2019年11月17日公開

2019年11月17日更新

がさつな人の特徴・男女別10選!がさつの人との付き合い方をマスターしよう

あなたの周りにいる「がさつな人」とはどのような特徴があるのでしょうか。男女別にそれぞれの性格診断やがさつな人との付き合い方についてご紹介していきます。がさつな人は適当なだけではないという事が理解できるはずです!ぜひ、参考にしてみてください。

「がさつ」の意味とは?がさつな人ってどんな人?

「がさつ」とは物事を作業する時やその行動が、投げやりで乱暴である、取り扱いが丁寧ではない事を表します。

「がさつ」の類義語①大雑把

大雑把の意味は、動作に対して細かいことにこだわらないさま、粗雑である、大まかな事を表します。

「がさつ」の類義語②荒っぽい

荒っぽいの意味は、動作に対して荒々しい様、乱暴である、また粗雑であることを表します。

「がさつ」と「大雑把」の違いとは?

「がさつ」と「大雑把」の違いは、まず動作が荒っぽいことが前提でご説明します。「がさつ」は無意識的行動を指し、「大雑把」は意図的行動を指します。 例えば食器を洗う動作において、ガチャガチャ音を立てながら、今にもお皿が割れそうな扱いをするのが「がさつ」です。また、 少々洗い残しがあっても気にせず、さっと終わらせてしまうのが「大雑把」です。

「がさつ」の対義語①淑やか

淑やかの意味は、言葉遣いや行動が落ち着いているさま、おだやかで深みのある気質を表します。

「がさつ」の対義語②丁寧

丁寧の意味は、礼儀正しい動作や物事に対し、細かなところにまで心が行き届くことを表しています。

「crude」の意味とは?

「crude」の日本語の意味は、粗末、雑、荒々しく洗礼されていないさまを表します。

「boorish」の意味とは?

「boorish」の日本語の意味は、田舎者、下品で卑しいこと、がさつなさまを表します。

「がさつな人」の特徴とは?

まず、がさつな人の行動の特徴についてご紹介します。基本的に整理整頓が苦手で、職場のデスクの上や引き出しの中、書類や領収証といった身の回りに物がよく散らかっています。 また、物を粗雑に扱うので物音が立ち、行動が何かと騒がしく、物をよく壊します。

次に、周りからどう思われているのかをご紹介します。身の回りが散らかったままだったり、物をよく壊す、なくす、など上記の行動から見て「品がない人」「注意力のない人」「適当な人」というイメージを持たれます。 良い意味で見られる場合は、「行動が早い」というイメージを持たれます。同時進行で身の回りを片付けながら行動するのではなく、片付けは2の次で1つの動作に集中できるからです。

「がさつな人」の考え方•価値観とは?

では、「がさつな人」の考え方や価値観はどのようなものがあるのでしょうか? がさつな人は、自分の中で目の前の作業に優先順位をつけます。その中で1番以外はその作業を行うにあたって考えません。1番の事だけに集中し、全力を注ぐのです。 例えば、お料理をする時には、片付けをしながらいかに洗い物を減らすか、を考えながら作業すれば見た目が美しく作業できます。しかし、がさつな人の優先順位はそこではないのです。いかにスピーディーに作業を行うかを考え、キッチンが散らかろうと洗い物が1つ2つ増えようとそこには執着しないのです。 確かにこの作業の場合、洗い物が増える、キッチンが散らかることで、お料理を作り終えた後の作業が増えます。その結果、後片付けに時間が取られてしまいます。洗い物を減らすことを考えながら片付けながら作業をする人は、1つ1つの動作に時間がかかってしまいます。 がさつな人は「いかに早くお料理を作り終えるか」を最優先に考え、作り終えた後、一気に片付けるのです。

もう1つの考え方は「結果主義」です。 先ほどのお料理を作る例で説明します。片付けながら作業をする人は、その途中の行程も見栄えが良く美しく作業ができます。しかし、がさつな人は最優先順位のことだけに集中する考えなので、途中行程がどんなに散らかっていようと完成品が綺麗に仕上がっていればそれで良いと考える特徴があります。

「がさつな人」の心理とは?

