仕事でわからないことがたくさん出てきます。そのたびに仕事の作業が止まってしまい、ますます仕事の処理が遅くなります。また、メモを取らないことで仕事でミスが多発し、トラブルの原因になることもあります。

原因6:準備に時間をかけすぎる

仕事が遅い人の中には、準備に時間をかけすぎることがあります。心配性の性格をしている人はあらゆる最悪の状況を考えます。そして、それらをすべて回避しようとします。その為に準備にたくさんの時間をかけてしまいます。

また、完璧主義の仕事が遅い人も準備に時間をかけます。仕事を完璧にこなす為に、準備にたくさんの時間をかけます。仕事の途中でも何度も見直しに時間を取りますから、ますます処理が遅くなります。

原因7:仕事を抱え込み過ぎている

仕事を抱え込み過ぎることも、仕事が遅い原因になります。仕事が大量にあると、どれから手を付ければ良いのかわからなくなります。また、仕事が遅い人はスケジュール管理も苦手です。混乱して急ぎではない仕事から取り掛かってしまったりもします。

仕事が遅い人と仕事が早い人との違いとは?

仕事が遅い人もいれば、仕事が早い人もいます。その違いはどこにあるのでしょうか?ここでは、仕事が遅い人と仕事が早い人の違いについてご紹介します。

違い1:理解力

仕事が遅い人は理解力があまり高くありません。人の話を瞬時に理解して自分の中で消化するということが得意ではないのです。理解力が低いと、メモを取ることも難しくなります。会話の何が重要で何が重要ではないのかの判断もできないからです。

仕事が早い人は理解力がかなり高めです。相手の言いたいことを瞬時に理解できます。『一を聞いて十を知る』ということわざ通りのことができる人なのです。

違い2:集中力の高さ

仕事が遅い人は集中力があまり高くありません。自分が取り掛かっている仕事にすぐ飽きてしまいます。そして他の人に雑談を持ちかけたり、席を外してしまったりします。その間は仕事がストップします。ますます仕事は遅れることになります。

仕事が早い人は高い集中力を持っています。集中力が高いので、一つの仕事もとても早く片付けることができます。また、集中力が高い人は複数の仕事を並行して処理することも可能です。

違い3:状況の把握力

仕事が遅い人は状況の把握力は低めです。状況の把握力が低いと、自分が周囲から何を求められているのかということがわかりません。自分で行動を起こして仕事をするということもせず、誰かの支持をいつも待っています。

仕事が早い人は状況の把握力がとても高いという特徴があります。自分の立ち位置を瞬時に見極めることができます。また、いつも周囲をよく観察しています。その為、トラブルにも機転を利かせて対処することができます。

違い4:失敗の捉え方

仕事が遅い人は失敗をとても恐れています。失敗することは悪いことだと考えているのです。その為、準備にたくさんの時間をかけてしまいます。また、失敗から学ぶということもありません。その結果、同じ失敗を繰り返すということが起こります。

仕事が早い人は失敗を前向きに捉えています。失敗を次の成功につなげようという気持ちがあります。失敗から学ぶ力も強い為、トラブルが起こってもすぐに対処できます。準備や見直しに必要以上の時間をかける必要もありません。

仕事が遅い人への対処法5個

仕事が遅い人に仕事をお願いしないといけないこともあるでしょう。そんな時、対処法を知っていると良いかもしれません。ここでは仕事が人への対処法についてご紹介します。

対処法1:メモを取ってもらう

仕事が遅い人には必ずメモを取ってもらうようにしましょう。メモを取ることで、聞いたことをアウトプットします。文字にしてアウトプットをすることで、耳で聞いただけよりも話の内容が記憶に残ります。

また、メモを取ってもらえばわからなくなった時にそのメモを見て作業を進めてもらうこともできます。仕事の話をする際には、メモを取る時間をこまめに作ってメモを取ってもらうようにしましょう。

