2019年06月18日公開

2019年06月18日更新

人望がない人の特徴と性格は?人望がない原因と人望が厚い人になる方法を解説

人望がないよりも人望が厚い人になりたいですよね。人望が厚い人になるために、人望がない人の特徴や性格を知って、人望がない原因をしっかりと理解しましょう。そして、人望が厚い人になる方法もご紹介しますので、人望が厚い人を目指しましょう。

人望がないと周りから人が減っていく

人望がない人と人望が厚い人、どちらに人が集まるかというと、それはやはり人望が厚い人に決まってますよね。人望がないと周りからどんどん人が減っていってしまい、いつの間にかひとりぼっちになっているなんてこともあります。 人望がない人は、どうして周囲の人からそのように思われてしまったのでしょうか。それでは、人望がない人についてこれからいろいろな方面から見ていくことにしましょう。

人望の意味とは?

そもそも、「人望」とはどういうことなのでしょうか。「人望」とは、他人から向けられる、信頼や崇拝、期待を意味する言葉です。つまり、人望が厚い人というのは、周囲の人から尊敬や信頼、期待を寄せられている人を指します。 一方、「人望がない」というのは、人間的に信頼できない人物を表すときに使われます。日頃の言動で、周囲からの信頼を裏切るようなことが目立ち、人望がないと思われてしまうのです。

人望がない人の特徴5個

人望がない人の、どのような言動が周囲の人に「信用できない」と思わせてしまっているのでしょうか。人望がない人がついついしてしまっている言動について、詳しく見ていくことにしましょう。それでは、人望がない人の特徴をご紹介します。

特徴1:愚痴や悪口が多い

人望がない人の特徴の一つに、愚痴や悪口が多いということが挙げられます。人間、だれしも、愚痴や悪口を言いたくなることもありますし、言うことももちろんあります。しかし、場所や時間、相手を選ばすにいつでも言っていいというものではありません。 また、言いたくなる気持ちもわかりますが、愚痴や悪口が多すぎるのも問題です。あらゆる場所で、いろいろな人に愚痴や悪口を言っていると、聞いてくれている相手は、「自分のことも、どこかで言われているに違いない」と思いますよね。

人望がない人は、自分の気持ちを共有してほしい、わかってほしいと思っているのですが、愚痴や悪口は聞いていて気分のいいものではありません。そんなネガティブな話ばかりをいつもしているような人の周りからは人が離れていってしまいます。 このように、どこでも愚痴や悪口を言っている人は、信用できないと思われ、そして一緒にいても自分の気持ちまで重くなっていってしまうため、周囲に人がいなくなってしまうのです。

特徴2:人に責任を押し付ける

人望がない人は、自分の責任をすぐに人に押し付けるのが特徴です。自分の失敗であっても、責任から逃れ、誰かのせいにして、自分は安全地帯に逃げ込みます。自分が助かること、自分が損をしないことが何よりも優先されるのです。 そのためには、誰がどんな思いをしても、人望がない人は気にしません。人望がない人は、自分を守るためならば、人を傷つけることも躊躇せずにできるので、周囲からはどんどん人が去っていきます。

特徴3:自分の非を認めず、言い訳が多い

人望がない人は、自分の非を認めることはありません。人望がない人は、周囲の誰がどう見ても、人望がない人に非があることがわかっていても、どうにか別のところに原因を探し、苦しいながらも言い訳をします。 失敗やミスをした時に、素直に「ごめんなさい」と言えないのが人望がない人です。人望がない人は、自分の非を認めることで、自分の立場が悪くなると考えています。ミスや失敗に下手な言い訳をして、自分の非を認めない方が、どんどん印象が悪くなるということに気付いてほしいものです。

特徴4:口調がきつい

人望がない人は、自分の気持ちばかりで、相手の気持ちを考えることができません。自分の発する言葉や話し方で、相手がどのように感じるかということを考えていないのです。相手を傷つけるようなことを平気で言ったり、きつい口調で話すと相手に不快感を与えてしまいます。 また、人望がない人は、自分が忙しかったり、イライラしているときなどは口調がきつくなり、自分の感情を全面に押し出します。相手が困っているときや相談に乗ってほしいときでも、相手の気持ちを考えることなく、きつい口調で話をしたり、時にはバッサリと切り捨てるような態度を取ります。