では、がさつな行動を取る心理とは、一体どのようなものなのでしょうか?

上記にもご説明しました、お料理を作る例であげます。まず優先順位を瞬時に判断します。その中で「早く作り終えること」もしくは「美味しく作ること」を最優先とします。 お料理を作る中には、食材を切ったり分量を測ったり、あるいは調理器具を選び使用する、など様々な作業があります。 がさつな人は最優先順位の作業に全力を注ぐのです。そのため、食材の切り方を揃える、あるいは洗い物をいかに減らすか、ということについては考えないのです。 それよりも、とにかく最優先順位の作業を完了することが目標であり、そのほかについては適当に考えるのです。 「適当」という言葉では語弊があるかもしれませんが、この場合「適度に力を抜ける」という意味合いです。

丁寧な人はおそらく全部の行程に力を注ぎ、途中の行程も綺麗に完璧に仕上げます。しかし、それではがさつな人よりも作業に時間がかかってしまします。 がさつな人は「要領よく作業を行う」という心理を持っているのです。

がさつな女性の特徴・あるある

がさつな女性の行動はどのような特徴があるでしょうか。側から見ると適当に見える行動など、がさつな女性診断をいくつかご紹介していきます。

特徴1:整理整頓ができない

1つ目の特徴の診断は、職場ではデスクの上に書類が山積み、家では洋服が散乱しているなど、身の回りの整理整頓ができません。上記でもご説明した通り、優先順位は仕事をいかに早く仕上げるか、家では早く食事の準備し休める時間を作ることなのです。物をその都度片付ける時間よりも、そのままの方が効率がよいと考えるのです。

特徴2:よく物をなくす

2つ目の特徴の診断は、身の回りの整理整頓ができていないのでよく物をなくします。どこに何があるのかがほとんど把握できず、探しきれないのです。もう必要のなくなった頃に出てきたという経験もあるのではないでしょうか。

特徴3:行動が騒がしい

3つ目の特徴の診断は、よく物をなくすことで重要な書類を探し回ったり、急用での洋服の準備が必要になった時には探すところから始まります。その行動は落ち着きがなく騒がしいものです。

特徴4:細かいことを気にしない

4つ目の特徴の診断は、ざっくばらんな行動です。パッと見問題なさそうだと判断した場合、そのまま目の前の作業を進めます。細かいことに1つ1つ時間を取られていては、スピーディーに物事を進めることができません。その時は適当に見ているのかもしれませんが、そのあとに気になる点を再度確認しているのです。

特徴5:字がきたない

5つ目の特徴の診断は、がさつな女性はきれいな文字を書くことができません。細かいことを気にしない性格は、文字を書く繊細な部分を意識しないのです。個性的な大胆な文字を書く女性が多いのが特徴です。

がさつな男性の特徴・あるある

では次に、がさつな男性の特徴はどのような行動があげられるでしょうか?あなたの周りにいる男性はどんな特徴がありますか?がさつな男性がよくとる行動の特徴をご紹介していますので、参考にしてみてください。

特徴1:声やリアクションが大きい

1つ目の特徴の診断は、がさつな男性は声やリアクションが大きいことです。いきなり大きな声で話しかけられて驚いたことはありませんか?その場の状況判断力に欠けているので、思ったままに声を出したりリアクションをとるのです。

特徴2:身だしなみがだらしない

2つ目の特徴の診断は、身だしなみがだらしないところです。がさつな男性は、髪型や服装の細かいところに気を使うことができません。そのため、髪の毛はボサボサのまま、洋服は首元が伸びていている、靴は汚れたままでも構わないのです。

特徴3:繊細な心がわからない

3つ目の特徴の診断は、相手の繊細な心が理解できないところです。例えば、何人かで話をしているとします。その中の1人について話をしている時、人前ではあまり話して欲しくないことを、がさつな男性は平気で大きな声で話してしまうのです。 そのような行動が繊細な気持ちを理解できない人だと判断されてしまうのです。

特徴4:掃除が苦手

4つ目の特徴の診断は、がさつな男性は職場でも家でも掃除が苦手です。もちろん整理整頓も苦手なのですが、細かいところのホコリなど気になりません。テレビの裏の配線にはホコリがたまり放題なのではありませんか?

