2019年08月08日公開

2019年08月08日更新

自分と向き合う方法!自分の心と向き合うことが大切な理由やおすすめ本を紹介

自分と向き合う時間、取れていますか?多忙な現代人は自分と向き合う時間もなく、毎日を過ごすことも多いです。しかし、人生を豊かにしてより良い毎日を過ごすためには自分と向き合うことが必要です。そこで今回は、自分と向き合う方法について解説していきます。

自分と向き合っていますか?

皆さんは自分と向き合っていますか?自分の大切にしたいこと、本当にやりたいことをすぐに言えるという人は少ないのではないかと思います。多忙な毎日の中で、自分を見失っている人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、自分と向き合うことの大切さや自分と向き合うためのヒントを紹介していきます。ぜひ参考にしてみて、毎日を充実させるきっかけにしてみてください。

自分と向き合うことが大切な理由

より充実した人生を送るためには、自分と向き合うことが必要不可欠です。うまく自分と向き合うことができていないと、目的や目標を見失ってしまいます。こちらでは、自分と向き合うことが何故大切なのか、どんなメリットがあるのかを解説していきます。

大切な理由1:成長するきっかけになる

自分と向き合うことが大切なのは、成長するきっかけになるからです。自分と向き合うと、自分の良いところや悪いところが見えてきます。また、現状や今の思いをしっかりと把握することができます。 成長するにはまず、自分を知ることがとても重要です。そして、理想の自分をイメージして伸ばしたい長所や治したい短所、改善したいことをしっかりと考えましょう。やることが決まれば、あとは成長するために行動するだけです。

大切な理由2:自分の本当の気持ちに気付くことができる

自分の本当の気持ちに気付くことができるのも、自分と向き合うことのメリットです。多忙な毎日を過ごしていたり、つい自分の気持ちを抑えて行動していると自分の本当の気持ちに気付くことが難しくなってしまいます。 改めて自分と向き合うことで、現状に対して何を考えているのかや、本当に自分がやりたいことに気付くことができます。無理をして心身が疲れ切っていることにも気づくことができるでしょう。まずは、自分と向き合い心の声を聞くこととから始めてみてはいかがでしょうか?

大切な理由3:精神的に落ち着くことができる

自分と向き合うことが大切な理由として、精神的に落ち着くことができることが挙げられます。 人は知らず知らずのうちに、気持ちや感情を抑え込んでしまっていることが多いです。しかし、人間の脳は抑え込むことをとても苦手としており、気持ちや感情を抑える行為は心身にとって大きな負担となってしまいます。 このような時には、まず自分と向き合って気持ちや感情に気付いてあげましょう。そして、気持ちや感情を抑え込むのではなく受け入れてあげてください。受け入れることで、心身の負担を軽くして精神的に落ち着くことができます。

自分と向き合うのが怖い理由

自分と向き合うことが怖いという方も多いのではないでしょうか?頭では自分と向き合うことが大切だと分かっていても、上手くできないことも多いです。こちらでは、自分と向き合うのが怖い理由を解説していきます。

怖い理由1:ありのままの自分を受け入れられないから

自分と向き合うのが怖いのは、ありのままの自分を受け入れることができないからです。自分を受け入れることができない人は、自分のことが好きになれていません。そして、自分をダメだと思ったり、能力がないと思い込んでいます。 ネガティブな思い込みを持っていると、短所ばかりが目に入ってしまうため自分と向き合うことに恐怖心を抱いてしまいます。恐怖心があるため、自分と向き合うことができずに、今の自分に不満を抱きながら毎日を過ごしてしまっています。

怖い理由2:自分の本当の気持ちが分からないから

自分の本当の気持ちが分からないことも、自分と向き合うことが怖いと感じる原因の一つです。日ごろから気持ちを抑え込んでいたり、他人の評価を気にして生活していると、自分の意見や考えを無意識にネガティブなものとして捉えるようになります。 この状態が酷くなってしまうと、自分に自信が持てなくなり本当の気持ちが分からなくなってしまいます。分からないものには人間は恐怖を感じるもので、自分と向き合おうと思っても無意識に怖いと思ってしまいます。

