2019年06月19日公開

2019年06月19日更新

オーラのある人の特徴と性格18選!ない人との違いとオーラのある人になる方法を解説

ごく自然に人を引き付ける魅力があるのが、オーラのある人です。オーラのある人になるにはどうすればいいのでしょうか?オーラのある人の特徴や性格、オーラのある人とない人の違いをまとめてみました。オーラのある人になる方法もご紹介しますので、参考にしてください。

オーラのある人になりたい

オーラのある人はどこにいても、何もしていなくても人を引き付ける魅力を持っています。そんなオーラのある人に憧れる人は多いでしょう。 オーラのある人の特徴や性格などについてまとめてみました。オーラのある人になる方法についてもご紹介します。 自分を磨いてオーラのある人を目指しましょう。

オーラの意味とは?

オーラとはスピリチュアルな意味では生命エネルギーを現しますが、一般的には直感的に感じる人の印象というような意味で使われます。 オーラが光になって見えるという人もいますが、オーラのある人はなんとなく人の目を引きつける魅力的な人物のことを表します。逆にオーラのない人は存在感がない人物のことです。

オーラのある人の特徴

オーラのある人といっても大勢いますが、共通する特徴はいくつもあります。オーラのある人の共通点についてまとめてみました。

オーラのある人に共通する外見とは?

オーラのある人は特に目立った格好などしていなくても、なんとなく目立ってしまいます。しかし、オーラのある人には外見的にわかる共通点がいくつかあります。オーラのある人の外見的な共通点を見ていきましょう。

外見1:自然な服装をすることが多い

オーラのある人は外見的にも目立つことが多いですが、目立つ特殊なファッションの人はあまりいません。むしろオーラのある人は、その場の雰囲気に合わせた普通の服装をしていることが多いです。 オーラのある人が目立つのは、服装のせいではありません。立ち振る舞いなどから感じられる雰囲気が自然と人を引きつけ、目立ってしまうのです。その人の自然な行動から感じられるものがオーラということでしょう。 オーラのある人はごく自然に場に合わせた服を着ることが多いため、大勢の人に好感を持たれやすいです。

外見2:姿勢が良い

常に姿勢が良いのもオーラのある人の特徴です。オーラのある人は自然な自信を持っており、それ姿勢にも表れているのです。姿勢が美しいというのは、かなり好印象になります。姿勢が良いと、歩く姿もキレイに見えます。

外見3:笑顔が多い

オーラのある人は笑顔を見せることが多いです。オーラのある人は自然体で余裕をもって過ごしているため、ストレスを溜め込んだりしません。心に余裕があって、楽しいからこそ自然な笑顔を見せることができるのです。 自然な笑顔を見せるからこそ、オーラのある人の周りには人が集まりやすくなります。

外見4:目力が強い

オーラのある人の外見の特徴として目力が強いことが挙げられます。目力が強い人はそれだけで印象に残りやすいです。オーラのある人は相手の目をまっすぐに見据えて話をします。 目の大きな人はそれだけで目力がありますが、オーラのある人は目に意思の強さや自信が現れているものです。

外見5:立ち振る舞いが美しい

オーラのある人は、立ち居振る舞いにも人を惹きつけるものがあります。立ち振る舞いがどことなく品が良く、美しいのもオーラのある人の特徴です。内面にある自信や余裕が立ち振る舞いにも現れるのでしょう。

外見6:どんな場所でも委縮しない

オーラのある人は、どんな場所でも委縮せずに堂々としています。人間は大勢の人から注目されたりすると緊張して固くなったり、委縮してしまうものです。しかし、オーラのある人は周りから注目されたりしても、普段と変わらずに堂々としているものです。 オーラのある人は周囲からの視線やプレッシャーを意識しないで、自然体で行動します。オーラのある人は確固たる自信をもっています。 また、周りに見られていても、必要以上に意識したりしません。どんな場所でも堂々と自然体でいられるのが、オーラのある人の特徴です。

オーラのある人が取る行動とは?