このように、きつい口調の人とは誰でも距離を置きたいと思います。わざわざ、関わって自分が傷つくのは嫌ですもんね。だから、そんな人の周りからは人が離れてしまうのです。

特徴5:相手によって態度を変える

自分より立場が上であるような自分よりも強い人には、下手に出てペコペコし、自分よりも立場が低い弱い人には、上から強く接するのが、人望がない人の特徴です。上司の前では、聞き分けが良く、大人しい人柄ですが、部下の前では、傲慢で自分勝手な人間という二面性を持っています。 つい今までつよい口調で高圧的な態度で傲慢に振る舞っていたのに、自分より強い人が出てきた途端に、借りてきた猫のように大人しくなり、媚びを売る態度に豹変する様子を見ると、自分のことしか考えていないことが丸見えで、人は離れていきますよね。

人望がない人の性格5個

あなたの周りにいる、人望のない人は、先ほどご紹介した、人望がない人の特徴に当てはまっていたでしょうか。では、次は人望がない人の性格に焦点を当てて見てみることにしましょう。人望がない人は、一体どんな性格なのでしょうか。

性格1:噂話が好き

人望がない人は、噂話が好きで、その上、口も軽く、なんでもペラペラと喋ってしまう癖があります。噂話も、その人の評価が下がってしまうような、悪い噂話が好きなのです。人の不幸な話や、誰かの悪い話は、人望がない人にとって、自分よりも下の人間がいるという安心感になのでしょう。 しかし、聞いている方はそんな話ばかりをしている、人望がない人の性格を良いとは思いませんよね。そんな人のそばにはいたくないと思うのが、普通の人の心です。そんな人望のない人に信頼を寄せることはできませんよね。

性格2:プライドが高い

人望が厚い人は、能力が高く周囲から一目置かれる存在であることが多いですが、それなのに謙虚なのです。誰もが一目置くような存在なのに、謙虚であるからこそ、人が寄ってくるのです。しかし、人望がない人は、プライドが高すぎる上に、そのプライドに能力がついて行っていないのです。 自分の能力や実績などをひけらかし、自分に酔って喜んでいるようなプライドの高い人間に人は集まりません。たとえ、自分の成功であっても、その成功の裏には多くの人の支えがあり、自分一人だけの力で得たものではないという謙虚な姿勢が大切なのです。

性格3:自己中心的

人望がない人は、自分中心で物事を考えています。自分が良ければ、他人がどう思っていようが関係ありません。自分が常に中心なので、人の意見や考えを受け入れることもありません。自分が伝えたいことを言えれば、相手が理解していなくても、納得していなくても良いという一方的な態度です。 誰でも、自分の都合ばかり押し付けてくる人と一緒にいるのは苦痛ですよね。他人を思いやる気持ちがない自分中心の人の周りには、人は集まってはきません。他人は自分のために存在しているという自己中心的なのが、人望がない人の性格なのです。

性格4:感情をすぐに表に出す

人は、嫌なことがあっても、腹立たしいことを言われても、表に出さないようにするものです。また、言葉を発する前に一度、頭の中で考えたり整理して相手に伝えます。しかし、人望がない人は、自分の感情をすぐに表に出すし、思ったこともすぐに口にしてしまいます。 忙しいとイライラするし、少しでも気に障ることを言われると不機嫌になります。そして、心の声をそのまますぐに口に出してしまいます。自分の気持ちを自分の心の中だけに収めるよりも、外に出すほうがすっきりして満足できるからです。

しかし、思ったことをすぐに口にしてしまうと相手を不愉快にさせてしまうことや、相手に誤解を与えることもあります。相手がどう感じるか、どう受け止めるかということを一切考えないから、思ったことをそのまま口から出すことができてしまうのです。 感情をそのまま口に出すので、何を言い出すかわからないと思われることが多く、近くにいると気苦労が多くなったりダメージを受けることも増えるので、周囲から人が減り、人望がなくなるのです。

性格5:約束を守らない

人望がない人は、遅刻が多いことや、口が軽いなどの根本的な約束ですら簡単に破ってしまいます。「約束」というのは、人と人との関係性のなかでとても重要な役割を持っています。どんなに小さな約束であっても、約束を守ることができない人は信用されません。 約束の大小に関わらず、いとも簡単に約束を破ってしまうのが人望がない人の性格です。そして、約束を破ることに対して、罪悪感も持っていません。そのため何度でも約束を破ることになるのです。何度も約束を破られると、約束を守らない人という認識になりますよね。

約束を破るということは、つまり、その相手との関係を軽く考えているということになります。相手に対して、失いたくない、嫌われたくない、必要とされたいと思う気持ちがあれば、相手との約束を破ることはできませんよね。「約束」は相手との関係性を見極める指標となるのです。 そのため、簡単に約束を破られた相手は、その人にとって簡単に約束を破れてしまうような価値しかないのだと思うでしょう。そうすると、人はどんどん離れていき、人望がなくなるのです。

人望がなくなる原因とは?