怖い理由3:自分が変化することが怖いから

自分をより成長させるためには自分と向き合うことが必要です。しかし、変化することに恐怖を感じている人は、頭では分かっていてもなかなか自分と向き合うことができません。この恐怖心は、現状維持バイアスを持つ人や自己肯定感が低い人に多く現れます。 そして不満がありながらも、現状に居心地の良さを感じてしまっており行動できない状態になっています。この状態になっている人が自分と向き合うためには、まず現状を手放し心地よい状態から抜け出すことが必要です。

自分と向き合うための方法

自分と向き合うためには様々な方法がありますが、いざやってみようと思うと何をすればいいのか分からなくなってしまう事もあります。そこで、今日からでも実践可能な自分と向き合うための方法を解説していきます。

方法1:ノートに気持ちを書きだす

自分と向き合うためのオススメの方法1つめは、ノートに気持ちを書きだすことです。自分の気持ちを考えるだけの時間を作るということはとても効果的で、自分では気づけなかった気持ちにも気付くことができます。 また、書き続けることで色々な側面から自分を知ることができたり、1つの気持ちを掘り下げることもできます。そして、書いて残すことでいつでも振り返ることができるので、いつでも何回でも気持ちと向き合うことができるのでオススメの方法です。

方法2:瞑想をする

もう1つの自分と向き合うためのオススメの方法は瞑想です。瞑想は、有名企業や著名人も取り入れている方法で、科学的にも根拠があります。この瞑想は、呼吸に集中して自分の気持ちや感情を認識して受け入れるというもので、マインドフルネスにも取り入れられています。 やり方のポイントとしては、リラックスした姿勢をとり自然な呼吸をすることです。 そして、考えや雑念を一つ一つ認識していきましょう。考えや雑念に関しては、良し悪しを判断せず、「感じた」ことを認識することがとても大切です。 瞑想を行うことで、今この瞬間を意識しているマインドフルな状態になり、冷静に自分の気持ちや感情と向き合うことができます。

方法3:カウンセリングを受ける

自分と向き合う方法として、カウンセリングを受けるという方法もあります。特に、自分を受け入れられずに自分と向き合うことができない方にはオススメです。 プロの聞き手であるカウンセラーに話を聞いてもらうことで、自分の思い込みを知ることができます。また、無条件に受け入れてもらうことは、自分を受け入れるきっかけにもなります。 傾聴以外にも、アドバイスをしてもらったり考えるサポートをしてくれるなど、自分と向き合う手助けになるので、一人で自分と向き合うことができない方はカウンセリングを受けることを検討してみるのもオススメです。

方法4:本を読む

本を読むことも、自分と向き合う方法として効果的です。本を読むことで新しい知識や考え方を自分に取り入れることができます。新しい気づきは、自分が大切にしている信念や今の自分を知るきっかけになります。 また、感情移入しながら読むことで無意識に抱いていた感情にも気づくことができるでしょう。本を読むという事は、自分と向き合うためのきっかけや気づきを多く与えてくれるものです。まずは、気になった本を手に取って少しずつ読んでいくことからはじめてみましょう。

方法5:軽い運動をしてみる

軽い運動をすることも、自分と向き合う方法としてオススメです。特に、ウォーキングやジョギングなど一人でできるものが向いています。一人でできる運動を選ぶことで、自分と向き合う時間を確保できるので、普段運動しない方は散歩から始めてみてもいいでしょう。 また、ストレスを発散する効果もあるので、よりニュートラルな状態で自分と向き合うことができるようになります。瞑想に慣れている方は、「歩行瞑想」という足の裏の感覚と思考に焦点を当てた瞑想を活用してみるのもオススメです。

方法6:自分に問いかける

自分に問いかけるという方法は、シンプルでオススメな自分と向き合う方法です。自分の感情や気持ちに対して「なぜ、どうして」と問いかけることで、問題の根本的な原因を見つけたり、具体的な改善方法を見つけることができます。 また、やりたい事に対して「なぜやりたいのか」を問いかけることで、自分の本当の気持ちをより深く知ることができます。 自分に問いかけたときに、自分が成長したいという動機が出てきた場合は強いモチベーションになりますし、他人の評価のための動機ならば本当になりたい自分とは違う可能性もあります。 こうやって自分に問いかけることで、深い動機を知ることができ、これから自分が何をすべきかに気付くことができます。

自分と向き合える3つの質問

自分と向き合うことができる3つの質問を用意しました。漠然と自分と向き合おうと思っても、どうしていいのか分からないことも多いです。まずはこちらの質問の答えを考えてみて自分の気持ちと向き合ってみてください。

①自分の良いところ・悪いところは何?

