2019年04月16日公開

2019年06月08日更新

いじらしいの意味とは?けなげとの違いは?いじらしい人の特徴・性格や心理も紹介

「いじらしい」とは「弱いものが一生懸命に努力する様やその心情が痛ましく、共感したくなる様子」です。あなたの周りにもけなげにひたむきに努力する人はいませんか?この記事ではいじらしい人の特徴・性格・心理の他にいじらしい人が可愛がられる理由についてもご紹介します。

いじらしい人ってどんな人?

一生懸命に努力している様子が、痛ましく放って置けないと思わせる人のことで、多くの場合か弱い女性や小さな子供に対して「いじらしい」と感じることがあります。 いじらしい人を見ると可憐で可愛らしさを感じることも有り、かまってあげたくなる人も多くなりますが、あなたの周りにもそうした女性がいませんか? この記事では「いじらしい」の意味の他に、いじらしい人の行動特徴・性格・心理、また「いじらいし」という言葉を使われた時のニュアンスについても説明していきます。

いじらしいの意味とは?

「いじらしい」とは「弱いものが一生懸命に努力するさまやその心情が痛ましく、共感したくなる様子」のことで、漢字で書くと「意地らしい」となります。 この意味からも分かるとおり成人男性に対して「いじらしい」という表現を使うことはほとんど無く、女性や小さな子供が一生懸命頑張っている様子を見た時にいじらしいという言葉を使うことが非常に多いです。 この章ではこのいじらしいの例文・類語・類語との違い・英語表現について説明していきます。次章からいじらしい人の性格・特徴・心理なども詳しく説明しますが、まずは基本的な意味を確認してみて下さい。

いじらしいの使い方・例文

まずは「いじらしい」を使った例文を見てみましょう。 「恵まれない環境でも笑顔で暮らすあの女の子がいじらしい」「彼女はいつも文句を言わずにサポートしてくれて、いじらしく思うことがある」このように使います。 1文目では小さな女の子が一生懸命に暮らしている様子に同情している様子を表し、2文目では一生懸命周りのサポートに徹してくれている女性の尽くしてくれる姿勢にいじらしさを感じています。

いじらしいの類語

「いじらしい」の類義語には「しおらしい」「いたいけ」「殊勝な」などがあります。 それぞれ「しおらしい」は「従順で控えめなこと」、「いたいけ」は「小さかったり幼くて可愛い様」、「殊勝な」は「心がけや行動が感心できる様子」という意味です。 どんな人に対する心理かなどによって少しずつ意味は変わるものの、総じて「一生懸命頑張っている」というニュアンスが通じています。

いじらしいとけなげの違いは?

「いじらしい」と「けなげ」はほぼ同義ですが若干意味が異なります。 「けなげ」は「小さな子供や力の弱い人が困難に向けて一生懸命立ち向かう様」で、「いじらいし」は「子供や力のないものの振舞が哀れで同情したくなる様子」のことを言います。 つまり「いじらしい」を使う場合は「けなげ」を使う時に比べてやや強く感情移入していることが分かります。

いじらしいといじましいの違いは?

「いじらしい」と「いじましい」は発音は似ていますが、意味は全く異なります。 「いじましい」は「せこたらしく見苦しい、ケチケチしていて哀れ」という意味です。つまり「いじらしい」と言う時のように相手の一生懸命さに同情・共感しているのではありません。 むしろ品性が卑しく下劣なことを言っていて、「いじらしい」のように相手に感情移入して可愛らしいと言った心理になっているのではなく、嫌悪感を抱いている状態です。

いじらしいの英語表現

「いじらしい」の英語表現には「piddling」があります。 ・I think that her hard figure is piddling. (彼女の一生懸命な姿がけなげに思う。) この例文でも、女性の一生懸命な姿に共感して「いじらしい」と思うようになっています。 この他に「pitiful」「pathetic」「lovable」なども類義語と考えられますが、「pitiful」と「pathetic」は「哀れな」といういみで、「lovable」は「愛すべき」という意味なので、ややニュアンスが異なります。

いじらしい女性の特徴・あるある

いじらしい女性にはいくつかの典型的な行動特徴があります。 ここではいじらしい女性に見られる特徴を11個挙げています。周りにこうした行動や特徴が見られる女性がいたら「いじらしい人」ということになります。

