2019年06月16日公開

2019年06月16日更新

口だけの人の特徴と性格!心理的原因と対処法・口だけの人にならない方法を解説

あなたの周りに口だけの人はいませんか?口だけの人に怒りやストレスを感じる人もいるかもしれません。口だけの人は敵を作りやすいのです。そのような口だけの人の特徴や性格や心理的原因についてご紹介していきます。また、対処法や口だけの人にならない方法も見ていきます。

口だけの人になっていませんか?

あなたの周りに口だけの人はいませんか?また、あなたは口だけの人になっていませんか?口だけの人は、自分ではわかりにくいという特徴があります。その為、いつの間にか周りが敵だらけになっていたということもあるのです。 ここでは、そんな口だけの人の特徴や性格についてご紹介していきます。あわせて口だけの人への対処法や口だけの人にならない方法についても見ていきます。参考にしてみてください。

口だけの人の特徴7個

口だけの人にはさまざまな特徴があります。あなたはどんな特徴を思い浮かべるでしょうか。ここでは、そんな口だけの人の特徴についてご紹介していきます。

特徴1:話し方や態度が偉そう

口だけの人は話し方態度が偉そうです。特に自分よりも年下の人や地位が下の人に対しては、大変偉そうな話し方や態度で接します。敬語などのような丁寧な言葉遣いをしないこともあります。かなり威圧的な態度で接することが多くなるでしょう。 例えば、口だけの人は「これ、やっておいて」などのような命令口調を良くします。「お願いします」などのような低姿勢な態度で接することはほとんどありません。「絶対にやっておくように」という気持ちも話し方や態度に込めてくるでしょう。

特徴2:約束を平気で破る

口だけの人は約束を平気で破ります。他人との約束が大切なことであるとは思っていないのです。約束を破って相手に迷惑をかける、という考えも持ち合わせていません。口だけの人は自分の都合で行動するので、約束を重要視していないのです。 以前から約束していたことでも、口だけの人は当日になってドタキャンすることも良くあります。また、約束を破ったことに対して申し訳ないという気持ちは持っていません。ですから、相手に謝るということもほとんどないでしょう。

特徴3:言い訳が得意

口だけの人は言い訳が得意です。自分をいつも安全な場所に置いておきたい、と思っているからです。口だけの人は誰かから責められたり怒られたりすることが好きではありません。自分を安全な場所にいつも置いておくために、謝ることはしないで言い訳をします。 口だけの人がする言い訳は、相手が信ぴょう性を確認できないものばかりです。家族の体調不良や偶然事故を見かけたなどのようなものが多くなります。真偽を確かめられると困るので、確かめようのない言い訳を口だけの人は良くします。

特徴4:人のせいにする

口だけの人は人のせいにすることも良くします。これも、先ほどご紹介した「言い訳が得意」と同じ理由です。自分をいつも安全な場所に置いておきたいからです。自分の保身の為ならば、誰かに責任を押し付けてしまいます。罪悪感はほとんど感じていません。 口だけの人が人のせいにするのは、誰でも良いのです。自分にいつも親切にしてくれる人でも、自分の保身のためならば責任を押し付けます。口だけの人は自分の身近な人に責任を押し付けることが良くあります。

特徴5:目立つことが好き

口だけの人は目立つことが大好きです。いつも注目を浴びていたいと思っています。大勢の人たちが自分に注目している状況に快感を感じているのです。そして、「もっと注目して欲しい」と感じて目立つような行動や言動を繰り返します。 口だけの人は自分は目立つことが好きですが、他人が目立つことは嫌いです。他人が目立ってしまうと自分が目立たなくなるからです。口だけの人は自分よりも目立っている人を見つけると敵視します。目立っている人が話をしている時には、その話題を奪ったりもします。

特徴6:声が大きい

口だけの人には声が大きいという特徴があります。目立つことが好きという特徴が関係しているからです。周囲の人たちの注目を自分に集めるために、声を大きくしているのです。声が大きければびっくりして周りはその人に視線を集めるからです。 また、口だけの人には態度が偉そうという特徴もあります。自分は相手よりも偉いということを示すために、声を大きくしていることもあります。声を大きくして相手を威圧しているのです。大きな声を出すことで、相手が自分に言い返したりしないようにしています。