オーラのある人は外見的な魅力だけでなく、行動でも自然と人を引き付けるものです。オーラのある人の行動の共通点についてまとめてみました。

行動1:自然に目立つ行動を取る

ごく普通の行動をしても、花があるのがオーラのある人の特徴です。目立つ行動を取るなら目立って当然と思うでしょうが、当たり前の行動を取っているだけなのになぜ自然と人の目を引いてしまうのです。 オーラのある人は自己主張が弱いわけではありませんが、決して自分のこと過剰にアピールしたりはしません。また、目立つとは言っても、悪目立ちしません。 特別、変わった行動をとっているわけではないのに、ごく普通の行動にも華があるのがオーラのある人の特徴です。

行動2:チャレンジ精神を忘れず積極的に行動する

オーラのある人は何事にも積極的に行動します。普通の人はやる前から諦めてしまうような困難なことでも、チャレンジ精神を忘れずに挑戦しやり遂げようとします。チャレンジ精神を忘れないエネルギッシュな姿もその人のオーラの強さにつながります。 また、難しいことに挑戦し、やり遂げたという自信もオーラになって現れているのです。積極的に行動し困難に立ち向かう姿も、周囲の人間には魅力的に見えます。

行動3:わかりやすくよく聞こえる声で話している

オーラのある人の話は非常にわかりやすいことが多いです。要点を簡潔に話すことができるため、非常にわかりやすいのです。話の内容がわかりやすいだけでなく、聞き取りやすい声でハキハキと話します。 オーラのある人の話は聞き取りやすいのと同時に、なんとなく人を引き付ける魅力があるのも特徴です。聞き取りやすく話してくれるので、聞き間違えたりすることもあまりありません。 オーラのある人の話はわかりやすく、よく聞こえる声で話すのが特徴です。また、オーラのある人の話にはどこか人を引き付ける魅力があります。

行動4:自然に相手を気遣って行動する

オーラのある人は自然に相手のことを気遣い、気配りができる人が多いです。オーラのある人は精神的に安定しているため、周囲の人のことを自然に見ています。そのため、人に対してごく自然に気配りのある行動を取ります。 人に親切にしても恩着せがましくなく、ごく自然な気配りを見せるのがオーラのある人です。オーラのある人の落ち着いた態度は安心感につながり、周囲の人も落ち着いた穏やかな態度になれます。

行動5:的確なアドバイスができる

オーラのある人は、他人に対して的確なアドバイスを送ることができます。人の特徴を良く掴んでおり、人生経験豊富なため的確なアドバイスを送ることができるのです。その人のこときちんと考えた上で、話をするのでいいかげんなアドバイスをすることもありません。 オーラのある人は自分に自信を持っており、はきはきとわかりやすく話をします。そのため、アドバイスに説得力もあるのです。困っている人を助けたいという真剣な気持ちもこもっているため、よりアドバイスに説得力が生まれます。

オーラのある人の性格7個

特別目立つ行動を取らなくても、目立ってしまうのがオーラのある人です。内面の魅力が外側に現れたのがオーラともいえます。オーラのある人の性格についてまとめてみました。

性格1:自信を持っている

オーラのある人は自分に対して自信を持っています。特に強がったりすることはなく、自然体でどっしりとした自信を持っているため、軽はずみな発言をしたり、誰かの発言で簡単に自分の考えを変えたりはしません。 自分に自信を持っているからこそ、心に余裕を持つことができます。自然とポジティブな考えになり、他人とも穏やかな落ち着いた気持ちで付き合うことができるのです。 無理をしているわけではなく自然体で堂々としているため、周りから一目置かれるようになります。自然と頼りにされるようにもなるのです。

性格2:高い集中力を持っている

オーラのある人は集中力を持っています。プライベートなことでも仕事でも高い集中力を発揮して、そのことに没頭できる人が多いです。集中して作業を行うため、ミスも少なく短時間で仕上げることができます。 オーラのある人は仕事もプライベートも充実していることが多いです。これは、作業を効率的に行い時間管理が上手いからできるともいえます。