特徴5:連絡があまり帰ってこない

5つ目の特徴の診断は、がさつな男性はこまめな連絡のやりとりが苦手です。特にプライベートになると不在着信があっても「用事があればまたかかってくるだろう」と考えてしまったり、メールの返事は特に面倒臭く、スルーしてしまうこともあります。 彼女になった人がこまめにメールを取り合いたい人であれば、おそらく面倒に思われてしまうでしょう。

がさつになる心理的原因

がさつな人のがさつな行動は、どのような心理が表れているのでしょうか?がさつな人の心理的原因をいくつかご紹介していますので参考にしてみてください。

心理的原因1:細かいことを面倒に感じる

1つ目の心理的原因は、細かいことを面倒に感じることです。がさつな人は1から10まである作業に対し100%の力で全部をこなすことがとても面倒に思ってしまいます。むしろ、100%の力を注ぐ必要もないし、10こ全部をやる必要もないと考えます。 例えば掃除をする時も、物を片付けてから掃除をした方が隅々のゴミを取ることができ、綺麗になります。しかし、片付ける時間が取られてしまいますよね。 がさつな人は、考え方がシンプルなので目的の作業だけを果たしたいのです。そのために付いてくる別の作業は不要なものと考え、すごく面倒に感じてしまうのです。

心理的原因2:気持ちが前のめりになる

2つ目の心理的原因は、気持ちがつい前のめりになることです。がさつな人はあれこれ頭で考えることが苦手です。頭で考えるよりも先に体が動いています。 発言も同じことが言えます。思ったことは何でも反射的に口に出ているので、つい余計な一言を言ってしまうのです。 頭の中で「こうしようかな」など思いついた瞬間、もう気持ちが行動へと移っています。頭で考えるよりも、すでに気持ちが前に進んでしまう性格なのです。

心理的原因3:時間に余裕がない

3つ目の心理的原因は、時間に余裕がないからです。現代みなさんが時間に追われていますよね。がさつな人もその内の1人です。全部のことをやっていては時間がどれだけあっても足りません。 きちんと全部をやりたい気持ちもあるのですが、どうしてもその時間を作ることが難しくつい適当になってしまうのです。

心理的原因4:早いことが1番良いと思っている

4つ目の心理的原因は、早いことが1番良いと思っていることです。仕事はもちろん、日常生活の中でも、行動が早いことが何より大切だと考えています。正確さも大切ですが、時間をかければ丁寧で正確に仕上げられるのは当たり前です。 早く目の前の仕事や作業を終えることができれば、その後の自由な時間が増えます。別の仕事に取りかかれますし、休める時間が増えますよね。がさつな人はその事を理解しているのです。 もしくは、学生時代に部活動などでタイムを競う競技に没頭していたことも考えられます。そのような世界ではもちろん早い人が1番です。いかにタイムを縮めるかを日々の目標として頑張っていたはずです。どうすれば早くなれるのかと、常に考える癖が、今の生活にもそのまま残っているのではないでしょうか。

がさつな人は嫌われやすい?がさつな人の長所・短所

がさつな人は周りの人から嫌われやすいのでしょうか?「がさつ」なことは決っしてマイナスなことばかりではないはずです。がさつな人の長所や短所についてご紹介します。

がさつな人の長所

がさつな行動がプラスに働くところはどのようなことがあげられるのでしょうか?がさつな人がモテる理由や認められる理由を含め、がさつな人の長所を4つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

がさつな人の長所1:飾らずにいる姿がモテることもある

1つ目の長所は、飾らない姿が魅力的に見えモテることがあることです。がさつな人は気を使うことなくありのままの自分を見せています。自然体でいられることは無邪気な子どものようで可愛らしく感じますよね。 恋愛をするとき、きっと誰しもが自分自身が自然体でいられる相手を選ぶはずです。相手が気を使う相手では、自然体でいられませんよね。がさつな人の偽りのない自然体な姿が異性にはとても魅力的に見え惹かれるのです。