小柄な体型

いじらしい女性の1つ目の特徴としては「小柄である」ということが言えます。 いじらしいという言葉の意味からも分かる通り、「いじらしい」と思わせる人はか弱い女性であったり小さな子供ということになります。つまり物理的に身長が小さい女性の方が「いじらしい」と思われやすくなるのです。 これは努力や心がけでなんとかできるものではないので、生まれ持ったその人の特徴になりますが、小柄な人はだれからも祝いがられやすくなるので、そうした人が一生懸命になれば「いじらしい」という心理にもなりやすくなります。

わがままを言わない・従順

いじらしい女性は従順でわがままを言いません。 いじらしい女性は人から言われたことに素直に従い、その支持に従って一生懸命取り組みます。その様子を見ると「か弱い女性が言われたことに素直に従って頑張っている」ように見えて、いじらしいと思うようになります。 これはいじらしい女性は「周りの人のために尽くしたい」という思いが強いことから来ていて、「自分のやるべきことは人に尽くすこと」と決めていてその目的を果たすために、人から頼まれごとをされた時は自分の持つ能力を最大限活かそうとしているのです。

空気を読める

いじらしい女性は空気を読むのが上手です。 いじらしい女性は積極的に自己主張するよりは人が決めたことに賛同して、その進捗のサポートをする人が多いです。そのためにチームの空気を読んで困っている人を見つけたり、上手くいかない時にチームメンバーを励ましたりします。 そのため普段から自分の仕事をこなすだけでなく意識的に周りに気を配るようにしていたり、何気ない雑談で話されたことも覚えておいて、あとになってから底で話されていた内容についてフォローに回ってくれたりします。

何事にも一生懸命

いじらしい女性は何事にも一生懸命です。 これは同じことをしている二人の女性がいても、やはり小柄な女性に対して感じることが多いです。小柄な女性が一生懸命に物事に取り組んでいる姿を見ると周りの人は「小さな体なのに一生懸命頑張っているな」と思い、「いじらしい」と感じるようになります。

いつも笑顔

いじらしい女性はいつも笑顔です。 小柄な女性が一生懸命頑張っている姿を見ても、表情が死んでいたり不機嫌そうにしている場合は「いじらしい」と感じることはありません。 一方でいつも笑顔でいる場合には「辛いことがあってもそれを周りに感じさせないためにいつも笑顔でいる」と、目に見えない心がけや努力を見る側が感じるようになり、いじらしいと思うようになります。

感情表現が豊か

いじらしい女性のは感情表現が豊かです。 いじらしい女性はその小さな体を精一杯使って感情表現をします。ただしあけすけな感じはなくどこか控えめな雰囲気があり、そうした雰囲気からも「か弱さ」や「一生懸命さ」が感じられます。 そうした特徴からも普通の人がやるよりも「頑張っている」「努力している」と見られやすく、いじらしい人と言う印象をもられることが多くなります。

文句を言わない

いじらしい女性は文句を言いません。 どんなに不平不満があったとしてもそれを自分の中で飲み込み、文句を言わずに自分が置かれた状況で必死に努力しようとします。これも自分のできることに集中しようとする心がけからくる行動の特徴です。 その様子を見ることで周りの人は「文句一つ言わずに言われたことをこなせる一生懸命で優しい子」と考え、与えられた仕事にひたむきに取り組める女性とみられることが多くなり、いじらしい人と思うようになります。

影の功労者になることが多い

いじらしい女性は「影の功労者」になることが多いです。 いじらしい女性は自分が先頭を切って何かをしたりグルームを仕切ったりすることは少なく、多くの場合はグループのサポート役に回ることが多いです。 そしてサポーターとしての自分の仕事ぶりをことさらにアピールすることもなく、周りにいる人が仕事をしやすい環境を作ることに専念してくれます。そうした特徴から目立った成果があるわけではないですが、大きな成果を生み出す人から感謝される人になることが多くなります。

裏表がない

いじらしい女性は裏表がありません。 人によっては「こんなに自分のために尽くしてくれるのにはなにか理由がある」と心理的に考えることもあります。ただし、いじらしい女性は腹黒い性格で狡猾な考え方をしているわけではなく、素直にその人のために尽くそうと思って一生懸命サポートしてくれたり、自分の仕事をします。 この特徴も周りの人に気持ちよく働いてもらうためには自分が迷惑をかけてはいけないという思いが強く働いており、その思いを形にするために人に見えないところでも嘘の内容に行動するよう心がけています。