1つ目の質問は、自分の良いところ・悪いところについての質問です。自分と向き合うためには、自分を受け入れ知ることが必要です。しっかりと自分に問いかけ、自分を卑下したり誇大しないように気をつけながら考えてみましょう。

②今本当にやりたいことは何?

自分が本当にやりたいことを考えることも、自分と向き合うということです。多忙な毎日で自分を抑えて生活している方は、パッと答えが出てこないかもしれません。 まずは、自分の長所や好きなことを思い出して理想の自分を思い浮かべてみましょう。そして、その理想の自分は何をしているかをイメージすることで本当にやりたいことが見えてくるはずです。

③自分が本当に大切にしたい信念は何?

人生で一番大切にしたいと思っていることは何ですか?自分が本当に大切にしたい信念を考えることで、行動に一貫性を持たせ人生をより充実したものにすることができます。そして、1つ大切にしたい信念が見つかったら、どのように自分が行動し考えたら良いのか考えましょう。

自分と向き合えるオススメの本を紹介!

本からは様々な気づきを得ることができ、自分と向き合うためのヒントを得ることができます。こちらでは、自分と向き合うためのヒントが多く記載されている本を紹介していくので、気になったものはぜひ読んでみてください。

『嫌われる勇気』

自分と向き合えるオススメの本の1冊目は「嫌われる勇気」です。こちらの本はベストセラーにもなっているので知っている方も多いのではないでしょうか?嫌われる勇気は、アドラー心理学について書かれたもので、より自分と向き合うためのヒントが沢山書かれています。 特に自分の人生を生きるための考え方に焦点が当てられており、今の自分に迷いを感じている人にはオススメの内容になっています。アドラー心理学に興味がある方は、ぜひ手に取って読んでみてください。

『幸せになる勇気』

次に紹介するのは、嫌われる勇気の下巻としてのポジションで書かれた「幸せになる勇気」です。こちらの本は嫌われる勇気の内容への疑問点や実践に生かすためのヒントから、より自分と向き合うための考え方が書かれています。 そして、より良い対人関係を築き自分が幸せな人生を送るためのヒントが盛りだくさんの本です。ぜひ嫌われる勇気で感銘を受けた方は、この「幸せになる勇気」も読んでみてください。

『マインドフルネス 心を浄化する瞑想入門』

次にオススメする1冊は「マインドフルネス 心を浄化する瞑想入門」です。こちらの本は、イギリスでマインドフルネスの指導を行っているエド・ハリウェルが書いた本を翻訳したものです。 9つのマインドフルネス瞑想のテクニックから、科学的な根拠や仏教的な考え方まで分かりやすく記載されています。自分と向き合うために瞑想を取り入れてみようと考えている方にはオススメの1冊です。

『アンソニー・ロビンズの自分を磨く』

最後に紹介する本は、コーチングで有名なアンソニーロビンズの著書「アンソニー・ロビンズの自分を磨く」です。NLPなどのテクニックを応用し、自分が本当にやりたいことをどうやって達成するか。精力的に活動するためにはどのように考えたら良いかが書かれています。 そして、自分軸で生きるための考え方から、周りや感情に振り回されないテクニックが分かりやすく記されています。自分と向き合い、より素晴らしい毎日を手に入れたいと思っている方にはオススメの1冊です。

自分と向き合うことで本当の気持ちを知ろう!

自分と向き合うことで本当の気持ちを知ることができます。そしてより一層、自分のことを分かることができます。現代社会では自分を見失い、自分を抑え込んで生活しているために心身に負担をかけている方が多くいます。 忙しい毎日に忙殺されて自分のことを全然考えてないという方は、一日5分でも良いので自分と向き合うことをはじめてみてください。自分と向き合うことで、これからの人生をより充実させるヒントを得ることができるはずです。 そして、本当の自分の気持ちに気付くことができたら、それを大切にしていきましょう。何歳になっても夢や目標を持つことは悪いことではありません。ぜひ自分と向き合って、毎日を素敵なものにしていきましょう。

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

Stonpsanxyz

Stonpsanxyz

毎日を充実させるために心理学を勉強しています。そして、心理学を生活の中に取り入れ、少しずつ良い方向に...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事