2019年06月21日公開

2019年06月21日更新

思慮が浅いの意味や特徴は?思慮が浅い性格を改善する方法3つ

「思慮が浅い」とは物事に対して短絡的な考え方しかできないという意味です。他人と話をしていて、他人を怒らせてしまったり、不愉快にさせてしまうようなことはありませんか?今回は思慮の浅い人の特徴や、思慮が浅い性格を改善する方法をご紹介していきます。

いい加減すぎる思慮が浅い人

後先を考えずに行動して失敗したり、何度も同じミスを繰り返してしまうなんてことはありませんか?もしかすると、それは「思慮が浅い」ことが原因かもしれません。 しかし「思慮が浅い」ということや「思慮が浅い人」とは、一体どのような人のことを言うのでしょうか。 今回は思慮が浅い人の性格や特徴、思慮が浅い性格を改善する方法について、くわしく見ていきたいと思います。

思慮が浅いの意味とは?

「思慮が浅い」の「思慮」とは「注意深く考えること」「深い考え」を意味しています。 そのことから「思慮が浅い」とは「言動に対して深い考えや気持ちなどが伴われておらず、軽はずみな言動をしてしまうこと」「いい加減で、慎重さに欠けて真剣ではないこと」「注意深く物事について考えないこと・考えが至らないこと」を意味しています。

思慮が浅いの使い方・例文

「思慮が浅い」という言葉は、一体どのような使い方をするのでしょうか。次から例文をあげて「思慮が浅い」の使い方についてくわしく見ていきたいと思います。 「あの人は思慮が浅い人だ」というように、誰かに対して思慮が浅いという言葉を使う場合は「あの人は物事について深く、または真剣に考えることができない人だ」という意味になります。 また「この計画は思慮が浅い」というように、何らかの物事や事柄に対して思慮が浅いという言葉を使う場合には「この計画は、先のことについて考えられていない」という意味になり、先のことについての考えや見通しがされていないという意味合いになります。

思慮が浅いの類義語

「思慮が浅い」の類義語には「短慮な」「拙速な」「軽率な」「詰めの甘い」などといった言葉があります。 「短慮な」は「物事に対して深く考えられていない」という意味を持っており、「拙速な」は「物事の進行具合などのことを考えずにとにかく先に進めること」という意味です。 また「軽率な」は「深く考えない軽はずみな注意を欠いた」という意味になり、「詰めの甘い」は「やることが大雑把で粗がひどく目立つ様であること」を意味しています。

「思慮が浅い」と「考えが浅い」の違い

「思慮が浅い」と「考えが浅い」という言葉は一見するとよく似た言葉ではありますが、このふたつの言葉には一体どのような違いがあるのでしょうか。 「思慮が浅い」は言動の他に「他人に対する思いやりや気配りに欠けていること」をあらわしています。一方で「考えが浅い」は「考えが深くないこと・軽いこと」というように、あくまでも「考え方」についてを言いあらわしています。 そのため「思慮が浅い」と「考えが浅い」の言葉の違いは「気持ちに対する意味をあらしているか・いないか」の違いになります。

思慮が浅いの対義語

「思慮が浅い」の対義語は「思慮が深い」「考え深い」「洞察に富んだ」「察しの良い」などという言葉があります。 「思慮深い」は「物事を深く考えることができる」という意味を持ち、「考え深い」は「深く考えた上で行動することができる」という意味を持っています。 また「洞察に富んだ」は「物事を様々な角度から考えることができる」という意味を持っており、「察しの良い」は「思考や判断が優れている」ことを意味しています。

思慮が浅いの英語表現

「思慮が浅い」を英語で表現すると、一体どのような表現になるのでしょうか。 「思慮が浅い」を英語に直訳すると「They have a shallow discretion」になります。 また「思慮が浅い者ほどよくしゃべる」ということわざから「Empty vessels make the most sound.」という英文もあります。これを訳すと「空っぽの器はもっとも大きな音を立てる」という意味になります。

思慮が浅い人の特徴・あるある

思慮が浅い人には、いくつかの共通する特徴や傾向が見られますが、一体どういった特徴や傾向が見られるのでしょうか。くわしく見ていきたいと思います。

特徴1:やる気がない

思慮が浅い人の多くは物事に対してポジティブな考えを持つことができないと同時に、物事に対して不安や緊張感を持つこともできません。 また物事に対してやる気を出すことができず、何かに対して熱心に取り組むということもほとんどありません。それが興味のないことの場合は尚の事です。 そのため、周りの人からも「やる気がない」「いつも何もせずにぼーっとしている」と見られていることが多いです。

