2019年06月19日公開

2019年06月19日更新

頭が良くなる方法!習慣・行動・食べ物あらゆる方法とおすすめの本も紹介

頭が良くなる方法があればいいのにな…と考えたことはありませんか?学校、会社、家庭でも、もしもっと頭が良かったら違う人生になるぞと感じることは少なくありません。頭が良くなる方法は存在します!習慣・食べ物・行動などあらゆる方法とおすすめの本を紹介します。

頭が良くなる方法はある?

学校での授業や試験の時、会社でのデスクワークやプレゼンの時、「頭が良くなる方法があったらいいのになあ…」と考えたことはありませんか? 何でもすぐに覚えられる人や、新しいことへの飲み込みが早い人、すぐに対応できる応用力のある人、憧れますよね。 もともとの頭の作りが違うんだろうな、とあきらめてしまってはいませんか?あきらめてしまうことはとてももったいないことです。頭が良くなる方法はあるんです!

頭が良くなる方法を探している人は、自分自身が頭が良くなりたいという人も多いです。また子どもを持つ親ならば、子どもにも頭が良くなってほしいと願う人も多いです。 頭が良くなる方法を子どもにも教えられたらいいですよね。頭が良くなる方法として、取り入れやすい生活習慣や勉強法、食事なども紹介します。 少し意識を変えてみるだけで、頭が良くなることができます。頭が良くなる方法、ぜひ取り入れてみてください。

頭が良くなるってどういうこと?

私たちはよく「頭が良い」という言葉を使います。「あの子は頭がいいな」「頭がいい人はうらやましいな」と日常的に使いますが、「頭が良い」とはどういうことをいうのでしょう? 「頭が良い」の捉え方は人それぞれです。小学生や中学生は「試験の成績がいい」「勉強ができる人」と捉えます。社会人になると「空気が読める人」「博識な人」「創造性がある人」と捉えます。 どの「頭が良い」も共通するのは、「頭をよく使う」ことを指します。働き者の頭になってもらうために、頭が良くなるとはどういうことなのか、具体的に紹介していきます。

記憶力がアップする

頭が良くなるとは、記憶力がアップすることです。だれもがまず一番に思う「頭が良い」人は、勉強ができる、テストの成績がいい人のことです。 これらは、記憶力に関係しています。覚えるものが増えることで、テストでいい点を取ったり博識になり、頭が良くなることにつながります。 頭が良くなる方法を探すためには、記憶力をアップさせる方法を探しましょう。

コミュニケーション能力が高くなる

頭が良くなるとは、コミュニケーション能力が高くなるということです。社会人になって感じる「頭が良い」には、空気が読める、その場にふさわしい対応ができるなど、コミュニケーションを重視したものがあります。 頭が良いと感じられる人は、人当たりがよく、会話が上手なことが特徴です。さまざまなタイプの人と関わることで、新しい視点や考えに出会うことも増え、さらに知識が豊富になるという良い連鎖が起こります。 頭が良くなる方法を探すには、コミュニケーション能力を高める方法を探しましょう。

応用力が高くなる

頭が良くなるとは、応用力を身につけることです。社会人になってから思う「頭が良い」には、問題が起きても冷静に対応できる、だれも思いつかないような創造をするなど、応用力に関するものがあります。 暗記や記憶したことを応用できてこそ、自分のものにできているということです。持っている知識をきっかけに、さらにその先を考えられるひとはアイデアマンになります。 社会では生き抜くための知恵が必要です。頭が良くなる方法は、その知恵を得るために自分で考え工夫しながら、応用力を高めることです。

頭が良くなる方法!5つの生活習慣

頭が良くなる方法のひとつに、生活習慣を見直すことがあります。普段何気なくしている習慣を見直すことで、頭が良くなることができるのです。 頭が良くなる方法は、脳を最大限に生かせる状態にすることが大切です。自分が持っている能力を生かし切れていないのならば、とてももったいないことですよね。 脳の状態を整えることで、今まで以上に働いてくれる脳を手に入れることができます。生活の習慣を少し見直すだけなので、ぜひ意識して取り入れてみてください。

習慣1:よくかんで食べる

頭が良くなる方法のひとつが、よく噛んで食べることです。昔から「よく噛む子は頭が良くなる」と言われていましたが、これは科学的にも正しいことです。 よく噛むことによって、脳内の血液量が増えます。また記憶や学習に関係する化学物質のコレチストキニンやニューロペプチドなどが増えます。 脳内の血液量や化学物質が増えることにより、記憶力がアップするのです。反対に早食いすると、満腹中枢が刺激されないため、食べすぎにつながります。