いつも男性が周りにいる

いじらしい女性の周りにはいつも男性がいます。 これはいじらしい女性の「役得」ともいえる特徴です。いじらしい女性は性別を問わず周りのみんなのために尽くそうとする性格なため、そのけなげな様子を見ると男性は「守ってあげたい」と思うようになります。 そのためいじらしい女性には恋愛感情を抱いていて、いつかアプローチできないかとチャンスをうかがっている男性が多く、交際相手に困ることがほとんど無く彼氏が途切れないのが特徴です。

気が利く

いじらしい女性は気が利きます。 いじらしい女性は自分から人を動かしたりリーダーシップを発揮するということを心理的に苦手と思っていることもあり、人によってはこれを自分の性格のコンプレックスと感じている場合もあります。 ただし、その反動でそうした心理的コンプレックスを感じるだけではなく「グループのためになにか貢献しよう」という思いが強く働き、自分にできることを精一杯やるため常に気を利かせてフォローに回ってくれるようになります。

いじらしい女性の性格・心理の特徴

ここまで見たとおりいじらしい女性は従順に周りの人の言うことに素直に従い、グループのサポートに回ってくれる優しい性格の人です。 ここではこうしたいじらしい女性の心理や性格をさらに深掘りしていきます。いじらしい女性の特徴が見られる人がいた時には「こういう性格なんだ」と考えてあげましょう。

誰に対してもやさしい

いじらしい女性の1つ目の性格の特徴は「優しい」ということです。 特徴でも説明した通りいじらしい女性は自分から強く自己主張することは比較的苦手な性格で、周りの人のサポート役に回ることが多いです。そうした自分にとってベストな立ち回り方を理解していて、何か頼まれごとをされた時も引き受けてくれたり役立つ情報を教えてくれたりします。

嘘をつかない・素直

いじらしい女性の2つ目の性格の特徴は「素直」ということも考えられます。 人に嘘を付くことはなく、自分に対しても嘘を付かずにやるべきことに集中して取り組む性格があります。こうした特徴は周りの人も感じ取っていて何か仕事を依頼した時にももし本当に忙しくて引き受けられない時にはその旨をちゃんと伝えます。 また自分の感情を大きくは出さないものの、喜怒哀楽が表情には出ておりその隠しきれない性格で、それが周りの人からいじらしく思われることがあります。

積極的に前に出ることはなく控えめ

いじらしい女性の3つ目の性格の特徴は「控えめ」ということが考えられます。 いじらしい女性は人のサポートに回ることが多いため、自分のやりたいことを主張することが少ないです。いつも自分の意見を主張するよりも周りの人のことを優先しているため、控えめな正確になります。 これはいじらしいと言われる人自身が積極的に人前に立つこと自体が苦手度感じていることが原因です。人前に出る機会があるとこうした人は緊張したり上がってしまいます。

ひたむきで努力家

いじらしい女性の4つ目の性格の特徴は「努力家」ということが考えられます。 いじらしい女性は素直に周りの人の言うことに従っている印象を持たれることが多いですが、ただ周りの意見に考えもなく従っていて自分の意志や目標などがまったくないわけではありません。 むしろ今以上に周りの人の役に立つために自分の得意分野のスキルを向上させるため、日々必要な努力をしています。

みんなと一緒に頑張りたい

いじらしい女性はいつも「みんなと一緒に頑張りたい」と考えています。 ここまでの内容革も分かる通りいじらしい女性はチームワーク精神が強いです。常に周囲に気を配り必要なサポートをしてくれますが、そうした行動の根底には「チームメンバー全員で頑張りたい・達成したい」という思いがあります。

前に出るのが苦手

いじらしい女性は前に出るのが苦手な場合が多いです。 普段何気なく会話をしている時は感じられませんが、飲み会であったり会社の行事で人前に経って話すなど注目される瞬間があると心理的にもあたふたします。 ただ、そうした性格も周りの人からは「かわいらしい」とみられるので、結果その人のいじらしさに繋がります。

人がいじらしくなる理由は?