特徴2:かたづけができない

思慮が浅い人は「かたづけができない人」が多いのが、特徴のひとつです。 かたづけができない理由としては「何が必要で、何が必要でないか」ということを頭を使って考えることができないからです。その結果、気づけば机の周りや部屋の中が物であふれ返ってしまっているという状況も思慮が浅い人にとっては、珍しいことではありません。 またせっかくかたづけをしたとしても、必要な物を捨ててしまって慌てることや、必要な物がないと探しまわり、結果的に元の散らかった状態に戻ることを、何度も繰り返してしまうことも多いです。

特徴3:知識が少ない

思慮が浅い人は「自分自身の持っている知識が少ないこと」が多いです。 中には「自分は知識を持っている」と自負する人もいますが、そうした人ほど大した知識を持っておらず、知識を持っていたとしても、ごく一部の限られた知識のみです。 ボギャブラリーもないため、他人と話していても同じ話の繰り返しや他人から聞いた話などが中心になり、周りからは「知識のない人」と思われることが多いです。

特徴4:よくしゃべる

思慮が浅い人は時と場合などをまったく考えずに、自分が感じたことや思ったことを、そのまま口に出してしまう人が多いです。 そのため、相手を傷つけることや怒らせてしまうことも多いですが、思慮が浅い人は自分が相手を傷つけていることや怒らせているにも気づいていないことがほとんどです。 なので、また同じようなことを平気で繰り返してしまいます。

特徴5:同じミスを繰り返す

思慮が浅い人はうっかりミスが多く、それも同じようなミスを何度も繰り返してしまいます。 これは思慮が浅い人が思いつきで行動をしてしまう上に、人の話を聞かないことが原因です。人の話を聞かないため、どうして自分がこのようなミスをしてしまうのかも理解できないため、また同じミスをしてしまいます。 そのため上司や周囲からの評価や印象は決して良くはないのですが、思慮が浅い人は自分が周りの人達からそんなふうに思われていること自体に気づいていません。

思慮が浅い人の性格

思慮が浅い人は一体どのような性格をしているのでしょうか。思慮が浅い人の性格の特徴について、くわしく見ていきたいと思います。

特徴1:人の気持ちに対して鈍い

思慮が浅い人は人の気持ちに鈍い人が多く、また同時に空気を読んだり、その場の雰囲気を察することを苦手としています。 そのため、その場にまったくそぐわないような言動をとってしまったり、怒っている人に対して、さらに火に油を注ぐようなことを平気で言ってしまいます。 また人の気持ちに鈍いことから自分が怒られるようなことがあっても「なぜ相手は自分に対して怒っているのか」を理解することができないため、一度怒られてもまた同じことを繰り返してしまいます。

特徴2:頑固で他人の意見を受け入れない

思慮の浅い人は、他人の意見を受け入れない傾向が強いです。 これは他人から「なぜそのようなことを自分は言われているのか」といった理由についてを深く考えることができず、他人からの意見を適当に聞き流してしまうからです。 そのため、せっかくの他人からの意見やアドバイスも、すべて無駄になってしまうことがほとんどです。

特徴3:見栄っ張り

思慮が浅い人は見栄っ張りで、自分のことを少しでも良く見せよう・大きく見せようとする人が多いです。 思慮が浅い人は自分自身の欠点について、きちんと理解していないため、実際の自分よりも「自分はできる」という考えを持っていますが、それが見栄っ張りにつながっています。 そのため、はりきって新人などに指導をしますが、上から目線の指導に相手は迷惑するといったことも珍しくありません。この時も相手が自分の指導に迷惑していることに、思慮の浅い人は気づいていません。

特徴4:自己中心的

思慮が浅い人は他人の気持ちを考えることができないため、なぜ相手が自分に対してそのようなことを話すのかわからず、相手の話を適当に聞き流したり、相手が傷つくようなことを平気で言ってしまうことが多くあります。 また空気や場の雰囲気を読むことができないため、自分の話を延々としてしまうこともあります。 そのため、周りの人からは他人の話を聞かず、自分のことしか考えられない、自己中心的な人と思われることが多くあります。

特徴5:自己評価が高い

思慮が浅い人は自己評価が高い人が多く見られます。 これは自分自身と向き合い考える機会がなく、自分自身のことをきちんと理解することができていないからです。 そのため、自分の能力と釣り合わない行動をしてしまい、その結果、周りからの信頼を失ってしまうのですが、自己評価が高いことを理解できていないため、自分の言動が改善されることはありません。