早食いや食べすぎをすると、消化吸収のために胃腸に血液が集まってしまいます。脳の血液が足りなくなり、眠たくなってしまうのです。 頭が良くなる方法としてよく噛んでゆっくり食べることにより、食べすぎを防ぎ眠気を飛ばし、記憶力を高めることができるのです。

習慣2:適度な運動を取り入れる

生活習慣を見直し頭を良くする方法が、運動をすることです。運動をすることは健康にいいとうことは有名ですが、頭が良くなる方法としても有効です。 運動をすることでBDNFという物質が脳神経の発達や機能に働きかけます。脳をエンジンと例えるならば、BDNFはガソリンです。ガソリンが不足していては、どんなに立派なエンジンでも走ることはできません。 どんな運動でもBDNFは分泌されるのですが、量の差はあります。ランニングのような長時間続ける運動はストレスを感じやすいようです。

頭が良くなる方法としては、激しい運動(猛ダッシュや腕立てなど)を20秒間→10秒間休むを4~8回繰り返すことで、BDNFが分泌されやすくなります。 頭が良くなりたいから運動をする時間なんてもったいないと感じている人も、この方法なら全部で4分しかかかりません。出来れば勉強の後4時間後に、外で行うと頭が良くなる方法になります。

習慣3:睡眠で脳の中を整理する

頭が良くなる方法のひとつが、質の良い睡眠をとることです。眠っている間、脳内では記憶を脳に刻んだり学んだことを整理するというメンテナンスをしています。 テスト前に必死で一夜漬けをする人も多いですが、長期的に見ると知識が定着しません。頭が良くなる方法として勉強の後に睡眠をとることで、海馬が情報を整理し、記憶として定着させてくれます。

習慣4:朝型生活になる

頭が良くなる方法のひとつが、朝型の生活にすることです。受験勉強や仕事のプレゼンなど、どうしても夜に頑張って勉強する人が多いです。 しかし、夜よりも朝に勉強するほうが断然効率よく勉強できるんです。朝の脳は情報がリセットされているため、新しい情報を受け入れる準備が万端です。目覚めて3時間は勉強のゴールデンタイムといえます。 夜の疲れ切った脳で勉強するよりも、朝のすっきりとした脳で勉強することが頭が良くなる方法だったのです。

習慣5:疑問を持つくせをつける

頭が良くなる方法として、疑問を持つ習慣を作ることがあります。子どもって吸収がものすごくはやくて、教えたことを身につける達人です。なぜかというと、子どもは常に疑問を持っているからです。 世界がわからないことだらけで、不思議に思うことがたくさんあるのです。「どうして空は青いの?」「なんで叩いたらいけないの?」と「なんで」「どうして」を常に持っています。 教えられることをそのまま覚えようとするよりも、「どうして」「なぜ」と疑問を持つことで、知識を自分の物として蓄えることができる頭が良くなる方法なのです。

頭が良くなる方法!2つの勉強法

頭が良くなる方法には、さまざまな勉強方法もあります。いつもの勉強方法ではなく、少し変えてみることで勉強の効率がアップするなら、ぜひ取り入れたいですよね。 学生のころ頭が良くなる方法を探して夜遅くまで苦労したことはありませんか?子どもの頃は物覚えがよかったのに大人になると少しのことさえも覚えられなくなり苦労したことはありませんか? 誰にでもできて、効率よく頭が良くなる方法を紹介します。範囲の広い勉強に苦労している人、大人になってからの勉強が思うように進まない人、必見です。

勉強法1:声に出して覚える

頭が良くなる方法の勉強編では、声に出して覚えることがあります。文章や単語を声に出して読むことは、脳の広い領域の神経細胞を使います。 見たものを声に出すということは、文字を見てどう発音するか考え、意味や文法を考えます。瞬時にたくさんの神経を使っているのです。頭の中だけでなく声に出すという運動も加わり、脳は活性化します。 このとき、きちんと理解できる文章を読むことが重要です。どんなに声に出しても、さっぱり意味の分からない文章では覚えようがありません。頭が良くなる方法は、頭で理解しながら読むことが大切です。

勉強法2:15分学習し5分休憩

頭が良くなる方法の勉強編は、15分学習し5分休憩する勉強法です。これは集中力がなかなか続かない人にオススメです。15分は30分でもいいし50分でもいいです。 自分が集中できる時間で無理なく行いましょう。5分の休憩時間では調べ物などもせずに、本当の何もしない休憩をとります。 このルーティーンにすることで、集中力がぐっと上がり、勉強内容も濃密なものになります。続けて勉強するよりも長い時間勉強に取り組めるようになる頭が良くなる方法です。