性格3:自然なプラス思考をする

オーラのある人は物事をポジティブに捉えるプラス思考の人が多いです。オーラのある人は自然と人を引き付ける魅力がありますが、これは自然と物事をポジティブに捉える雰囲気が人を引き付けるともいえます。 プラス思考とはいっても、無理矢理物事をポジティブに捉える不自然なプラス思考ではありません。不自然なプラス思考では、人を引き付けるのは無理です。 オーラのある人は、ごく自然に物事をポジティブに捉えます。それが、人を引き付けるオーラにつながるのです。

性格4:常におおらかで余裕がある

オーラのある人はおおらかで余裕を持っています。少しくらいのトラブルでは平然としており、穏やかな笑顔で受け止めることができます。誰かと対立することがあっても、相手の怒りを余裕をもって受け入れる包容力があるのです。 そのため、いつの間にかトラブルは解決してしまいます。常におおらかで人のことを受け入れることができるため、オーラのある人には自然と人望ができるのです。

性格5:強靭なメンタルを持っている

オーラのある人は基本的にメンタルが強いです。オーラのある人は問題が起こっても簡単に諦めたりしませんし、他人から敵意を向けられたりしてもそう簡単に動揺しません。 メンタルが強いからこそ、周囲の人間に自然な気配りができたり、常におおらかな態度を取れるともいえます。また、メンタル強いため、自分の考えを簡単に変えたりはしません。 メンタルの強さが外見に現れてオーラになっているともいえるでしょう。メンタルの強さは頼りがいにもつながり、オーラのある人は頼りにされるのです。

性格6:あまり自己主張は強くないが、必要なことははっきり伝える

オーラのある人は能力が高い人が多く目立つことが多いですが、積極的に自分をアピールしたりしません。 決して、自己主張が弱いわけではなく必要なことははっきりと伝えますが、オーラのある人は自己主張はあまり強くないのです。 自分から目立とうとしなくても自然に目立ってしまうのが、オーラのある人です。

性格7:人と違うことができる

オーラのある人はあまり協調性を乱すようなことはしません。しかし、人と違うことができるのもオーラのある人の特徴です。普通の人は人と違うことをするのを恐れますが、オーラのある人は人と違うことを恐れません。 自分が良いと思ったら、人と違うことを積極的に行うことができるのがオーラのある人です。

オーラのある人とオーラのない人の違いとは?

オーラのある人とオーラのない人では、同じような行動を取っても明らかな違いが現れます。オーラのある人とオーラのない人の違いについてまとめてみました。

違い1:オーラのある人は存在感があり、オーラのない人は存在感がない

オーラのある人は存在感があり、オーラのない人は存在感がありません。オーラのある人は特別自己主張が強いわけではなく目立ちたがりでもありません。しかし、なんとなく存在感があり、何もしていなくても存在を忘れられないのがオーラのある人です。 オーラのない人は特徴のない人、自己主張が強い人などさまざまですが、何もしていないと目立つことができません。もちろん、派手な行動をすればオーラのない人でも目立ちます。しかし、オーラのない人は何かしていないと忘れられてしまうのです。 目立つ行動をしなくても、存在感があるかどうかがオーラのある人とない人の違いです。

違い2:オーラのある人は堂々としており、オーラのない人は堂々としていない

オーラのある人は常に堂々としていますが、オーラのない人はどこかおどおどしています。オーラのある人は姿勢もよく立ち振る舞いも美しく感じられます。 逆にオーラのない人は姿勢は猫背気味で、立ち振る舞いにも余裕が感じられません。こうした違いは自信があるかどうかによるものが大きいですが、周囲に与える印象は全く違ってきます。 常におどおどしている人と余裕があって自信たっぷりに振る舞う人では、どちらにオーラを感じるのかは明らかでしょう。