思慮が浅い人と上手に接するコツ

思慮が浅い人と上手に接するためには、どのような点に注意すればいいでしょうか。思慮が浅い人と上手に接するコツについて、くわしく見ていきたいと思います。

思慮が浅い恋人やパートナーとの接し方

思慮が浅い恋人やパートナーでも、とくに彼氏の場合は計画を立てることなどを苦手としているため、自分がかわりにデートなどの計画を立てたり、フォローに回ったりする必要があります。 しかし、あまり自分がフォローをしすぎてしまうと「いつでも助けてもらえる」と思ってしまい、何もしようとせずに、常に頼って甘えてくるようになってしまいます。 そのため、根気よく相手のことを育てていくつもりで、計画の立て方やお金の使い方などについてを最初から教えていく必要があります。

思慮が浅い上司との接し方

思慮が浅い上司の場合は、ちょっとしたことでも機嫌を損ねやすいので注意が必要です。訂正などを求める際には、少しでも機嫌がいいタイミングを見計らうといいでしょう。 また重要なことや確認事項については、思慮が浅い上司だけでなく、他の信頼できる人に念のために確認を取るようにしましょう。 話をしていて話題に困った時には、思慮の浅い上司が趣味にしていることなどがあれば、そのことについてふれると話が続きやすくなります。

思慮が浅い性格を改善する方法

思慮が浅い性格は生まれつきのものではなく、環境や自分自身の意識で改善することができます。日常生活の中でも実践することができる、思慮が浅い性格を改善する方法についてくわしく見ていきたいと思います。

改善方法1:計画性を意識する

思慮が浅い人は計画性がなく、行き当たりばったりの行動をとってしまい、その結果、ミスに繋がることが多いです。 そのため、常に計画性を意識して行動するようにし、行動を起こす前には自分の行動によってどのようなことが起こり、どのような結果になるのかまでを考えるようにするといいでしょう。 メモなどに自分の行動についてを書き、そこから考えられる結果についてを書き記すのも、計画性を意識するのにおすすめの方法のひとつです。

改善方法2:周りの人達の意見に耳を傾ける

自分の性格に気づくことや、自分ひとりだけで性格を改善することは難しい点もあります。 そのため、周りにいる人達に「改善すべき点」について意見やアドバイスを求めてみることも、効果的な改善方法のひとつです。 意見やアドバイスを求める場合は、自分が性格を改善したいと考え、行動していることを一緒に話すことで、改善に日常的に協力してもらえる可能性も期待できます。

改善方法3:知識を増やす

思慮が浅い人は知識が少なく、そのせいで物事の見方や考え方が一方的になっているところがあります。 そのため、自分の持っている知識を増やしていくことで、様々な物の見方や考え方を身につけることができます。 本や新聞などを読み、まめにニュースをチェックするだけでも知識を増やすことができます。また日頃から本などを読んでいる人は普段読まないような本をあえて読んでみることで、新しい知識を得ることができます。

思慮が浅い人も思慮が深い人になれる

思慮が浅い人は後先を考えずに思いついたことをすぐに行動に移してしまうところがありますが、これは逆に「行動力がある」とも言えます。 自分の欠点を改善することで、自分が元々持っている長所を活かすことができます。そのため、計画性や知識を身につけて、人の話をきちんと聞くようにすれば、これまでに以上に仕事などで活躍するチャンスがめぐってくるでしょう。 思慮が浅い性格を改善して、新しいチャンスをつかんでいきましょう。

恋愛、復縁、不倫などに悩んでる人は絶対見て!

お相手との相性を知りたくないですか?

実は最近、とても当たると話題の占いがあるんです!それが、口コミが二万件もあって大人気のココナラ電話占い!

さまざまな悩みに対しての専門占い師がなんと2500人も登録しているからサイトを見るだけでも楽しい♪ しかもまさかの今だけ初回3000円無料クーポンをプレゼントしているのでこれを見た方はとってもラッキー✨

当然人気らしくていつキャンペーンが終わってもおかしくないので、忘れないうちに今登録だけでもしとくのをおすすめします!ココナラのサイトはこちら

関連記事

ライター

No Image

大塚

はじめまして、大塚です。人間関係に悩み「自分とは何なのか」「普通とは何なのか」と考えるようになったこ...

人気記事

新着記事