特徴7:相手によって態度が変わる

口だけの人は相手によって態度が変わるという特徴も持っています。特に目上や自分よりも地位が上の人に対しては丁寧な態度を取ります。ようするに、媚びているのです。目上や地位が高い人に媚びて上手に取り入り、自分も上に引き上げてもらおうとしています。 口だけの人は媚びる相手の情報はしっかり集めます。相手の趣味や好みをかなりしっかり把握しています。そして、目上や地位が上の人に対してはフットワークが軽く、すぐに行動に移します。これは同僚や年下などにはまったく見せない態度です。

口だけの人の性格7個

口だけの人の性格にはどんなものがあるのでしょうか。性格を知ると、口だけの人の内面が見えてくるでしょう。ここでは、そんな口だけの人の性格についてご紹介していきます。

性格1:嘘つき

口だけの人は嘘つきという性格を持っています。口だけの人は自分の身を守ることに必死です。自分の身を守るためならば、嘘をつくことも平気なのです。自分の身を守ることと、嘘をつくことを天秤にかけた時、自分に身を守ることの方がとても重くなります。 人は悪いことでも何度もを繰り返すと、罪悪感がだんだん薄れてきます。嘘をつくことも同じです。口だけの人は何度も嘘をついてきています。嘘が相手にばれずに危機を乗り越えたことも何度もあったでしょう。その為、嘘をつくことが平気になってしまっているのです。

性格2:失敗を怖がる

口だけの人は失敗を怖がるという性格を持っています。失敗に対してネガティブな考え方を持っているのです。実は口だけの人は「失敗は絶対にしてはならない」と思っています。意外に感じるかもしれませんが、実は失敗に対してかなり厳しい考え方を持っているのです。 ただ、口だけの人は自分を守ることに必死になります。失敗をしたら周囲の人たちから攻撃されると思い込んでいます。失敗をしたら自分で訂正すれば良い、という考え方にはならないのです。失敗を怖がるという性格が、口だけの人という人格を作っているのです。

性格3:おだてに乗りやすい

口だけの人はおだてに乗りやすい性格でもあります。口だけの人は褒められたり尊敬されたりすることが好きです。周囲の人たちから「頼りになる」などのような言葉をかけられると、おだてに乗ってどんなことでもやってくれることがあります。 ただ、口だけの人がおだてに乗りやすい性格だからと言って、単に「すごい」や「さすが」などのような簡単な言葉では通用しません。具体的にどのような部分が優れているのか、どんな風に助かっているのかを褒める必要があります。すると、どんなことでもしてくれます。

性格4:立ち直りが悪い

口だけの人は立ち直りが悪いという性格も持っています。一度落ち込むと、なかなか気持ちが浮き上がってきません。気持ちを切り替えることが苦手だからです。「前を向いて次に頑張ろう」という考え方ができない性格の持ち主です。 特に失敗した時にはかなり落ち込みます。失敗した瞬間は誰かのせいにしたり言い訳をしたりして必死になります。ですが、じっくり観察してみてください。声のトーンが下がったり、表情が暗くなったりするでしょう。暗い雰囲気がかなり長い間続くことになります。

性格5:自慢する

口だけの人は自慢をします。自慢をして自分を大きく見せようとします。小さなことでもどれだけ大変だったかと大げさに話すことが多いでしょう。いかに自分が頑張ったかということを、大げさに周囲にアピールします。 また、自慢話の中には嘘が混じっていることもあります。自慢したいという気持ちから、自分が関わっていないことも関わったかのように話すことがあります。口だけの人の自慢話は半分くらいに聞いておいた方が良いでしょう。

性格6:やる気がない

口だけの人はやる気がありません。自分で行動を起こすことは嫌いなのです。自分はさまざまな人に指示をして、他の人に行動をしてもらえるように仕向けます。疲れることが嫌いなので、できるだけ自分は行動を起こさなくて済むように立ち回ります。 口だけの人は行動に関するやる気はありません。ですが、相手を説得することは頑張ります。自分が動かなくて良いために、相手を説得することに全力を出すのです。ただ、行動は伴いませんから、周囲の人たちからも「やる気のない人」と思われがちです。

性格7:努力を嫌う

口だけの人は努力を嫌います。コツコツ努力を積み重ねて成功を掴み取る、ということは好きではないのです。努力をすることに価値が見い出せない性格の持ち主です。自分は努力しなくても済むように立ち回ろうとします。 時間のかかる仕事や困難が予想されるようなことは、できるだけ引き受けようとしません。仮に引き受けたとしても、他の人に丸投げしてしまうことが多いでしょう。何かと理由をつけて、努力するような場面を避けようとします。楽がしたいという思いが強いのです。

口だけの人になる心理的原因とは?