人望がない人の特徴や性格についてわかっていただけたでしょうか。では、このような人望のない人が、人望を失ってしまう原因について考えてみたいと思います。人望がなくなる原因がわかれば、人望が厚い人に近づくことができますよ。

原因1:人を思いやる気持ちがない

どんな時でも、自分のことが最優先で、相手のことを思いやる気持ちや、周囲のことを考えるということができない人には人望がありません。人は、誰でも自分のことを親身になって考えてくれる人に好意を持ちます。困ったときに力になってくれる人には信頼を抱きます。 しかし、どんな時でも自分のことばかりな人は、他人が困っているときに手を差し伸べることもなく、巻き込まれることを嫌います。土壇場で逃げ出し、見捨てられるような相手とは関わりたくないと誰でも思うのは当たり前なのです。

原因2:損得感情で動く

物事をすべて損か得かで判断し、行動する人は、自分が得をすることには協力的ですが、自分が損をすることに対しては一切、手を出しません。行動の一つ一つが計算されていて、物事を自分の尺度で計っているのです。 自分にとって役に立つ、得だと思う人とは付き合いますが、自分にとってなんのメリットもない人とは付き合いません。そばにいるということは、都合のいい人だと思われているということであり、そばに寄せ付けないということは役に立たないと見下されているということになります。

どちらにしても、いい気分ではありませんよね。そんな人の周りに集まるのは、結局同じような計算高い人ばかりで、信頼や尊敬などで繋がった関係ではないのです。必要でなくなれば容赦なく切り捨てられるような関係なのです。

原因3:人の話を聞かない

人は自分の話を真剣に聞いてくれる人に対して好意を持ちます。相手が自分のことに興味や関心を持ってくれていて、自分のことを考えてくれている人だと感じ、安心することができるからです。 そのため、自分の話ばかり話す人や、なにかをしながら話を聞く人とは信頼関係を築くことはできません。スマホを触りながらや他の作業をしていては、真剣に話を聞くことはできません。適当に話を受け流している様子を見ていると話をする気も失せてしまいます。

相手の話を聞かないというのは、話を聞いてもらおうという相手の気持ちを踏みにじる行為です。話をしてもどうせ真剣に聞いてもらえないと相手に思わせることが、人望をなくしているのです。

人望をなくしてしまう何気ない言動とは?具体例3選

日頃の何気ない言動でも、人望をなくしてしまうことがあります。人望をなくしてしまう言動の具体例を挙げますので、思わぬことで人望をなくしてしまうことがないように注意して見てください。

具体例1:人が困っていても見て見ぬふり

困っている人がいたり、トラブルが起こったときに、自分が加わっても何の力もなれない、何もできない場合は、下手に口や手を出すよりは、黙って見守っていた方が良いと判断することもありますよね。 しかし、そんな様子は、周囲から見ると、面倒なことには首を突っ込みたくない、自分は関係ないと思っていると受け取られてしまいます。無関心ではなく、必要であればいつでも力を貸すという気持ちを伝えたうえで、出番が来るまでは静かに見守るということが必要です。

具体例2:「誰にも言わないでね」と言われた秘密をばらす

相手から「誰にも言わないでね」と言われて聞いたことを、「誰にも言わないでって言われてるから、誰にも言わないでね」と別の人に言ってしまうと人望がなくなります。「誰にも言わないで」と口止めをしたかもしれませんが、その人もまた、同じように別の人に伝えていってしまいます。 そんなことが繰り返され、あなたに話した秘密は、秘密ではなくなり多くの人に知られることになってしまいます。秘密をあなたに打ち明けた本人は、あなただけに話をしたのにいろいろな人に知られていることがわかると、あなたがみんなにばらしたと思うでしょう。