特徴・性格・心理などの説明で見たような、けなげに一生懸命に仕事に取り組んでいる女性を見るといじらしく思う人がたくさんいると思いますが、「いじらしい」と言われる人がいじらしいと思われる行動や態度をとるのにはいくつか理由があります。 ここでは人がいじらしくなる理由として考えられる4つの理由を挙げていますので、参考にしてみて下さい。

どんなことにも一生懸命取り組みたいから

人がいじらしくなる1つ目の理由は「どんなことにも一生懸命取り組みたいから」です。 「どんなことにも一生懸命取り組みたい」という心理ははいじらしいと言われる人以外も抱く心理です。ただ小柄で控えめな女性や小さな子供がこの心理を原動力に努力しようとすると、本人が意図していなくても自動的に周りから「いじらしい」と思われます。 ただ、この理由にいじらしい人本人も嘘はなく自分にできること・必要なことを自分で見つけ、それを確実にこなしていくために志を持って取り組んでいます。

人が喜ぶのが好きだから

人がいじらしくなる2つ目の理由は「人が喜ぶのが好きだから」です。 自分がしたことで人が喜んでくれることにいじらしい人は大きな喜びを感じやすい性格で、自分の力でさらに多くの人を喜ばせられるようになるために、その小さな体を精一杯動かして仕事に取り組んだり努力するようになります。 一見受け身で従順に見える人でも心理的には「人のために働きたい」という自分の意志や芯を持っており、その目的を叶えるために必要な努力は時間や労力を惜しまずにやります。その理由も全て「人に喜んでほしい」と思っているからです。

自分の成長が好きだから

人がいじらしくなる3つ目の理由は「自分の成長が好きだから」です。 「いじらしい」と感じられる人は「人のために尽くしている時」や「一生懸命努力している」時に、もし自分自身が全く意識していなかったとしても周りの人に勝手にいじらしいと感じ取られていることがあります。 いじらしい人は自分自身の成長が好きで、努力によって新しいスキルを身に付けたり自己成長するのが好きです。そのための努力をしている過程を周りの人が見ることでその人に対していじらしさを感じる心理になります。

人に愛されたいと思っているから

人がいじらしくなる4つ目の理由は「人に愛されたいと思っているから」です。 いじらしい人(特に女性)の場合はこうした心理を持っている場合もあります。人に尽くすことで、その人からではなくても巡り巡って自分に返ってくるという思いから、人を選ばず周りに困っている人がいれば積極的にサポートしようとします。 周りの人に尽くすことを続けることで、どんなに時間がかかってもそれがいつかは自分に返ってきて、自分のために働いてくれる人や支援してくれる人が出てくるといじらしい人は信じているのです。

いじらしい女性は何故可愛く感じる?

ここでいじらしい女性についてなぜ「可愛く見えるか」について考えてみましょう。 ここでは「一生懸命さに共感したくなる」「人を選ばず尽くす」という2つをご紹介します。どちらもあなたの周りにいるいじらしい女性をイメージしながら読んでみて下さい。

一生懸命さに共感してしまう

1つ目は「一生懸命さに共感してしまう」という理由です。 大柄な男性が努力している姿を見てもいじらしいと感じることは少ないですが、小さな子供や小柄な女性が一生懸命努力をしている姿を見ればどんな人でも「一生懸命頑張っているな」「応援してあげたいな」と感じます。 同じ努力でも見た目から力がなさそうに見える人が一生懸命になるところを見れば誰でも「頑張れー!」と声をかけてあげたくなりますよね。

人を選ばず尽くす

2つ目は「人を選ばず尽くす」という理由です。 自分のことだけでも精一杯に見えるような小さな人が人のために一生懸命になったり、相手を選ばずに尽くしてくれる様子を見ると「なんでそんなに人のために頑張ってくれるんだろう?」と思うことがあると思います。 こうした心理が生まれた時もその献身性やひたむきさに好感を寄せるようになりその人に対して可愛らしさを感じるようになります。

純粋

3つ目の理由は「純粋」という理由です。 いじらしい女性は「純粋な人」と思われることが多いです。いじらしい女性は基本的に人のことは否定せず素直に聞き入れるので、周りの人からすると疑いの心がない純粋な人といった印象を持たれることが多いです。 ただ、実際は何も疑わない純粋な人というわけではなく、相手の言い分を聞き入れようとする意識が強く、不用意に相手の発言を否定しないようにしていることから「純粋」でいじらしい女性と思われるようになっています。

いじらしいは褒め言葉?それとも悪い意味?