口だけの人になる可能性は誰にでもあります。これまでの特徴や性格を振り返りながら、ここでは口だけの人になる心理的原因についてご紹介します。

心理的原因1:自信がない

口だけの人は自信がありません。偉そうな話し方や態度を取ったりすることがあるので、一見自信がありそうに感じられるかもしれません。ですが、それらはすべて自信のなさを隠すための演技なのです。本当は口だけの人は自分に自信がありません。 自信がない人は自信がないと感じていることそのものも隠そうとします。口だけの人も同じです。自分に自信がないと感じている、ということを隠そうとします。そのため、偉そうな話し方や態度を取ったりします。

心理的原因2:周囲から白い目で見られたくない

口だけの人は、周囲から白い目で見られたくないという心理も持っています。「やっぱり無理だったんだ」や「どうせできないと思っていた」などのように周囲から思われたくないのです。周囲からそのように思われていることがわかると、急に元気がなくなるでしょう。 自慢を良くするのは、周囲から白い目で見られたくなという心理があるからです。自慢すれば周囲の人たちは尊敬の言葉をかけてくれます。そのような関係性を築くことで、周囲から冷たい態度を取られなくて済むようにしています。

心理的原因3:子供の頃に両親から褒められた記憶が少ない

口だけの人の中には、子供の頃に両親から褒められた記憶が少ないという心理的原因を抱えている人もいます。ここで大切なことは、「記憶が少ない」という点です。本当に褒められた経験が少ないかどうかはわからないのです。本人の感じ方が影響するからです。 両親が厳しかったということばかりが原因とは限りません。年齢が大変近い妹や弟がいる場合にも、両親から褒められた記憶が少なくなる可能性があります。すると、子供の頃の「褒められたい」という欲求が大人になっても残り、口だけの人になってしまうのです。 行動として多く見られるのは、自慢することでしょう。「すごいね」や「さすがですね」などのような褒め言葉や尊敬の言葉が欲しいという欲求が強くなります。その欲求を満たすために、自慢話をすることが多くなります。

心理的原因4:嫌われたくない

口だけの人の中には、嫌われたくないという思いを抱いている人もいます。周囲から無視されるなどのような、明らかに嫌われているとわかる行動を取られることが怖いのです。 年上や地位が高い人に媚びを売るのは、嫌われたくないという心理的原因が大きく影響しています。強い人につくことで、周囲から嫌われることはなくなるだろうと考えているのです。

心理的原因5:怒られたくない

怒られたくないという心理も、口だけの人になる原因になります。怒られたくないとい心理を抱いている人は、自分に非があるかないかは関係ありません。自分に非があっても「怒られたくない」という思いが強く湧き上がってきます。 人のせいにしたり言い訳をしたりするのは、怒られたくないという心理があるからです。自分が起こられないようにするためなら、口だけの人はどんなことでもします。時には嘘をつくこともするでしょう。

心理的原因6:面倒くさい

口だけの人の中には、面倒くさいと感じている人もいます。自分で行動を起こすことが面倒だと感じているのです。本当は行動を起こした方が良いことはわかっています。ですが、自分で行動を起こすことは面倒です。「それなら他人にやってもらえばよい」という考えにたどり着きます。 口だけの人は基本的に言葉と行動が伴いません。その多くは面倒くさいと感じているからです。行動を起こすことがいかに大切か、ということは熱弁します。熱弁して相手が行動を起こすように仕向けるのです。口だけの人の典型的な心理と言えるかもしれません。

心理的原因7:負けたくない

負けたくないという心理も、口だけの人になる原因になります。いつも勝ち続けて自分が頂点に立っていたいと思ったら、相手を負かす必要があります。ですが、相手を負かすためには、自分もそれなりの努力をしなければなりません。口だけの人は努力はあまり好きではありません。 嘘をついたり自慢話をするのは、負けたくないという心理が原因になっていることもあります。自分を大きく見せることで、相手の戦意を喪失させようとしているのです。相手の戦意を喪失させれば、自分は努力しなくても相手に勝つことができます。