秘密をあなたに話した人は、あなたを信頼していたはずです。それなのに、秘密を多くの人が知っているということは、あなたに裏切られたと感じます。たとえあなたが、たった一人に話しただけで、ちゃんと口止めもしたと言っても、あなたへの信頼を取り戻すことはできません。 あなたが相手から「誰にも言わないでね」と言われたことは、絶対に他の誰かに言ってはいけません。相手はあなたを信用して、あなたに話をしたのですから、相手の気持ちを裏切るような行為は人望をなくしてしまいますよ。

具体例3:人を選ばずに悪口や愚痴を言う

悪口や愚痴をすぐに誰でもいいから聞いてもらいたい人は注意が必要です。悪口や愚痴を言っていたことは驚くほど速いスピードで広がってしまいます。あの人があなたのことをこんな風に言っていたらしいと本人の耳に入ることもよくあり、話が大きくなっていることもあります。 その時その時の感情に任せて、誰でもいいから近くにいる人に愚痴や悪口を言うと、あっという間に広がってしまう危険性とあなたは誰に対しても愚痴や悪口を言っているという印象を周囲に与えることになります。

その場の気持ちに任せてしまうと、この間、悪口や愚痴を聞いてもらった相手の愚痴や悪口を違う相手に言ってしまっているとい状況になることもあります。こんなことが、続くと悪口や愚痴を聞いている相手は、違うとことでは、自分のことも愚痴や悪口を言われていると誰でも思います。 この人は、常に誰かの悪口や愚痴を言っている、この人は、自分のことも悪く言っているんだろうなと思う人とは関わりたくないと思いますよね。誰でもいいからとすぐに悪口や愚痴を言ってしまうと人望がなくなってしまいます。

人望がない人と人望が厚い人の違い5個

人望がない人の周りからは人が去り、人望が厚い人の周りには人が集まります。人望がない人と人望が厚い人、どんな部分がどのように違うのでしょうか。次は、人望がない人と人望が厚い人とを比べて見ていくことにしましょう。

違い1:相手を気遣うことができるかどうか

人望がある人は、周囲の人の様子をしっかり見ていて、誰がどんな状況なのか把握しています。そのため、困っている人や調子が優れない人を気にかけたり、すぐに手を差し伸べることができます。また、相手の様子をしっかりと見ているので、相手を気遣うことができるのです。 一方、人望がない人は、相手を気遣うことができず、自分中心で物事を考えます。そのため、相手が理解しているかどうか関係なく、一方的に話をしたりすることや、相手が不快に感じていても気付かずに話続けるということもあります。

違い2:責任感があるかどうか

人望が厚い人は、責任感があり、自分の役割を理解していてしっかりとこなします。責任感がある人は、真面目で誠実です。そのため、周囲の人からの信頼も厚く、頼りになる存在です。 しかし、責任感がない人は、自分に都合が悪くなると、あっさりと自分の役割を投げ出してしまいます。そのため、周囲からの信頼もなく、頼りにすることもできません。むしろ、責任を押し付けられるリスクもあるので、避けられてしまいます。

そんな責任感がない人には、人望もありません。責任感があるかないかは、その人の人望にも繋がっているのです。

違い3:行動力があるかどうか

人望が厚い人には、行動力があり、自ら率先して動き、物事を進めようとします。一方、人望がない人は、口だけで全く行動に移しません。口だけで何もしない人よりも、率先して物事に挑んでいく人の方が頼りになりますよね。 困難なことが待ち受けていたとしても、前へ前へと進んで行こうとする姿は、たくましく、物事を良い方向に進むような気持ちになれます。人望が厚い人は、行動力がありますが、人望がない人には、行動力がないという違いがあります。

違い4:ポジティブかどうか

人望が厚い人は、ポジティブで物事を前向きに考えます。一方、人望がない人は、ネガティブで、物事を悪い方向にばかり考えます。苦しい時や、難しいことに立ち向かっていかなくてはいけない時、ポジティブな人が近くにいると、なんだかうまく行くような気持ちになれます。 逆に、ネガティブな考え方の人が近くにいると、うまくいくこともうまく行かないような気持ちになってしまうものです。ポジティブな思考もネガティブな思考も周囲を巻き込む大きな力を持っています。それならば、ポジティブな人の近くにいたいと思いますよね。