人の性格を「いじらしい」は基本的にはポジティブな意味で使われますが、稀にネガティブな意味で使われることがあります。 ここでは「褒め言葉」として使われる場合と「悪い意味」で使われる場合のそれぞれについて、どのような場合が考えられるかをご紹介します。

褒め言葉で使われる場合

褒め言葉で使われる場合はここまでに説明した通りですが改めて説明します。 「いじらしい」を褒め言葉で使う場合には「一生懸命な姿に嘘がなく共感している」「賢明にサポートしてくれている様子に感謝している」「応援してあげたいと思っている」といった場合が考えられます。 ここまでの記事の説明も踏まえて、どんな時に褒め言葉として使われているか確認してみましょう。

一生懸命な姿に嘘がなく共感している

まず1つ目は「一生懸命な姿に嘘がなく共感している」場合です。 この場合はいじらしい人が普段から努力を重ねていて少しづつその結果が見え始めている時や、日々の仕事に真面目に取り組んでいて仕事の成果が明確に見られている時などに考えられます。 日々のそうした行いに周りの人に共感や尊敬の念を抱き始めて、その人のことを「一生懸命ないじらしい人」と考えるようになります。

賢明にサポートしてくれている様子に感謝している

2つ目は「賢明にサポートしてくれている様子に感謝している」という場合です。 この場合は自分や周りのチームメンバーに対して普段から献身的にサポートに入り、周りの人たちがより快適な環境で仕事ができるように徹している様子が見える場合です。 小さな子供や小柄な女性がこうした立ち回りをしているのを見れば周りの人は嬉しくなりますし、積極的に快適な場作りに徹してくれる人には感謝するようになり、その人のことをいじらしい人と思うようになります。

応援してあげたいと思っている

3つ目は「応援してあげたい」と思っている場合です。 真っ直ぐひたむきに自分の仕事をしていたり努力している様子を見て、その姿に共感して「何か自分にもできることはないか?」と考えて、協力できることを探している時にも「いじらしい」は褒め言葉として使われます。 普段周りのことを気遣ってサポートしてくれている人がなにか目標に向かって取り組んでいる姿を見れば誰でもサポートしてあげたくなります。そうした心理をいじらしい人は無意識に利用できているのです。

悪い意味で使われる場合

悪い意味で「いじらしい」が使われる場合は、皮肉っている場合です。 ここでは「いじらしい」が悪い意味で使われる「キャラ作りがバレた時」と「『自分より下』と思われている時」という2つの場面について説明していきます。 1つ目は女性がキャラ作りを意識しすぎて腹黒い目論見が見え隠れている場合であり、2つ目は「いじらしい」と言われる本人ではなく周りの人が見下している状況ということを意識して読んでみて下さい。

キャラ作りがバレた時

「いじらしい」が悪い意味で使われる1つ目の場面は「キャラ作りがバレた時」です。 だれでも「こういう自分でありたい」という自分の理想像はありますが、それが今の自分とあまりにもかけ離れていたり自分の元のキャラクターと合わない時にそれがバレてしまうと「キャラ作ってるんだな」と思われます。 とくに「いじらしい女」というキャラ設定をした場合は「男性にモテたい」「かまってほしい」といった意図が垣間見えることが多く、影で「あのおんなまたいじらしいキャラ作ってる」と陰口を叩かれてしまいます。

「自分より下」と思われている時

「いじらしい」が悪い意味で使われる2つ目の場面は「『自分より下』と思われている時」です。 「いじらしい」は「力のない人が一生懸命頑張っている様子」を言います。この「力のない人」というのが「要領の悪い人」や「実力のない人」という意味に転じて使われていることが有り、その場合は悪い意味で「いじらしい」が使われています。 つまり圧倒的に実力差が開いている人から「いじらしい」と言われる場合は「いくら努力しても俺にはかなわないけど、まぁ頑張れ」という意味で使われており、相手は余裕を見せています。

いつもひたむきで人から愛されるのがいじらしい人です

いじらしい人は周りに気を配りながらひたむきに自分の仕事に取り組んでくれる人で、周りからも共感を得やすいです。 そのチームワーク精神の高さと献身性から逆に周りの人から支援を受けたり助けられることも多いです。 女性の場合は男性からも好意を寄せられることが多いですが、あまりキャラを作りすぎると同性の友人から反感を買う可能性もありますので、立ち振舞には注意が必要です。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

No Image

SHINJI.com

学生時代から継続して学んでいる セールスライティング(コピーライティング)の他、 それに関連する...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事