違い3:オーラのある人の話は聞き取りやすく、オーラのない人の話は聞き取りにくい

オーラのある人はよく聞こえる声で話し、話す内容もわかりやすいです。逆にオーラのない人はぼそぼそと話すため声が聞き取りづらく、話の内容そのものも不明瞭で分かりにくいことが多いです。 オーラのない人でも声が大きい場合はありますが、変に声を張り上げて話していることが多いです。余裕がないせいか、話の内容も分かりにくくなってしまいます。 オーラのある人の話はそれほど大きな声でもないのに、声が良く響き聞き取りやすいです。話すテンポも丁度良いのでわかりやすいです。自信が感じられるため、オーラのある人の話は説得力もまるで違います。

違い4:オーラのある人は粘り強く、オーラのない人はあきらめやすい

オーラのある人は困難なことでも積極的にチャレンジし、うまくいかなくても粘り強く挑戦し続けます。逆にオーラのない人は困難なことには積極的にならず、うまくいかないとすぐにあきらめてしまうことが多いです。 オーラのある人は粘り強く挑戦し続け、困難を乗り越えることで自信が増してオーラも強くなっていきます。対して、オーラのない人は挑戦することが少なく、すぐにあきらめてしまうため、成長することも少ないのです。 こういった態度の違いもオーラのある人とオーラのない人の違いにつながってきます。

違い5:オーラのある人は謙虚で、オーラのない人は自慢話をすることが多い

オーラのある人は自信に満ち溢れていますが、自慢話をしたり能力をひけらかしたりせず謙虚に振る舞います。オーラのない自信家は、自分の手柄を自慢したりするのが好きです。 オーラのない自信家は自慢話などをして、アピールしないと自分の能力に自信が持てないともいえます。また、自慢話は人に嫌がられることが多いです。オーラのある人は本当の自信を持っているので、自慢話をしたりはしません。 オーラのある人は自慢話をしないため嫌がられることもなく、謙虚な地震が人を引き付ける魅力になっているのです。

違い6:オーラのある人の周りには人が集まり、オーラのない人の周りには人が集まらない

オーラのある人の周りには特に何もしていないのに人が集まってきます。逆にオーラのない人の周りには人が集まってきません。肩書がある人の周りに人が集まってくることはありますが、オーラがないと人は離れていきます。 しかし、オーラのある人は特別なことをしなくても、肩書が無くても自然と人が集まってきてしまうものです。逆にオーラのない人は人が集まってくるようなことをしても、中身がともなっていないため自然と人が離れてしまいます。 ごく自然に人が集まってくるか、無理に人を集めても離れていくかが、オーラのある人とオーラのない人の違いです。

オーラを弱めてしまう行動とは

オーラは日頃の行動でも大きく変わってきます。ついやってしまいがちな行動の中にも、オーラを弱くしてしまう行動があります。オーラを弱めてしまう行動をまとめてみました。オーラを弱くする行動を取らないように注意しましょう。

行動1:自分のことを悪く考える

自分のことを悪く考えるとオーラを弱めてしまいます。オーラのある人は自然な自信を持ち、自分ことが好きです。だからこそ、オーラのある人の周りには人が集まってくるのですが、自分ことを悪く考えてはオーラが弱くなってしまいます。 自分のことを悪く考えたりすると、それが表情など外見に出てしまうことは間違いありません。自分のこと嫌うと、負のオーラが増してしまうともいえます。自分のことを悪く考えると、オーラは弱くなってしまうのです。

行動2:マイナス思考をする

物事をネガティブに捉えるマイナス思考も、オーラを弱める原因になります。マイナス思考は、物事の悪い面に気づきやすく改善させることができるという長所もあります。 しかし、マイナス思考をすると悪い面にばかり目が向くようになるのです。オーラのある人は、ごく自然に物事をポジティブにプラス思考をするから、オーラが強くなります。 マイナス思考は必ずしも悪いことではありません。しかし、オーラを弱くしてしまうという意味では注意する必要があります。