気持ちの持ち方で物事の進む方向は変わってきます。物事に取り組む姿勢に大きく影響してきます。ポジティブに物事を考えられる人望が厚い人には、人を前向きにする力を持っているのです。

違い5:感謝の気持ちを持っているかどうか

人望が厚い人は、感謝の心を忘れません。誰かに助けてもらったことに対しては、もちろんですが、自分を信頼してくれていること、頼りにしていることに対しても感謝の心を持っています。感謝の心を持っている人は、周囲に安心感と心地の良い雰囲気を与えます。 安心感や心地の良い雰囲気の場所には、人は自然と引き寄せられていきます。一方、感謝の心を持たない人はどうでしょうか。たとえ、「やってあげた」という気持ちでなかったとしても、当たり前のような様子だったらどう感じるでしょうか。

感謝の言葉や感謝の気持ちが少しも感じることができなかったら、なんだかモヤモヤしてしまいますよね。どんなささいなことにも感謝をすることができる人と、できない人では、周囲に与える影響も違ってきます。これが、人望が厚い人と人望がない人の違いなのです。

人望がない人が人望が厚い人になる方法

人望がないと落ち込んでしまっていませんか。今は人望がなくても、人望が厚い人になることはできます。日頃の言動を改善すれば、あなたも周囲から信頼され、頼りにされる人望が厚い人になれます。それでは、人望が厚い人になる方法をご紹介します。

方法1:今の自分の言動を見直す

ここまで人望がない人の特徴や性格など、さまざまな部分を見てきたことで、人望がない原因もわかったと思います。自分の言動をごまかさずに、素直に思い返してみてください。あなたの日頃の言動で、同じようなことはありませんでしたか。 思い当たる節があったのではないでしょうか。自分の言動を見つめ直し、認めることで、反省して直していくことができます。まずは、自分が人望がない原因をしっかりと見つけましょう。

方法2:約束は守る

相手がどんな相手であっても、約束がどんなにささいなことでも約束を守るということは人との関係を築く上でとても大切なものです。約束を守るというのは、約束をした相手との関係を大切にしているという証でもあります。 約束を忘れる、約束を破るという行為は、相手との関係を軽く考えている、相手をどうでもいい人と考えているということになってしまいます。自分のことをどうでもよいと考えている相手を信頼したり、頼りにすることはできませんよね。

約束を守ることは、相手に対して誠実でいるということになります。誠実な人は、信頼もできるし、頼りになると思えます。相手に対して自分の誠実さを伝えるためにも、約束を守ることはとても大切なことなのです。

方法3:ネガティブな発言は控える

ネガティブな発言が多いと、周囲まで暗く落ち込んだ雰囲気になってしまいます。物事もうまく進まなくなり、だんだんとギスギスした関係になってしまいます。しかし、どんな時でもポジティブな姿勢でいると、不思議と物事がスムーズに進んでいくことが多いのです。 苦しく辛いときでも、明るく、前向きな姿勢をいることで、周囲の人もあなたについて行こうと思えます。みんなで力を合わせて物事に取り組む雰囲気を作ることになります。あたなの前向きな姿勢がもたらした力になるのです。

方法4:笑顔を心がける

いつも難しい顔をしていたり、イライラした様子でいると人は寄ってきません。それどころか、出来るだけ関わらないようにしたいと思うものです。どんな時でも笑顔で柔らかい雰囲気を出している人は、接しやすい印象を与えます。 辛い時や苦しいとき、笑顔で柔らかい雰囲気の人に癒されます。明るい笑顔は周囲の人を楽しく明るい気持ちにすることができます。そんな人の周りには自然と人が集まってくるようになります。

方法5:損か得かで動かない

物事を損か得かということだけで判断してはいけません。時間や労力を費やし、何も得することがないように思えることでも、得るものは必ずあります。 自分の私利私欲のために行動するのではなく、あなたの力を必要としている人がいれば、進んで手を貸してあげるようにしてください。

人望が厚いか人望がないかは決めるのは周囲

誰でも人望が厚くなりたいと思いますよね。人望が厚いか、人望がないかを決めるのは、自分ではなく、周囲の人です。あなたのひとつひとつの言動を見て、周囲の人が判断をするのです。あなたも、周囲の人に認められる、人望が厚い人を目指してください。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

pop03

学生時代は児童福祉学を専攻していました。社会福祉士の資格取得。...

人気記事

新着記事