対処法2:メールなどでも方法を伝える

仕事が遅い人に口頭だけで仕事の内容の説明するのは危険です。仕事が遅い人はあまり記憶力が高くありません。すぐに忘れてしまいます。二度手間に感じるかもしれませんが、口頭で伝えた内容をメールやメモなどでも伝えるようにしましょう。

また、仕事が遅い人は失敗した時に言い訳をします。場合によっては責任転嫁されてしまう可能性もあります。そのようなことにならないように証拠を残す必要があります。証拠という意味でも、メールやメモでも伝えるのは有効なのです。

対処法3:進捗状況をこまめに聞く

仕事が遅い人は、仕事を任せたままにすると仕事を進めてくれないことがあります。好きな仕事や簡単な仕事を優先させてしまうからです。また、すぐに忘れてしまうこともあります。そのような状況を避けるために、進捗状況をこまめに聞きましょう。

また、進捗状況をこまめに聞くことで急いでいるということをアピールすることにもなります。仕事が遅い人が「うるさい」や「鬱陶しい」と感じるくらいに何度も進捗状況を聞くことが大切です。

対処法4:段階に分けて仕事を任せる

仕事が遅い人は、一度にたくさんのことを説明されても覚えていられません。その為、段階に分けて仕事を任せましょう。細かく分けて仕事を任せることで、仕事が遅い人でも仕事を進めることができます。

対処法5:できているところを褒める

仕事が遅い人のやる気やモチベーションを上げてあげるということも、良い対処法です。仕事が遅い人はまったく仕事ができないわけではありません。失敗が少ないなどのような、良いところもたくさんあります。できているところを褒めることで、やる気を出してくれるでしょう。

仕事が遅い人が仕事が早い人になるための方法とは?

仕事が遅い人は、本人の努力次第で仕事が早い人になることができます。ここでは仕事が遅い人が仕事が早い人になるための方法をご紹介します。

方法1:整理整頓をする

仕事が遅い人は、整理整頓することを心掛けましょう。デスク周りはもちろん、机の中やコンピュータの中のファイルも整理整頓してください。すると、欲しい資料がすぐに見つかって仕事の効率が上がります。

方法2:メモを取る

会話中は必ずメモを取りましょう。メモを取れば、会話の内容が記憶に残りやすくなります。また、仕事を進める上で手順がわからなくなった時、メモを見れば解決できます。メモを取ることは仕事が早い人になるための鉄則です。

方法3:完璧を求めない

仕事を完璧にしようと思うことは、決して悪いことではありません。ですが、完璧さを求めすぎて仕事が遅くなるのは良いとは言えません。8割程度の完璧さを求めるようにしましょう。仕事ではそのくらいでも充分なのです。

方法4:誰かに助けを求める

状況によっては誰かに助けを求めましょう。一人で片づけるよりも、大勢で片づけた方が良いこともあります。一人で頑張って遅くなるよりも、誰かに手伝ってもらって早く片付けた方が良い場合もあるのです。

方法5:優先順位をつける

仕事では優先順位をつけることも大切です。期限があるものや重要なものは最優先で取り掛かるようにしましょう。また、時間がかかりそうな仕事や苦手な仕事も先に取り掛かった方が良いでしょう。

仕事が遅いことは決して悪いことばかりではない

仕事が遅いことは、決して悪いことばかりではありません。他の人よりも仕事が丁寧であったり、注意深いという良い一面もあります。ですが、チームワークも大切です。努力次第で仕事が早い人になることはできます。臨機応変の大切さも考えてみましょう。

短期間であんなに音痴だった私が...?

歌がうまかったらなんて人生楽しいのだろう...そう何度も思ってきました。 昔の私は音痴で人とカラオケに行くことすら怖かったんです。 そんな私が、なんと「無料の講義内容を実践」するだけで、びっくりするくらい歌が上手くなったんです!! その秘密はこちら↓

関連記事

ライター

五月女 霞珠

五月女 霞珠

心理カウンセラーとしての資格を保有。心理カウンセラー、占い師を経て、現在はスピリチャルライターとして...

人気記事

新着記事