頭が良くなる方法!3つの食べ物

頭が良くなる方法として食べる物に気を遣ってみましょう。この食材さえ食べれば頭が良くなる!という画期的な食べ物は残念ながらありません。 しかし、バランスよく意識して食べることで、脳の働きを助けることができる食べ物があります。ジャンクフードや脂肪の多い食べ物は、脳の働きを妨げてしまいます。 頭が良くなる方法は、脳の働きを助ける食べ物を食べることで記憶力や考える力を鍛えることができます。具体的にどんな食べ物が良いのか紹介していきます。

食べ物1:DHA・EPA

頭が良くなる食べ物のひとつが、DHA・EPAを含んだ食べ物です。主にサバやアジなどの青魚に豊富に含まれています。DHAは脳を作る大切な脂質で、脳の発達や機能のために重要だと考えられています。 DHAやEPAは、体内で作ることができません。食事から摂らなければならないのです。魚は毎日食べることが理想ですが、値段は高いし調理は限られるしで、なかなかとれていない人も多いでしょう。 頭が良くなる方法としては、缶詰などを利用して簡単に食事に取り入れてみたいですね。

食べ物2:ブドウ糖

頭が良くなる食べ物のひとつが、ブドウ糖です。ブドウ糖は、脳のエネルギー源になります。私たちが普段からよく食べているごはんやパン、砂糖が分解されるとブドウ糖になります。 ブドウ糖が不足すると、脳がエネルギー不足になります。すると集中力や作業能力が低下してしまいます。また、血糖値を上げようとアドレナリンを分泌します。 アドレナリンの影響で、イライラしやすくなり、落ち着いて勉強できない状況になってしまいます。頭が良くなる方法は、ブドウ糖をしっかり摂ることです。

食べ物3:ビタミンB1

頭を良くする食べ物のひとつが、ビタミンB1です。食べたごはんやパンなどの糖をエネルギーに変えるには、ビタミンB1が必要です。 ビタミンB1といえば豚肉が代表ですが、大豆製品や玄米にも多く含まれています。納豆ご飯や豚丼など、ブドウ糖とビタミンB1を一緒に摂るように心がけることが頭が良くなる方法です。

頭が良くなるオススメの本を紹介!

頭が良くなる方法を知りたいあなたへ、オススメの本を紹介します。勉強も仕事も誰かから教わることで成長できます。頭が良くなる方法も同じで、独学では難しいものがあります。 本を通して頭が良くなる方法を探してみると、近道になります。自分には合わないなと思ったら、その方法はやめたらいいのです。いろいろな頭が良くなる方法の案を得るヒントになります。 この中から、あなたにピッタリの頭が良くなる方法が見つかりますように…。

子どもの頭がグンと良くなる!国語の力

頭が良くなるオススメの本は、「子どもの頭がグンと良くなる!国語の力」です。頭が良くなりたいと考えたとき、英語でも数学でも理科でも、問題文を理解するところから始まります。 国語力とは、文章を読み取る力です。読み取り、理解して初めて勉強が始まります。子どもを持つ親御さんにはぜひ読んでもらいたい本です。 国語の力を身につけることで、話の内容を要約したり、簡潔に思いを伝えたりとコミュニケーション能力の向上にもつながります。

7日間で突然頭がよくなる本

頭が良くなるオススメの本は、「7日間で突然頭がよくなる本」です。哲学に基づいた話をわかりやすくまとめてくれています。 自分で考えることは頭が良くなる方法に欠かせません。その考えるときに、どういった切り口で考えたらいいのかを教えてくれます。日々の生活の中にも取り入れやすい内容です。

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術

頭が良くなるオススメの本は「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」です。人はみんな時間とは使うものだと考えます。しかし筆者は時間は創り出すものだと言っています。 毎日の生活の中に時間を創り出して、作業の効率をアップさせる方法が書かれています。効率的に頭が良くなる方法を手に入れたい人にオススメです。

あなたも頭が良くなる方法を見つけられる

頭が良くなる方法なんてないとあきらめていた人も多いと思います。しかし、生活習慣や食べ物など頭が良くなる方法はたくさんあります。 今までの生活ではあなたの脳を最大限に生かしきれていなかったのかもしれません。紹介した頭が良くなる方法を試して、理想の自分に近づいてみてください。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

カミハラ

仕事・子育て・家事に追われる日々です。 心理学に興味があります。...

人気記事

新着記事