口だけの人を見分ける方法5個

口だけの人は、意外と身近にあふれています。ですが、言葉巧みに相手を惑わすので、口だけの人かどうかを見極めることが難しい場合もあります。ここでは、そんな口だけの人を見分ける方法についてご紹介します。

方法1:「絶対」という言葉を使う回数

口だけの人は、「絶対」という言葉をよく使います。「これは絶対においしい」や「これは絶対にやっておかなければならない」などのように使います。「絶対」という言葉をたくさん使うことで、相手の心理をコントロールしようとしているのです。 ですが、口だけの人は努力することをしません。本当に「絶対」なのかどうかを調べるという努力もしないのです。信ぴょう性がないということです。何度も「絶対」という言葉を使う人は、口だけの人の可能性が高いと言えます。

方法2:文句の多さ

口だけの人は良く文句を言います。自分の思い通りにならないことがたくさんあるからです。口だけの人は自分が行動を起こすことは嫌いです。その代わり、周囲の人たちを自分の思い通りに動かそうとします。ですが、他人は自分の思い通りになってくれません。 自分の思い通りにならないと、多くの人たちはストレスを感じるでしょう。口だけの人も同じです。特に口だけの人は自分の利益を考えて、他人をコントロールしようとすることが多くあります。思い通りになってくれないことも多いので、ストレスが溜まって文句が多くなるのです。

方法3:嘘に対する考え方

口だけの人は、嘘に対する罪悪感がほとんどありません。自分を守ることに必死だからです。自分の地位や存在自体を守ることに重点を置いているので、嘘をつくことは平気です。 誰かのせいにしたり、約束を破ったりするときにもよく嘘をつきます。また、口先だけの人の言い訳にはたくさんの小さな嘘がちりばめられています。よく嘘をつく人は、口だけの人の可能性が高いので気をつけましょう。

方法4:行動力の有無

口だけの人は行動力がありません。自分で積極的に行動を起こすということはほとんどありません。行動することが嫌いだからです。自分が動くことに面倒くささも感じています。 ただ、自分が動かなくても良いようにすることは積極的です。自分の代わりに他の人を動かそうとするのです。言葉巧みに相手をその気にさせ、自分の代わりに行動を起こさせようとします。言葉に行動が伴わない人は口だけの人と見た方が良いでしょう。

方法5:自分に非があった時の態度

口だけの人は自分に非があっても謝ることをしません。怒られることが怖いと感じているからです。非を認めてしまうと、確実に相手から怒られると思い込んでいます。その状況を想像して恐怖を感じるので、謝ろうとしないのです。 また、負けたくないという心理が関係している場合もあります。非を認めることは負けることになると思っているのです。その場合も、当然謝ることはしないでしょう。明らかに自分に非があっても謝ろうとしない人は、口だけの人であると見た方が良いでしょう。

口だけの人への対処法とは?

口だけの人は意外と多くいます。そのような人に出会った時、どんな風に対処すれば良いのでしょうか。ここでは口だけの人とあなたの関係性に分けて、対処法をご紹介していきます。

口だけの人が恋人やパートナーである場合の対処法

口だけの人が恋人やパートナーであることもあるでしょう。そのような時にはどんな風に対処すれば良いのか、悩んでいる人もいるかもしれません。ここでは、口だけの人が小糸人やパートナーであった場合の対処法についてご紹介します。

対処法1:上手におだてる

口だけの人が恋人やパートナーだった場合は、上手におだてましょう。口だけの人はおだてに乗りやすいという特徴があります。恋人やパートナーのような近い存在からおだてられると、意外と何でもしてくれることが多くあります。上手におだててコントロールしましょう。

対処法2:できていることを褒める

できていることを褒めるという対処法も、口だけの人が恋人やパートナーだった場合には有効です。口だけの人は褒められることが大好きです。恋人やパートナーのような身近な人に褒められると、嬉しさは倍増します。ただ褒め過ぎると調子に乗るので、できていることだけを褒めましょう。