行動3:悪口や愚痴を言うのもオーラを弱くする

悪口を言うこともオーラを弱めてしまう行動です。悪口を言う人は多いですが、誰かの悪口を言っている人は大勢の人にとって魅力的に見えるものではありません。 特定の人物の悪口を言うグループには入れますが、そんなことをしていても周囲の印象は悪くなるだけです。オーラがどんどん弱くなってしまいます。 同様に愚痴をいうことも、オーラを弱めてしまう原因になります。悪口や愚痴のような周囲の人を不快にさせる行動は、オーラを弱めてしまうので注意しましょう。

行動4:余裕を待たない行動を取る

せかせかと余裕を持たない生活を送るのも、その人のオーラを弱めてしまいます。余裕というのは、自信がないと持つのが難しいものです。 しかし、常にスケジュールをいっぱいにするなど余裕のない行動をしていると、心の余裕もなくなってしまいます。 ストレスを溜め込んでしまうことも、余裕をなくしてオーラが弱くなってしまいます。自分で余裕を失うような行動は控えるようにしましょう。

行動5:働きすぎや睡眠不足もオーラを弱くする

働きすぎたや睡眠不足もオーラを弱める原因になります。当たり前ですが、疲れていたり睡眠不足で眠い状態だと外見も疲れた感じになってしまうのはわかるでしょう。当然ですが、オーラも弱まってしまいます。

行動6:家の中にこもらないようにする

疲れている時は十分な休養を取る必要がありますが、仕事以外は外出しない生活もよくありません。家の中にこもりがちになると、オーラはどんどん弱くなってしまいます。外の世界の刺激を受けないとオーラは弱くなってしまうのです。

オーラのある人になるための方法

オーラがある人は生まれつきと考える人もいるでしょう。しかし、普通の人が急にオーラが強くなったり、経験を積んでオーラのある人になった例は珍しくありません。オーラのある人になる方法についてまとめてみました。

方法1:姿勢を良くする

オーラのある人になるためには姿勢を良くすることを意識しましょう。オーラのある人は姿勢の良い人が多いです。オーラのある人は自然な自信に満ち溢れていますが、これは姿勢の良さから感じられるものでもあります。 姿勢を良くすると外見的に自信があるように見えるだけではありません。姿勢が良いと自律神経が安定しやすくなるため、心に余裕が生まれ精神的にも穏やかになれるのです。 姿勢を良くすることで、外見的にも精神的にもオーラのある人に近付くことができるのです。簡単に始めることができるので、おすすめです。

方法2:はっきりした声で話すようにする

オーラのある人は、自然にはっきりした調子で話しています。大きめの声で、はっきりと話すことを意識するようにしましょう。わかりやすく話す人の口調を真似するのもいいでしょう。 有名人の中にも自然にわかりやすく話す人がいるので、モデルになります。わかりやすく話すことを意識すれば、話し方は確実に変わってきます。

方法3:プラス思考を心がける

オーラのある人になるには、プラス思考を心がけましょう。オーラのある人は、自然にポジティブに物事を捉えるため、自然と引きつけることができるのです。物事をネガティブに捉えるマイナス思考は人を遠ざけ、オーラを弱める原因になります。 とはいえ、どんなことでも無理矢理ポジティブに捉える不自然なプラス思考は、かえって逆効果になってしまいます。物事のポジティブな面を意識するようにすることは大切ですが、あくまで自然なプラス思考をすることが大切です。

方法4:余裕を持つようにする

オーラのある人になるには、余裕を持つようにしましょう。余裕を持つというのは難しいものですが、人間は様々なことで余裕を失っていきます。いつも、忙しく慌ただしい生活を送っていたら、余裕を失ってしまいます。 時間管理に気をつけて、スケジュールに余裕を作るように努力してみましょう。スケジュールの余裕は精神的な余裕につながります。深呼吸をしてリラックスることでも精神的な余裕を持つことができます。 呼吸が乱れると精神的にも動揺しやすいです。何かあったら深呼吸をして、呼吸を整えるだけでも心の余裕は変わってきます。