がさつな人の長所2:決断の早さは仕事の早さである

2つ目の長所は、決断力があり仕事が早いところです。私たちの日常生活は何事も決断の連続です。がさつな人は仕事の優先順位の判断と、最優先順位以外を省くという決断を瞬時できるのです。うまく力抜くことができ、その結果早く仕事を終えることができるのです。 もしくは、その瞬時にできる判断で最優先順位以外の仕事を他の人に任せることができるのです。それは、瞬時に判断できる人にしかできないことです。 その決断の早さこそが仕事の早さであり、認められる存在にもなれるのです。

がさつな人の長所3:声が大きく明るいイメージ

3つ目の長所は、声が大きく元気で明るいイメージを持つところです。がさつな人は周りを気にし過ぎず、普段の自分を出せます。 周りの雰囲気や相手の気持ちをくみ取りやすいと、大きな声で話すことや思っていることを話すことができなくなります。沢山の人の前でもハキハキと元気よく話せるがさつな人は明るいイメージに見えるのです。

がさつな人の長所4:不器用さが周りの人の母性をくすぐる

4つ目の長所は、がさつな人の不器用なところに周りの人がつい手を差し伸べたくなるところです。細かいところに注意力がなく、見落としが多いところや物をすぐに無くしてしまったり、片付けがあまりできません。 一見、だらしがなく思えますが、周りの人はそういった不器用なところがなんだか放って置けないのです。頑張っているのに抜けている部分に母性がくすぐられるのです。

がさつな人の短所

がさつな面が短所になってしまうのは、どのようなことがあるのでしょうか。日常生活でよくとっている行動や、実は周りの人に気をつけてもらっていることなど、がさつな人の短所を4つあげましたので、参考にしてみてください。

がさつな人の短所1:仕事や人間関係で誰かがフォローする必要がある

1つ目の短所は、がさつな人の行動に対し、誰かのフォローが必要なところです。複数人の前でのがさつな発言は、何か一言説明する言葉が足りずそのままでは誤解を招きます。その場の空気を察知できる周りにいる誰かがすかさずフォローするのです。そのことによって誤解が解け、スムーズな人間関係を築けるようになります。 また、仕事においてもがさつな人は細かなことが抜けやすいので、入念なチェックが必要です。出来上がった書類のチェックや、一緒に取り組める仕事の場合、省かれていることはないか慎重になる必要があります。

がさつな人の短所2:ものがよく壊れる

2つ目の短所は、がさつな人はよく物を壊すところです。行動が少し軽率なところがあるので、机から物を落としてしまったり、障害物が視界に入らずぶつかってしまうこともあります。あるいは、分厚い説明書を読むことが面倒なためきちんとした使い方を守れないことがあります。 そのような日常の些細な不注意が物を壊してしまう原因に繋がるのです。決して悪意はないのですが、つい周りの物を壊してしまうことがよく起こります。

がさつな人の短所3:細かな点の注意力に欠ける

3つ目の短所は、細かいところの注意力にかけるところです。パッと見の判断で行動をとったり判断をするので、隅々までみる注意力に欠けてしまいます。 例えば、がさつな人宛の郵便物が複数届いていたとします。誰から届いているのかをパッと見て、今必要ないと判断したものは開封する事を後回しにしてしまいます。数日経って思い出した時に開封したら、実は「至急」とハンコが押してあり期限が過ぎてしまっていたいう経験もあるのではないでしょうか。 日常の些細なところへの注意力に欠けるところがあります。

がさつな人の短所4:同じものをいくつも買ってしまう

4つ目の短所は、同じものをいくつも買ってしまうところです。基本的に整理整頓が苦手です。買い物をするときも自分の記憶に頼って判断し、実は冷蔵庫の奥に隠れていた同じものを買ってしまったことはありませんか? あるいは、タンスの奥に眠っている洋服と似たものをまた買ってしまうこともあるはずです。クローゼットの中は同じような洋服でいっぱいになっていることもあるはずです。 整理整頓が苦手な性格が、つい今あるものを見落として、同じ物をまた買ってしまうという結果になってしまうのです。

がさつな人との付き合い方

「がさつ」な性格を持つ人には悪い面だけではなく、良い面もあることはご理解いいただけましたか?しかし、さつな人とうまく付き合っていくために、どちらの特徴も理解しサポートすることも必要です。がさつな人との付き合い方についての具体的な方法をご紹介しますので、うまく付き合っていきましょう!