対処法3:一緒に行動する

一緒に行動するという対処法も効果的です。恋人やパートナーのような身近な人が行動すると、それにつられて口だけの人も一緒に行動を共にしてくれることが良くあります。1つ目でご紹介した「上手におだてる」という方法と合わせると、更に効果が上がるでしょう。

口だけの人が上司である場合の対処法

口だけの人が上司である場合はどうすれば良いのでしょうか。ポイントだけを押さえて割り切って考えると、意外と対処しやすかったりします。ここでは口だけの人が上司である場合の対処法についてご紹介します。

対処法1:頼らない

上司が口だけの人であった場合は、まずは頼らないことです。頼っても何もしてくれません。それよりも自分の能力や才能を上げることに集中しましょう。上司の出来が悪いと、恐ろしく部下が成長するということが良くあります。そのパターンだと思って、自分で頑張りましょう。

対処法2:信用しない

上司が口だけの人であった場合は、信用しないことも大切です。口だけの人は自分で信ぴょう性を調べるという努力をしません。すべてを疑ってかかった方が良いでしょう。その方がミスや失敗は少なくなります。また、自分の知識として身についていきます。

対処法3:報告だけはしっかりしておく

上司が口だけの人であっても、報告だけはしっかり行なっておきましょう。口だけの人は責任転嫁が得意です。それは上司であっても同じです。経過報告はできるだけこまめにしておきましょう。口頭だけではなく、メールなどのような文字として残しておくと保険になります。

口だけの人が嫌われる理由とは?

口だけの人は基本的に嫌われます。どうして多くの人たちから嫌われるのでしょうか。ここでは、口だけの人が嫌われる理由についてご紹介します。

理由1:うるさい

口だけの人が嫌われる理由としてまず挙げられるのは、うるさいということです。口だけの人は何度も同じことを繰り返して言います。相手をコントロールする気持ちがあるので、相手を洗脳するために同じことを何度も言うのです。 また、相手を威圧するために声が大きくなるという特徴もあります。大きい声で何度も同じことを言われると、多くの人はうるさいと感じるでしょう。嫌われる理由としては充分と言えます。

理由2:依存心が強すぎる

口だけの人は依存心が強すぎます。自分の代わりに他の誰かにやってもらおうといつも思っています。そのようなことばかり繰り返していると、多くの人は苛立ちを感じることがあるでしょう。嫌われる理由として依存心が強すぎることも原因になるのです。

理由3:信用できない

口だけの人は平気で嘘をつきます。嘘をつくことに罪悪感は感じていません。信用できないと思われるのは当然でしょう。保身に走って他の人を陥れることもあります。嫌われるのは仕方がないと言えるでしょう。

口だけの人にならないための方法とは?

誰でも口だけの人になる可能性があります。そして、口だけの人は意外とそのことに気づいていない場合も多いのです。ここでは、口だけの人にならないための方法についてご紹介します。

方法1:言葉と行動を一致させる

口だけの人にならないためには、言葉と行動を一致させることです。自分で発言した言葉には責任を持ちましょう。そして、率先して行動を起こしましょう。行動を伴わせることで、口だけの人になることを避けられます。

方法2:非があった場合はすぐに謝る

口だけの人にならないためには、すぐに謝ることも大切です。自分に非があった場合は、まず最初に謝りましょう。言い訳をするのは良くありません。相手が聞いてくれた場合のみ、理由を説明するようにしましょう。

方法3:コミュニケーションをしっかり取る

コミュニケーションをしっかり取ることも、口だけの人にならないための方法です。周囲としっかりコミュニケーションをしっかり取ることで、お互いのことを理解し合ってください。すると、誤解されなくて済むようになります。

方法4:約束は必ず守る

約束を必ず守ることも大切です。何度も約束を破ると信頼がなくなり、口だけの人だと思われてしまいます。約束はとても重いものです。必ず守るようにしましょう。

思いやりを持つことが口だけの人にならない予防になる

口だけの人は自分のことだけを考えて行動しています。周囲への思いやりに欠けているのです。周囲の人たちに思いやりの心を持ちましょう。それだけでも口だけの人になることを予防できるでしょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

五月女 霞珠

五月女 霞珠

心理カウンセラーとしての資格を保有。心理カウンセラー、占い師を経て、現在はスピリチャルライターとして...

人気記事

新着記事