方法5:自己肯定感を高める

オーラのある人になるためには、自己肯定感を高める必要があります。オーラのある人は自信を持ち、自分ことが好きな人ばかりですが、これは自己肯定感が高いということです。 自己肯定感を高めることは、精神的な余裕や自然なプラス思考にもつながってきます。自己肯定感が低いと努力を続けても、自信がつかないということもあります。 簡単な成功体験を増やすことでも、自信を高めることは可能です。自己肯定感を高めるには、様々な方法があります。自己肯定感を高めることは、オーラのある人になるためには非常に重要です。

方法6:失敗を恐れずに積極的に行動する

オーラのある人になるためには失敗することを気にせずに、積極的に挑戦するようにしましょう。人間は失敗を嫌がるものですが、人間は失敗を繰り返して成長していくものです。 また、失敗を恐れてチャレンジすることができないとオーラも弱くなってしまいます。チャレンジすることで成長できますし、それが自信にもつながりオーラは増してきます。 難しいことに挑戦すること自体も、人の目には魅力的に映るものです。オーラのある人になりたいなら、常にチャレンジ精神を持つようにしましょう。

方法7:人の良い面を見つけるようにする

オーラのある人になるには、人の良い面を見つけるようにしましょう。オーラのある人は、人の行動に対しても常に余裕を持っています。人のすることに対して、いちいち腹を立てたりしないのです。 しかし、人の悪い面を気にしていてはなかなか余裕は持てません。誰にでも良い面と悪い面はあるものですが、人は他人の悪い面に目が向きがちです。 できるだけ人の良い面を見つけて、悪い面ばかり気にしないようにしましょう。人の良い面に気づくようになれば、何かあっても簡単に腹を立てることはなくなります。

方法8:休養は充分に取る

オーラのある人になりたいなら、休養はきちんととるようにしましょう。人間は疲れていると余裕がなくなってきますし、顔色など見た目にも疲れが現れてきます。 オーラのある人はエネルギッシュで活動的なものですが、無理をしてはオーラは衰えてしまいます。余裕を持つという意味でも、しっかりと休養を取ることを忘れてはいけません。

方法9:自分の時間を大事にする

オーラのある人になりたいなら、自分の時間も大切にしましょう。人間は自分の時間がないとそのことに不満を感じやすいです。不満を感じていなくても自分の時間が持てないほど忙しいと、どんどん余裕がなくなりオーラも衰えてしまいます。 オーラのある人になりたいなら仕事や家族との時間、自分の趣味など全て充実させる必要があります。時間管理をしっかりと行い、メリハリのある生活を意識することが大切です。

方法10:自分のことを好きになるようにする

オーラのある人は基本的に自分のことが好きです。自信を持つことも余裕を持っていることも、自分のことが好きで肯定しているから可能になります。 自分の良い面ばかりに目を向けるのはいいことばかりではありませんが、自分ことを認めないのはよくありません。自分の長所を伸ばすように努力しつつ、今の自分を認めるようにしましょう。

方法11:謙虚さを忘れないようにする

オーラのある人は自信をもっているものですが、謙虚さを忘れてはいけません。自信家には自慢話をする人も少なくありませんが、自慢話は嫌がられます。自慢話ばかりする人は魅力がなく、オーラも感じられません。 オーラのある人は自信があってもその自信は内側からにじみ出るもので、決して自分の能力をひけらかしたりしません。オーラのある人になりたいのなら、自分の能力に自信を持っても謙虚さを忘れないようにしましょう。

少しずつオーラのある人になろう

オーラのある人の特徴や性格、オーラのある人になる方法についてまとめてみました。自然と人を引き付けるオーラのある人になるのは簡単ではありません。しかし、姿勢を変えたり、はっきり話すことを意識するだけでも印象は変わってきます。 オーラのある人になる方法を実行することで、確実に変化は現れてきます。無理せず、着実にオーラのある人を目指しましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

kgrrf339

心理学の専門家ではありませんが、丁寧にリサーチして書いていきます。よろしくお願いいたします。...

人気記事

新着記事