付き合い方1:依頼内容は細かく伝える

1つ目の付き合い方は、がさつな人へ何かを依頼する時は、その内容を細かく伝えましょう。大まかな説明だけでお願いをしてしまうと、その説明だけで判断してしまい、わかったつもりになってしまいます。 もしかしたら、細々と説明するとがさつな人からしてみれば「そんなに細かいことまで話さなくても」と思われるかもしれません。しかし、がさつな人だけでの判断でこちらが汲み取って欲しい細かな部分にまで気を配ってもらいにくいのも事実です。 そのため、こちらから特に注意して欲しいことがあれば、必ず1度伝えるように気をつけましょう。不注意や思い込み、捉え方のすれ違いを防げるようになるでしょう。

付き合い方2:本当に大切なものは貸さないようにする

2つ目の付き合い方は、がさつな人へ物を貸すとき、本当に大切なものは貸さないようにすることです。少し厳しい事かもしれませんが、断ることも1つの方法です。 例えば、がさつな人から自分が大ファンの歌手のCDを貸して欲しいと言われたとします。もちろんそのCDは自分にとってとても大切なものですよね。できることなら誰にも貸し出したくないはずです。 もしも不注意でケースに傷が入ってしまったら、お互いに嫌な思いをしますよね。未然に起こりそうな事故を防ぐためにも断ることも1つの手ではないでしょうか。 また、どうしても断れない時は、このCDの場合、別のケースにCDを入れて貸してあげることもできますよね。ギクシャクしたり、その人に対して嫌な印象を持たずにうまく付き合っていけるのではないでしょうか!

付き合い方3:長所も短所も受け入れ、不快に思う部分は指摘してあげる

3つ目の付き合い方は、がさつな人をありのまま受け入れ、あまりにも不快感を感じればそのことを指摘することです。誰にでも長所や短所はあります。人のことは自分のことより見えやすいものですが、短所も特徴だと認めることが大切です。 その中でも、あまりにも不快を感じることがあるのであれば、がさつな人に指摘してあげることも、その人に対しての優しさですよね。今までもしかしたらその事を誰からも指摘されたことがなく、気づいていないだけかもしれません。もしくは、指摘されていたけどそんなに重要なことだとは意識せずに過ごしているのかもしれません。 人はその時々のタイミングによって自分の中にすんなり入る時があります。あなたのタイミングで指摘したことによって、がさつな人はそのことに気付くことができるかもしれませんよ。

がさつ診断!あなたはがさつ?

あなたが日常生活の中で無意識にとっている行動は、実はがさつな行動かもしれませんよ!行動ががさつと言われてしまう人の特徴をまとめてみました。「はい/いいえ」で診断してみてくださいね!

①食事の時はいつも洋服を汚す(はい/いいえ)

②お財布はいつもパンパン(はい/いいえ)

③ゴミはゴミ箱へ向かって投げて捨てる(はい/いいえ)

④インスタントラーメンは作った鍋のまま食べる(はい/いいえ)

⑤ハンカチを持ち歩かない(はい/いいえ)

⑥リップクリームは何本も持っている(はい/いいえ)

⑦掃除機をかけるときは足で物をどけながら掃除する(はい/いいえ)

⑧お料理の時は目分量(はい/いいえ)

⑨昨日と同じ洋服でも平気(はい/いいえ)

⑩休みの日は基本パジャマのまんま(はい/いいえ)

⑪ティッシュの箱は空っぽのまま(はい/いいえ)

さて、あなたの診断結果はいくつ当てはまりましたか?5つ以上当てはまった人はがさつ度が高いと言えるでしょう。日常生活の行動を少しずつ改善していくことをオススメします。

がさつな人は何が欠けている?がさつな性格や言動を治す方法

自分ががさつな性格だと自覚してしまったとき、あなたは何に気をつけますか?具体的な改善方法を4つあげてみましたので、取り入れやすいものを参考にしてみてはいかがでしょうか?

方法1:意識してゆっくりなペースで行動する

1つ目の方法は、自分自身の行動を普段よりもゆっくりなペースで行うことを意識してみましょう。おそらく、今までのあなたは早く結果を出したいと思うあまり、細かいことは省いて行動していますよね。あなたが早く結果を出せることは周りの人に認めてもらえています。深呼吸をし、今度は落ち着いてゆっくり行動を取ることを心がげてみましょう。 今まで見落としていた細いことにも、気がつくようになるかもしれません。今まで言いすぎていた発言にも、一呼吸置けるようになるかもしれませんよ。

方法2:人に見られていることを意識する

2つ目の方法は、あなたの行動は常に第三者から見られているということを意識しましょう。自分だけだと思うとつい面倒に思ってしまう行動も、見られていると思うだけで気を使うのもです。目の前のものを移動させるとき、今までは無意識に足が出ていたものが手に変えられるようになります。鏡をみるようになり、身だしなみにも気を使うようになります。 人に見られていることを意識することで、少しずつあなたの中で変化していくでしょう。初めは行動1つ1つに意識しいていたことが、その積み重ねが「がさつ」な性格の改善につながるははずです!

方法3:物事をきちんと片付けることを意識する

3つ目の方法は、物事1つ1つをきっちり片付けることを意識することです。今までは最優先のことを終えた達成感で満足し、後片付けがおろそかになっていましたよね。その片付けを終えることまでが1つの工程だと意識を変えるのです。 使うものは置き場所の定位置を決めるのも良いでしょう。使ったら定位位置に戻すと決めて、その都度片付けることを意識付けるのです。1つが出しっ放しになっていると、ついその後も気を許してしまいがちです。 片付ける意識づけによって、物事を片付ける癖が身につきますよ。

方法4:日本の伝統的な習い事をやってみる

4つ目の方法は、日本の伝統的な習い事をやってみることです。古くから日本人の心を表している書道や生け花は、精神を集中させ目の前の自分と向き合うことができます。また、その時の自分をありのまま映し出します。 気持ちが乱れたままでは、整った文字や繊細な花を生かすことはできません。ただ、うまくやろうとする必要はないのです。意識したいのは、そこではなく「精神を集中させ気持ちが落ち着かせることができる」という感覚を自分自身で体験することです。 忙しい毎日は、どうしても気持ちを落ち着かせる時間もなく過ごしてしまっています。自分と向き合う時間すら忘れてしまいますよね。慌ただしく過ごす現実から少し離れて別のことに集中することによって、気持ちを落ち着かることができるはずです!

がさつな性格とうまく付き合っていこう!

今回はがさつな人について、性格の特徴やその診断についてご紹介しました。がさつな行動をとってしまうことには、心理状況があり、またがさつなことが良い方に働くことがあることはご理解いただけましたでしょうか? 今まで、相手のがさつな行動にマイナスなイメージを持っていた人、または自分のがさつな行動を改善したくてもその方法がわからなくて困っていた人も、ぜひ、参考にしてうまく付き合っていきましょう。 きっと、新しい扉が開くはずです!

MindHackYoutubeチャンネル開設!

この度弊メディアMindHackは大好評につき、Youtubeチャンネルを開設いたしました! 仕事、恋愛、その他日常使える心理学やモチベーションアップ方法など、様々な場面でためになる情報を発信していきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします! Youtubeチャンネルはこちら

関連記事

ライター

No Image

Children.12

恋愛、心理学、占いなどのとても興味があります。 ライター経験は始めて間もないですが 文章を書くこ...

電話占いヴェルニ

人気記事

Feelフィール

新着記事